あおり 運転 サイト。 危険!「あおり運転」はやめましょう|警察庁Webサイト

危険な「あおり運転」に注意しよう。

あおり 運転 サイト

「警察にはこのサイトを常にチェックしてほしい」 社会問題化するあおり運転をはじめ、信号無視や無断駐車など車やバイクの迷惑行為をデータベース化した2つのサイト「number」「Number Data」が、脚光を浴びている。 前者は19年1月、後者は19年3月に開設され、8月10日に起きた常磐道でのあおり運転暴行事件の後にSNSでの言及が急増した。 numberは「テスト運用中」とあり投稿数は少ないが、Number Dataは1万件(2019年8月15日時点)にのぼる。 例えば、「クラクションを鳴らされ車間をつめられて急な割り込みをされ、急ブレーキをかけられました怖かったです」「氷結を飲みながらの運転」「常習犯? 火の付いたタバコを捨てる。 迷惑極まる」などと書き込まれており、トラブル時の画像や動画も投稿されている。 Number Dataはデータの蓄積を主眼にするが、numberは警察や国土交通省など関係機関への情報提供も代行するという。 ツイッター上では、「皆様まず自分の車が掲載されていないか検索しましょう。 無意識のうちに煽ってるかもしれません」「警察にはこのサイトを常にチェックしてほしい」と評価する声が目立つ。 弁護士の見解は? その反面、プライバシーの面や虚偽投稿を懸念する声も少なくない。 車両ナンバーの公開は問題ないのか。 IT法務に強い深澤諭史弁護士は取材に対し、「ナンバープレートだけでは個人情報ではありません。 個人情報は個人を特定出来る情報か、あるいは、他の情報と容易に照合して個人を特定出来るものをいいます。 ナンバープレートは、数字等の組み合わせなので、それだけからは個人を特定出来ません。 また、登録を調べれば特定はできますが、容易に照合できるとまではいえないからです」との見解を示す。 しかし、「個人情報に該当しなくても、個人情報ではない情報の公開で、第三者に違法に損害を与えれば、責任を問われる可能性があります。 これはよくある勘違いですが、個人情報でなければ問題ない、ということではありません」と留意すべき点があるという。 「同サイトは、直ちに罪に問われる可能性は低いです。 もっとも、デマの投稿を(暗にであっても)知りながら放置するとか、管理責任を全うしない場合は、民事上の賠償責任を負担する可能性が高いでしょう。 また、デマを投稿した場合、投稿者の責任も問われる可能性があります」(深澤弁護士) サイト運営者の対策は... Number Dataは、これまで投稿後に問題がないかチェックし、削除依頼にも応じていたというが、担当者は取材に「8月15日から事前確認のシステムが完成しましたので、サイトに実装いたしました。 今後はスタッフによる確認後にサイト内に反映される仕組みになるので、投稿内容が明らかないたずらであったり、投稿内容に不自然な点がある場合、特定の相手に対しての執拗(しつよう)な投稿などは掲載されなくなりました」とさらなる対策を講じたと明かす。 現状は本業のかたわらとして4人が運営に関わっており、「デリケートな趣旨のサイトであるため、速やかに対応できる体制を整え、弁護士を交えて法律面でも整備されたサイトを目指していけたらと思います」(担当者) 一方、numberでの対策は、投稿後のチェックと削除対応のみにとどまっている。 代表である40代男性は取材に「個人的な趣味の延長で運営しており、かけられる費用と人材をサイト開設前に検討した結果、悪意を持って利用する人間に対する未然の防止対策をすることは現実的ではないと判断しました」と答える。 ただし、目視で確認できない数の投稿が集まった場合は、AI(人工知能)などに対応したプログラムを実装予定だとした。 (J-CASTニュース編集部 谷本陵).

次の

あおり運転の調査(事故対策)|チューリッヒ

あおり 運転 サイト

2017年6月に東名高速道路で発生したあおり運転による死亡事故をきっかけに、これまで踏切停止違反や携帯電話使用などと同等だった刑罰を厳罰化する動きが強まりました。 2018年1月、警察庁は全国の警察にあおり運転などの悪質・危険な運転に対して、危険運転致死傷罪・暴行罪などを適用し、厳正に捜査するように求めました。 それにより、事故に至っていない場合でも、あおり運転による暴行や脅迫などの事実が認められると、免許停止などの処分を行えることになりました。 実際に、2018年2月、高速道路の追い越し車線で急ブレーキを繰り返し、後続の自動車5台が絡む事故を起こした19歳の大学生に対し、愛知県警は暴行容疑を適用しました。 この「あおり運転に対する厳正な対処」の認知について聞いたところ、実際に知っているドライバーの割合は51. 2%にとどまり、周知が進んでいない現状がうかがえます。 ドライバーの70. 4%が 「あおり運転」された経験あり! 「車体を接近させて、もっと速く 走るよう挑発された」が上位 それでは実際に、あおり運転に巻き込まれたことのある車にはどのような特徴があるのでしょうか。 今回の調査では、あおり運転された時に運転していた車は、「軽自動車」(28. 8%)、「コンパクトカー/ハッチバック」(22. 8%)が上位を占め、サイズの小さい車があおり運転を受けやすい傾向にありました。 車体の色は、「ホワイト」(26. 3%)、「シルバー」(25. 8%)といった白系の車が半数以上を占めました。 一方で、あおった側の車は、「セダン」(33. 5%)、「バン/トラック」(18. 3%)などの大きめの車で、色は「ブラック」(27. 8%)が最も多い結果となりました。 普段から安全運転を 心がけている人でも、 あおられる可能性は大 あおり運転をされた経験のあるドライバーに、普段の運転について聞くと、「十分な車間距離を保つ」、「ウィンカーは早めに出す」はともに92. また、あおり運転に巻き込まれたドライバーの約7割が運転に自信が「ある」(17. 0%)、「どちらかといえばある」(53. 8%)と回答していることから、運転に不慣れな初心者だけでなく、普段から安全運転を心がけていて運転に自信のあるドライバーでも、あおり運転の被害に遭う可能性があるということを意識しておく必要があります。 あおられた原因ってもしかして…… 思い当たるきっかけTOP5 九州大学 志堂寺教授の見解 今回の調査で、あおられた経験がある人が7割を占めていることからもわかるように、運転時には感情的になってしまうドライバーもいるため、誰しもあおり運転の被害者になってしまう可能性があります。 また、あおられやすい車の多くは、軽自動車やコンパクトカーなどの小さな車です。 それらの車には、大人しい人が乗っていて、あおり運転をしても反撃しないだろうという、弱い者いじめをする時と同じような読みがあるのだと思います。 特にあおり運転の標的になりやすい車に乗っている人は、車線変更や追い越し車線を走る時には十分な注意が必要です。 「あおり運転」に巻き込まれてしまったら…… 実際にはどう対処するのが正解? 九州大学 志堂寺教授の見解 あおり運転によるトラブルに巻き込まれそうになったら、挑発にのらず、 交通法規を遵守して冷静に対処することが重要です。 同乗者がいる場合は、 110番通報、ナンバーなどの記録、動画撮影をしてもらうといいでしょう。 いち早くその状況から抜け出すためにも、後続車があおってきたら すぐに道を譲りましょう。 また、追い抜かれたら、 あおってきた車と車間距離を十分にとって急停止などの危険行為に備えることが大切です。 車を停車させる際は、コンビニやサービスエリアなど、なるべく人目のある安全な場所を選びましょう。 停車したら、窓を閉めドアをロックして警察に通報を。 警察の指示に従って行動しましょう。 「あおり運転」された経験から、 74. 7%が「あおり運転」をされない工夫をしている• 割り込みされたり、不要なブレーキを前の車にされるとイライラする (女性/37歳)• 法定速度以下の走行、横道から確認なしの飛び出し、ハイビームの対向車など自分本位で周囲への迷惑を考えない運転者に対して怒りを感じる (男性/50歳)• 夕方の帰省ラッシュ中に、隣車線から割り込み運転をしてきた車がウィンカーも出さず、挨拶もせず、とても危険な行為をされたので、思わずものすごいクラクションを鳴らしてしまった (男性/34歳)• 特に時間に余裕がない時の運転は攻撃的で危険だと言われた (男性/38歳)• 負けず嫌いなところがあるので、幅寄せやせっつく車があるとむきになり、軽自動車であることをわすれて対抗心を燃やすことがある (男性/67歳) 【チューリッヒの自動車保険のご案内】• 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒの自動車保険は、レッカー100kmまで無料、給油10lLまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。 DM180712-1.

次の

あおり運転が怖すぎて、スバルのアイサイト搭載車に非純正ドライブレコーダーを導入した話|企業勤務ワーママの会社に依存しない生き方

あおり 運転 サイト

Contents• 自己防衛のためにドラレコは必須だと思った そして、自分の身に置き換えて考えてみると、本当に恐ろしいです。 無理矢理、前に割り込まれて停車させられて、あわや衝突事故寸前という目に遭うだけでも恐ろしいのに、その後、相手ドライバーの男性から怒鳴られたりしたら、絶対に気が動転してしまうと思います。 そして、その車に子どもが乗っていたらと思うとゾッとします。 わたしは今、日常的には車を運転することはないのですが、心配なのは、 毎日娘を車で保育園に送迎する義母です。 あおり運転ではないのですが、対向車と擦って相手ドライバーに怒鳴られた経験もあるそう。 ドライブレコーダー導入のメリット そんなわけで、以下のようなメリットを期待して、ドライブレコーダーの導入を決めました。 撮っていることを後続車に知らせるためのステッカーも重要! 対面でのトラブルになった時に落ち着いて対処するための証拠 起こらないに越したことは無いけど、実際に事故が起こってしまった時には、証拠動画があったほうが絶対にいいです。 そして、万が一、相手が逆上してきたような場合においても、 「このやりとりは録画(録音)されている」ということは自分の心の支えになります。 自分の発言に気をつけようとも思いますよね。 同じように、相手がドラレコの存在に気付けば、冷静になるかもしれません。 駐車場での当て逃げ防止 以前、息子の習い事の駐車場に駐車している時に、当て逃げされたことがあります。 相手にしてみれば、ぶつけた車にドライバーが乗っていなければ、そのまま逃げてしまえばいい、と思うのでしょう。 しかしこれも、 ドラレコの情報から身元が判明したら大変なことになる、と考えるはずです。 ドライバーが乗っていなくても、自分の連絡先情報をフロントガラスワイパーに挟んでおくなどの対処をしてくれる可能性があります。 アイサイト搭載車への設置ハードル ドラレコの設置を決断しても、 問題は「どの製品を」「どこに付けるか」です。 我が家の車は、スバルのアイサイトを搭載しています。 (これも安全性を考慮しての選択でした) アイサイトは、フロントガラスの上部、ルームミラーのあたりにあるステレオ(2つの)カメラで画像認識をし、目の前の障害物との距離や速度の判断を行うという仕組みです。 アイサイトのステレオカメラは、構造としては人間の眼と同じです。 2つのカメラ映像のズレから様々な情報を識別しているのですが、人間の眼と違って、 カメラに映り込んだ物体を自然に除外することはできません。 人間であれば、視野内にドラレコが入って(見えて)いたとしても、「これはドラレコだ」と一旦認識すれば、数分で気にすることはなくなります。 しかしアイサイトの場合、純粋に画像として認識してしまうので、 場合によっては「目の前に障害物がある」と判別し、アラートを発してしまう可能性もあるのです。 このようなカメラ画像への干渉を避けるため、スバルではアイサイト搭載車に対して ドラレコ設置する場所をかなり制限しています。 アイサイト搭載車はフロントガラス上の設置エリアがめちゃくちゃ限られる ディーラーに相談してみた ちょうどディーラーの1年点検があったので、相談してみました。 最近スバル純正のドラレコが出てきているのですが価格が高い上にドラレコそのものの機能としてはイマイチ、という口コミもあって、決めかねていたのです。 それでも、肝心のアイサイトがきちんと働かないようでは本末転倒なので、純正を付けることで仕方がないかなぁと思っていたのですが、実際話を聞いてみると拍子抜けなことに、 そもそも我が家のアイサイトはバージョンが一つ古い(Ver. 2)ので、 対応するSUBARU純正ドラレコはないらしいです。 ということで、スバル純正ドラレコは何れにせよ選択肢に入りません。 ディーラー曰く、 フロントガラスよりもダッシュボード上の方が、アイサイトへの干渉はマシとのことでした。 我が家は、ダッシュボード上に設置しました 左右の撮影角度的には、できるだけ車体の真ん中近辺に付けるほうがいいです。 また、高いところに設置した方が、有効撮影範囲も広くなります。 (低いところから見上げるように撮ってもあまり意味がない) 助手席側のフロントガラスだと、ワイパーの可動域の関係で、雨の日は雨粒でうまく撮れない可能性がある、という事も教えてもらい、結局、運転席前のダッシュボード上に付けることにしました。 車内で歌った歌も録音されちゃう! ネットでかなり比較調査した結果、我が家はコムテックの「ZDR-015」という機種にしました。 昨今のあおり事故報道の影響のため売り切れ続出で数ヶ月入荷を待つ人もいるそうです。 決め手は、 前後が撮れること、ビューワーが使いやすいこと、画質と画角の全てを兼ね備えていることです。 駐車監視機能は、我が家としては必須条件ではありませんでした。 (結果的にZDR-015にはついてました) あと、わたしはそれほど気にしませんが、日本製ということにもなんとなく安心感があります。 ちなみに、駐車監視機能は、衝撃があった時の録画を保存してしまうので、乗降時にドアを開けたり閉めたりした時もいちいち保存されてしまうらしいです。 (我が家はOFFにしています) 価格は、オートバックスで製品と設置料金込みで55,000円くらいでした。 ネットで購入して自分で設置できれば半額以下で済みます…。 まあ、できないもんは仕方ないからお金払うしかないですね。 確かに、そういう効果もあるよね 3ヶ月使ってみた感想 設置してから3ヶ月ほど使ってみて、今のところ危険な目に遭ってはいません。 もちろん、それがドラレコのおかげかどうかはわかりませんが。 でも、ドライバー自身の安心感の方の効果が大きいですね。 片道2時間、高速道路も使ってひとりで子ども2人を乗せて運転することがあったのですが、その時も やはり心の拠り所でした。 ひとつ困ったことは、道路のちょっとしたデコボコでも衝撃感知してしまい、 上書き禁止領域がすぐにいっぱいになってしまうこと。 いっぱいになると、それ以降、衝撃感知しても録画されなくなってしまいます。 通常運転時の領域は撮れていますが、こちらは1時間ほどでどんどん上書きされてしまうのです。 対処法としては、不要な衝撃感知録画を消して領域を空けるしかないのですが、 「データの初期化」しか手段がないのです!個別にデータは消せないんです。 ちょっとイケテない作りだなーと思いましたが、まあ、何かあったらPCにデータ吸い上げるだろうから、困ることはないんでしょうね・・・。 あおり運転対策のためのドラレコ導入 まとめ.

次の