韓国 株価 推移。 サムスン電子(三星電子)の株価推移2019

NEXT NOTES 韓国KOSPI・ベア ETN (2034) : 株価/予想・目標株価 [NNFKOSPIIE]

韓国 株価 推移

スポンサーリンク 韓国の外貨準備高の推移(年別) 年 外貨準備高 (億ドル) 前年比較 (億ドル) 2000 962. 5 2001 1028. 8 66. 2 2002 1215. 0 186. 3 2003 1554. 7 339. 7 2004 1991. 9 437. 2 2005 2105. 5 113. 6 2006 2391. 5 286. 0 2007 2625. 3 233. 9 2008 2015. 5 -609. 9 2009 2704. 4 688. 9 2010 2921. 4 217. 1 2011 3069. 4 147. 9 2012 3277. 1 207. 7 2013 3456. 9 179. 9 2014 3628. 4 171. 4 2015 3667. 1 38. 7 2016 3701. 5 34. 5 2017 3887. 9 186. 3 2018 4030. 7 142. 9 2000年から2018年にかけて外貨準備高は増えています。 2008年は通貨危機で外貨準備高が減りましたがその後は回復しています。 グラフにすると上の通り。 2008年以外は順調に増えています。 規模的には4000億ドル世界8位と大きいのですが2008年は2500億ドルの外貨準備高でも枯渇して通貨危機になりアメリカ、中国、日本とスワップを結んで何とか切り抜けたとされているので、何かあった時に4000億ドルで十分かどうかは不透明です。 (参考:) 韓国の外貨準備高の推移2019年~2020年(月別) 年月 外貨準備高 前月比 2019年1月 4055. 1 18. 2 2019年2月 4046. 7 -8. 4 2019年3月 4052. 5 5. 8 2019年4月 4040. 3 12. 2 2019年5月 4019. 7 -20. 6 2019年6月 4030. 7 11. 0 2019年7月 4031. 1 0. 4 2019年8月 4015. 0 -16. 0 2019年9月 4033. 0 18. 0 2019年10月 4063. 0 30. 0 2019年11月 4075. 0 12. 0 2019年12月 4088. 0 13. 0 2020年1月 4097. 0 9. 0 2020年2月 4092. 0 -5. 0 2020年3月 4002. 0 -90. 0 2019年の外貨準備高の推移について 2019年に入ってウォン安傾向が続き、外貨準備高が減少傾向にありました。 2019年8月は今年最低で1年ぶりの水準。 しかしながらその後は外貨準備高は増えています。 韓国銀行は外貨準備高が増えているのはドル安のためとしていますがこのあたり韓国の外貨準備高は以前から謎が多い。 本当に危険な状況になった時に外貨準備高がどこまで使えるか心配です。 韓国の外貨準備高の内訳について 韓国の外貨準備高で項目別の細かい数字も見ていきましょう。 2019年1月~2019年9月までの各項目について以下にまとめています。 気になるのはGOLDの価格が全く変わらないことでしょうか。 毎月価格が変動するので同じということは考えられません(日本の外貨準備高ではGOLDは毎月変動しています)。 もしかしたら韓国がGOLDを持っているというのも嘘の可能性があるかも?とか疑ってしまいますね。 以下、その辺りも含めて参考にしてください。 韓国の外貨準備高2019年9月 2019年8月は証券、現金共に減っています。 韓国銀行はドル高で減っているという解説をしていますが、それだけでこれだけ減るものかどうか疑問が残るところです。 (基本的には外貨準備はドルが基本のはず) 証券を現金化して為替介入に投入し、その分では足りずに現金も投入した可能性もあります。 項目 金額 (億ドル) 前月比 (億ドル) 合計 4015. 0 -16 証券 3710. 0 -10 現金 197. 0 -6 SDR 34. 0 0. 0 IMFポジション 27. 0 0. 0 金(GOLD) 48. 0 0. 0 韓国の外貨準備高2019年8月 2019年8月は証券、現金共に減っています。 韓国銀行はドル高で減っているという解説をしていますが、それだけでこれだけ減るものかどうか疑問が残るところです。 (基本的には外貨準備はドルが基本のはず) 証券を現金化して為替介入に投入し、その分では足りずに現金も投入した可能性もあります。 項目 金額 (億ドル) 前月比 (億ドル) 合計 4015. 0 -16 証券 3710. 0 -10 現金 197. 0 -6 SDR 34. 0 0. 0 IMFポジション 27. 0 0. 0 金(GOLD) 48. 0 0. 0 韓国の外貨準備高2019年7月 2019年7月は証券が減って現金の割合が増えています。 世界経済不安に備えて現金化して為替介入の準備をしているようにも感じます。 項目 金額 (億ドル) 前月比 (億ドル) 合計 4031. 1 0. 4 証券 3720. 2 -18. 2 現金 202. 4 17. 5 SDR 33. 9 -0. 7 IMFポジション 26. 7 1. 8 金(GOLD) 47. 9 0. 0 韓国の外貨準備高2019年6月 2019年6月は証券が減って現金の割合が増えています。 世界経済不安に備えて現金化して為替介入の準備をしているようにも感じます。 項目 金額 (億ドル) 前月比 (億ドル) 合計 4030. 7 11. 0 証券 3738. 4 -19. 5 現金 184. 9 27. 8 SDR 34. 6 2. 8 IMFポジション 24. 9 -0. 2 金(GOLD) 47. 9 0. 0 韓国の外貨準備高2019年5月 項目 金額 (億ドル) 前月比 (億ドル) 合計 4019. 7 -20. 6 証券 3,757. 9 16. 3 現金 157. 1 -36. 7 SDR 31. 8 -0. 1 IMFポジション 25. 0 -0. 1 金(GOLD) 47. 9 0. 0 韓国の外貨準備高2019年4月 項目 金額 (億ドル) 前月比 (億ドル) 合計 4,040. 3 -12. 2 証券 3,741. 6 -33. 4 現金 193. 8 21. 1 SDR 31. 8 -1. 8 IMFポジション 25. 1 1. 9 金(GOLD) 47. 9 0. 0 韓国の外貨準備高2019年3月 項目 金額 (億ドル) 前月比 (億ドル) 合計 4,052. 5 5. 8 証券 3,775. 0 -16. 1 現金 172. 7 20. 6 SDR 33. 6 -0. 2 IMFポジション 23. 2 1. 5 金(GOLD) 47. 9 0. 0 韓国の外貨準備高2019年2月 項目 金額 (億ドル) 前月比 (億ドル) 合計 4,046. 7 -8. 4 証券 3,791. 1 -11. 4 現金 152. 1 3. 1 SDR 33. 9 -0. 1 IMFポジション 21. 8 0. 0 金(GOLD) 47. 9 0. 0 韓国の外貨準備高2019年1月 項目 金額 (億ドル) 前月比 (億ドル) 合計 4,055. 1 18. 2 証券 3,802. 5 6. 5 現金 149. 0 11. 7 SDR 33. 9 -0. 3 IMFポジション 21. 8 0. 4 金(GOLD) 47. 9 0. 0 韓国の外貨準備高が心配される理由 韓国の外貨準備高が心配される理由は4000億ドルあっても足りない可能性があるからです。 4000億ドルもの資金があるのにショート? その理由は何なのでしょう? その原因の1つが経済不安時などのウォン安です。 経済不安時には韓国への投資が減るのでウォンが下落しやすい。 そしてウォンの通貨防衛のために外貨準備高のドルをウォンに交換する動きが出ます。 すなわち経済不安時のウォン安で外貨準備高が減るわけです。 また経済不安な時には輸出が落ち込みます。 韓国は貿易黒字で成り立っている国でそれがマイナスになると更にウォンが売り込まれます。 そして外貨準備高が減る。 韓国が不安となれば韓国に投資している資金が海外に逃げます。 その際にもウォンをドルなどにする動きとなるのでやはり通貨安に繋がり、それを防衛しようとして外貨準備高が減る方向になります。 このように世界経済や韓国経済に問題が起きるといろいろな形でウォン安が進行するので注意が必要ということになります。 2019年8月現在ではドルウォンレートが1つの節目と言われる1200を越しました。 韓国当局としてはウォン安防衛にすでに動いている可能性が高い。 少し危険な状況に差し掛かってきたと考えるのが自然でしょう。 (参考:) まとめ 韓国の外貨準備高は4000億ドル、世界8位ぐらいで全く問題ないように見えます。 ただしデータをよくよく見ると怖い部分もありますね。 ということで、しばらくは韓国の外務準備高のデータもウォッチしていこうと思います。 韓国関連データ参考元: 日本関連データ参考元:(日本財務省) 韓国データ関連集 以下、韓国関連データ関連集になります。 タピオカ店への脅迫問題で木下優樹菜さんが引退すると言われています。 7月1日に復帰発表をしたばかりで7月6日には... 「徴用工問題で日本企業は資産の現金化前に和解始めるべき」という論調が日本の一部で出ています。 こういった動きは韓... スペインサッカーでバレンシアの韓国人MFイ・カンインが再び退場処分となりました。 久保建英と共に将来を期待されて... モロッコで現代自動車が旭日旗看板で宣伝しています。 確か旭日旗は駄目と韓国が言っていたのでは?それなのに何故宣伝... 韓国の雇用保険基金が2020年末にほぼ枯渇するという試算が出ています。 対策するとなれば雇用保険金を今までよりも... 今回は在日特権はあるのか?ということでまとめていきます。 在日特権とは? 在日特権は在日外国人の特権のこと... 日本が韓国より先に台湾の入国規制緩和を検討しているとの報道がありました。 台湾はここ最近、新型肺炎の感染者が出て... ベナン沖で韓国人船員5人が拉致されたとの速報が入っています。 どのような状況なのでしょうか?韓国の報道や韓国の反... 国連27カ国が中国に対して「香港保安法の廃止」を要求しました。 しかしながらその声明に韓国は含まれていません。 韓国2020年6月の外貨準備高は4107億ドルになりました。 新型コロナで外貨準備高が100億ドルほど減少する場...

次の

韓国のウォンや株価が意外と下がらないのですが、国が買い支え等してるのでし...

韓国 株価 推移

34 19,118. 99 18,909. 26 19,196. 74 19,650. 57 20,033. 43 19,925. 18 19,646. 24 20,356. 28 22,011. 61 22,724. 96 22,764. 29 22,068. 24 21,454. 30 22,467. 87 22,201. 82 22,304. 51 22,553. 72 22,865. 15 24,120. 04 21,920. 46 22,351. 06 20,014. 49 21,385. 16 21,205. 81 22,258. 73 20,601. 19 21,275. 92 21,521. 53 20,625. 16 21,755. 84 22,927. 04 23,293. 91 23,656. 18 21,142. 96 18,917. 01 20,193. 69 21,877. 89 22,288. 30 7,681. 84 8,016. 67 9,893. 82 11,542. 60 13,113. 32 18,701. 30 21,564. 00 30,159. 00 38,915. 87 年 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 日経平均 23,848. 71 22,983. 77 16,924. 95 17,417. 24 19,723. 06 19,868. 15 19,361. 35 15,258. 74 13,842. 17 18,934. 34 年 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 日経平均 13,785. 69 10,542. 62 8,578. 95 10,676. 64 11,488. 76 16,111. 43 17,225. 83 15,307. 78 8,859. 56 10,546. 44 年 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 日経平均 10,228. 92 8,455. 35 10,395. 18 16,291. 31 17,450. 77 19,033. 71 19,114. 37 22,764. 94 20,014. 77 23,656. 62 年 2020 日経平均 22,288.

次の

韓国の希望「ソウルブレイン社」の株価推移

韓国 株価 推移

韓国総合株価指数 코스피지수 計算を開始 1980年1月4日 MICコード XKOR XKORKRS1 FIXプロトコルコード KS 韓国総合株価指数 各種表記 : 코스피지수 : 코스피指數 : コスピジス : Korea Composite Stock Price Index KOSPI 韓国総合株価指数(かんこくそうごうかぶかしすう、 Korea Composite Stock Price Index, KOSPI)はの有価証券市場()に上場している企業の現在の時価総額と基準時点での時価総額を比べてどうかを表した指標。 元々の名称は総合株価指数(綜合株価指数)だったが、に韓国総合株価指数に変更された。 KSEの公表する韓国の主な株価指数は、他に以下のものがあるが、韓国総合株価指数は特に知られ、KSEのベンチマーク株価指数として広く利用されている。 KOSPI 200 - 韓国内の時価総額の93%を占める、200銘柄で構成。 KOSPI 100 - 上位100銘柄で構成。 KOSPI 50 - 上位50銘柄で構成。 指数の算出 [ ] 算出方法 [ ] 韓国総合株価指数(以下、KOSPI)はの時価総額を分母に、算出時点の時価総額を分子にして指数化したもの。 算出方法の変化 [ ]• 1964年1月4日~ を指数化して算出• 1972年1月4日~ 韓国綜合株価指数を使用• 1983年1月4日~ 時価総額式を導入 - 産業別株価指数は、部別株価指数と資本金規模別株価指数は まで溯及適用して発表 指数の推移 [ ] 年末終値の推移 年 年末終値 対前年増減率 1975 89. 02 15. 93 1977 136. 96 31. 67 1978 144. 86 5. 77 1979 118. 97 -17. 87 1980 106. 87 -10. 17 1981 131. 37 22. 93 1982 127. 31 -3. 09 1983 121. 21 -4. 79 1984 142. 46 17. 53 1985 163. 37 14. 68 1986 272. 61 66. 87 1987 525. 11 92. 62 1988 907. 20 72. 76 1989 909. 72 -0. 28 1990 696. 11 -23. 48 1991 610. 92 -12. 24 1992 678. 44 11. 05 1993 866. 18 27. 67 1994 1,027. 37 18. 61 1995 882. 94 -14. 06 1996 651. 22 -26. 24 1997 376. 31 -42. 21 1998 562. 46 49. 93 1999 1,028. 07 82. 78 2000 504. 62 -50. 92 2001 693. 70 37. 47 2002 627. 55 -9. 54 2003 810. 71 29. 19 2004 895. 92 10. 51 2005 1,379. 37 53. 96 2006 1,434. 46 3. 99 2007 1,897. 13 32. 25 2008 1,124. 47 -40. 73 2009 1,682. 77 49. 65 2010 2,041. 66 21. 33 2011 1,825. 74 -10. 58 2012 1,997. 05 9. 38 2013 2,011. 34 0. 72 2014 1,915. 59 -4. 76 2015 1,961. 31 2. 39 2016 2,026. 16 3. 31 2017 2,467. 49 21. 78 2018 2,041. 04 -17. 28 2019 2,197. 67 7. 67 年間推移 [ ] 年 年間最高値 年間最安値 2011年 2,231. 47 1,182. 09 2012年 2,057. 28 1,810. 48 2013年 2,056. 12 1,783. 45 2014年 2,076. 12 1,891. 32 2015年 2,173. 41 1,829. 81 2016年 2,068. 72 1,835. 28 2017年 2,557. 97 2,026. 16 2018年 2,598. 19 1,996. 05 2019年 2,248. 63 1,909. 71 各種記録 [ ] 最高値(終値) 2,598. 75 最大の下落幅 2008年 -126. 初 200ポイント突破:(200. 15)• 初 300ポイント突破:(301. 93)• 初 400ポイント突破:1987年(405. 13)• 初 500ポイント突破:1987年(500. 73)• 初 600ポイント突破:(602. 32)• 初 700ポイント突破:1988年(705. 51)• 初 800ポイント突破:1988年(805. 86)• 初 900ポイント突破:1988年(911. 35)• 初 1,000ポイント突破:(1,003. 31)• 初 1,100ポイント突破:(1,103. 37)• 初 1,200ポイント突破:(1,206. 41)• 初 1,300ポイント突破:2005年(1,305. 98)• 初 1,400ポイント突破:(1,402. 11)• 初 1,500ポイント突破:(1,501. 06)• 初 1,600ポイント突破:2007年(1,603. 56)• 初 1,700ポイント突破:2007年(1,700. 91)• 初 1,800ポイント突破:2007年(1,806. 88)• 初 1,900ポイント突破:2007年(1,909. 75)• 初 2,000ポイント突破:2007年(2,004. 22)• 初 2,100ポイント突破:(2,108. 17)• 初 2,200ポイント突破:2011年(2,216. 00)• 初 2,300ポイント突破:(2,304. 03)• 初 2,400ポイント突破:2017年(2,409. 49)• 初 2,500ポイント突破:2017年(2,501. 93) 時価総額は2007年1007兆2580億ウォンに達して初めて1000兆ウォンを超えた。 構成銘柄 [ ] 外部リンクを参照。 脚注 [ ].

次の