美丘 出演者。 林沙耶こと、伊原六花(いはらりっか/登美丘高ダンス部)は子役出身女優だった【画像あり】

美丘

美丘 出演者

主人公の女性検事・竹村凜々子という役よ! この春から 横浜地検港南支部に配属された、二年目の女性検事です。 感情豊かで家族想い。 正義感が強くまっすぐ事件解決に挑むが、頑固で融通の利かない性格なので失敗も多い。 長所は、納得するまで決してあきらめないところ、短所は、すぐにカッとなるところです。 【吉高由里子さんのコメント紹介!!】 初めての検事役ということで、難しい事件モノになるのかなと最初は身構えましたが、阿川さんの原作本を読ませていただき、普通の女の子がたまたま検事になり、仕事に恋に失敗しながらも一生懸命立ち向かっていく、女性なら誰もが共感できるお仕事ドラマだとわかってホッとしました。 このような等身大の役をいただいた今回が、20代最後のドラマ出演になるのかなと思うと、自分の年齢にも改めて気づかされます。 主人公の凜々子が、検事としても女性としても成長していく物語なので、凜々子と一緒に自分自身も作品を通して成長していきたいと思います。 (より引用) 相原 勉 / 安田顕 凜々子の担当事務官・相原勉という役よ! 凜々子をサポートする事務官です。 日々破天荒に突っ走る凜々子に、ついつい感情的になり小言を言ってしまいます。 【安田顕さんのコメント紹介!!】 吉高由里子さんと初めてご一緒させていただきますが、自然体で柔らかく、その中に芯のある、感受性豊かな素敵な女優さんだなあと、拝見する度に感じておりました。 今からもう、主人公・凜々子を演じる吉高さんのイメージが自然と浮かんできます。 検察事務官として主人公に淡々と接する中で、特に面白いことをしていないところの面白味が醸し出せたらと思っております。 凜々子に翻弄されつつ、正義と向き合っていく過程を、心地よい緊張感とともに、楽しんでいきます。 是非、ご覧ください。 (より引用) 大塚 仁志 / 三浦翔平 横浜地検港南支部のエース検事・大塚仁志という役よ! 横浜地検港南支部のエース検事で自他共に厳しい性格です。 そのため、まだまだ検事として未熟な凛々子に厳しく当たります。 【三浦翔平さんのコメント紹介!!】 大塚は、「できる奴」仕事はもちろん、人間的にしっかり、そしてきっちりしている人間だと思います。 ただ、その中にも人に見られたくない可愛いらしい部分もあり、回を追うごとに人間味が溢れてくると思います。 吉高さん、安田さん、塚地さん、そして港南支部の皆さんと共にいいバランスを作りたいと思います。 吉高さんは、同じ88年生まれで、共通の知人も多く、しかし共演は初めてですのでどんな凜々子を見れるか楽しみです。 (より引用) 竹村 温子 / 広瀬アリス 凛々子の妹・温子という役よ! 凛々子と仲が良い妹です。 恋愛や仕事のことなど、 何かと凛々子の相談に乗ります。 【広瀬アリスさんのコメント紹介!!】 吉高さんとご一緒するのは初めてなのですが、とてもふんわりした空気感を持ってる印象が強いです。 学生の頃からテレビで観ていた憧れの方なので、今からとても緊張しています。 竹村家は皆さんキャラクターが濃そうなので(笑)負けないように頑張りたいです。 家族団欒のシーンが多くなると思うので、ナチュラルに楽しくわちゃわちゃした家族になれるよう、また姉妹揃って愛されるように温子を演じたいと思います! (より引用) 木村 秀樹 / 平埜生成 — 平埜 生成 kinarichan 代表作• お水の花道 シリーズ (フジテレビ)• ごくせん シリーズ(日本テレビ)• 美丘-君がいた日々-(2010年 日本テレビ)• 美咲ナンバーワン!! (2011年 日本テレビ)• ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜(2012年 日本テレビ)• 花咲舞が黙ってない (2014年 日本テレビ)• 東京タラレバ娘(2017年 日本テレビ) 【加藤正俊さんのコメント紹介!!】 阿川佐和子さんが生み出した魅力的なキャラクターを吉高由里子さんが演じる、考えただけでワクワクする組み合わせが実現しました。 『正義のセ』は検察が舞台ですが、いわゆる事件ものドラマではなく、駆け出しの検事が同僚や家族に助けられながら成長していくお仕事ものドラマです。 作品ごとに違った顔を見せる吉高さんの新しいヒロイン像に、どうぞご期待ください。 (より引用) 吉高由里子さん演じるドラマはほとんど観ているのでやはり注目ドラマの1つである。 吉高さんが演じる女性はその職業の一面も見えるので検事役という事で知っているようで実際には何をやっているかわからない職業なのでその分はとても興味深く思っています。 ただのドタバタコメディーにならないことを願っています。 ほんとは大杉漣さんが出演予定だったことを思うと残念でならないが吉高さんドラマを福山さんの主題歌は「美丘」以来ということもあり主題歌にも注目したいと思っています。 三浦翔平さんも出演ということなのでドラマによって完全にキャラクターを変えてくる三浦さんにも注目したいと思います。 ペンネーム:ゆまゆま(40代・女性).

次の

美丘

美丘 出演者

この作品記事はが望まれています。 ください。 最初は、自分を捨てた母親を探すために夜の街でボーイやバーテンダー、用心棒として働いていたが、やがて女性に見合った風俗店や飲食店などの働き口を紹介する女衒となった。 佐藤幸造(さとう こうぞう)〈41〉 八戸の水産加工会社の社長。 若い時分に両親がなくなり会社を引き継いだ。 李雪蘭(り せつらん)〈25〉 中国杭州市出身。 杭州にいる病気の夫の治療費を稼ぐために日本にやってきた。 強制送還され日本で働けなくなることを恐れ、女衒に偽装結婚の斡旋を依頼。 新宿のマッサージ店「華苑」で働いている。 さくら 女衒が初めて自ら声を掛け、仕事を斡旋した女性。 園長 女衒が育った児童養護施設の園長。 多くの子供たちがいる中で、女衒に特に目をかけていた。 初枝 園長の妻。 王鈴麗(おう りんれい) 杭州にいる雪蘭の親友。 日本への出稼ぎを考えている。 明菜 暴力的な恋人から逃れるために新潟からやってきた。 新潟のキャバクラでは売れっ子だったが、恋人にみつかることを危惧した女衒から、キャバクラではなく女性向けのバーを紹介された。 東野 元刑事。 梶間組で相談役のような立場にある。 書誌情報 [ ]• 登美丘丈『名もなき復讐者 ZEGEN』• 2019年8月6日発売 、(文庫本) テレビドラマ [ ] 名もなき復讐者 ZEGEN 原作 登美丘丈 『名もなき復讐者 ZEGEN』 企画 宮本敬 小寺健太 柳原祥広 脚本 監督 内藤瑛亮 後藤孝太郎 亀谷英司 出演者 音楽 有田尚史 エンディング 『夏の雪』 国・地域 言語 製作 チーフ・ プロデューサー 笠置高弘 プロデューサー 浅原和博 池田篤史 堀尾星矢 編集 渡辺直樹 制作 トライストーン・ピクチャーズ 製作 U-NEXT カンテレ 放送 放送局 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜 0:25 - 0:55(木曜深夜) 放送枠 回数 8 特記事項: カンテレ過去放送分は独占配信。 第1話 ・第4話 ・第5話 ・第7話 は10分繰り下げ(0:35 - 1:05)。 第3話は25分繰り下げ(0:50 - 1:20)。 第6話は20分繰り下げ(0:45 - 1:15)。 第8話は15分繰り下げ(0:40 - 1:10)。 からまで毎週金曜(木曜深夜)0時25分-0時55分に、の「」枠で、『このミス』大賞ドラマシリーズの第2弾として放送された。 全8話。 主演は。 阿部は本作が初の連続ドラマ主演作となる。 キャスト [ ]• 女衒 - (小学生時代:、高校生時代:)• 李雪蘭 -• 東野篤 -• 直井宏之 -• 鮎川明菜 -• 雨宮初枝 -• 佐藤幸造 -• 佐鳥さくら -• (特別出演) スタッフ [ ]• 原作 - 登美丘丈『名もなき復讐者 ZEGEN』()• 脚本 -• 撮影 - 伊集守忠• 編集 - 渡辺直樹• 音楽 - 有田尚史• エンディングテーマ - 『夏の雪』()• 挿入歌 - Qyoto『僕の生きている意味』(アリオラジャパン)• 監督 - 内藤瑛亮、後藤孝太郎、亀谷英司• 製作 - 、岡田美穂• 企画 - 宮本敬、小寺健太、柳原祥広• チーフプロデューサー - 笠置高弘• プロデューサー - 浅原和博、池田篤史、、堀尾星矢• 制作プロダクション - トライストーン・ピクチャーズ• 2019年6月10日. 2019年8月7日閲覧。 2018年10月1日. 2019年8月7日閲覧。 2018年10月1日. 2019年8月7日閲覧。 宝島社. 2019年8月7日閲覧。 Twitter 2019年8月29日. 2019年10月31日閲覧。 Twitter 2019年9月19日. 2019年10月31日閲覧。 Twitter 2019年9月26日. 2019年10月31日閲覧。 Twitter 2019年10月10日. 2019年10月31日閲覧。 Twitter 2019年9月12日. 2019年10月31日閲覧。 Twitter 2019年10月3日. 2019年10月31日閲覧。 Twitter 2019年10月17日. 2019年10月31日閲覧。 関西テレビ放送. 2019年10月31日閲覧。 映画ナタリー 2019年8月7日. 2019年8月7日閲覧。 音楽ナタリー 2019年8月9日. 2019年8月9日閲覧。 外部リンク [ ]• - 関西テレビ放送•

次の

正義のセ|キャスト一覧!出演者詳細はこちら【吉高由里子主演ドラマ】

美丘 出演者

あらすじ [ ] 暖かな11月の月曜日。 授業をすっぽかし学校の校庭で寝ていた太一たちは、突然フェンスをよじ登り今にも飛び降りようとする女性を目撃し、止めようとする。 しかし彼女に死ぬ気はなく、違う世界を見たいためにフェンスを越えたのだった。 「峰岸美丘」と名乗る彼女は、自由奔放に振舞い、太一たちのグループを翻弄する。 その姿に次第に太一は心を惹かれ、やがて付き合うようになる。 しかし、恋人として初体験をしたその日、彼女から思いもよらぬ事実を告げられる。 主な登場人物 [ ] 峰岸 美丘(みねぎし みおか) 本作のヒロイン。 明知大学二年生。 文学を専攻している。 「思ったことは必ずやる」という鉄砲玉のような性格で、他の女から男を寝取ったり、絡んできた男を殴り倒すなど男勝りの性格。 周りから何を言われても物怖じしない。 幼稚園の時に交通事故に遭い、頭がい骨を骨折する大怪我を負い、運ばれた病院で()の移植手術を行ったが、その際にに感染してしまう。 そのことから「ありのままの自分で居続けること」「生きること」に執着し、病気に関することを極度に嫌う(ドイツ嫌い、神様の存在を信じないなど。 特に手首を切ろうとした彼女の知り合いには怒りのあまりに手を上げた)。 発症後は徐々に記憶がなくなり、体が動かなくなる中で苦しみながらも自分の意思を通していく。 橋本 太一(はしもと たいち) 本作の主人公で語り部。 経済学を専攻。 本を読むことが好きでそのためか「話し上手」「恋愛には奥手」といったイメージを持たれている。 他にはパンクロックを聴くことが趣味。 最初は麻理と付き合っていたものの、美丘に心惹かれるようになりやがて本格的に付き合う。 そして美丘の病気のことを告げられた上で同棲を始め、発症後は心身ともに彼女の支えとなっていく。 美丘からは「わたしが生きていたことの証人になってほしい」と言われたほか、ある約束を交わしている。 北村 洋次(きたむら ようじ) 太一たちのグループ仲間。 福島県出身。 家は代々の造り酒屋。 訛りが抜けない。 落ち着きのある性格で仲間のまとめ役。 常におっとりしているがそれ故に心配性な一面もある。 笠木 邦彦(かさぎ くにひこ) 同じく太一たちのグループ仲間。 横浜出身。 お調子者で女好き。 グループ一のナンパ師でムードメーカー。 太一を含めた男三人は進学や就職といった学校の主流から外れた中で思い思いの学生生活を送っている。 五島 麻理(ごとう まり) 太一たちのグループ仲間。 日本型の美人で才女である。 感情をあまり出さない「氷の王女」。 太一と付き合っていたが、美丘に心変わりしたことにひどく傷つき、彼女を殴った。 しかし仲間の前では平静を取り戻し、美丘に当たることもなく、二人が同棲を決めた時にも応援していた。 ドラマでは穏やかな性格になっている。 東京生まれ、東京育ちのお嬢様で華がある。 佐々木 直美(ささき なおみ) 太一たちのグループ仲間。 泣き虫でちょっとしたことで涙目になる。 グループの会話内容を手帳にメモする癖があるため手帳を普段手放さない。 原作ではショートヘアだが、ドラマではショートヘアではない。 その他 [ ]• 本作で描かれている「」の症状や経過などは実際のものとは異なっているものがある。 本作では発症後、10年、20年と潜伏し、一度発症すると3か月で脳が海綿状になり、数か月から数年で死に至るとされている。 また、体中の筋肉を動かせなくなり、記憶もなくなってしまう。 出版のアンソロジー『Love Letter』に収録されている短編「ありがとう」は、内容から『美丘』の短編版といえる。 ただし、太一と美丘の出逢いや終盤など、『美丘』と異なる点もいくつかある(書かれたのは「ありがとう」の方が先)。 表紙のカバーモデルはと、撮影はが手掛けた。 テレビドラマ [ ] 美丘-君がいた日々- ジャンル 脚本 演出 猪股隆一 山下学美 佐久間紀佳 出演者 エンディング 「」 製作 プロデューサー (チーフプロデューサー) 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜日21:00 - 21:54 放送枠 土曜ドラマ 日本テレビ 放送分 54分 回数 10 『 美丘-君がいた日々-』(みおか きみがいたひび)のタイトルで、からまで系の枠で、の主演で放送された。 吉高は今作が連続ドラマ初主演となった。 キャスト [ ]• 峰岸 美丘 -• 橋本 太一 -• 笠木 邦彦 -• 五島 麻理 -• 北村 洋次 -• 佐々木 直美 -• 橋本 一郎 -• 橋本 容子 -• 橋本 結衣 -• サヤカ -• 池上 勇蔵 -• 高梨 宏之 -• 神林 悟 -• 峰岸 幸子 -• 峰岸 修三 -• 峰岸 静江 -• 峰岸 始 - ()• 峰岸 佳織 - スタッフ [ ]• 原作 - 『美丘』(刊)• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• チーフプロデューサー -• プロデューサー - 加藤正俊、小泉守• 演出 - 猪股隆一、山下学美、佐久間紀佳• 撮影 - 水梨潤• 照明 - 大内一斉• 美術 - 柳谷雅美• 制作担当 - 由利芳伸• 助監督 - 松山雅則• 製作協力 -• 製作著作 - 日本テレビ 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2010年7月10日 私あとどれ位生きられますか? 命と恋…そして家族 猪股隆一 10. 山下学美 8. 山下学美 8. 私が私でなくなっていく 佐久間紀佳 9. 佐久間紀佳 10. 初回は15分拡大放送• は『』が放送されたため休止となる。 原作との相違点 [ ] この節のが望まれています。 先述した通り、美丘は原作では「クロイツフェルト・ヤコブ病」に感染、発症してしまうが、ドラマでは原因不明で、医学界でも珍しい症例としている。 発症した経緯も突然その兆候がでてきたとなっている。 また、原作では手足の痙攣や麻痺といった症状が最初に出るのに対し、ドラマでは先に記憶障害になっている。 原作では出会いから恋仲にいたる期間や病気が発症した時期といった時系列がはっきりしているが、ドラマではこの部分がやや曖昧になっている。 原作では美丘には姉の美玲さんがいたが、ドラマでは美玲さんがいない設定になっている。 その代わり、太一に妹がいる設定である。 前番組 番組名 次番組.

次の