熱中 症 癖 に なる。 熱中症のリスク、マスクで高まる? 適宜はずして水分摂取を:トピックス:日経Gooday(グッデイ)

熱中症のマスク・みんな・こまめが話題

熱中 症 癖 に なる

熱中症は癖になりやすいの? 熱中症が癖になる原因はいくつか考えられます。 熱中症というのは治りにくいものなのですが、症状が治まって 「普通に歩けるにようになった」と感じても、実は回復しきって いないことがほとんどなのです。 体内の電解質のバランスがまだ安定していないので、少し水分量が 足りなくなるだけで再び熱中症になります。 治ったとして勘違いして放置していると後遺症として残ってしまう こともありますし、毎年夏になると繰り返す頭痛や倦怠感に悩まされて 人もいますので、しっかり回復させてあげることが重要です。 これは熱中症になってしまった人が、その時と同じような状況・環境の まま対策をしていないということです。 例えば、あまり水分を摂らずに運動後に熱中症の症状になってしまったら 次からは運動前・運動中・運動後に必ず水分を摂るようにします。 このように原因の改善がひつようです。 水分補給はもちろんですが、室温・湿度・服装・外での日よけや 体を冷やす対策など、改善できることはしておきましょう。 同じような環境でも周りの人は熱中症になっていないのに、 自分だけなってしまうというのは、そもそも熱中症になりやすい 体質なのかもしれません。 特にあげられるのは体温調節が苦手な人ですね。 ・汗をあまりかかない ・肥満気味 ・内臓系の疾患がある などです。 熱中症になりやすい体質であれば、何度もなってしまうことは 考えられます。 周りの人よりも予防のための対策をしっかりと行う必要があります。 さらに熱中症が重篤化しやすい遺伝子を持っている人は日本で 13. 9~19. 8%いることがわかっています。 重症な熱中症は脳に 後遺症を残すこともありますので、しっかり防止していきましょう。 熱中症になりやすい人 熱中症になりやすい人であげられるのは ・汗をあまりかかない ・肥満気味 ・高血圧、糖尿病、心臓病、肝臓疾患、腎臓疾患などの 内臓系の疾患がある このような体質以外にも熱中症になりやすい人はいます。 どんな人が熱中症になりやすいのか? ・暑さに弱い ・夏バテしやすい ・暑い日に激しいスポーツをする ・暑い場所で長時間過ごす ・肥満の傾向がある ・喉が渇くまで飲み物を飲まない ・体調が悪いのに無理をする ・帽子や日傘などの日よけ対策をしてない ・二日酔いの状態で出かける これらは老若男女問わず、全ての人に言えることです。 特に体調が悪い時は無理をしないことを意識してください。 また乳幼児・高齢者は体温調節がしにくく、妊娠中の人は脱水症状に なりやすいので注意が必要です。 さらに言うと、女性より男性は筋肉量が多いため体温が上がりやすい ので熱中症になりやすいと言われています。 当てはまる人は再発防止のために対策していきましょう。 熱中症かとも思った時に病院に行く目安は? 熱中症の重症度は大きく分けて3段階あります。 さいごに 暑さ対策を怠ることで誰でも起こりうる熱中症。 熱中症になりやすい人はもちろんですが、いままでなった事が ない人でも突然熱中症になった人は、日頃から暑さ対策を しっかり行い、水分補給を欠かさないよう心がけることが 大切です。 万が一の事が起きた場合には無理をせず、軽度の場合でも 受診してもよいでしょう。

次の

【まとめ】4種類の熱中症のメカニズム・原因・症状

熱中 症 癖 に なる

もっと見る ここ数年、ゴールデンウィーク後から梅雨前ごろに、急激な気温と湿度の上昇が多くみられます。 この状態は、 『高温多湿状態』とよばれるものです。 高温多湿状態では、 温暖な春の気候から急激に夏の気候に変化するため、体がついていけません。 そのため、熱中症か、もしくはその一歩手前の症状を引き起こす人が増えてしまいます。 この記事では、熱中症にかかる原因や予防対策、おすすめの食事について解説 熱中症について 1. 熱中症の原因 熱中症がおこるワケ 人間の体は、皮膚から熱を逃がしたり、汗をかいたりすることによって体温を下げています。 体の内部の温度は体温とは5度近く変わります。 そのため、 気温が皮膚の温度以上のときや、 湿度が非常に高いときは、正常に熱の発散や発汗ができず、熱中症を引き起こします。 炎天下に長時間いるときに、発症することが多い 炎天下での運動や作業を無理に続けてしまったときに、熱中症を発症することが多いです。 熱中症のなかでも、死に至ることもある最重症の熱射病は、もともとの体質が関係しているとも考えられています。 熱中症にかかりやすいのはこんな人 もともと持病のある 高齢の方や、 肥満・糖尿病 の方、 アルコール依存症の方は、熱中症・熱射病になりやすいとされています。 〈高齢者の方〉 高齢者は、 体温の調整機能や発汗機能が低下しています。 そのため、暑さそのものや、汗をたくさんかいていること、またはかいていないことに対して気づきにくくなっています。 〈肥満・糖尿病の方〉 高血糖の状態が続くと、 神経障害や皮膚の血流に障害が起こりやすくなります。 そのため、熱中症の症状に気づきにくくなっている場合があります。 〈アルコール依存症の方〉 アルコール自体に 利尿作用があり、 体内の水分が失われてしまうため熱中症にかかりやすいとされています。 熱中症の症状 そもそも、熱中症って? 人間の体には、体温を調節する機能が備わっています。 しかし、 高温の環境に長時間 いると、体温を調節する機能が正常にはたらかず 、乱れてしまうことがあります。 そうすると、体内に熱がこもったり、急激に汗をかいて必要な水分や塩分が奪われたりします。 この症状が全身に及んでいくのが『熱中症』です。 熱中症の症状は3つに分けられる 熱中症は、軽症の『熱けいれん』、中等症の『熱疲労』、重症の『熱射病』の3つに分けられます。 ひどくなると、筋肉がこむら返りを起こす熱けいれんがあります。 熱中症の確率が高まる3つの要因 熱中症は、 環境による要因・身体的な要因・行動による要因の3つが重なった場合に起こりやすくなります。 〈環境による要因〉 気温が高い・湿度が高い・日差しが強い・通気が悪い(風が弱い)・厚着をしているなど 〈身体的な要因〉 体調が悪い・高齢者や乳幼児・糖尿病などの持病がある・病気などで体調が良くない・肥満・普段から運動をしていないなど 〈行動による要因〉 激しい運動・長時間の炎天下での労働・水分補給がしにくい状況など 4. 年齢ごとの発生状況 年齢別の発生状況 発生している状況を年齢別に見てみると、 10代から20代はスポーツ中、 30代から50代は勤務中、 65歳以上は日常生活のなかでの発生が多くなっています。 これは、とくに変わったことをしていなくても、注意を怠ると熱中症になってしまう場合があるということです。 子どもを車の中や閉め切った部屋に、置き去りにしない! 乳幼児は自己判断ができないため、保護者の管理不足で熱中症になり、最悪の場合死に至ることもあります。 絶対に車の中や閉め切った部屋に置き去りにしないようにしましょう。 車の中でエアコンをつけていたとしても、 直射日光が当たれば温度は上がります。 また、車のチャイルドシートを設置す る後部座席はエアコンの風が届きにくいため、熱中症のリスクが上がります。 熱中症を予防するための対策 1. 直射日光を避ける 日差しが強い日に外出する際は、帽子や日傘で 直射日光に当たらないようにしましょう。 また、屋外でスポーツをするなら、できるだけ 涼しい時間帯を選ぶとよいでしょう。 可能であれば 30分ごとに休憩をとり、体の熱を冷ますようにしましょう。 水分補給をこまめにおこなう こまめな水分補給が重要! 熱中症の予防としては、体に熱をため込まないようにするのがとにかく大切です。 こまめに水分補給をおこない、とくに 運動中は1 5分から30分につき、コップ1杯程度(200ml)を目安にしてください。 冷たすぎると、胃腸に負担がかかるので注意してください。 状況に応じて体が吸収しやすいものを利用する 0. 1~0. スポーツドリンクはだいたいこの割合で作られています。 ふだんは水やお茶でかまいませんが、汗をたくさんかくときには 塩分を補えるスポーツドリンクがよいでしょう。 また、緊急時や状況によっては、 経口補水液を利用しましょう。 運動の種類・程度・時間に気をつける 運動の習慣があるほうが気温の変化に強い! 気温が急激に高くなると、体はその暑さに慣れるまで1週間ほどかかります。 そのため、体が気温の変化についていけないときに、熱中症を発症しやすいともいわれています。 夏場のスポーツは種類・程度・時間を考えて ふだんから運動で汗をかいている人のほうが、暑さに対応しやすいでしょう。 しかし、暑さへの耐久性は個人差もあります。 いきなり無理な運動をすることはひかえましょう。 夏場にスポーツをする場合は、種類と程度を考え、できるかぎり涼しい時間帯にしてください。 服装で体温をコントロールする 体の熱の出入りをコントロールするには、ふだんから体温や気温に合った衣類を選ぶことが大切です。 〈衣類選びのコツ〉 ・暑い日は薄着にして 吸湿性や通気性のよい素材を選ぶ ・服の色は、熱を吸収しやすい黒系よりも 白系 ・ネクタイをする場合は、なるべく 襟元をゆるめて、熱気がこもらないようにすること ・炎天下に行く場合は 帽子を使用する 5. 室内の温度を抑える工夫 直射日光と風通しに注意! 室内では、室温を上昇させないために、 すだれやカーテンなどで直射日光をさえぎりましょう。 窓が開けられれば風を通して、それでも温度が高ければ迷わずに エアコンや扇風機を使うことです。 湿度にも気を配りましょう 湿度が高いと体内の熱を発散しにくくなるので、湿度にもじゅうぶん注意しましょう。 体を冷やすグッズを準備する 急激な変化に備えて、体を冷やすグッズを常備しておくとよいでしょう。 うちわや扇子を携帯するほか、必要に応じて 保冷剤、冷却シート、瞬間冷却スプレーなども用意しておくと効果が期待できます。 こういったものを使用する際には、凍傷に注意してください。 扇風機の使い方を工夫する 扇風機の風でも、直接長時間あたっていると汗が通常以上に蒸発してしまいます。 そうすると、体がだるくなったり、冷えすぎたりしてしまいます。 寝るときは、風が体に直接あたらないように、 首振り設定にするなど使い方にも気をつけましょう。 熱中症を予防する食事 「炭水化物」と「ビタミンB1」が不足すると夏バテ気味に… 夏場はどうしても食が細くなりがちで、食べやすいものだけを食べる方も多いと思います。 しかし、エネルギー源となる 「炭水化物」(米や麺類など)と、それを効率よくエネルギーに変える 「ビタミンB1」がないと体は疲れてしまいます。 「クエン酸」で夏バテ知らず 疲れの原因になる乳酸の発生を抑えてくれる 「クエン酸」を摂るのも効果的です。 クエン酸は、ビタミンB1を多く含む 豚肉や大豆製品、モロヘイヤ、玄米などに含まれています。 これらを、炭水化物と一緒に食べるとよいでしょう。 「ビタミンC」で免疫力アップ! 「ビタミンC」は、免疫力を高め、ストレスにたいする抗体をつくってくれるはたらきがあります。 夏場は積極的に摂るとよいでしょう。 もし熱中症になってしまったら 1. 熱中症の応急処置 応急処置の基本は、以下の3つです。 休息 体を冷却しやすいように衣服をゆるめ、安静にさせる。 冷却 風通しのよい日陰やクーラーの効いた部屋に移動して、涼しい場所で休ませる。 氷などで 脇の下、首のまわり、脚のつけ根などを冷やし、血液循環を通じて体温をすばやく冷ます。 水分補給 意識がはっきりしていれば、 水分補給(スポーツドリンク)をおこなう。 意識障害や吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要なため、救急車を呼んで至急医療施設へ搬送する。 子どもや高齢者の場合の対処法 子どもや高齢者の場合も、基本は『休憩』・『冷却』・『水分補給』になります。 乳幼児の場合 乳幼児は、体温の調節機能がじゅうぶんに発達していません。 そのため、熱中症にかかりやすく、日ごろからじゅうぶんな注意が必要です。 児童の場合 体育の授業や部活動などの運動のほか、遠足や登山などの野外活動でも熱中症になることがあります。 高温多湿の場所で活動する際にはじゅうぶん注意しましょう。 高齢者の場合 高齢になると温度にたいする感覚が弱ってくるため、室内でも熱中症にかかりやすいといわれています。 室内の温度調節にも気を配りましょう。 そうなると、中枢神経・心臓・肝臓・腎臓などの臓器に障害が起こり、命を落とすこともあります。 意識がもうろうとしている場合はすぐに救急車を! 呼びかけへの応答がにぶい、言動がおかしい、意識がないなどの 意識障害や、 ふらつきが見られるときは命の危険があるので、ただちに救急車を呼んでください。 まとめ 熱中症は、だれでもかかる危険性があります。 とくに、気温が急上昇するときは体が暑さに慣れていないため危険です。 個人で気をつけるだけでなく、周りの人同士がおたがいに気にかけ合うことで気づきやすくもなります。 子どもや高齢者など体温調整がうまくできない方には、周りの大人がじゅうぶん注意してあげてください。 また、救急搬送が必要な症状をよく覚えておくと対処しやすく、命を守ることにつながります。

次の

熱中症になる条件

熱中 症 癖 に なる

熱中症になりやすい時期 では熱中症になりやすい時期ですが、もちろん暑い夏の時期が一番気をつけなければなりません。 ですが、 熱中症は夏だけに起きる症状ではありません。 熱中症になる条件が揃えば夏でなくても熱中症になる可能性はあります。 特に急に暑い日が続いた梅雨の時期などは湿気も影響して熱中症になる可能性が高くなります。 意外に盲点なのは冬の時期にも熱中症になることはあります。 要は 熱中症になる環境が整ってしまえばどの季節でも熱中症になると考えられるのです。 冬の暖房器具の使いすぎや、そういった状況での身体の脱水症状具合が同じくらいになれば冬でも熱中症にかかるのです。 熱中症になりやすい環境 では、どんな状況、環境下に置かれると人は熱中症になるのでしょうか。 熱中症になりやすい環境条件を5つ挙げてみましょう。 湿度が高い やはり夏に多く熱中症が見られるのはこの2大条件でしょう。 気温が高く湿度が高いのは日本の夏の特徴ですよね。 この湿度がある、なしで大分変わってきます。 同じ温度でも湿度が高くなればなるほど熱中症になる可能性は高くなるのです。 目安としては70パーセント以上になったらとくに危険だと思って下さい。 直射日光に当たっている やはり直接日光に当たるのはおすすめ致しません。 特に頭部が暑くなってしまうので注意が必要です。 また、照り返しにも注意しましょう。 風がない 風がないという事は、室内でも屋外でも湿度や気温が変わりませんし、空気が循環しないため余計暑さが増します。 風がない環境での運動や屋外活動は避けた方がいいでしょう。 急激に温度変化がある場合 例えば、夏に入る前や春に急に温度が上がる日が出てくるような4月、5月は注意が必要です。 身体が特に暑さにまだ対応していない為熱中症になる可能性が高くなりやすいのです。 熱中症になりやすい環境についてお話しましたが、熱中症のほとんどは水分不足が要因になります。 温度の感覚が鈍くなる高齢の方や、発達が十分でない子供は更に気をつける必要があります。 熱中症になりやすいタイプの病気 熱中症には、熱中症になりやすい病気というものがあります。 以下の病気にかかっている方は気をつけた方がいいでしょう。 まずは内分泌疾患を患っている方は注意が必要です。 例を挙げると、心臓病、肝臓病、慢性肺疾患、腎臓病、高血圧、糖尿病がこれに当てはまります。 寝たきりやまた肥満という人も同じく気をつけなければなりません。 また、服用している薬によっても熱中症になりやすい場合があります。 利尿効果がある薬、発汗を抑制する薬、興奮性のある薬などがこれに当たりますので服用している薬がある場合は一度確認をした方が良いでしょう。 また病気でなくても、体調の悪いのも熱中症になりやすいので注意が必要です。 熱がある、下痢、二日酔いでもなりますので自己管理をしっかりするようにしましょう。 まとめ 熱中症になりやすい環境、条件ははっきりしています。 特にそのような場所に行かなくてはいけない、屋外活動をする場合はしっかり対策をしてから出かけるようにしましょう。 熱中症と聞くと夏のイメージですが、この条件さえ揃えばいつでも熱中症になる可能性があるというのはご理解頂けたでしょうか。 特に中年世代は心臓病、肝臓病、慢性肺疾患、腎臓病、高血圧、糖尿病など、どれかに当てはまっている人は多いはずですので 「自分は大丈夫、熱中症なんかにはならない」など思わない事です。 熱中症になった人は誰もが 「まさか自分がなるとは思わなかった」と言いますので、誰にでも症状が出る恐れがあります。 大事なのは他人事ではないと言う事ですね。 予防にやりすぎという事はありませんのでしっかり対策をとることをおすすめ致します。 熱中症関連記事はこちらになります。 是非参考にして下さいね。

次の