平野 綾 炎上。 平野綾

平野綾の「炎上」の噂検証

平野 綾 炎上

歌って踊れる声優が一般的 まず最初は池澤春菜さんが声優はずっと続けられる仕事だと思っていたのに年齢で落とされるというエピソードを紹介して、それに対して尾崎さんが 尾崎「やっぱり今の声優って、声のアフレコだけじゃなくて歌ったり踊ったりとかキャラクターに近い人が選ばれる可能性が高いんですよね。 歌って踊れる声優が今一般的。 」 池澤「歌えもしない踊れもしないという…」 尾崎「そんなことないですよ。 でもほら、若い人の方が演じやすいし。 」 と返答した。 の記事では『流れるようなタックルからのマウントポジションを思わせるトークで場をヒリつかせ』と書かれているが、実際映像を見ればそんなことはない。 バラエティーを盛り上げるために平成ノブシコブシの吉村が囃し立てているだけだ。 アニメを見ない・珍獣ハンターになりたい その次に、尾崎由香さんがアフレコ時にアニメの役名を出されて演技指導をされても、 アニメを一切見ていないから伝わらないというエピソードを披露する。 そして有田に憧れの声優はいないかと聞かれ、「一応、花澤香菜さん」と答えるが、その後 でも今一番憧れてるのはイモトアヤコさんに憧れてて、珍獣ハンターになりたいんですよ! と答えた。 これがまあ声優に失礼だなんだと叩かれまくっているが、 尾崎由香さんが珍獣ハンターになりたいと語ったのはこれが初めてではない。 で2017年に既に語っている。 吉田:尾崎さんは先日いらっしゃってくださったんですが、尊敬する人が珍獣ハンターのイモトアヤコさん!! 内田:アハハハハ!! つまり尾崎由香さんの鉄板ネタみたいなもんで、彼女のファンはむしろ笑って終わるエピソードだ。 ここまで炎上するのは彼女も想定外だったかもしれない。 ただ、声優になったきっかけの部分で 兄に2時間声優になれと説得されたからと語っていたが、実際はそれだけではなく、尾崎由香さんの母親がブシロードの木谷社長に芸能活動でパッとしない娘を紹介されて、アニメ業界で受けそうな顔だからスカウトしたというのが真相だと、木谷社長がトークショーで語っている。 兄に説得されたのは嘘ではないかもしれないが、ちゃんと正確に答えてほしい。 参考: まあ正確に答えろというのは冗談だ。 とはいえ兄に説得されたというエピソードは結局のところ、彼女が 嫌われ役に徹するという意味では効果的に働いている。 自分の意思ではなく、兄に言われて声優になったと言われれば、彼女を知らない観ている人はイラっとくるだろう。 ただ結局のところ 彼女は声優になる選択は家族が決めたことであって、彼女は声優自体には興味がないのには変わりない。 それは以前から分かってたことである。 バラエティー番組のヤラセ 最近、ネットニュースのせいでバラエティー番組でやけに炎上することが多くなっているが、実際番組を見てみると、そうでもないことが多い。 そもそもバラエティー番組は出演者のキャラ付けなどをして盛り上げるような番組で、そこには 誇張やヤラセが多分に入っている。 そういうバラエティー番組で、憤ったり悦に入ったりするのは、テレビ局にとってはいいお客さんなのに間違いはないが、操られている感じがしてバカらしい。 今回もアイドル声優vsベテラン声優という対立構造がそもそもあって、それに沿って誇張したキャラ付けで番組を作り上げている。 尾崎由香さんが、失礼な人じゃなく本当は真面目で、この件はただの被害者だとは全く思わないが、この番組は尾崎由香さんを、そういう 空気の読めない無礼なキャラとして売り出そうとして出演させているのは明らかである。 炎上の内容を見ていると尾崎由香さんは、そういうキャラに沿った発言を繰り返している。 その結果、実際にくりぃむしちゅーに気に入られたか知らないが、2月20日のテレビ朝日 『くりぃむクイズ ミラクル9』にはゲストで呼ばれることが決定している。 事務所の先輩には苦言を呈されているが、声優としてではなくバラエティーで活躍したいと思うのであれば、このキャラクターは間違いではないと私は思っている。 何を自分の武器にするか。 選択は自由だけど… 品位は忘れずに…。 声優は声優らしく品行方正にというのは理想的だが、バラエティーに出たいのであればそれでは弱すぎる。 別に声優がバラエティーに出てはいけない決まりもなく、バラエティーに出るためには他の人とは違うキャラ付けが必要である。 池澤春菜さんも、書評家としての一面やお嬢様というキャラクターがあったからオファーが来たのだろう。 尾崎由香さんは声優になる前に芸能界を経験しているから芸能界の厳しさもよく知っている。 彼女にとって一番困るのは誰にも相手にされないことであって、彼女を批判している人はむしろ彼女にとって有り難い存在に違いない。 彼女のキャラクターが炎上すればするほど番組に呼ばれやすくなるのだから。 AYA STYLEの継承者 平野綾さんを思い出して欲しい。 彼女が芸能界へ進出するときにやったのは『グータンヌーボ』での 赤裸々な恋愛遍歴の暴露である。 これは彼女のアイドル声優らしからぬ発言というキャラ付けのためだ。 実際その後バラエティータレントとしての出演が相次ぎ、現在は主に舞台女優として活躍している。 ネットでは落ちぶれたとか揶揄されているが、そんなことはない。 舞台女優として活躍するのは大変なことだし、別に深夜アニメだけが全てじゃない。 そして、平野綾さんの出世作『涼宮ハルヒの憂鬱』は1期で監督の山本寛を降ろした。 それが原因かどうか知らないが、2期で人気は低迷した。 尾崎由香さんも『けものフレンズ』で人気声優となったが、たつき監督が降ろされ、2期の人気は低迷している。 奇妙な符合だ。 これはもう 尾崎由香さんは平野綾さんの後継者と言ってもいいだろう。 声優を踏み台にするような姿勢の彼女に反感を持つ人も多いだろう。 だけどサーバルちゃん役などで楽しませてくれた声優には間違いないのだから、わたしは彼女がバラエティー番組で羽ばたく姿を楽しみにしたいと思う。

次の

平野綾の過去のスキャンダルとは!?相手と炎上内容が気になる

平野 綾 炎上

スキャンダルや相手は? 平野綾は『涼宮ハルヒの憂鬱』のアニメ化のヒットを転機に声優界だけでなく女優界でも有名になってきました。 有名になると付きまとってくるこの スキャンダル問題。 平野綾にスキャンダルが起こったのは、2007年12月25日のクリスマスの日。 この日に実は、『ブブカ』という女性のスキャンダルを主に扱う雑誌に平野綾のスキャンダル写真や記事が大きく掲載されてしまいました。 その中にはキスをしている写真があり本人かどうかの憶測が飛び交いました。 しかし、平野綾には特徴的な顔のほくろがありそれがスキャンダル写真と一致したことから 本人で間違いない!という結論に至りました。 気になるお相手の方は、オタク系ではなく金髪の髭の生えた少しヤンキー系の男性。 平野綾がソロの音楽活動をしていた時のバックバンドの人のようで、五十嵐勝人さんという方です。 これを見た平野綾ファンは怒りを覚え、彼女の今まで発売したCDやグッズなどを叩き割った写真、さらにはガスコンロで燃やしている写真がネット上に大量にアップされそれは恐ろしいものでした。 それから出したCDなどは売れるはずもなく仕事の量も激減していってしまいました。 特技はネット炎上? 平野綾さんについて調べてみると、特技はネット炎上という風に出てきました。 確かに過去にツイッターで元ファンと名乗る人と大げんかと言うか言い合いをしたことがあるそうです。 年頃の女性に色恋話がないのもおかしいが、それを敢えて口にしないでオタクに「献身」するのがプロなのだという。 』とツイート。 いったい人に対してどういう見方をしているんですか」』と激怒。 そして最終的には、『聞いているのが阿呆らしくなってきました。 私は声優です。 アイドルです。 役者です。 アーティストです。 変な業界観と恋愛観を押し付けないでください。 本人や大衆を相手に、顔も見せず堂々と悪口が言える。 便利な世の中になったことに感謝してくださいね。 かなりキツイ言い合いですよね。 少し大人気ないなぁ~とも感じましたが、平野綾さんも普通の女性。 タイプの人を見たらかっこいいと思うし、好きな人もできるはず!.

次の

平野綾の2017現在がもはや別人?スキャンダル画像流出が原因で干された!

平野 綾 炎上

スキャンダルや相手は? 平野綾は『涼宮ハルヒの憂鬱』のアニメ化のヒットを転機に声優界だけでなく女優界でも有名になってきました。 有名になると付きまとってくるこの スキャンダル問題。 平野綾にスキャンダルが起こったのは、2007年12月25日のクリスマスの日。 この日に実は、『ブブカ』という女性のスキャンダルを主に扱う雑誌に平野綾のスキャンダル写真や記事が大きく掲載されてしまいました。 その中にはキスをしている写真があり本人かどうかの憶測が飛び交いました。 しかし、平野綾には特徴的な顔のほくろがありそれがスキャンダル写真と一致したことから 本人で間違いない!という結論に至りました。 気になるお相手の方は、オタク系ではなく金髪の髭の生えた少しヤンキー系の男性。 平野綾がソロの音楽活動をしていた時のバックバンドの人のようで、五十嵐勝人さんという方です。 これを見た平野綾ファンは怒りを覚え、彼女の今まで発売したCDやグッズなどを叩き割った写真、さらにはガスコンロで燃やしている写真がネット上に大量にアップされそれは恐ろしいものでした。 それから出したCDなどは売れるはずもなく仕事の量も激減していってしまいました。 特技はネット炎上? 平野綾さんについて調べてみると、特技はネット炎上という風に出てきました。 確かに過去にツイッターで元ファンと名乗る人と大げんかと言うか言い合いをしたことがあるそうです。 年頃の女性に色恋話がないのもおかしいが、それを敢えて口にしないでオタクに「献身」するのがプロなのだという。 』とツイート。 いったい人に対してどういう見方をしているんですか」』と激怒。 そして最終的には、『聞いているのが阿呆らしくなってきました。 私は声優です。 アイドルです。 役者です。 アーティストです。 変な業界観と恋愛観を押し付けないでください。 本人や大衆を相手に、顔も見せず堂々と悪口が言える。 便利な世の中になったことに感謝してくださいね。 かなりキツイ言い合いですよね。 少し大人気ないなぁ~とも感じましたが、平野綾さんも普通の女性。 タイプの人を見たらかっこいいと思うし、好きな人もできるはず!.

次の