グロー センス ニコチン。 新スタイルの加熱式タバコ「glo sens(グロー・センス)」はまず東京都内限定販売

glo sens(グローセンス)の吸いごたえや使用感をレビューします!

グロー センス ニコチン

初代を買ってから、まぁしばらく存在も忘れてたくらい使ってなかったgloなんですが、 いつの間にやら新しいデバイスがポイポイ出てきてました。 こちらのglo sensもその一つ。 もうね、あとで説明しますけどこれ完全にVAPEなの。 加熱式たばことは言いつつもVAPEなの。 構造で言うととかとおおよそ同じ。 カートリッジにリキッドが入ってて、たばこ葉が入ったポッドを通してミストを吸うタイプ。 なんせ見ていきましょ。 スターターキット パッケージはこんな感じ。 裏側には内容物とか書いてあります。 パカッと開封。 中身はこんな感じ。 glo sens デバイス 本体• デバイスキャップ• デバイスポーチ• ダミーカートリッジ・ポッド• 充電用USBケーブル• ACアダプター• マニュアル とりあえずこちらが本体。 glo sens デバイスとダミーカートリッジ・ポッドです。 めっちゃ使用不可って書いてある通りダミーなのでこのままでは使えません。 反対側はこんな感じ。 めっちゃgloロゴ推すな。 ボトム側には充電用のUSBポートがあります。 micro USBなのねぇ。 Type-Cが良かったよね。 充電中はこのように中央ボタン周囲のLEDが点灯、点滅します。 4段階で光るようになっていて、全部点灯すれば充電完了です。 そしてボタンを押しながら吸います。 こちらはデバイスポーチ。 広げるとこんな感じ。 めちゃシンプルポーチ。 こちらはデバイスキャップ。 開封するとこんな感じ。 シリコン製の吸い口の蓋ですね。 使うかと言われると結構微妙なラインではあるんだけども。 使ってみる 本体部分の説明ってあんまりないんでとりあえず使ってみましょ。 まずneo pods。 フレーバーは後で確認していくとしてまずは開封。 中にはフレーバカートリッジが1つ、たばこポッドが3つ入っています。 たばこポッド1つあたり約60パフ、1箱で約180パフ分使用可能となっています。 こちらがフレーバカートリッジ。 シリコンのキャップが付いているので外して使います。 外して見てみると…コイル巻いてあるー! コットンぽいものも入ってるしリキッドしみてるし。 完全にVAPEやね。 いや構造的にそうなんですけど。 反対側にもシリコンのキャップが付いているのでこちらも外します。 こっち側は本体との接点。 この部分のカラーはフレーバーによって変わります。 こちらはIce Blueberry。 こちらはたばこポッド。 中に細かくなったたばこ葉が入っています。 こちら側の部分をフレーバカートリッジに差し込んで使用します。 こちらが吸い口側。 結構大きく見えますけど案外咥え心地は良い。 で、たばこポッドをフレーバカートリッジに装着します。 そのままスポッと入れるだけ。 そんで本体に装着。 たばこポッドは方向関係ないですけど、フレーバカートリッジはツマミのある方が本体の凹みがある方と合うように装着します。 たばこポッド たばこポッドのフレーバーは今のところ全10種類。 その内半分の5種類はgloオンラインショップやgloストアのみの限定販売になっています。 こちらはコンビニやたばこ取扱店で購入できる5種。 ネオ・メロー・ブレンド・ポッド・N スムーズなレギュラーたばこのようなフレーバーに、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、圧倒的な満足感 gloオンラインストアより引用 ということでレギュラータイプのMELLOW BLENDです。 実際に吸ってみるとなんとなく若干昆布茶感ある。 たばこ味には違いないんですけど、なんだろうな…まったりとした昆布感…? とろろ昆布の風味が追加されたたばこ吸ってるみたいな雰囲気。 別に変な味とかでもないのがまた不思議なんだけど。 妙な風味のするレギュラーたばこ味。 ネオ・クリスプ・メンソール・ポッド 極寒メンソールの刺激が広がるフレーバーに、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、冷涼な満足感 gloオンラインストアより引用 ということでメンソールタイプのCRISP MENTHOLです。 実際に吸ってみるとほんのり甘みを感じるメンソール味。 クセが無いしかなり吸いやすい。 たばこポッド独特の風味もメンソール感で紛れる感じ。 元々メンソール派ならこれかなぁ。 ずっと吸ってても飽きない味。 ネオ・アイス・ブルーベリー・ポッド みずみずしいブルーベリーのような香りが広がる、爽快なメンソールフレーバーに、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、芳醇な満足感 gloオンラインストアより引用 ということでフレーバーメンソールタイプのICE BLUEBERRYです。 実際に吸ってみると物凄い分かりやすいブルーベリーだね。 清涼感はそこそこ強めで、ブルーベリーミントのガムみたいな味。 ブルーベリーのフレーバーは結構苦手なものが多いんですけど、 これは変なクセや臭みもなく吸いやすい。 好きな人多そうなイメージ。 ネオ・ゼスティー・アップル・ポッド 青りんごのようなフレッシュな香りが広がるメンソールフレーバーと、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、清涼な満足感 gloオンラインストアより引用 ということでフレーバーメンソールタイプのZESTY APPLEです。 実際に吸ってみると…んん?あんまりりんごっぽくないな。 フルーティーさとメンソール感はもちろんあるけど。 なんだろなー。 たばこポッドと合わせるとりんごじゃなくなるような感じ? なんだかよく分からない味なので何とも言えない。 これはあんまり好きじゃないなぁ…。 ネオ・ドルチェ・ティラミス・ポッド リッチなコーヒーとクリームが香るティラミスのようなフレーバーと、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、大人の満足感 gloオンラインストアより引用 ということでフレーバータイプのDOLCE TIRAMISUです。 実際に吸ってみると、おぉちゃんとコーヒーっぽさある。 ティラミスかと言われると何だか違う感じもするけど、 コーヒーとクリームの風味がちゃんと感じられるのがイイね。 VAPEらしいっちゃらしい味でもある。 でも甘さはあんまりない。 どっちかっていうとレギュラーたばこの風味にほんのりコーヒー。 こちらはgloオンラインショップやgloストアのみの限定販売の5種。 ネオ・シルキー・ブレンド・ポッド カフェラテがほのかに香るたばこフレーバーと、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、口当たりのいい満足感 gloオンラインストアより引用 ということでレギュラータイプのSILKY BLENDです。 実際に吸ってみると確かにコーヒーとクリームの風味がある。 MELLOW BLENDと同じレギュラータイプではあるけど全然違う味。 レギュラーならこっちの方が個人的には好きな味かな。 とっつきやすくて吸いやすい味ではあると思う。 でもやっぱり吸い続けると若干昆布出てくるのはなぜなんだ。 ネオ・クリア・ミント・ポッド メンソールとペパーミントがほんのり香る爽やかなフレーバーに、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、爽快な満足感 gloオンラインストアより引用 ということでメンソールタイプのCLEAR MINTです。 実際に吸ってみるとCRISP MENTHOLよりも清涼感が少し強い。 そしてメンソールよりもミントの風味が前にガツンと出てくる。 ペパーミントのガム噛んでるみたいな感じ。 ミントガム好きな人ならこれいいんじゃないかな。 若干甘みがあるのも良い感じ。 ネオ・エレクトリック・チェリー・ポッド チェリーのようなジューシーなフレーバーと、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、濃密な満足感 gloオンラインストアより引用 ということでフレーバータイプのELECTRIC CHERRYです。 実際に吸ってみると結構はっきりチェリーだな! チェリーフレーバーはあまり得意では無いんですけど、これ割と美味しく吸える。 アメリカンなチェリーフレーバーだね。 甘さも酸味もほどほどで濃すぎるってこともない。 これフレーバータイプの中では一番好きかも。 ネオ・トロピカル・フルーツ・ポッド トロピカルフルーツのようなフレーバーと、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、甘美な満足感 gloオンラインストアより引用 ということでフレーバータイプのTROPICAL FRUITSです。 実際に吸ってみるとフルーツ感はあるけどトロピカルかどうかは謎。 トロピカル…トロピカルってなんだ…。 どっちかというとミックスジュースっぽさある…。 南国感はあまり感じないけどフルーツには違いない。 VAPEでもフルーツ系フレーバー好きならアリかな。 私は嫌いではないけど吸い続けるほどでもないかなぁくらい。 ネオ・ココナッツ・パンナコッタ・ポッド バニラが香る、甘いココナッツデザートのようなフレーバーと、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、エキゾチックな満足感 gloオンラインストアより引用 ということでフレーバータイプのCOCONUT PANNACOTTAです。 実際に吸ってみると結構ココナッツ強いな。 いやでもこれバニラなんでしょ…バニラか…だから分からないんだね…。 私が吸うとほぼココナッツ。 若干甘みのあるココナッツでしかない。 なんかココナッツのたばこあったよなぁ…なんだっけな…ブラックデビルにあったよね? あぁいう雰囲気の風味。 もちろん同じではないけど。 好みは分かれるだろうなっていう独特な味。 まとめ Ploom TECHみたいなVAPEと同じ構造の加熱式タイプではあるんですけど、 一番VAPEらしいっちゃらしいデバイスですね。 今流行のポッドタイプと同じだし。 あとこれバラしたらリキチャもできそうよね。 コンビニで買えるポッドタイプと考えればこれは手軽で楽なのでは? 小さいし軽いしね。 フレーバー自体はそこまで味がはっきり出るわけじゃないけど、 それぞれそこそこの味は感じられるから手軽さで考えれば悪くない。 もう少ししっかりフレーバー出たらもっといいんだけどなぁ。 新しいフレーバーに期待。 あっでもミントとチェリーは良い感じ。 ただどう考えてもリキッドが少ない気がする。 たばこポッド2つでリキッド無くなるくらいの勢いです。 もはやリキチャさせようとしているのかと思うレベル。 もう少しこう…バランス良くはならんのかねこの辺は。 トータルでは買ってみてもいいんじゃないかくらいの感じではあります。 でも追加でリキチャして使う感じにはなると思う。 VAPE忘れた~みたいな時に代替品としては十分かな。 今安くなってるし。 980円なら即買い。 元の4,980円なら少し悩む。 カテゴリー• 164• 102• 161• 757• 15 アーカイブ•

次の

グローセンスとプルームテック・プラスを徹底比較!低温加熱式たばこの違いは?【味・性能・コスパ】

グロー センス ニコチン

glo sens(グローセンス)の特徴 グローセンスはJTのプルームテックシリーズと同じ 「低温加熱式タバコ」です。 基本的な使い方もプルームテックプラスと同じ。 デバイスと 「neo pods(ネオポッド)」に同梱している 「たばこポッド」「カートリッジ」の2つを組み合わせて喫煙します。 従来のグローデバイスとは違い 「加熱待ち時間」がないので、好きなときに好きな分だけ吸うことが可能。 たばこポッド1個で 「約60パフ分」、カートリッジ1個で 「約180パフ分」となっています。 グローセンスの本体価格は 「4,980円 税込 」と、価格もプルームテックプラスと同じになっていますね。 【追記】グローセンスが新価格の 「980円」になりました。 クリスプメンソール• アイスブルーベリー• メローブレンド• ゼスティーアップル• ドルチェティラミス グローセンスのネオポッドは1箱で 「約180パフ分」、プルームのたばこカプセルは1箱で 「約250パフ分」となっています。 コスパが少し悪いようにも感じるグローセンスですが、果たしてそれをカバーするような吸いごたえと味はあるのか……? ネオポッドのクリスプメンソールを吸ってみた! まずはメンソールタイプの「クリスプメンソール」から試してみます。 ……味わい的には甘さのあるメンソールで普通に美味しいですね。 メンソールの冷涼感はそれなりに強めで、蒸気量が多いので 「吸ってる感」をとても楽しめます。 ほぼ無臭なのでニオイを気にする必要もないですね。 とはいえ、 吸いごたえ・キック感はほとんど感じません。 例えるなら、インペリアルタバコの 「マイブルー」より少し強めのキック感といった感じですね。 味と冷涼感はイイ感じですが、吸ったあとの満足感は個人的には少し微妙でした。 ネオポッドのアイスブルーベリーを吸ってみた! お次は「アイスブルーベリー」でモクモクしてみます。 ……これはかなり美味しいです 笑 ブルーベリー好きにはたまらない味かもしれません。 メンソールの冷涼感はやや控えめですが、ブルーベリーの香りとモクモク感を満喫できます。 とはいえ、やっぱり 吸いごたえ・キック感はほとんど感じませんでした。 フレーバーの味と蒸気量は完璧なので、かなり惜しいところです。 ネオポッドのメローブレンドを吸ってみた! レギュラーには興味がなかった僕ですが、以外にもハマりそうなのがこの「メローブレンド」でした。 味は少し甘さのあるレギュラー風味で、キック感の弱いグローセンスでもそれなりにタバコ感を楽しめると思います。 ガツンとモクモクしたい人にはオススメのフレーバーですね。 ネオポッドのゼスティーアップルを吸ってみた! 青リンゴ味の「ゼスティーアップル」です。 ……吸いごたえとメンソールの冷涼感はやや弱めで、僕がイメージしていた青リンゴ味とは少し違いました。 個人的にはリピなしですが 笑 、柑橘系フレーバーが好きな人はチェックしてみてください。 ネオポッドのドルチェティラミスを吸ってみた! スイーツ感を楽しめそうな「ドルチェティラミス」です。 ……味と香りは薄めのティラミスといった感じですね。 ほどよい甘さで普通に美味しいと思います。 メンソールよりも、甘いフレーバーが好きな人はぜひチェックしてみてください。 【追記】グローストア・オンラインストアで販売されている 「限定フレーバー全5種」も試してみました。 glo sens(グローセンス)の使用レビュー!まとめ 全国のコンビニでも発売となったグローセンスをレビューしてみました。 加熱式タバコというより「 」などのVAPEに近いグローセンスだったと思います。 とはいえ、 「薬事法の規制」により日本国内で流通しているVAPEリキッドには 「ニコチン」が含まれていません。 なので、多少のニコチンは摂りつつも、VAPE感覚でフレーバーを楽しみたい人にはピッタリのグローセンスだと思います。 個人的には 「吸いごたえ」 「キック感」が物足りなかったグローセンスですが、蒸気のモクモク感とフレーバーの味はかなりオススメですね。 【追記】グローセンスが980円で買える 「チャレンジキャンペーン」が開催しました。

次の

glo(グロー)のネオスティックは全20種類!味やタールは?【2020年最新版】

グロー センス ニコチン

名前は グロー(glo。 アイコスに比べると非常にスタイリッシュなデザインをしており、大きさもアイコスより若干小さくなっている。 アイコスの様にホルダーとチャージャーが個別になっているわけではなく、グローは本体一つで完結する。 リリース前からアイコスと違った機能面とスタイリッシュなフォルムは非常に注目されていたと思う。 では、果たしてグローは健康面に対するリスクをどれだけ多く孕んでいるのだろうか? グローの水蒸気・副流煙は健康に有害なのか? グローも従来の紙巻きに比べると煙の量はかなり抑えられている。 また、構造上副流煙がモヤモヤと漂う事もほとんどない。 しかし、吸った後に吐く水蒸気は可視できる。 この水蒸気に含まれる有害物質に関して公式でも詳しい成分が公開されていない。 かといって、グロー自体が健康に悪影響をもたらさないクリーンな存在というわけではない。 従来の製品と比べて9割カットと言っても有害性物質が含まれているのには変わりない。 自分が吸い込んでそこで終わるならまだ問題ないが、嫌煙家の方や喘息持ちの方の前で使うのは絶対に避けなければならない。 もちろん、この先公式がグローを「吸った後に口から出る水蒸気には全く他人に悪影響を与える物ではない。 」といった結果が出た上で、また匂いなどもゼロになれば規制は緩くなるとは思う。 しかし、現状ではその水蒸気に関する内容にはほとんど触れられていないため、臨床試験の結果などが公開されるまでは例え身内の人間だったとしても、あえて非喫煙者の近くで使うような事はやめよう。 グローのタール量・ニコチン量 アイコスのタール量は書かれていない。 グローも同じくタール量が書かれていない。 グローはそういった点に関してほとんど触れていない為、アイコス公式の内容を引用させていただく。 「アイコスはパイプ製品に分類されている。 「従来の製品とは違い、タール量およびニコチン量を測定する方法が確立されていない。 「そして、法令上タール量・ニコチン量の表示義務が無い。 そのため、従来の紙タバコのように同じく数値を公表することは出来ない。 」 アイコス公式では上記のようにアイコスのタール量・ニコチン量に関して説明している。 ご存知の通り、アイコスならびにグローには記載はされていないもののニコチンは確実に含まれている。 タール量もゼロになったわけではない。 タール量を正確に計測する事が出来ていない以上、メーカーもユーザーも何とも言えない状態である。 現状では「今までよりも有害成分は大幅にカットされているが、タールが含まれている可能性もある。 」と若干ふわっとした健康リスクに対する意識を持って使っていくしかないだろう。 ・ 前述したようにグロー公式でもアイコスの様に「従来の製品よりも有害性物質を90%カットしている」と記載されている。 タバコ本体を火で燃やすのではなく、加熱することで有害物質の発生を可能な限り抑えているわけだ。 タバコは燃やすことで煙が発生するが、この煙の中には数千種類以上の成分が含まれている。 味に関して 別の記事でも書こうと思うが、ちょっとばかしグローの味にも触れておこう。 アイコスと同様グローも加熱式である。 そのため、アイコスとはまた別の味になる。 若干の苦味(雑味)を感じる。 個人的にはやはりアイコスの方が口に合っている。 グローは東京に進出しないのか? ご存知の通り、グローは宮城県限定のためなかなか入手するのが難しい(定価で)。 定価は3980円とそこまで躊躇するような金額では無い物の、在庫数が非常に少ないためオークション等では3倍ほどの価格が相場となっている。 まだまだ先の話かもしれないが、宮城限定ではなく、東京にも進出してくれば現状の価格がダウンする可能性は十分考えられる。 プルームテックは2017年6月以降に東京に進出が決まっている。 現段階ではグローは難しいかもしれないが、来年あたりにはもっと供給を増やしてほしいものだ。 楽天カード入会でアイコスやグローが格安で手に入る 楽天市場の各ショップには、アイコス本体をはじめ、アイコスケースやキャップなど様々な関連グッズが販売されている。 最近では、本体の相場が下がった事もあり、アイコスストアを経由せずに楽天で購入される方もかなり増えた印象。 以前と比較すると10,000~15,000円ほど値下がりしている。 しかし、そのまま購入するのは少しもったいない。 実は、 事前に楽天カードに入会するだけで、実質2,000円オフで購入できるからだ。 もちろん、楽天カードは無料で入会できる。 このように、楽天カードに入会した際にもらえる2,000円分のポイントを使えば、アイコスケースはもちろん、関連商品も安くゲットできる。 さらには、その後 楽天カードを利用してお買い物をすると3,000円分のポイントも貰える。 楽天内であれば、アイコスだけでなく、グローやプルームテックにもポイントが使えるので、これから楽天でお買い物をされる方は、ぜひ楽天カードを利用してみることをオススメする。

次の