ご 確認 の ほど。 「ご確認ください」のメールでの使い方とビジネスにおける例文、類義語

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご 確認 の ほど

ご査収の正しい使い方、どのようなビジネスシーンで使われる? 「ご査収ください」は、メールに書類やデータを添付して送付する際に添える言葉です。 メールだけでなく郵便で送る場合も「ご査収ください」という言葉を使います。 メールへの添付や郵便物への同封書類がない場合は「ご査収ください」は使用しません。 請求書や契約書など、相手に確認してもらわなければ不都合やトラブルが生じる恐れがあるときに「内容を確認してください」という意味の「ご査収ください」という言葉を添えます。 「ご査収ください」という言葉は相手に添付資料があることを知らせる役割もはたしてくれます。 「ご査収ください」には、コンテンツの作成などで修正の必要が生じる場合にも使います。 「間違ったところがないか確認してください」という意味で「ご査収ください」という言葉 を添えて送ります。 「ご査収いただき、修正点がございましたらお知らせください」といった使い方になります。 「ご査収」の例文 ・さきほど、今月分の請求書を送付いたしました。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・メールにて資料を添付してお送りしました。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・先日いただいた資料へ必要事項を記入してお返しします。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・エントリーシートを同封しています。 お忙しいこととは存じますが「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・お問い合わせの件につきまして、資料を添付して送付しました。 「ご査収」くださいませ。 ・スケジュールを送付いたします。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。

次の

ご確認のほど、ご確認のほどを

ご 確認 の ほど

「ご確認のほど(ご確認の程)」の意味とは? 「ご確認のほど」は「確認」を意味する間接的な表現 「ご確認のほど」(ご確認の程)とは、「確認」を意味する敬語表現で使う言葉です。 丁寧語である「ご確認」をやんわりと表現する言葉で、相手とのコミュニケーションを円滑にするために使います。 「ご確認」は、「確認」の丁寧表現で、尊敬を意味する接頭語の「ご」がついています。 「ご確認のほど」の使い方とメールでの例文 「ご確認のほど」と言う言葉は、「ご確認のほど」だけでなく、「お願いします」や「お願いいたします」などの言葉を合わせて使うことが一般的です。 また、会話よりはメールや文章において使うことが多い言葉です。 確認を依頼する場合・確認を促す場合など場合別の使い方と、メールの例文をご紹介します。 確認を依頼する場合の使い方と例文 相手に対して確認を依頼する場合は、「ご確認のほどお願いします」「ご確認のほどお願いいたします」を使います。 「ご確認」ではなく「ご確認のほど」を使うことで、「ご確認お願いします」や「ご確認ください」に比べ、相手方が受ける印象を和らげることができます。 提案の内容についてご確認のほどいかがでしょうか。 ご確認の上、わからないなど不明な点がございましたらお気軽にご質問ください やんわりとした表現ではありますが、催促のニュアンスが含まれています。 「ご確認のほどいかがでしょうか」とメールを受け取った場合には、速やかな対応を心がけることが必要です。 確認を再度依頼する場合の使い方と例文 相手の指示による修正を行った場合など、再度確認を依頼する場合には、「今一度ご確認のほどお願いします」を使います。 また、相手からの指摘が間違いである可能性がある場合に対して、確認を依頼する場合にも使われる言葉です。 「ご確認のほど」の敬語表現 「ご確認のほどお願いします」は丁寧語 「確認」を丁寧で間接的な表現にした「ご確認のほど」と言う言葉は、敬語に使うことができます。 相手に対して確認を依頼する場合に使う「ご確認のほどお願いします」と言うフレーズは、丁寧表現となります。 上司や目上の人には「ご確認のほどよろしくお願いいたします」 上司や取引先など目上の人に対しては、「お願いします」を丁寧な表現に置き換えて使います。 「ご確認のほどよろしくお願いいたします」や「ご確認のほどお願い致します」、「ご確認のほどお願い申し上げます」などです。 また、「お手数をおかけしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします」などと一言を添えると、より丁寧な印象となります。 更に丁寧な表現は「ご確認くださいますよう」へ言い換える 「ご確認のほど」は目上の人に使うことができる敬語表現です。 しかし、「ご確認のほど」という言葉を、尊敬語を含む「ご確認くださいますよう」に言い換えることで、更に丁寧な表現となります。 「ご確認のほど」の類語・言い換え表現 「ご確認くださいますよう」は「ご確認のほど」と同じ意味 「ご確認くださいますよう」は「ご確認のほど」と同じ意味を持つ言い換え表現となります。 「くださいますよう」は、尊敬語である「くださる」の命令形の「ください」に、丁寧語の「ます」をつけた言葉。 「ご確認のほど」に比べると、より丁寧な言い換えの言葉となります。 「ご査収のほど」の意味は「調べて受け取る」 「ご査収のほど」(ごさしゅうのほど)は、「ご確認のほど」同様にビジネスメールにおいて使われることが多い言葉です。 「査収」とは、「よく調べて受け取る」の意味を持ち、相手に対して何かを渡す場合に使います。 「確認」は「確かめる・認める」の意味を持ち、幅広い意味合いとして使うことができます。 したがって「書類についてご査収のほどお願いします」を「書類についてご確認のほどお願いします」と置き換えても意味が通じます。 しかし「メールの内容についてご確認のほどお願いします」を「メールの内容についてご査収のほどお願いします」と置き換えると、意味が通じなくなります。 「ご確認のほど」の英語表現 「ご確認のほどよろしくお願い致します」は「please confirm」 「ご確認のほどよろしくお願い致します」を英訳すると、「Please confirm. 」となります。 「confirm」とは「確認する」の意味を持つ動詞です。 また「どうぞご確認ください」の意味となる「Please kindly confirm it. 」を使うこともできます。 まとめ 「ご確認のほど」とは、「確認」を丁寧にやんわりと表現した言葉。 「ご確認のほどお願いします」と使うことが一般的で、間接的な表現をすることで相手が命令の印象を受けることを和らげる効果を持ちます。 また「ご確認のほどいかがでしょう」など、確認の状況を確認する場合の言葉としても使うことがあります。

次の

敬語「ご確認」の使い方と例文|ご確認のほど・ご確認お願いします

ご 確認 の ほど

『ご確認の程(ほど)よろしくお願い致します。 』は正しい表現です まず結論から言います。 『ご確認の程(ほど)よろしくお願い致します。 』は正しい表現です。 ではくわしく見ていきましょう。 『程(ほど)』の意味 ご確認のほどの『程(ほど)』の意味は (「…のほど」の形で)断定を避け、表現をやわらげるのに用いる。 『程(ほど)』をつけることで、やわらかい表現になります。 ご確認の程(ほど)という言い方は正しい? 調べてみると、『ご確認の程(ほど)』でヒットする辞書がありました。 ご確認の程 読み方:ごかくにんのほど 別表記:ご確認のほど 確認する様子、具合。 「確認」を柔らかく表現した表現。 「ご確認の程、よろしくお願い致します」のように用いられる。 (引用:weblio辞書 実用日本語表現辞典より) ほかにも、2~3サイト調べましたが全サイトで ご確認の程(ほど)という言い方は正しい と書いてありました。 『ご確認よろしくお願い致します』と『ご確認の程(ほど)よろしくお願い致します』は何が違うの? 『ご確認よろしくお願い致します』と『ご確認の程(ほど)よろしくお願い致します』はどちらも正しい表現です。 では、何が違うのでしょうか? 変わるのはニュアンスです。 空気感が少し変わります。 『確認をお願い』するのは、乱暴に言ってしまえば命令ですよね。 上司が部下に言う『確認しといてね』と、本質的には同じことです。 ですので、程(ほど)をつけることで、より柔らかく より命令っぽさを少なく する効果があります。 まあ、個人的にはそんなに気にする必要はないと思いますけどね。 僕は『程(ほど)』がなくても命令っぽくは感じません。 敬語やマナー関係でオススメの本 敬語やビジネスマナー関係でオススメの本を2冊紹介します。 敬語の本 1冊目は敬語に関する本です。 見開きの左ページに「悪い表現」が、右ページに「正しい敬語表現」がのっています。 目次がないのは残念ですが、シーン別になっているので見つけたい敬語がすんなり見つかります。 敬語を「そのまま」使えて便利な文庫本です。 机に置いておきたい本。 マナーの本 もう一冊はビジネスマナーに関する本です。 マナー以前の・・・と書いていますが、マナーの本です。 イラスト付きで見やすいのが魅力的。 新社会人の方などは一度通して読んでおくと、マナー違反がグッと減ると思います。 本棚に置いておいて、時々見返すのにもオススメです。 どちらも文庫本で場所もとらないし、そんなに根の張るものものでもないのでぜひ。 まとめ 最後に今日のまとめです。

次の