トワイライト スクール。 (公財)名古屋市教育スポーツ協会 トワイライトスクール・トワイライトルーム

皆トワイライトを勘違いしてないか?#1 : なえしろわがまち日記

トワイライト スクール

共働きやひとり親の家庭にとって、お子さんの放課後等の生活を考える上で、以前は「学童保育所に入れる・入れない」という選択しかなかったものから、「トワイライトスクール」が導入されたことにより、 現在は「どちらに通わせるか」という選択も加わりました。 では、実際に、親御さんやお子さんにとって、どちらが本当に良いのでしょう? 「学童保育所」と「トワイライトスクール」では、事業の目的・性格・内容、対象児童、開設時間等が 異なりますし、親御さんの仕事の内容・勤務日数・勤務時間、自宅の場所、祖父母等の援助、友達関係、 お子さんの性格…など、各ご家庭によって事情やニーズが異なりますので、どちらが良いかは一概に言え ません。 ですので、入会や登録にあたっては、両方の事業をよく理解し、比較していただいた上で、そのご家庭や子どもさんのニーズ等に合ったところを選んでいただくことが大切です。 (2つの事業の両方に入会・ 登録することも可能です) それぞれの事業の位置付けや違いについて、次のようにまとめましたのでご覧下さい。 1.放課後事業の種類 事業の種類 事業内容の区分 備 考 留守家庭児童健全育成事業 運営委託方式 指定管理者制度により、市から運営委託を受けた団体が、各区の児童館において「児童クラブ」を開設 白金児童館(昭和区 )他市内16ヶ所 民間育成会 運営助成方式 一定の登録要件を備えた民間育成会(学童保育所)に対する運営助成 山里学童クラブ山里第二学童クラブ他 トワイライトスクール事業 放課後学級 一般的な放課後学級 滝川小学校他 時間延長モデル事業(試行) 松栄小学校(昭和区)他市内16校 施設開放 体育館、運動場など学校施設の開放 滝川小学校他 2.留守家庭児童育成会とトワイライトの比較 留守家庭児童育成会 トワイライトスクール 事業名称 留守家庭児童健全育成事業 (民間育成会運営助成) トワイライトスクール事業(放課後学級) 文部科学省/名古屋市教育委員会 事業目的 親の共働き・ひとり親等による留守家庭児童を通わせ、生活・学習・遊び等を通じて健全な育成を図る児童福祉事業 地域の大人と交流すること等を通じて、子ども達の自主性・社会性・創造性等を育む教育事業 対象児童 留守家庭児童 全児童 留守家庭児童のみを対象としているため、専門的なきめ細かな対応が可能 全児童を対象としているため、留守家庭児童に対する特別な対応は困難 運営主体 地域役職者等で構成する運営協議会 名古屋市から委託された団体 利用方法 当該育成会への入会が必要です。 (以後は友達や上級生等と一緒に登所) 学校敷地内に併設のため、安全に移動できます。 帰宅の方法 低学年は保護者のお迎えをお願いしています。 ひとり又は友達と帰宅します。 基本的に出欠の管理はなく、出席していない児童がいても確認等はしません。 詳細は各々の施設にお問い合わせ下さい。

次の

トワイライトスクール

トワイライト スクール

トワイライトスクールと学童保育はどのような違いがあるのでしょうか? トワイライトスクールと学童保育どっちがいいのか?と迷ってしまいますよね。 そこでトワイライトスクールと学童保育を比較してメリットとデメリットなど、それぞれ何が違うかを紹介していきます。 最近では子供がいる女性でも平日の昼間はわずかな時間でも働きに出るという人が増えてきていますよね。 子どもが小さなころは保育所で長時間預けることができますが、小学校に入学となると悩みの種となるのが「小1の壁」です。 小学校は保育所と違い、特に1年生の場合はお帰りの時間が早いことが多く、ママも長時間仕事をすることができません。 そこで利用されているのが「学童保育」ですが、こちらも料金が高かったり希望数が多いと抽選になったりするなどいろいろと問題が多くなっています。 そこで小学校で今行われているのが「トワイライトスクール(トワイライトルーム)」という新たな取り組みです。 今回は、トワイライトスクールと学童保育の違いについてご紹介します。 この記事の目次• トワイライトスクール(トワイライトルーム)と学童保育の違いとは? トワイライトスクールという言葉を初めて聞くという人も多いかと思いますが、基本的には学童保育と同じです。 小学校が終わった子どもたちが利用できる場となっています。 しかし、トワイライトスクール(トワイライトルーム)と学童保育には大きな違いもあります。 トワイライトスクールと学童保育の料金の違い トワイライトスクールと学童保育では料金が違います。 学童保育の利用を検討したことがある人なら、その料金に驚いたという人も多いのではないでしょうか? 学童保育の料金 学童保育では専門の指導員がしっかりと見守ってくれる分料金が高いです。 学童保育の施設にもよりますが大体 月額2万円ほどとなっています。 トワイライトスクール(トワイライトルーム)の料金 学童保育に比べトワイライトスクールの場合は専用の施設などはなく、主に学校の教室や校庭を開放して利用します。 さらに見守る人も教育経験者ではありますが専門の人という訳ではなく、時には地域活動員などとなります。 料金は子供を預かってもらう時間で変わります。 17:00までは基本的に利用料金は無料。 年間の保険料が500円程度かかるのみとなります。 18:00までは1,500円(1ヶ月)おやつ付 19:00までは6,500円(1ヶ月)おやつ付 となっています。 出欠管理の違い トワイライトスクールと学童保育の違いの一つが、きちんと出欠を管理するかどうかという事もあります。 学童保育の場合、指導員が学校へ迎えに行き施設まで連れていき出欠を確認します。 トワイライトスクールの場合は特に迎えをするなどのサービスはありません。 トワイライトスクールでは参加表で翌月の予定を提出します。 おやつなどの用意が必要なため、事前に参加人数を把握しておきたいためだそうです。 ただ、予定が変わる場合は前日や当日でも変更ができ、だからと言って特にペナルティがあるわけではありません。 学童保育はイベントがいろいろ! 学童保育はトワイライトスクールと違いイベントがいろいろあります! 子供にとっては楽しみがいっぱいです! 学童保育のイベントとは? 学童保育の楽しみの一つがイベントなのではないでしょうか? 通常の学童保育のほかに、• 自由遊び 室内外での遊び• 学びの活動 学びの講座• 体験活動 ものづくり、伝承遊びなど• 地域の方との交流 地域事業への参加など が行われたりすることがあります。 トワイライトスクールと学童保育の利用できる人の違いとは? 学童保育というのは、基本的に仕事を持つ保護者が留守中に子供を預ける場所となっています。 そのため学童保育では競争率が高く、希望する人が全員利用できないという施設も増えてきています。 それに対し、トワイライトスクールは、特に利用条件を設けていません。 つまり、保護者が仕事を持っていないという人であっても子どもはトワイライトスクールを利用することができるのです。 スポンサーリンク トワイライトスクールと学童保育のメリットとデメリットとは? トワイライトスクール(トワイライトルーム)と学童保育にはそれぞれ特徴があり、もちろん比較するとメリットとデメリットがあります。 ではどのようなメリットとデメリットがあるのかトワイライトスクール(トワイライトルーム)と学童保育の場合でそれぞれ紹介します。 トワイライトスクール(トワイライトルーム)のメリットとは? トワイライトスクールのメリットは、主に2つあります。 トワイライトスクールは手続きすれば誰でも利用できる 在学生であればだれでも利用することができるという事です。 学童保育の場合、両親が仕事を持っていて他に見てくれる大人がいない人という条件があり、人数が多い場合には利用できないこともあります。 それに対し、トワイライトスクールは在学生であればだれでも利用することができます。 トワイライトスクールは利用料金が安い トワイライトスクールのもう一つのメリットが料金の安さです。 トワイライトスクールは学校の施設を利用し、監視者も元教員や地域の人などとなっています。 そのため17:00までであれば基本無料となっており、年間のわずかな保険料だけで利用することができます。 トワイライトスクール(トワイライトルーム)のデメリットとは? トワイライトスクールにも場合によっては利用しにくいという事もあります。 トワイライトスクールは基本的に子供に場所を提供するのみなので、時間帯によってはおやつも出ません。 その為、子どもの中にはお腹を空かせてしまう子も少なくないのです。 そして、仕事を持っている保護者にとってのデメリットが、利用時間の短さです。 学童保育の場合、施設にもよりますが延長すると7時過ぎまで預かってくれるところもありますが、トワイライトスクールは最大で夜7時までと決まっています。 またトワイライトスクールに手続きした時間にお迎えが遅れてしまうと、1回あたり1,000円の料金が発生してしまいます。 学童保育のメリットとは? 学童保育のメリットにはどのようなことがあるのでしょうか? 学童保育は子供たちを見守ってくれるなど手厚い! 学童保育の最大のメリットは、有資格者がきちんと子供たちを見守ってくれるという事です。 出欠確認をし、来ていない子供がいる場合には保護者に確認を取ることもあります。 子どもがいる間も、常に危険がないかを見守り、施設によっては宿題の手助けなど、きちんと指導をしてくれるのも安心できます。 学童保育は長時間子供を預かってくれる! 学童保育では長時間子供を預かってくれるというのもメリットとなります。 保護者の中には両親が遅い時間まで仕事をしているという家庭も少なくありません。 そんな人の為に、延長料金を支払うことで、遅い時間まで預かってくれます。 学童保育は楽しいイベントがいっぱい! 学童保育は子どもたちが楽しみにしているイベントも多々行われています。 特に夏休みなどの長期休暇の時には遠足やプール、キャンプなど、たくさんのイベントが行われることが多いようです。 学童保育のデメリットとは? 学童保育は、逆にどのようなデメリットがあるのでしょうか? 学童保育は料金が高い! 学童保育の最大のデメリットはやはり料金の高さです。 学童保育も基本的に子供を預ける場なので、どうしても料金が高くなってしまいます。 施設にもよりますが、大体1か月あたり2万円ほどとなっているようです。 学童保育はイベントが多く親の負担が大きい! 学童保育のイベントによっては保護者の参加が必須になることもあるという事です。 学童保育と言っても毎年様々なイベントがあり、時には保護者が手伝いを行う必要があることもあるので、少々面倒かもしれません。 子どもたちにとっては楽しいイベントですが、親は土日などのお休みの日にイベントやお手伝いに駆り出されるので、忙しい人にとっては負担となってしまう可能性があります。 学童保育は利用できる学年に制限がある場合がある! 学童保育の場合には利用できる学年が限られている場合も少なくありません。 ほとんどの場合は1年生~3年生くらいまでを対象にしており、以降は兄弟がいるなど特殊な場合を除き、退所させられることが多いようです。 さらに、学童保育は何か問題が起こらないように保育所や幼稚園と同じように帰る時には保護者のお迎えが必須となっているのも保護者にとっては面倒な場面の一つなのではないでしょうか? まとめ 学童保育は料金が高い、放課後も子供を自由に遊ばせてあげたいなどという保護者の声にこたえた形で新しい形で生まれたトワイライトスクール。 トワイライトスクールができたことで、新しく小学校に入学する子供がいる保護者にとって、学校が終わった後の子どもの過ごさせ方の幅が広がったのはとても良い事なのではないでしょうか? しかし、学童保育・トワイライトスクールには基本的には子どもを預ける場所という共通点はあっても、様々なメリット・デメリットがあります。 そのため、学童保育・トワイライトスクールどちらを利用するかどうかは、両方の情報をしっかりときちんと調べたうえで検討するといいでしょう。 もちろん保護者の都合もありますが、何より大切なのは子供が放課後に過ごしやすい場所であるかどうかでもあります。 保護者だけでなく子供ともきちんと話し合ってどちらを利用するかどうかをきちんと考えてあげましょう。

次の

学童か…それともトワイライトスクールか…(新一年生)

トワイライト スクール

こんにちは! 愛知県名古屋市にて学童保育をメインに、プログラミング教室と英語教室を運営しております、TELACO(テラコ)です。 お子さまの小学校へのご入学を半年後に控え、学童保育をお考えのお父さん・お母さん。 トワイライト、公設学童、そして民間学童と選択肢が多くお困りではないでしょうか? 今回はそれらの大きな違いについてお話しします。 是非、放課後のお子さまの過ごし方の参考にしてください! トワイライトとは? 学童保育には大きく分けて「トワイライト」「公設学童」「民間学童」の3つがあります。 まずトワイライトについてお話しします。 トワイライトとは、小学校で放課後にお子さまを預かってもらえる名古屋市の公共サービスです。 こちらはなんと保険料のみでご利用いただけます。 ただしお預かりがメインとなっており、後述の様々なサービスはほとんどありません。 また学校により「トワイライトスクール」と「トワイライトルーム」に分かれ、スクールは18時まで、ルームは追加料金を払うことで17時から19時にお預かり時間が伸びます。 公設学童とは? こちらは、トワイライトに加え、学童保育専門のスタッフが、お世話をしてくれます。 ただしお預かりの場所が学校ではないため、保育所まではお子さまが自分で行く必要があります。 そして、公設学童と民間学童との大きな違いは、父母会の有無です。 お父さん・お母さんは父母会に参加して運営に関わり、施設を盛り上げなくてはなりません。 ここまで「トワイライト」と「公設学童」についてお話ししました。 ここからは民間学童で一般的に受けられるサービスをお伝えします。 学校からの送迎 これは、学校が終わったら、そこから保育所まで送迎するサービスです。 施設によっては徒歩やタクシー、バスを使い、スタッフが責任をもって送り迎えをするのでとても安心です。 TELACOでは専用のバスを使って、学校まで迎えに行きます。 ドライバーさんもプロ意識をもって運転してくださるので、とても安心です。 習い事送迎 習い事送迎も大きな違いです。 小学生になったらいろいろな可能性を考えてほしいもの。 近くの習い事教室まで、スタッフが送り迎えをします。 TELACOでも送迎サービスを実施しています。 お通いの教室が対象かどうか、お気軽にお問合せください。 食事について 長期期間中、民間学童ではオプションにて昼食を用意します。 トワイライトや公設学童では、お弁当を持たせる必要があります。 TELACOでは自分たちで料理を作り、それをお昼ご飯にすることもあります。 また学校でたくさん頑張ればおなかがすいてしまいます。 TELACOではおやつも基本料金内で提供しますので、TELACOでの習い事も元気に回復して受講できます。 施設ならではの取り組み 民間では、習い事などの追加プログラムをオプションで提供する施設が多いです。 TELACOではプログラミング教室と英語教室のレッスンを、基本料金内で週に1回ずつ受講いただけます。 プログラミングと英語は、一般的に受講料が月1万円ほどかかるので、お預かりの基本料金内でレッスンを受講できるTELACOはとてもお得です! また、身の回りの物を使って、理科的事象を学んだり、考えながら体を動かして遊んだりする、日替わりのTELACOプログラムも用意しています。 特別イベント 民間学童では様々なイベントも催されます。 TELACOでは名鉄グループの強みを生かして、グループの施設で普段はできないような体験をします。 今年は名鉄グランドホテルにて仕事体験とコース料理をいただきました。 また矢作建設工業鉄道技術研修センターにて、駅で非常事態が起きた時の対処法を学んだり、ポイント切り替え機を自分たちで動かしたりと、さまざまな体験を行いました。 さて、これまで「トワイライト」「公設学童」「民間学童」の違いをお話ししました。 それぞれの違い以下のを表にまとめました。 このように学童は、その種類によって特性が大きく異なります。 皆様のニーズによって、マッチする施設が異なると思いますので、ぜひこのコラムを参考にしてください。 TELACOに関してご質問ございましたら、下のボタンよりお気軽にお問合せくださいね!• お知らせカテゴリー一覧•

次の