格安 sim iphone バックアップ。 iPhoneを自分で機種変更!本体のみ購入しSIMカードはそのまま

格安SIMに乗り換える前に確認したいバックアップ作成&復元方法【iPhone編】

格安 sim iphone バックアップ

iTunesはiPhoneから一度PCにバックアップを取り移行する方法なので、PCが必要ですがアプリの細かい設定など、ほぼ全てのデータを移行できるのでPCをお持ちの方はiTunesがおすすめです。 iTunesを使用する場合 まずはiTunesを入手しましょう。 MACのパソコンであれば最初から入っているので問題ありませんが、Windowsの場合はMicrosoft storeでインストールして下さい。 インストールが完了したらiTunesを開き、USBケーブルでiPhoneとPCを繋ぎます。 ガイドに従いPCとiPhoneの設定を進めていくと、画面の左上コントロールの下辺りにiPadのようなアイコンがあるのでクリックしてください。 するとiPhoneの設定画面が開きますので、バックアップから手動でバックアップ/復元の「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが始まります。 この時に、「ローカルのバックアップを暗号化」のチェック項目にチェックを入れておくと、アカウントパスワード等の細かいデータもバックアップを取ることができます。 バックアップが完了したら、端末を取り外し次にデータ移行先の新端末とPCをUSBで接続します。 接続が完了したら中央一番右の「バックアップを復元」をクリックすると新端末に全てのデータを移行する事ができます。 iCloudを使用する場合 iCloudはiPhoneだけで出来るデータ移行方法なのでPCが無くても大丈夫です。 やり方は「設定」の一番上にあるユーザ名をタップして「iCloud」の「iCloud バックアップ」をタップします。 ここで「iCloud バックアップ」をオンにしましょう。 次にiPhoneを充電ケーブルに接続し、次の条件を確認してください。 「Wi-Fiに接続されている」「iCloudの空き容量が十分にある」「画面がロックされている」充電中にこの条件を満たすと自動的にバックアップが開始されます。 後は新端末でiCloudからデータを取り込めば完了です。 注意する点はiCloudでデータのバックアップをする場合、5GB以上のデータ容量だと有料になってしまうので、PC環境がある方はiTunesを使用した方が安全にデータ移行する事ができます。 それぞれのやり方を説明していきます。 Googleアカウントを使用する場合 まずは旧端末からバックアップと取っていきます、各機種やメーカーによって若干やり方が異なりますのでその点はご了承ください。 最後に「今すぐ同期」をタップするとバックアップが開始されます。 同期が完了したら新端末でGoogleアカウントを取得し読み込めばデータ移行は完了です。 各アプリに関しては個別にデータを移行する必要があるので、それぞれのアプリ内で確認してください。 JSバックアップを使用する場合 無料アプリの「JSバックアップ」を使用したデータ移行の方法を紹介します。 「JSバックアップ」を使うと電話帳から画像、SNSやアプリまで「JSバックアップ」のアプリ内で全て完結しますのでとても便利です。 ただし、LINEやFacebook、各種ゲームアプリ等は、事前にアプリ内で引き継ぎ登録をしておかないといけない物があるので、引継ぎ前に確認して準備しておきましょう。 まずは機種変更前のスマホで「JSバックアップ」をプレイストアからダウンロードして下さい。 ここまで完了したら次は新端末で「JSバックアップ」をダウンロードします。 新端末のSIM交換と初期設定はあらかじめ済ませておきましょう。 SDカードを使用する場合 SDカードのみを使用してデータ移行をする方法を紹介します。 画像も同じ要領でSDカードに移動してください。 画像も同じ要領でデータ移行を完了してください。 ここではiPhone、AndroidでのLINE移行手順について解説します。 注意点として、新しいスマホでLINEにログインしてしまうと、古いスマホでLINEにアクセスできなくなるため、バックアップが取れなくなってしまいます。 必ず新しいスマホでLINEにログインする前に、古いスマホでバックアップを完了させましょう。 また、スタンプや着せかえに関してはバックアップが取れないため、新しいスマホでLINEにログインした後にストアから再ダウンロードしましょう。 ログインが正常に行われていれば、再ダウンロード時に新たにLINEコインが必要になることはありません。 iPhoneでトーク履歴をバックアップする場合 iPhoneの場合はiCloudを使用してバックアップする事ができます。 iCloud Driveがオンなっていない場合は、バックアップを開始する前にiPhoneの設定からオンにしておきましょう。 新しい端末でLINEにログインする方法とトーク履歴の復元方法 新しい端末でのログイン方法、トーク履歴の復元方法はiPhone、Androidとも一緒です。 旧端末で設定したメールアドレスとパスワードを使って、新端末のLINEにログインします。 初期設定の途中でトーク履歴を復元するかどうかの選択がありますので、「トーク履歴をバックアップから復元」を選択しましょう。 年齢認証に関しては、初期設定中に済ませてもOKです。

次の

格安SIMに乗り換えたら電話帳はどうする?移行方法をパターン別に解説!

格安 sim iphone バックアップ

電話・アドレス帳だけバックアップを取りたい まず最初に電話帳とアドレス帳だけバックアップが取りたい人向けに解説していきます。 1-1. Googleアカウントが最も簡単 電話帳・アドレス帳(電話番号、メールアドレス)のバックアップ方法として最も簡単なのが、Googleアカウントを利用したバックアップです。 データ移行も非常に簡単で、旧端末のデータを新しい端末に同期させるだけで完了します。 また、電話・アドレス帳以外にも、• Googleカレンダー• Gmail• Google Playでインストールしたアプリ などGoogleアカウントと紐付けされているデータのバックアップ&復元が可能です。 Googleアカウントをお持ちでない方は、以下の記事を参考にアカウントを作成してみましょう。 1-2. すべてのデータのバックアップが取りたい 次は、電話帳・アドレス帳だけでなく、• アプリ一覧• 通話履歴• SMS・MMS などあらゆるデータをバックアップしたい方向けに、おすすめの方法を解説していきます。 2-1. おすすめのバックアップ方法 すべてのデータをバックアップしたい方におすすめのバックアップ方法は以下の通りです。 Android端末でバックアップ• JSバックアップ• microSDカード iPhone端末でバックアップ• iCloud• JSバックアップ Andoroidの場合、microSDカードが使用できますが、一番簡単な方法はJSバックアップの利用です。 JSバックアップはクラウドを利用するバックアップアプリで、簡単な操作であらゆるデータのバックアップが取れます。 iPhoneの場合は、iCloudが一番おすすめです。 ただし、iPhoneからAndoroidにデータ移行したい場合は、iCloudよりもJSバックアップの方が簡単となります。 2-2. JSバックアップ JSバックアップは、iOS、Android、PCの3つのプラットフォームに対応していて、iPhoneとAndroid間でもデータ移行ができます。 標準アプリのデータ移行にも対応しているため、ブックマークリストや通話履歴、アプリ一覧までバックアップできるのも強みです。 また、バックアップ履歴はクラウドで管理するため、WEB上でいつでも履歴内容を確認でき、保管したバックアップデータを格安スマホにすぐ復元することができるでしょう。 ここでは、Android版のJSバックアップで手順を解説していきます。 バックアップ手順(旧端末側) 1 JSバックアップをインストールする まずは、JS バックアップをインストールしましょう 2 JSバックアップを起動する インストールが完了したら、さっそく起動してみましょう。 トップ画面には、「データ」タブと「APK」タブがあります。 バックアップする際には、「データ」タブが有効になっていることを確認してください。 3 バックアップボタンを選択 データタブの「バックアップ」を選択すると、以下の4項目の設定画面に切り替わります。 データのバックアップ先• バックアップデータ• 復元パスワード• バックアップファイル名 4 各項目の設定変更 データのバックアップ先を、SDカードかクラウドのどちらかに選択しましょう。 クラウドは、• Dropbox• Google Drive• Sugarsync• NTT docomo提供のデータ保管BOX に対応しています。 作業領域としてある程度のデータの空き容量が必要になるので、事前にデータ容量を確認してからバックアップ作業を始めましょう。 クラウドに関して詳しくは、「」を参考にしてください。 5 移行するデータを選択してスタートボタンをタップ 14のデータ項目からバックアップする項目を選びましょう。 必要な項目にチェックを入れたら「スタート」をタップ。 バックアップ完了までの推定時間が表示されます。 「バックアップが完了しました」と表示されたらバックアップ作業は終了です。 復元手順(新端末側) 1 JSバックアップをインストールする Google PlayからJS バックアップをインストールしましょう 2 バックアップ先を選択する JSバックアップを起動したら、データタブの「復元」を選択し、旧端末で利用したバックアップ先を指定します。 3 復元するデータを選択する 新端末に復元したいデータ項目を選択し「OK」をタップすれば、復元作業が始まります。 「復元が完了しました」との表示が出たら完了です。 データ移行ができているか復元先を確認してみましょう。 iOS版は仕様が異なる iPhoneのJSバックアップは、移行するデータ項目が• 連絡先• カレンダー• 動画 と4項目になります。 また、利用できるクラウドもDropboxとGoogle Driveの2つのみです。 Android版と比べて機能が限定されるので注意しましょう。 とはいえ、JSバックアップは異なるOS間でデータ移行ができるため、iPhoneからAndroidに機種変更する場合には重宝したいアプリです。 2-3. microSDカード microSDカードでも、電話帳やアドレス帳はもちろん写真・動画や音楽ファイルなどすべてのデータのバックアップが取れます。 やり方は簡単でmicroSDカードを挿入してデータを保存するだけ。 ただし、動画や音楽ファイルなどはデータ容量がとても大きいので、数回に分けて移行作業をしなければならない場合があります。 また、SDカードに対応していないiPhoneには使用できないので注意しましょう。 microSDカードの使い方については、以下の記事を参考にしてみて下さいね。 2-4. iCloud iPhoneでバックアップをとるにはiCloudがおすすめです。 特にiPhoneからiPhoneへのデータ移行が簡単です。 キャリアのiPhoneからSIMフリーのiPhoneに移行する際などは最もおすすめのバックアップ方法です。 iCloudは、写真や動画はもちろん、iPhoneの設定なども含めてほぼすべてのデータをバックアップできます。 ただし、iCloudは無料で利用できるデータ容量が5GBまでと少ないので注意しましょう。 データ容量が足りない場合は、課金してストレージを拡張するか、iCloudで移行するデータ項目を絞るといった対策が必要です。 バックアップ手順(旧端末側) iCloudでバックアップをとるには、iPhoneを電源に挿して、Wi-Fiに接続している場合のみ可能です。 準備ができたら、以下の手順に従ってバックアップしましょう。 「設定」アプリを開き、「iCloud」をタップ• バックアップしたい項目をONにし、「バックアップ」を選択• 「iCloudバックアップ」をONにする• 「今すぐバックアップを作成」をタップするとバックアップできます 復元手順(新端末側)• 新しいiPhoneの初期設定時に表示される「Appとデータ」から「iCloudバックアップから復元」をタップ• 最後にバックアップしたときの日付を選択• AppleIDとパスワードを入力すれば復元できます 3. まとめ いかがでしたか? バックアップは難しい作業ではありません。 大切なデータは失ってからは取り戻せません。 この記事を参考に、格安スマホ乗り換え前までには確実にバックアップを行いましょう。 バックアップだけでなく、格安スマホにデータ移行したい方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

次の

格安SIMに乗り換えたら電話帳はどうする?移行方法をパターン別に解説!

格安 sim iphone バックアップ

格安スマホへのデータ移行はどうすればよいか? 大きく分けると、新端末を使い始める前に準備をしておくべきものと、新端末を使い始めてからの対応でも問題のないものがあります。 電話帳、写真・音楽データ、LINE、ゲームアプリなどは準備をしておくべきもので、FacebookやTwitterなどは後からの対応で大丈夫です。 電話帳 電話帳の移行で最もポピュラーな方法は、microSDカードを使用する方法です。 microSDカードを移行前の端末に差し込み、中に入っている電話帳データをmicroSDカードにコピーします。 次にデータが入ったmicroSDカードを、移行する端末に装着します。 「電話帳」や「連絡先」アプリを起動して、SDカードに入っている連絡先を「インポート」します。 インポートとは取り込むという意味です。 これで電話帳を移行後の端末に取り込むことができます。 次に、「クラウドストレージ」と呼ばれるサービスを利用する方法があります。 具体的にはDropboxやGoogle Driveなどが該当しますが、データをネット上に保管しておけるサービスのことです。 もちろんアクセスにはパスワードなどが必要なのでセキュリティ上の心配はありません。 このサービスを利用すれば、電話帳データをネット上に置いておき、新端末からアクセスして電話帳データを取り込むことが可能です。 クラウドストレージサービスは、一定のデータ容量までなら使用料が無料というのが魅力的! それ以外の方法としては、三大キャリアなら「電話帳お預かりサービス」を利用する方法があります。 紛失や水没といったトラブルの際に備えて電話帳をキャリア側でデータとして預かってくれる方法ですが、電話帳移行にも便利に利用できます。 ただし、サービスに加入していないと使えないので、事前に加入しているかを確認しておきましょう。 また、旧端末でGoogleアカウントにてアドレス帳を保存している場合、新端末でGoogleアカウント設定をして同期を行えば、簡単にアドレス帳を移行できます。 写真・音楽ファイル 前述したmicroSDカードやクラウドストレージサービスを利用するのが最も便利です。 ただし、電話帳と比べるとデータ容量が非常に大きくなるのが一般的です。 何回かに分けて移行する必要がある場合もありますので、移行前の端末に入っているデータ容量を確認し、SDカードまたはクラウドサービスの容量から、何回くらい移行作業をする必要があるか見当をつけておきましょう。 LINE 出典: まずは旧端末で引継ぎの準備をします。 メールアドレスとパスワードを登録しておきましょう。 次に「設定」画面の2段階認証で、「引継ぎの許可」を設定します。 また、旧端末・新端末が同一のOSなら、トーク履歴を保存することも可能です。 保存したいトークを開き、Androidなら「トーク履歴をバックアップ」、iOSは「トーク履歴の送信」を選び、保存先を指定して、データを保管します。 後は新端末にLINEをインストール・起動して、旧端末で設定したメールアドレス・パスワードでログインします。 PINコードの入力と、電話番号認証を済ませれば引継ぎが完了します。 トーク履歴を復元したいときは「トーク設定」を開き、「トークの履歴をインポート」から保管したデータを指定すると、保存しておいたデータを取り込めます。 スタンプ・着せ替えについては再度ダウンロードが必要です。 マイスタンプ画面からこれまで購入したスタンプが表示されるので、個別または一斉の再ダウンロードが可能です。 着せ替えはLINEの「その他」の設定からMy着せかえを表示し、スタンプ同様に再ダウンロードします。 ゲームアプリ 個別のゲームによって引継ぎ方法に細かい違いがありますので、各ゲームアプリの引継ぎ方法の説明を参照してください。 代表例として「パズドラ」の場合は、旧端末で「機種変コード」を発行して、新端末にて「機種変コード」を入力という流れになります。 SNS Facebook、Twitter、Instagramなどについては、あらかじめ移行準備をする必要はありません。 新端末でアプリをダウンロードし、旧端末と同様にログインするだけです。 格安スマホへのデータ移行をサポートしてくれる格安SIMは? データ移行は情報を確認しながら慎重に行えば自分でできるものが多いです。 しかし基礎的な知識があまりなく、操作が不安になる方もいるでしょう。 自分でやるのは失敗しそうで自信がないという場合、有料で業者にお願いして移行作業をしてもらうオプションサービスの利用も1つの選択肢ですね。 楽天モバイル 出典: 楽天モバイルでは「アドレス帳・写真データ移行サービス 出張設定プラン」のオプションがあります。 セット販売端末購入時に申し込みが可能で、専門スタッフが自宅でかわりにデータ移行を行ってくれます。 さらに基本操作などもレクチャーしてくれるので新しいスマホの操作に不安がある人にもおすすめです。 NifMo 出典: 「NifMo 訪問レクチャー」というサービスを行っており、初心者向けに接続・設定・操作方法のレクチャーをしてくれます。 対面で色々とお願いしたいという方は、このサービスを利用すると良いでしょう。 月額480円 税抜 で端末の接続・設定と、60分の基本操作説明まで受けることができます。 アドレス帳のデータ移行もmicroSDカードを自分で用意すれば、有料オプションで行ってくれます。

次の