アリエル 歌。 リトル・マーメイド The Little Mermaid 歌曲一覧

歌おう!全曲[リトル・マーメイド]日本語版歌詞 ~ディズニー映画~

アリエル 歌

アニメーション映画『リトル・マーメイド(The Little Mermaid)』は1989年11月17日に公開されました。 日本では1991年7月21日に公開されました。 マイケル・アイズナーがディズニーの会長となった「新生ディズニー」の時代はアニメーション作品もより一層情熱あふれる作品となっています。 「新生ディズニー」の作品の数々は強く大衆に浸透し、ディズニーの黄金時代とも呼ばれるようになります。 そんなディズニーの黄金時代の始まりはアニメーション映画『リトル・マーメイド』からといわれています。 『リトル・マーメイド』は「新生ディズニー」を象徴する作品ともなり、その音楽家として代表されるのがハワード・アシュマン、アラン・メンケンのコンビです。 このコンビは後に『美女と野獣(Beauty and the Beast)』や『アラジン(Aladdin)』の音楽も担当し、数々の名曲を世に送り出していきます。 代表曲• 「パート・オブ・ユア・ワールド(Part of Your World)」• 「アンダー・ザ・シー(Under the Sea)」• 「キス・ザ・ガール(Kiss the Girl)」• 「哀れな人々(Poor Unfotunate Souls)」• 「レ・ポワソン(Les Poissons)」• 「トリトンの娘たち (Daughters Of Triton)」 ミュージカル作品として、個性的なキャラクターがそれぞれ歌うシーンは見事に表現されています。 どれも印象的なシーンで『リトル・マーメイド』の演出は今後のディズニー作品においても多く取り入れらているます。 知っておきたいディズニーソング!『リトル・マーメイド』の曲 パート・オブ・ユア・ワールド 「パート・オブ・ユア・ワールド」はディズニーの代表曲としても有名な曲ですね。 東京ディズニーシーのマーメイドラグーンでも聞こえてくる音楽で、非常に美しい楽曲です。 最初に人間の世界に憧れるアリエルの想いを歌った曲として表現され、リプライズではエリック王子への愛を歌うシーンになっています。 このようなリプライズで表現する楽曲はディズニー作品で多く取り入れられており、ミュージカルの音楽に携わってきたアラン・メンケンとハワード・アシュマンの経験が活かされているようにも感じます。 また、この楽曲はディズニー作品の締めくくりの定番であった合唱エンディングとしても使用され、「リトル・マーメイド」の主題歌ともいえそうです。 【パート・オブ・ユア・ワールドの歌詞のこと】 「パート・オブ・ユア・ワールド(Part of Your World)」の「ユア(your)」という単語は単数形・複数形の意味を持っています。 この楽曲は先で少し説明しましたが、1回目に歌うシーンと2回目(リプライズ)では楽曲のタイトルの意味が異なっているのです。 1回目は「人間世界」という漠然としたもの指す「ユア」の使い方で複数形、2回目(リプライズ)はエリック王子を指す「ユア」を使い(単数形)の意味を含んでいます。 アラン・メンケンはこの歌のタイトルについて「パート・オブ・ ザッツ・ワールド」とすべきであると考えましたが1回目、リプライズを「あなたたち世界・あなたの世界」という意味を持たせる「パート・オブ・ ユア・ワールド」とすることで、親近感が出たことから「ユア」という言葉を用いたということになります。 アンダー・ザ・シー アリエルが人間の世界にずっと熱い目線を送っていることに対し、海の宮廷の音楽家であるカニのセバスチャンが「海の底のほうがずっといい」ということを歌う楽曲です。 楽曲はカリプソ調の楽曲なっており、この曲もディズニーを代表する楽曲となり多くの人々に愛されています。 ちなみにカニのセバスチャンのフルネームは「ホレイショ・フェロニアス・イグナシアス・クラステイシャス・セバスチャン(Horatio Felonious Ignacious Crustaceous Sebastion)」です。 セバスチャンはハワード・アシュマンが作ったキャラクターで「カリブ海からアリエルのしつけ役としてやってきたレゲエのカニ」という設定を持たせることを要望しました。 その背景にはカリプソ風の挿入歌を歌わせたかったことが挙げられます。 哀れな人々 この楽曲はアースラが歌う楽曲となっています。 この歌はアースラというキャラクターの性格が表現されていたり、人間や周囲に対する想いを述べていたりヴィランズであるアースラの個性を引き立てています。 楽曲の中でで契約を結び、アリエルが人魚から人間になる姿も描かれ、セリフや歌をも交えながら物語を進行し、高い効果をもった演出の楽曲となっています。 キス・ザ・ガール アースラとの契約を交わし、人間になったアリエルとエリックのキスを、セバスチャンや仲間たちが「キスして」という歌詞に乗せて歌う楽曲です。 幅広い音楽!アシュマンとメンケンのコンビが創り上げた黄金時代の始まり 先述した通り、アニメーション映画『リトル・マーメイド』は「新生ディズニー」というディズニー黄金時代の始まりとなるの作品でした。 この作品および後のディズニー作品において音楽の存在は欠かせないものとなっています。 特に『リトル・マーメイド』は音楽家が制作の初期段階から関わっていくということは新しい試みでもありました。 作品におけるスコアについては制作途中の映像を観て作曲が音楽を作るとおう制作手法がとられることがありますが、この『リトル・マーメイド』や『美女と野獣』などアラン・メンケンやハワード・アシュマンの携わってきた作品は制作の初期段階から関わっていくことで、作曲・作詞家およびミュージカル音楽家として活動した経験を作品に大きく貢献していきました。 『リトル・マーメイド』は歌に限らずスコアにおいても彼らの構想やコンセプトが反映され、作品の演出や楽曲のジャンル、スコアとの関わり方について多くの提案が反映されていたみたいです。 音楽についてはクラシックのみならず幅広いジャンルが使われ、カリプソ、レゲエなどディズニー作品にとって新しい演出を取り入れた映画ともなりました。 また、スコアと歌を同じ音楽家が担当するというのはディズニー作品として初めての試みでした。 (『ピノキオ』など一部スコアで関わっていた例はあります。 ) 「新生ディズニー」という新たな時代が始まりますが、ウォルト・ディズニーが生きていた頃の作品と共通していることは、物語の進行とアニメーション、キャラクターなどが音楽に合わせて見事に一体化していることであると思います。 『リトル・マーメイド』はそれに加えて現代的な要素を取り入れ、多くの人々を魅了した作品となりました。 ディズニーの黄金時代が始まり、その成功の背景については音楽家の存在なしでは語れないものであるといえるでしょう。

次の

リトルマーメイドのアリエルが歌う曲名を教えて下さい!

アリエル 歌

こんにちは。 Wouldn't you think my collection's complete? Look at this trove, treasures untold How many wonders can one cavern hold? No big deal I want more I wanna be where the people are I wanna see, wanna see 'em dancin' Walkin' around on those Whaddya call 'em? Oh, feet Flippin' your fins, you don't get too far Legs are required for jumpin', dancin' Strollin' along down the What's that word again? Street Up where they walk Up where they run Up where they stay all day in the sun Wanderin' free Wish I could be Part of that world What would I give If I could live Outta these waters? What would I pay To spend a day Warm on the sand? Betcha on land They understand Bet they don't reprimand their daughters Bright young women Sick of swimmin' Ready to stand And ready to know what the people know Ask 'em my questions and get some answers What's a fire? And why does it What's the word? Burn When's it my turn? Wouldn't I love Love to explore that shore up above Out of the sea Wish I could be Part of that world.

次の

リトル・マーメイドII Return to The Sea

アリエル 歌

アリエルの性格と特徴は?リトルマーメイドはなぜ人気なのか、どんな話かあらすじと結末とその後を簡単に。 「リトル・マーメイド」作品紹介。 制作年から裏話まとめ。 1989年に公開されたディズニー映画。 原作はハンス・クリスチャン・アンデルセンの『人魚姫』• ディズニー最後の劇場版セルアニメーション作品。 童話を原作とする作品としては、1959年公開の『眠れる森の美女』以来、約30年振り。 ディズニープリンセスとしても同作品のオーロラ姫以来。 本作品のヒットでディズニー・アニメーションは第二黄金期に突入 ウォルト・ディズニーは戦前から『人魚姫』に興味を持っており、1940年代の第二次世界大戦中から、この作品をアニメ化する構想を練っていたんだそう。 つまり構想自体はシンデレラよりも前から存在していたってことですね。 本作品のヒットにより主題歌「アンダー・ザ・シー」はアカデミー歌曲賞を受賞。 映画音楽作曲家のアラン・メンケンがアカデミー作曲賞を受賞。 その後も続編のOVA、TVシリーズ化、ブロードウェイでミュージカル化などなどヒット作ならではの数々の功績を残しています。 「リトル・マーメイド」のストーリー・あらすじ 以下、から引用したものを分かりやすく区切っています。 海底の世界・アトランティカの16歳の人魚姫・アリエルの一目ぼれ 海底の世界・アトランティカの16歳の人魚姫・アリエルは地上の世界に憧れており、秘密の場所に隠してある沈没船から集めた宝物達を眺めながら思いを馳せていた。 ある日、海上を航海していた船に好奇心を抑えられず覗き込んで、同乗していた王子・エリックに一目惚れしてしまう。 沈没してしまった船から王子を救出 しかし船はアリエルの目前で嵐に襲われて沈没し、船に取り残された飼い犬のマックスを助けに向かったエリックが海に投げ出されてしまった。 エリックを抱えて必死に泳いだアリエルは、やっと辿り着いた浜辺で歌を口ずさみながら介抱しているうち、エリックの家令・グリムズビーがやって来る気配に気付いてすぐに姿を隠してしまう。 朦朧としながらもアリエルの美しい歌声や顔を記憶したエリックもまた、アリエルに惹かれ再会を願うのであった。 海の魔女アースラとの取引き 父王のトリトンを始め周囲からの反対を受けながらますます地上への憧れやエリックへの恋心を募らせるアリエルに目を付けたのは、トリトンに追放されていた海の魔女・アースラだった。 アースラはアリエルに「その美声と引き換えに3日間だけ人間にする」間に、「アリエルがエリックとキスを交わす」という賭けを持ち掛けた。 賭けに負けた時は、アリエルの身柄は一切がアースラのものになってしまう。 アースラの企みとキスの邪魔 アースラは、アリエルの賭けを失敗させ、その身を取引材料としてトリトンに取って代わろうと企んだのだ。 そうとは知らずにアースラと契約し、尾ひれを足に変えてアトランティカの掟を破り地上に赴くアリエル。 再会したエリックの城に逗留し、交流を深めることは出来たが、アースラの手下たちが邪魔をしてキスするまでには至らない。 さらにアリエルに惹かれてはいるものの、声が失われていた事で自身の恩人とは別人だと思い込んでしまったエリックは躊躇っていたのだった。 エリックの前に記憶の美声を響かせる美女・ヴァネッサ登場 そんなエリックの前に記憶の美声を響かせる美女・ヴァネッサが現われた。 アースラが魔法とアリエルから奪った声を使い、ヴァネッサとして二人の仲を裂こうと地上へやって来たのだ。 騙されるエリックを正気に戻すアリエルの親友たち 策に嵌まって惑わされてしまったエリックだったが、アリエルの親友の鯛のフランダー達の助力で正気を取り戻し、アリエルとの愛を誓うかに見えた。 時すでに遅し。 人魚に戻るアリエル 時既に遅く日没の船上で人魚に戻ってしまったアリエルはアースラに攫われ、アリエルを助けようとしたトリトンもアースラの策に嵌まり、王者の座を奪い取られてしまった。 アースラに立ち向かい見事勝利するエリック アリエル達、そして海の危機に、エリックは船を操り、アースラに挑んで行く。 船の舵をアースラ目掛けてきり、船の先端をアースラの腹部に刺すことで無事に撃破。 アースラが過去にかけていた魔法も解け、海には平和が戻る。 トリトン王の計らいでアリエルは人間の姿に。 そしてハッピーエンド。 人魚の姿に戻ってしまったアリエルでしたが、父トリトンの計らいで足を授かり人間の姿に。 晴れて結ばれた2人は結婚をし、無事ハッピーエンド。 リトル・マーメイドの簡単あらすじまとめ• 地上の世界への憧れに満ちた16歳の人魚姫• 嵐で沈んだ船から助けたエリック王子に恋をする• そんな恋心も手伝いアースラに美声を差し出し、代わりに人間の足を手に入れる• アースラの企みと本性が現れるがエリックが船で撃破。 アリエルとエリックは結ばれハッピーエンドに。 アリエルのプロフィール• リトル・マーメイドのヒロイン。 トリトンの七人娘の末姫。 波打つ赤毛に、エメラルドグリーンのような色をした尾。 紫の貝の胸当てを付け、鈴を転がしたような美しい声と容姿を持った人魚。 明るく好奇心旺盛で、地上の世界に強く憧れている。 海底に沈んだ陸上の物をたくさんコレクションしている。 年頃で父親のトリトンとはよく衝突しています。 とにかく地上への憧れが凄いが、情報源は陽気でいい加減なカモメのみ。 そのせいで地上に関して誤った情報ばかり持っています。 ちなみにアリエルの尾のエメラルドグリーンのような色。 本作制作時に調合された色であり、それにちなんで色名を「アリエル」にしているんですよ~。 アリエルの性格と特徴。 アリエルの性格・特徴について。 公式サイトでは 「美しい容姿と歌声を持ち、好奇心や冒険心にあふれている」と書かれています。 確かにそれもありますがもっと深掘り分析したい! ってことで、私の独断と偏見。 考察も兼ねながら深掘り致します。 性格・特徴1:好奇心旺盛な地上オタ とにかく地上への憧れが強すぎて人間の物コレクション収集をしています。 沈没した船にも危険を顧みずグッズ収集をしに行きますし、ちょっと異常なほどに好奇心が強いです。 性格・特徴2:冒険心も強い これも地上への憧れからですが、知らない事への不安や恐怖なんかより興味と冒険心が遥かに上回っています。 人間に見つかったら危ないと言われても海から顔を出し人間を見ようとしますし、親ならハラハラが絶えない心配すぎる娘です。 性格・特徴3:明るく活発 オーロラ姫のように大人びて品が漂う女王というより、とにかく明るく活発な姫君です。 末っ子ならではの自由奔放さもありますね。 性格・特徴4:惚れやすくハマりやすい エリック王子に完全に一目ぼれすると周りの意見も一切聞かず、地上に上がる為に怪しい取引に乗ってしまいます。 恋愛に積極的で行動的なことは素晴らしいですが冷静さが全くありません。 ただでさえ違う生き物なのに一目でそのハマりっぷりは凄いものですよね。 性格・特徴5:ポジティブ妄想少女 地上は素晴らしく、人間は絶対に素敵な生き物だと信じ切っています。 たまたま地上で良い人と出会えましたが、人魚のまま漁師に捕まっていたらほんと危険だったでしょう。 とにかく何も知らないのに都合よく考えちゃうフシがあります。 性格・特徴6:ワガママ末っ子感 年頃であることと、地上への憧れが強いことから父トリトンとよく衝突します。 注意されてもバレなければOKでしょとばかりに海上へと飛び出していきますし、親の心配をよそに好き勝手し放題です。 アースラとの取引も勝手にしてしまい、挙句の果てには父トリトンを犠牲にしてしまいます。 アリエルの勝手な行動で人魚界や海の平和を脅かされたと思うとちょっと大目には見れない箇所もありますね。 性格・特徴7:勇敢に行動する初のプリンセス? アリエルまでのプリンセスは• 白雪姫• シンデレラ• オーロラ姫 の3人ですが、周りに助けてもらうのみで自分から敵に立ち向かうようなプリンセスはいませんでした。 もちろんアリエルも海の親友たちやエリック王子に助けられますが、自身でも敵に立ち向かう場面があるんです。 襲ってくるサメから逃げながらもフランダーを助けたり、アースラがエリックを殺そうとした時も体を張って止めます。 恐らく勇敢なディズニープリンセス第1号なんじゃないかな~? リトル・マーメイド「アリエル」はなぜ人気? 人気プリンセスランキングでも毎年上位に食い込む「アリエル」。 なぜ人気なのかを調査しまとめます! 「リトル・マーメイド」「アリエル」「好き」「理由」などのワードで調査すると• 作品、ストーリー、シーンが好き• アリエルの外見、性格が好き• 世界観と曲が好き など大まかに別れました。 作品・ストーリー・シーンが好き 細かく見ていくと• ハッピーエンドになる人魚姫が凄く良い• 最後のトリトンとアリエルが抱き合うシーンは涙が出るほど感動する• 恋愛だけではなく、親子愛にも溢れた作品 など、全体的評価として「好き」な意見が多数。 アリエルの外見・性格が好き• とにかく可愛い• 元気いっぱいで活発なプリンセスに好感が持てる• 好きな人のために一生懸命になれる姿が大好き 恐らくこれらの意見は女性が圧倒的に多いんじゃないかな~と思える理由ですね。 外見や色見が好み!って方も多いですよね。 世界観と曲が好き• 海の世界が色鮮やかでとっても綺麗• 海から見る地上ってこんなふうなんだとワクワクした• ミュージカル要素もあって曲が全ていい! 海の中が舞台の作品ですが、暗くて怖いイメージではなく色鮮やかで美しい世界を表現したのは凄く素敵ですよね~。 魚や人魚たちはとても陽気で歌が大好きで…。 つい口ずさんでしまう曲も多いですよね。 リトル・マーメイド「アリエル」が人気の理由まとめ 上記の理由にプラスして私の考察も含めながらまとめます! リトル・マーメイドの上映は1989年。 プリンセスとしては前作の眠れる森の美女の「オーロラ姫」から30年ぶり。 たたでさえ期待値の高い久々のプリンセス登場でありながら原作は有名な「人魚姫」。 最後、海の泡となってしまう原作に対しハッピーエンドの今作は見ていて気持ちが良いものです。 加えて、時代に合ったプリンセス像。 過去の 「か弱く、運命に翻弄される可哀そうなプリンセス」ではなく 「自ら考えて動く。 周りに左右されない自立心を持つプリンセス」であったことも人気の秘訣でしょう。 そしてアリエルのデザインも非常に可愛いですよね~。 色鮮やかな色見と大きな目。 現代のアニメに近づいた雰囲気を持ってます。 ミュージカルのごとく散りばめられた音楽も印象に残りますし、ヒットするのに十分な条件を満たした作品なんではないでしょうか。 ちなみにアリエルのプリンセス像は「アナ雪」のアナにも通じるところがあるような気がします。 明るく• 行動的• 末っ子タイプ まさにこんなタイプのプリンセス第1号となったのがアリエルでしょう。 人気プリンセス上位のアリエル。 今後、実写映画化なんかも期待しちゃいますね! 以上「アリエルの性格と特徴は?リトルマーメイドはなぜ人気なのか、どんな話かあらすじと結末とその後を簡単に」でした!.

次の