コロナ 呼吸 器。 新型コロナで人工呼吸器論争「高山病によく似たウイルス性疾患のよう」(木村正人)

コロナウイルス対策の人工呼吸器・酸素吸入でまた死亡

コロナ 呼吸 器

1 私と呼吸器との出会い 両親から頂いた健の名前は、父母共々に感染していたにもかかわらず私が生まれましたことから、「健康で生きていて欲しい」という由来でありますが、生まれてすぐ叔母が嫁いでいるお寺に4歳まで預けられました。 両親は(米軍)から提供されたで完治して、親元に戻りましたが、父はすこぶる元気になり遊びはじめ、母は耐えられなく医師の祖父のもとに出戻りました。 母はの後遺症で片肺機能故、日々息苦しそうでした。 そんな母を見ていつか母親を治してあげたい、また患者さんのため献身的に働いている祖父に感化され医師になりました。 専門は迷わず呼吸器内科医師となり、この50年間、呼吸器内科医師として研究、臨床に携わって来ました。 4年間のフランス留学で世界の呼吸器内科、も勉強しました。 今年出会ったCOVID-19(新型コロナウィルス)は最強であり、今まで経験したことがない、手強い呼吸器対策であります。 このウイルスの猛威を許してはなりません。 このに 宣戦布告いたします。 2 COVID-19とタバコ 先日さんがでお亡くなりになりました。 ヘビースモーカーの報道により、その後の私のは大繫盛となりましたが、かつて日本呼吸器学会常務理事の時は8月1日(81=ハイ=肺の日)に日本にて(喫煙者は犯罪者に近い)と発言して顰蹙をかいましたが、のように、思い出されます。 今回の総動では喫煙が最大リスクであり、自宅待機における家族様への影響は犯罪者以上かもしれません。 非常宣言が出た後でも3密の場であるでたむろしている喫煙者を見てしまいましたが、不要の外出以上に罰則であります、この機会に禁煙しましょう。 3 を心配する皆様へ 肺炎と細菌性肺炎の違い 肺(肺胞)は大気中の酸素を吸入し、肺胞まで到達させ毛細血管に拡散させ血液の中に酸素を取り入れるガス交換を行なっている重要な場所であります。 肺胞は図1ごとく、肺胞の表面積はテニの広さもあり、図2のごとく実質と間質で出来上がっていて、実質の炎症が細菌性肺炎であり、間質の炎症がとなる、肺炎は主に間質の炎症であります、したがって肺CT所見の初期はスリガラス陰影であり、が肺胞の間質にウイルス感染を強力な感染力でおこし、速い速度で急性肺障害 Lung injury になります。 増悪因子としてはKL6,SP-A,SP-Dの血清マーカーが著明に上昇し、死亡する、恐ろしい病気です。 4 治療薬はサイトカインストーンを抑制する物質か? かつて4年間パリのの近くに住んで居ました、よく研究所を仕事、勉強で訪れ、免疫の基本である樹状細胞を見つけた、恩師、故博士(受賞)と偶然に懇親を深め学習しました。 したがって免疫療法に興味がありがん免疫療法を3年前神奈川県にある某病院にて、国家戦略特区にがん免疫療法でアプローチして取得しました。 の治療薬開発は免疫療法が注目されており、免疫が過剰となるサイトカインストーンを抑制する薬剤が出現してくると思われます。 また肺の中で急激に増殖するのを押さえる抗ウイルス剤、それも口から23回枝分かれする気管支を通過してやつと肺に到達するためには気流化出来る吸入薬が必要になるとおもいます。 わたくしもかつて開発した薬がひょっとすると?と淡い期待をしている今日この頃です。 5 の猛威を食止めるには! 3月2日コロナウィルスによる死者は国内6名でしたが、4月では238名となり感染者は1万5千人以上でますます増加しています。 日本の初動が間違ったのは方針が検査を医療行為としてではなく、感染拡大を抑える()と位置づけたからであります。 現代医療の基本は(早期発見)であります。 早い段階で診断がつけば治療の選択肢が増え、死亡のリスクは減ります。 台湾はWHOが親中国のため独自の対策、水際作戦で食い止めています。 私の友人である中山大学祭教授は の時公衆衛生主体で疫学的調査、で失敗した苦い経験から、今回は医療行為水際作戦を行い成功し、現在台湾は新規感染者0の偉業を達成しています。 6 WHOへの逆風 WHOの本部は、スイスにありフランス語圏ゆえ、私がフランス政府給費留学生として4年間滞在していた時2回就職受験したが落ち、夢破れ帰国いたしました。 日本人初のWHO元事務局長中嶋宏先生が大学の先輩であり、出向でなくで国際人になりたいと思ってました。 中嶋宏先生はで奥様はパリジェンヌで美人。 先生は気さくな先輩であり可愛がっていただきました。 また当時の国際機関の苦労話を拝聴しました。 今の対応をめぐり、保険体制を統括するWHOの逆風が強まっています。 WHOにたいしては米国が拠出金停止を発表いたしました。 WHOへの世界各国の負担金は昔も今もトツプは米国であり、2017年ころまでは、中嶋先生の影響で日本がNo2でありましたが、今は中国が多額の資金を拠出してNo2となり、親中国の元保険相のテドロス氏になりました。 彼は1月5日最初の感染流行情報をテドロス事務局長自ら(人から人への重大な感染は報告されていない)と報告したのは、明らかな中国寄りの姿勢であり大きな間違いでした。 中嶋宏先生がご存命ならばきっと今のWHOを嘆いたと思われます。 7 の現実(1) 先日非常勤医師で週一呼吸器内科診察をしている、病院の事務長から電話あり(のーが看護婦さんに発生したので外来部門を閉じます。 したがって来週は病院に来なくてよい)との事でした。 私の感想は やっぱり、私もコロナ戦争に突入 早速外来閉鎖した病院長に電話して、大学病院長時代インフルエンザ集団感染の苦い経験を話しました。 かつて私が病院長をしていた大学病院の院内感染を起こした部門はリハビリ部門でありましたが、確かに3密着部門であり、怪しかった箇所は電話交換室、土足による院内感染等が指摘されました。 さて4月4日の報道では全国の医療従事者153名感染と報道されましたが、その後発生した中野の2病院、慶応大、慈恵、、札幌呼吸器科病院等の医療従事者は含まれていません。 英国の報道では医療従事者35%が感染しています。 日本はすでに中と申して過言ではありません。 CoronavirusBuster.

次の

コロナ戦争勝利法(呼吸器内科専門医より)

コロナ 呼吸 器

「これは肺炎ではない」米医師の訴え [ロンドン発]新型コロナウイルスの世界的大流行で死者が約16万人に拡大する中、重症・重篤者に対する気管挿管による人工呼吸器の使用を巡って論争が起きています。 日本のでもPCR検査陽性の516症例中、死亡10例、退院261例。 気管挿管による人工呼吸器の使用は49例もありました。 そしてユーチューブで次のように訴えています。 「何万人ものニューヨーカーが高度3万フィート(9144メートル)の上空を飛んでいる飛行機に乗っていて、機内の気圧がゆっくりと下がっていくような感じです。 高山病に最もよく似ているウイルス誘発性疾患のように見えます」 「患者はゆっくりと酸素が欠乏していきます。 彼らは死の瀬戸際にいる患者のように見えますが、肺炎で亡くなっていく患者には見えません。 これは肺炎ではありません。 米救急医学アカデミーのデービッド・ファーシー会長はメディアに気管挿管による人工呼吸器を無差別に使用することに対して警鐘を鳴らしています。 ファーシー会長は気管挿管を劇的に減らす一方で、経鼻カニューレやマスクを通した酸素吸入で治療しているそうです。 独ゲッティンゲン医科大学のルチアーノ・ガッティノーニ氏も米呼吸器・救急医学雑誌の編集者に気管挿管による人工呼吸器の使用は患者の肺を傷つける恐れがあると指摘するを送りました。 集中治療に関する調査・研究を担当する英団体ICNARCによると、気管挿管した患者98人のうち生還したのは33人。 新型コロナウイルスのエピセンター(発生源)である中国湖北省武漢市からの報告では気管挿管した患者22人のうち生還したのはわずか3人でした。 気管挿管したワシントンの患者18人のうちまだ生存しているのは9人で、このうち気管挿管しなくても十分に呼吸できるまでに回復したのはたった6人でした。 ニューヨークでも気管挿管された患者の8割が死亡したと報じられています。 ボリス・ジョンソン英首相は気管挿管前の酸素吸入で一命をとりとめました。 これに対して適切な気管挿管による人工呼吸器の使用ができていたら生存率をもっと上げることができていたはずという反論もあります。 人工呼吸器の効果を過信してはいけないようです。 「幸せな」酸素欠乏症から急激に悪化 英大衆紙デーリー・メールによると、新型コロナウイルスの患者は「幸せな」酸素欠乏症と呼ばれる状態の時は不快感もなく正常に活動しており、その後、突然悪化することがあります。 極端な話、笑顔を浮かべた1分後に急速に死に向かっていることもあるそうです。 怖いのは若さからと自分の体力を過信して新型コロナウイルスの感染に気付かず、病院に運び込まれた時にはもう手遅れというケースです。 ポイントは気管挿管が必要なほど重症・重篤化する前に血中酸素濃度の低下を把握し、速やかに酸素吸入を行う必要があります。 イタリアで「バブルヘルメット」と呼ばれる酸素吸入器が使用され、英ノーザンプトンシャーの工場では、自動車メーカーのメルセデスが人工呼吸器ではなく呼吸補助装置(CPAP)1万台を生産しました。 伊北部ロンバルディア州ベルガモにある病院の緊急病棟では新型コロナウイルスによる肺炎の患者にバブルヘルメットをかぶせて酸素吸入しています。 これまでは気管挿管され人工呼吸器を装着された患者が鎮静薬で眠らされ、うつ伏せにされる例がほとんどでした。 これに対してバブルヘルメットをかぶせられた患者はスマホをいじったり、周りを見渡したりしているので驚きました。 ワクチンも治療薬もない今、患者は自分の抵抗力で戦うしかありません。 血中酸素濃度が下がると抵抗力も弱まり、重症・重篤化が進みます。 炎症が肺胞全体に進行して毛細血管に酸素を吸収できなくなる前に治療できるかどうかが生死の分かれ目です。 日本はアビガンやオルベスコに期待 一方、日本感染症学会の緊急シンポジウムが18日開かれ、藤田医科大学の土井洋平教授がインフルエンザ治療薬アビガンを新型コロナウイルスの患者300人に投与したところ、軽・中等症の患者で約9割、人工呼吸器が必要な重症・重篤患者で6割に症状の改善が見られたそうです。 ぜんそくの治療薬オルベスコが投与された肺炎患者75人のうち人工呼吸器が必要になった患者は3人、亡くなった患者は2人にとどまったそうです。 (おわり).

次の

新型コロナで人工呼吸器論争「高山病によく似たウイルス性疾患のよう」(木村正人)

コロナ 呼吸 器

ウイルス量は患者に存在するウイルスの濃度を表す指標。 新型コロナウイルスの場合は、ウイルス量が多くなるほど患者から周囲に排出されるウイルスが多くなる。 この研究で検体を調べた患者のうち22人は軽症、74人は重症で、全員がたんと唾液の検査で新型コロナウイルスへの感染が確認された。 英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに発表された研究結果によると、55人の便、39人の血清から新型コロナウイルスが検出され、尿から検出されたのは1人だけだった。 便から検出される新型コロナウイルスの持続期間の中央値は22日で、呼吸器組織の18日、血清の16日より長かった。 ウイルス量は検体の種類によって大きく異なり、呼吸器組織が最も多く、便がそれに次ぎ、血清が最も少なかった。 呼吸器組織から検出される新型コロナウイルスの持続期間の中央値は重症者で21日、軽症者で14日と、重症者の方が大幅に長かった。 しかし、軽症者および重症者から採取した便と血清の検体の間にウイルス量の大きな違いは見られなかった。 軽症者では、呼吸器組織のウイルス量は発症後第2週にピークを迎えたが、重症者では第3週もウイルス量が多い状態が続いた。 検出されるウイルスの持続期間は60歳超の男性患者が長い傾向が見られた。 この研究の限界として、研究チームは調査対象の患者が比較的少ないこと、検査結果が検体の状態の影響を受けた可能性があることなどを挙げた。 研究チームは、この研究で新型コロナウイルス感染者の便検体の管理強化の必要性や、重症者を病気の各段階で厳密に管理することが感染拡大防止に寄与することが示されたとしている。

次の