なつ ぞ ら も もっ ち。 なつどまり

連続テレビ小説 なつぞら

なつ ぞ ら も もっ ち

2019年度前期 連続テレビ小説【第100作】 『なつぞら』 作:大森寿美男(オリジナル作品) 「お前のそばに、もう家族はおらん…。 だが、わしらがおる」 戦争で両親を失った少女・奥原なつ。 彼女を癒し、たくましく育てたのは—— 北海道・十勝の大自然と、開拓者精神あふれた強く、優しい大人たちでした。 やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、 当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジします。 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマをお送りします。 脚本家・大森寿美男によるオリジナル作品。 本作は連続テレビ小説100作目にあたります。 【あらすじ】 昭和21(1946)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ 9 は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。 戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。 剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。 剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。 泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。 子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。 なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込む。 なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していく。 やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。 高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。 そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。 【登場人物紹介】 ヒロイン 奥原(おくはら)なつ 広瀬すず 【連続テレビ小説初出演】 昭和12(1937)年生まれ。 両親を戦争で亡くし、兄妹と別れ、父の戦友・柴田剛男(たけお)に引き取られ、十勝に移り住む。 剛男の義父・泰樹 たいじゅ のもとで、牧場を手伝ううちに、持ち前の明るさを取り戻す。 高校卒業後は上京し、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込む。 アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく。 大好きな、たったひとりの兄 奥原咲太郎(おくはら さいたろう)【なつの兄】 岡田将生 【連続テレビ小説初出演】 歌とタップダンスが大好きな陽気な兄。 両親を亡くしてからも、妹のなつと千遥(ちはる)の親がわりとなり、笑顔を絶やさず懸命に育てる。 なつを柴田家に、千遥を親戚に預けた後、しばらく孤児院で過ごすが、家出して行方不明となる。 心あたたまる【柴田牧場の人びと】 十勝のガンコじいさん 柴田泰樹(しばた たいじゅ) 草刈正雄 明治35(1902)年、18歳の時にひとりで十勝に入植。 荒れ地を切り開き、稲作を試すが根付かず、酪農を始める。 妻が病死した後、男手ひとつで、富士子を育てる。 偏屈でガンコな性格ではあるが、深い愛をもった大樹(たいじゅ)のような男。 なつに人生を生き抜く術(すべ)を教え込む。 母として、なつを育てる 柴田富士子(しばた ふじこ)【泰樹の娘】 松嶋菜々子 父譲りの優しさとたくましさを持ち、芯の強い女性。 泰樹に家族で唯一、対等にモノを言える。 なつとの関係にとまどいつつも、わが子同然に育てようと努める。 明るい前向きな性格で、牛乳やバターを使ったお菓子や料理つくりが得意。 なつの父との約束を守った 柴田剛男(しばた たけお)【富士子の夫】 藤木直人 富士子に恋したのち、婿(むこ)養子として柴田家に入る。 戦友だったなつの父と、どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見るという約束をする。 義理堅く、とても優しい男だが、義父の泰樹には気を使い、いつも頭があがらない。 もうひとりのお兄ちゃん 柴田照男(しばた てるお)【長男】 清原翔 【連続テレビ小説初出演】 父に似て、真面目で責任感の強い男の子。 跡取りとして、祖父・泰樹や父から牛飼いの仕事を仕込まれるが、要領が悪く、なつにいつも先を越される。 泰樹から、なつとの結婚を勧められるが、密かにそうなることを願っている。 本当の姉妹よりも、なかよし 柴田夕見子(しばた ゆみこ 【長女】 福地桃子 【連続テレビ小説初出演】 なつと同じ年の長女。 甘やかされて育てられ、牛乳も酪農も北海道も大嫌い。 読書が大好きで生意気盛りのツンデレな女の子。 何事にもひたむきな、なつとの出会いをきっかけに、少しずつ嫌いな物へも目を向けていく。 牛のことならこの人に聞け 戸村悠吉(とむら ゆうきち)【従業員】 小林隆 泰樹の右腕的存在。 貧しい開拓農家に生まれ、十五の時に豪農に奉公に出されるが、泰樹の酪農をたまたま手伝いに来た時に、彼の情熱にひかれ、そのまま居座る。 穏やかで楽しい人物で、とても頼りになる男。 熱いハートの北海道男児 戸村菊介(とむら きくすけ 【悠吉の息子】 音尾琢真 【連続テレビ小説初出演】 悠吉の息子。 独立して、いつか自分の土地で牧場を経営したいと思うが、泰樹の牧場を大きくする夢にも魅力を感じている。 なつにとっては、頼りになる酪農の良き先生。 のちに照男の後見役となり、柴田牧場の発展に大きく貢献する。 いつもにぎやか【お菓子屋 雪月の人びと】 十勝・帯広のお菓子発明王 小畑雪之助(おばた ゆきのすけ) 安田顕 帯広に父の代から和菓子屋を構える。 砂糖が統制品となる中、ビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品をつくり、戦後の混乱を乗り切る。 のちに泰樹のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発、北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。 帯広のおしゃべりばあさん とよ【雪之助の母】 高畑淳子 菓子職人の先代の元に嫁ぎ、わがままな夫に苦労するうちに強い性格になる。 お年にもかかわらず、歯に衣を着せずとてもおしゃべりなバアさんで、常連客の泰樹にも毒舌を浴びせる。 十勝のことなら何でも知っている、生き字引のような存在。 何でも話せる愉快な幼なじみ 雪次郎(ゆきじろう)【雪之助の息子】 山田裕貴 【連続テレビ小説初出演】 お調子者で目立ちたがり屋。 農業高校時代は演劇部にハマり、クラスメイトのなつを部活に誘う。 卒業後は、日本一の菓子職人になるべく修業のため、なつと一緒に上京する。 一緒にいると気分が明るくなる、なつの親友。 戦後、東京から入植した【山田家の人びと】 なつに絵心を教えた、青年画家 山田天陽(やまだ てんよう) 吉沢亮 【連続テレビ小説初出演】 美術の才能があるものの、貧しく進学せずに農業を手伝う。 農作業の合間に、べニヤ板に描く絵は繊細にして大胆、躍動感あふれる馬の絵が得意。 アニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える。 夢を求めて新天地に来た 山田正治(やまだ せいじ)【天陽の父】 戸次重幸 戦争で家屋を失い、一家での北海道移民を決意する。 政府にあてがわれた土地は荒れ地で、農業経験もほとんどなく、開墾は難航。 郵便配達をして生活費を稼ぐ。 その後、泰樹たちの助けがあり、人並みの生活を送れるようになる。 息子の才能を見守る苦労の母 山田(やまだ)タミ【天陽の母】 小林綾子 正治の妻。 近隣の農家を手伝い、そのアルバイト収入で家計を支える。 東京育ちのおっとりとした性格で、農業も苦手。 同じ東京育ちのなつとお気に入りで、天陽を訪ねて遊びに来るとついつい話が弾んでしまう。 【北海道・十勝編 出演者発表にあたって 制作統括 磯智明】 この度、ご紹介させて頂く出演者は、包容力に溢れた、存在感ある、懐の深い方たちばかりです。 北海道・十勝のダイナミックな自然に負けない、心のこもった芝居を見せて頂けると期待しています。 戦争で傷ついたヒロイン・なつは、十勝でさまざまな出会いを重ね、感動して、成長して、飛躍します。 「人と人との出会いから生まれるエネルギーは、掛け算」と言われます。 ドラマの舞台、北海道の十勝も日本各地から人々が集まり、助け合って、大きく発展を遂げたところです。 今回の出演者の皆さんも、物凄いチームワークで、ドラマに大きな感動を与えてくれると思います。 放送はまだまだ先ですが、「なつぞら」の季節到来とともに撮影は始まります。 何はさておき「半分、青い」「まんぷく」をよろしくお願いします。 そしてその先には、澄み切った「なつぞら」が広がっていることを是非、覚えておいてください!それでは。 【題字】 刈谷仁美 96年生まれ。 専門学校在学中に短篇アニメ『漫画から出てきちゃった話』を制作。 同作品でインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル観客賞3位受賞。 2017年度第6回新人アニメーター大賞受賞。 現在はフリーランスのアニメーターとして活躍中。 2019年度前期 連続テレビ小説 なつぞら 【放送予定】 2019年4月から9月 全156回(予定) 【主演】 広瀬すず 【演出】 木村隆文、田中正、渡辺哲也 【プロデューサー】 福岡利武 【制作統括】 磯智明 【制作スケジュール】 2018年(平成30年)6月 クランクイン予定 【ロケ地】 北海道十勝地方ほか 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

『なつぞら』のモデル・奥山玲子が語った「女性はアニメーターに向いている理由」

なつ ぞ ら も もっ ち

女優の広瀬すず(21)がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説の通算100作目「なつぞら」(月~土曜前8・00)は28日、最終回(第156話)を迎え、完結した。 主人公・奥原なつ(広瀬)の戦死した父親役として語りを務めたお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(55)が毎週土曜日の回の最後で必ず言い、ドラマを彩ってきた名フレーズ「来週に続けよ」。 注目されたラストの「続けよ」は「なつよ、朝ドラよ、101作目に続けよ」で、インターネット上で反響を呼んだ。 また、放送終了を惜しむ「なつぞらロス」も広がった。 なつ、坂場(中川大志)、優(増田光桜)が十勝の大草原の丘を歩くラストシーン。 「スピッツ」の主題歌「優しいあの子」がかかり「日本のアニメーションが世界に誇れるほど大きく成長していくのは、これからなのです。 その未来に向かえよ、なつよ」という内村のナレーション。 そして、エンドロールが流れた後、最後の語りは「なつよ、朝ドラよ、101作目に続けよ」だった。 ウッチャンのメタ発言で締めくくり。 お疲れさまでした!」「そうきたか(笑)。 やるなぁウッチャン(笑)」「野原に寝転ぶ泰樹さんが良い味を出した後に、ウッチャンが全部持っていった」「ウッチャンが聞きどころと言った渾身のナレ最高」「101作目に続けよ、胸熱」「最後のウッチャンのナレーション、きっと『未来』ってワードは入るだろうなと思ってた!それに続いての『なつよ、朝ドラよ、101作目に続けよ』は予想外でした(笑)」「101作目に続けよ、のメタナレーションまでは想像してなかった」などの書き込みが続出。 視聴者の笑いも誘った。 また「なつぞらロス。 寂しい」「『なつぞら』終わらないで。 『来週に続けよ』って言って」「ここまで夢中になった朝ドラは初めてです。 早速なつぞらロスですが、たくさんの感動と希望をありがとうございました」「なつロス。 爺ちゃんロス。 マサムネさんの主題歌ロス」「終わっちゃったー。 半年間ありがとう!じいちゃんロスだわ」「ドラマ終盤、弱々しくなった泰樹おんじが心配だったけど、無事最終回を迎えてホッ。 しばらくおんじロスだな」「おんじファンが全編通して一番楽しませてもらったんではと思うほど大森さんを拝む最終週であったトヨ婆とのデート、千遥との再会、小なつならぬ千夏との邂逅。 天陽を悼み、照男を導き認め、牛への愛を見せて、電気なんぞ要らんと言っていた頃のことも思い出させてくれて。 節目の朝ドラ通算100作目。 大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(52)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けたオリジナル作品。 戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつが、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描いた。 最終回は嵐の翌日、復旧作業に追われる。 荒れ果てた天陽の畑で靖枝(大原櫻子)がジャガイモを掘り起こし、なつと泰樹(草刈正雄)も手伝う。 照男(清原翔)と砂良(北乃きい)も散らかった小屋で落胆していたが、再び一からやり直すことを決意。 一方、麻子(貫地谷しほり)から次回作について電話を受ける坂場(中川大志)。 再び皆が忙しない日常の中で自分の道を切り拓いていく…という展開。 印象的なフレーズ「なつよ、~」「来週に続けよ」は脚本の大森氏が考案。 内村は「来週に続けよ」について「半年間、毎週これをお決まりにするのは大変だと思いました。 私も手を替え品を替え、いろいろ言い方でやりましたが、さじ加減が難しかったです。 『来週に続けよ』というのは父親的じゃなく、ちょっと俯瞰ですからね。 ただ、最終週はいい感じだと思います。 『あ、なるほど』と。 『来週に続けよ』を続けて、良かったと思いました。 視聴者の皆さんも楽しみにしていてください」と予告。 期待をあおっていたが、その言葉通り、視聴者も膝を打つものだった。 大森氏は「『なつよ、~』は父親を印象付けられればと思ったのでチャレンジしましたが、内村さんがドンドンいい味を出してくださるようになったので、途中からはひたすら楽しみました。 『来週に続けよ』も続けて良かった」と語っていた。 「101作目に続けよ」について、制作統括の磯智明チーフプロデューサー(CP)は「大森さんは自信がないとおっしゃって、実は別案も用意していたんですが、やはり、これに落ち着きました。 最後に『101作目に続けよ』だけやっても唐突ですからね。 大森さんは否定していますが、もしかしたら最初から『101作目に続けよ』のゴールを思い付いていたのかもしれません」と明かした。 1961年の朝ドラ第1作「娘と私」から受け継がれてきたバトンは100作目「なつぞら」を経由し、次回作「スカーレット」(30日スタート)に託された。 磯CPは「100作目と言っても、結局は99作目と101作目の間でしかありません。 バトンを渡していくのが僕たちの役割ですから」。

次の

なつどまり

なつ ぞ ら も もっ ち

女優の広瀬すず(20)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の第9話が10日に放送され、語りを務めるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(54)がヒロイン・なつの戦死した父親役であることが明らかになった。 なつの父親は日本橋で料理屋を営んでいたが、満州で戦死。 戦友の剛男(藤木直人)は、どちらかが亡くなった時に互いの家族の面倒を見るという約束を果たし、なつを十勝に連れてきた。 初回から毎回ラストに「なつよ、思いっ切り泣け」「なつよ、もう、こうなったら頑張れ」「なつよ、一体どこへ揺られてゆくよ」と呼び掛けるナレーション。 インターネット上でも「ウッチャンは誰目線?」「牛目線?」などと話題になっていたが、東京にいる兄・咲太郎(渡邉蒼)に会いたいと家出したなつ(粟野咲莉)が1人河原に残され、父の形見の手紙を読んだ第9話ラストの語り。 「こうして、なつにとって、その日は夢のような1日になりました。 なつよ、私は約束通り、今もおまえと一緒にいるよ」と一人称になり、実は「語り=ヒロインの父親」という設定が明らかになった。 内村がドラマのナレーションを担当するのは初。 過去、お笑いの分野から朝ドラの語りに抜擢されたのは、07年後期「ちりとてちん」(ヒロイン・貫地谷しほり)の上沼恵美子(63)(漫才コンビ「海原千里・万里」として一世を風靡)、09年後期「ウェルかめ」(ヒロイン・倉科カナ)の桂文枝(75)らがいる。 「なつぞら」は節目の朝ドラ通算100作目。 大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(51)が03年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。 戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。 「語り=ヒロインの父親」という設定について、制作統括の磯智明チーフプロデューサー(CP)は「なつのモノローグや客観的なナレーションも考えましたが、厳しい環境に身を置くことになったなつにとって一番の理解者が身近にいた方が視聴者の皆さんが物語に入りやすいんじゃないかと思いました。 そして、自分の気持ちが分からなくなった時、なつの道しるべになる人がドラマをナビゲートする今回の形がいいと、何度も試行錯誤してたどり着きました」と経緯を説明。 なつとぶつかり合いながらも心を通わす頑固者・泰樹(草刈正雄)のキャラクターのように「脚本の大森さんは、父性をとても印象的に描く。 この先、なつが兄や妹と再会できるかがドラマの大きな軸の1つになるので、それを父親に見守ってほしいと思いました」。 内村のナレーションがなつを応援し、なつの背中を押す存在になる。 大森氏が「なつよ」という語りのフレーズを考案。 「それが非常に魅力的だったので、週のサブタイトルにも付けることにしました」。 第1週(1~6日)は「なつよ、ここが十勝だ」、第2週(8~13日)は「なつよ、夢の扉を開け」となっている。 内村の起用と声については「なつの父親は、戦場でも周りを明るくする陽気な人で、みんなに愛された人。 そういうセンスが歌とタップダンスが好きななつの兄にも受け継がれているので、そういう声の持ち主に語りをお願いしたいと考えていました。 内村さんの声で、ドラマ全体を温かく包んでいただいていると思います」と手応えを示している。 内村がなつの父親を声で演じていると分かり、今後さらにナレーションに耳を傾けたい。

次の