イギリス 王室 家 系図。 スペンサー家

知ってました?イギリス王室の継承ピンチの歴史

イギリス 王室 家 系図

イギリス王室の家系図は? イギリス王室の家系図の始まりは、 フランス王室なんですよ。 そして、今の家系図の元になって います。 そして、イギリス王室の家系図の 始まりは、1066年から王位継承 したウィリアム1世なんです。 近代史として重要な1714年に 王位継承したジョージ1世から 家系図を書いていきますね。 1: 夫/エルンスト・アウグスト 妻/ゾフィー・フォン・デア・プファンルツ 子供1/ジョージ1世 2: 夫/ジョージ1世 妻/ゾフィー・ドロテア 子供1/ジョージ2世 3: 夫/ジョージ2世 妻/キャロライン・オブ・アーンズバック 子供1/フレデリック・ルイス 子供2/アン 子供3/アメリア・ソフィア 子供4/キャロライン・エリザベス 子供5/ジョージ・ウィリアム 子供6/ウィリアム・オーガスタス 子供7/メアリー 子供8/ルイーズ 4: 夫/フレデリック・ルイス 妻/オーガスタ 子供1/ジョージ・ウィリアム・フレデリック 子供2/エドワード・オーガスタス 子供3/エリザベス・キャロライン 子供4/ウィリアム・ヘンリー 子供5/ヘンリー・フレデリック 子供6/ルイーザ・アン 子供7/フレデリック・ウィリアム 子供8/キャロライン・マティルダ 5: 夫/ジョージ3世 妻/シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ 子供1/ジョージ4世 子供2/フレデリック 子供3/ウィリアム4世 子供4/シャーロット 子供5/エドワード 子供6/オーガスタ 子供7/エリザベス 子供8/アーネスト 子供9/オーガスタス 子供10/アドルファス 子供11/メアリー 子供12/ソフィア 子供13/オクタヴィアス 子供14/アルフレッド 子供15/アミーリア 6: 夫/ジョージ4世 妻/キャロライン・オブ・ブランズウィック 子供1/シャーロット・オーガスタ 7: 夫/ウィリアム4世 妻/アデレード・オブ・サクス=マイニンゲン 子供1/シャーロット 子供2/エリザベス 子供3/ジョージ・オーガスタス 子供4/ヘンリー 子供5/ソフィア 子供6/メアリー 子供7/フレデリック 子供8/エリザベス 子供9/アドルファス 子供10/オーガスタ 子供11/オーガスタス 子供12/アメリア 8: 夫/エドワード・オーガスタス 妻/ヴィクトリア妃 子供1/ヴィクトリア女王 9: 夫/アルバート・オブ・サクス=コバーグ・アンド・ゴータ 妻/ヴィクトリア女王 子供1/ヴィクトリア 子供2/アルバート・エドワード 子供3/アリス 子供4/アルフレッド 子供5/ヘレナ 子供6/ルイーズ 子供7/アーサー 子供8/レオポルド 子供9/ベアトリス 10: 夫/エドワード7世 妻/アレクサンドラ・オブ・デンマーク 子供1/アルバート・ヴィクター 子供2/ジョージ5世 子供3/ルイーズ 子供4/ヴィクトリア 子供5/モード 子供6/アレクサンダー・ジョン 11: 夫/ジョージ5世 妻/メアリー・オブ・テック 子供1/エドワード8世 子供2/ジョージ6世 子供3/メアリー 子供4/ヘンリー 子供5/ジョージ 子供6/ジョン 12: 夫/エドワード8世 妻/ウォリス・シンプソン 13: 夫/ジョージ6世 妻/エリザベス・ボーズ=ライアン 子供1/エリザベス2世 子供2/マーガレット 14: 夫/ヘンリー・ラッセルズ 妻/メアリー 子供1/ジョージ 子供2/ジェラルド 15: 夫/ヘンリー 妻/アリス 子供1/ウィリアム 子供2/リチャード ここからは、みなさんのよく知っている 近代の家系図です。 13番のジョージ6世の子供の エリザベス2世が今、現在の エリザベス女王ですね。 近代の家系図 1: 夫/エディンバラ公フィリップ王子 妻/エリザベス2世(エリザベス女王) 子供1/ウェールズ大公チャールズ王子 子供2/プリンセス・ロイヤル・アン 子供3/ヨーク公爵アンドルー王子 子供4/ウェセックス伯爵エドワード王子 2: 夫/チャールズ皇太子(王子) 妻/ダイアナ妃 子供1/ウィリアム王子 子供2/ヘンリー王子 3: 夫/ウィリアム王子 妻/キャサリン妃 子供1/ジョージ王子 子供2/シャーロット王女 イギリス王室のエリザベス女王って? エリザベス女王と言っていますが、 本当はエリザベス2世です。 エリザベス2世がエリザベス女王として、 1952年2月6日になりましたよ。 そして、今現在もエリザベス女王として 君臨しています。 Sponsord Link イギリス王室とは? イギリス王室は、たまにロイヤルファミリー というふうに表記されることもあります。 イギリスの国王と、その家族や親族で 構成される集団のことです。 ヴィクトリア女王の4番目の子供が、血友病 の始まりだったようです。 その後、ヴィクトリア女王の娘たちが結婚 をして子供を作ります。 そのせいで、血友病は大陸へと拡がって いきました。 血友病とは、5千人から1万人に1人発病 する遺伝的病気です。 しかも、男の子に発病するんです。 遺伝子の変異で血が固まる因子の1つが 欠けてしまい、血が出ても固まりにくく出血 多量になったりします。 プリンセス・シャーロットが、2人目の子供 ということなんです。 1人目の子供は、男の子でジョージ・ アレクサンダー・ルイといいます。 「ロイヤルドッグ」と呼ばれる犬を飼う習慣 があります。 今のエリザベス女王の父・ジョージ6世も コーギーやそれ以外の犬を飼っていま した。 エリザベス女王は、お父さんのコーギー とお散歩もしていました。 幼い頃姉妹で一緒に、コーギーと遊んで いました。 初めてエリザベス女王が犬を飼ったの は、18歳からでした。 そこから、コーギー一筋で70年。 初めて飼ったコーギーの名前は、 「スーザン」です。 結婚してからでも、コーギーはずっと 一緒です。 エリザベス女王の子供・ チャールズ皇太子とアン王女 と遊んでいます。 公務であっても、コーギーも一緒に 移動します。 電車の中にも、車の中にも、専用の 飛行機の中にも、一緒に乗りますよ。 飛行機に慣れているコーギー達なの で、海外だって関係なく一緒に移動 します。 2012年の時のロンドンオリンピックで も、エリザベス女王とコーギーは開会 式に登場していました。 コーギーのご飯の用意は、 エリザベス女王が自らしているんですよ。

次の

「他に選択肢はなかった」 英王室離脱のヘンリー王子が悔しさにじませ演説…その真意を英王室ジャーナリストが解説

イギリス 王室 家 系図

イギリス国王系図 イギリス国王系図• この図は、スコットランド・イングランド・連合王国(イギリス)の王家系図をひとつにまとめたものです。 参考文献:、• 国王名の下には、国名と在位年を記載してあります。 S:スコットランド、E:イングランド、Uまたは無印:連合王国(イギリス)• イギリス王室公式サイトに記載されている王のみを記載しています。 在位年も原則として同サイトに準じています。 名前は英語で統一してあります。 細線は親子・兄弟、太線は婚姻を示しています。 親子・夫婦などでの共同統治がある場合や、対立して複数の人間が同時に王位を称した場合、複数の国王の在位年が重複しています。 マーシア家やウェセックス家の時代はいわゆる七王国時代であり、イングランド全体を統治した王がいない時期があります。 遅ればせながらにちなんで(年が変わらないうちに)作ってみました。 com.

次の

ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ10

イギリス 王室 家 系図

1837年の即位以降の英王室紋章は、が4分の1番目と4分の4番目を構成し、 ()が4分の2番目を、が4分の3番目を構成する(左)。 では、別のバージョンが使用されている(右)。 それにより、スコットランド紋章が優先される。 イギリス君主一覧(イギリスくんしゅいちらん)では、現在の(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)につながるの各地を支配した以下の を対象とする。 1707年5月1日のとの併合以降、およびでは、12人の君主が存在している(詳細は「」参照)。 イングランドとスコットランドは1603年3月24日以降、時代にであった。 1801年1月1日、グレートブリテンはを併合し(それ以前もグレートブリテンとの同君連合であった)、が成立した。 その後、が1922年12月6日に、国号は1927年4月12日に現在の「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」に改称された。 までのの王たち• 1707年までのの王たち• 末にイングランドが征服する以前にの各地方を支配した君主たち• 1707年にイングランドとスコットランドが合邦して以降のの王たち• 以降のの王たち• にが連合王国から分離して以降の(現在のイギリス)の王たち 「」も参照 末にイングランドに征服される以前のウェールズには、、、などの小王国があった。 グウィネズ [ ]• ( - )• (1137年 - ) グリフィズの息子• オーウェン・グウィネズの3子による分割支配• デイヴィッド・アプ・オーウェン(1170年 - )• カナン・アプ・オーウェン(1170年 - )• ロドリー・アプ・オーウェン(1170年 - 1194年)• (大ルウェリン、1194年 - ) オーウェンの孫• (1240年 - ) ルウェリンの息子• (ルウェリン・ザ・ラスト、1246年 - ) 大ルウェリンの孫• (没) ルウェリン・ザ・ラストの兄弟 ルウェリン・アプ・グリフィズはウェールズの諸侯を従えてウェールズ大公を名乗るが、敗死。 デイヴィットが継承者を主張するがイングランド軍に捕らえられて処刑された。 ウェールズ公 [ ]• (公認 - ) 以後は、イングランド王国、グレートブリテン王国、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の第1王位継承者が(ウェールズ公)の称号を持つ。 2019年8月1日現在は、。 七王国 [ ]• 王国 ブレトワルダ [ ] 七王国時代に、諸王の間で台頭して他の王たちを臣従させた王をと呼ぶ。 サセックス王( - )• ウェセックス王( - )• ウェセックス王( - )• ウェセックス王( - )• ケント王( - )• イーストアングリア王(616年 - )• ノーザンブリア王(627年 - )• ノーザンブリア王( - )• ノーザンブリア王(641年 - )• マーシア王( - )• マーシア王(757年 - ) エゼルバルドの従兄弟• ウェセックス王( - )• ウェセックス王(839年 - ) エグバートの息子• ウェセックス王(858年 - ) エゼルウルフの息子• ウェセックス王(860年 - ) エゼルウルフの息子• ウェセックス王(866年 - ) エゼルウルフの息子 半ばのの侵入後、諸王国で覇権を確立したウェセックス王がデーン人と戦い、次第に統一イングランド王国を形成していった。 イングランド王国 [ ] 詳細は「」を参照 ハノーヴァー朝の王位継承は、(すなわち)を王位継承権者から除外した ()によって可決されたの結果として成立した。 とのの農園()への接続と引き換えに、1707年に ()によってハノーヴァーの王位継承と連合が批准された。 アンの死後、生存した子女はいなかったが、彼女の従兄弟であるジョージ・ルイスは、非カトリック教徒で王位に最も近い相続人だった。 ジョージは(の孫娘、その娘は)の子息であった。 サクス=コバーグ=ゴータ朝 1901年—1917年 、ウィンザー朝 1917年— [ ] 詳細は「」および「」を参照 ザクセン=コーブルク=ゴータ家出身の実父によりエドワード7世は、ハノーヴァー朝の最後の君主であり自身の実母であるヴィクトリアを継承して、1901年に新しい王朝を成立させた。 ジョージ5世は、 ()、戦時中の国内での ()のために、1917年7月17日に王朝名を「サクス=コバーグ=ゴータ朝」から「ウィンザー朝」へ改称させた。 ジョージ1世国王は1714年10月20日に戴冠した。 ジョージ2世国王は1727年10月11日にとともに戴冠した。 即位日と戴冠日は旧暦で; 没日は新暦で()(在位期間は新暦で)• ジョージ3世国王はとともに1761年9月22日に戴冠した。 ジョージ4世国王は1821年7月19日に戴冠した。 ウィリアム4世国王はとともに1831年9月8日に戴冠した。 ヴィクトリア女王は ()した。 エドワード7世国王はとともに ()した。 ジョージ5世国王はとともに ()した。 エドワード8世国王は ()。 ジョージ6世国王はとともに ()した。 エリザベス2世女王は ()した。 出典 [ ]• royal. gov. 2009年3月4日時点のよりアーカイブ。 2011年5月9日閲覧。 royal. gov. 2018年1月16日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 royal. gov. 2010年8月3日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 royal. gov. 2018年1月12日閲覧。 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ]• archontology. org. 2019年6月18日閲覧。 britannia. com. 2019年6月18日閲覧。 britroyals. com. 2019年6月18日閲覧。 englishmonarchs. 2019年6月18日閲覧。

次の