令和元年 硬貨 発行枚数。 平成31年硬貨の価値はプレミアが付くのか?買取額が高い年号はいつ?

造幣局 : 令和2年以降発行予定記念貨幣一覧

令和元年 硬貨 発行枚数

現行硬貨(1円玉〜500円玉)年別発行枚数一覧【昭和24年〜令和2年】 現行硬貨(1円玉〜500円玉)のそれぞれについて、年別の発行枚数を全て収録しています。 (昭和24年〜令和2年:令和2年は未確定) 造幣局のオフィシャルデータ(年銘別貨幣製造枚数)には、現実的には流通していないもの(穴無し50円玉とか)も含まれており、しかもPDFだったので、必要な部分のみ抜粋した表を作ってみました。 表でオレンジ色に着色したところは、特に発行枚数・流通量が少ないレアな年です(「特年」と言うそうです) 硬貨の状態(未使用・美品)によっては額面以上の価値(プレミア)のつくものもあります。 また、 灰色で着色したところは、発行枚数の全てが貨幣セット(ミントセット・プルーフセット・イベント用貨幣セット)用のため、バラで流通することは通常考えられず、財布の中を探してもほぼ100%見つかることはありません。 近年は、現金以外の決済手段が発達してきたためか、景気の低迷の影響か、硬貨発行枚数が非常に少ない状況が続いていましたが、平成26年に数年ぶりに市場流通向けの1円玉・5円玉・50円玉が発行されました。 消費税が5%から8%になったためかと思います。 消費税が8%から10%になったら1円玉・5円玉の発行枚数は再び非常に少なくなるものと思われます。 1円玉は平成28年から再びほとんど発行されなくなっています。 ・ ・1989年の1円玉・5円玉・10円玉、500円玉は「昭和64年」銘のものと「平成元年」銘のものとがあります。 ・ 「平成」の元号は平成31年で終わり、2019. 1以降は「令和元年」となりましたが、2019年分について、50円玉は「平成31年」銘がレアで、100円玉・500円玉は「令和元年」銘が比較的少ないです。 現行硬貨(1円玉〜500円玉)の発行枚数一覧 【昭和24年〜令和2年】 和暦 西暦 1円玉 5円玉 10円玉 50円玉 100円玉 500円玉 昭和24年 1949 - 111,896,000 - - - - 25年 1950 - 181,824,000 - - - - 26年 1951 - 197,980,000 101,068,000 - 27年 1952 - 55,000,000 486,632,000 - 28年 1953 - 45,000,000 466,300,000 - 29年 1954 - 0 520,900,000 - 30年 1955 381,700,000 0 123,100,000 - 31年 1956 500,900,000 0 0 - 32年 1957 492,000,000 10,000,000 50,000,000 - 33年 1958 374,900,000 50,000,000 25,000,000 - 34年 1959 208,600,000 33,000,000 62,400,000 - 35年 1960 300,000,000 34,800,000 225,900,000 - 36年 1961 432,400,000 61,000,000 229,900,000 - 37年 1962 572,000,000 126,700,000 284,200,000 - 38年 1963 788,700,000 171,800,000 411,300,000 - 39年 1964 1,665,100,000 379,700,000 479,200,000 - 40年 1965 1,743,256,000 384,200,000 387,600,000 - - - 41年 1966 807,344,000 163,100,000 395,900,000 - - - 42年 1967 220,600,000 26,000,000 158,900,000 238,400,000 432,200,000 - 43年 1968 0 114,000,000 363,600,000 200,000,000 471,000,000 - 44年 1969 184,700,000 240,000,000 414,800,000 210,900,000 323,700,000 - 45年 1970 556,400,000 340,000,000 382,700,000 269,800,000 237,100,000 - 46年 1971 904,950,000 362,050,000 610,050,000 80,950,000 481,050,000 - 47年 1972 1,274,950,000 562,950,000 634,950,000 138,980,000 468,950,000 - 48年 1973 1,470,000,000 745,000,000 1,345,000,000 200,970,000 680,000,000 - 49年 1974 1,750,000,000 950,000,000 1,780,000,000 470,000,000 660,000,000 - 50年 1975 1,656,150,000 970,000,000 1,280,260,000 238,120,000 437,160,000 - 51年 1976 928,850,000 200,000,000 1,369,740,000 241,880,000 322,840,000 - 52年 1977 895,000,000 340,000,000 1,467,000,000 176,000,000 440,000,000 - 53年 1978 864,000,000 318,000,000 1,435,000,000 234,000,000 292,000,000 - 54年 1979 1,015,000,000 317,000,000 1,207,000,000 110,000,000 382,000,000 - 55年 1980 1,145,000,000 385,000,000 1,127,000,000 51,000,000 588,000,000 - 56年 1981 1,206,000,000 95,000,000 1,369,000,000 179,000,000 348,000,000 - 57年 1982 1,017,000,000 455,000,000 890,000,000 30,000,000 110,000,000 300,000,000 58年 1983 1,086,000,000 410,000,000 870,000,000 30,000,000 50,000,000 240,000,000 59年 1984 981,850,000 202,850,000 533,850,000 29,850,000 41,850,000 342,850,000 60年 1985 837,150,000 153,150,000 335,150,000 10,150,000 58,150,000 97,150,000 61年 1986 417,960,000 113,960,000 68,960,000 9,960,000 99,960,000 49,960,000 62年 1987 955,775,000 631,775,000 165,775,000 775,000 193,775,000 2,775,000 63年 1988 1,269,042,000 396,120,000 618,112,000 109,112,000 363,112,000 148,218,000 昭和64年 1989 116,100,000 67,332,000 74,692,000 0 0 16,042,000 平成元年 1989 2,366,970,000 960,660,000 666,308,000 245,000,000 369,000,000 192,852,000 2年 1990 2,768,953,000 520,953,000 754,953,000 274,953,000 444,953,000 159,953,000 3年 1991 2,301,120,000 517,120,000 632,120,000 209,120,000 375,120,000 170,120,000 4年 1992 1,299,130,000 301,130,000 538,130,000 49,130,000 211,130,000 88,130,000 5年 1993 1,261,240,000 413,240,000 249,240,000 51,240,000 82,240,000 132,240,000 6年 1994 1,040,767,000 197,767,000 190,767,000 65,767,000 81,767,000 105,772,000 7年 1995 1,041,874,000 351,874,000 248,874,000 111,874,000 92,874,000 182,869,000 8年 1996 942,213,000 207,213,000 546,213,000 82,213,000 237,213,000 99,213,000 9年 1997 783,086,000 239,086,000 491,086,000 150,086,000 272,086,000 173,090,000 10年 1998 452,612,000 172,612,000 410,612,000 100,612,000 252,612,000 214,608,000 11年 1999 67,120,000 60,120,000 359,120,000 59,120,000 179,120,000 165,120,000 12年 2000 12,026,000 9,030,000 315,026,000 7,026,000 172,026,000 595,969,000 13年 2001 8,024,000 78,025,000 542,024,000 8,024,000 8,024,000 608,051,000 14年 2002 9,667,000 143,662,000 455,667,000 11,667,000 10,667,000 504,661,000 15年 2003 117,406,000 102,406,000 551,406,000 10,406,000 98,406,000 438,405,000 16年 2004 52,903,000 70,903,000 592,903,000 9,903,000 204,903,000 356,903,000 17年 2005 30,029,000 16,029,000 504,029,000 10,029,000 300,029,000 345,030,000 18年 2006 129,594,000 9,594,000 440,594,000 10,594,000 216,594,000 381,593,000 19年 2007 223,904,000 9,904,000 388,904,000 9,904,000 129,904,000 409,903,000 20年 2008 134,811,000 9,811,000 362,811,000 8,811,000 93,811,000 432,811,000 21年 2009 48,003,000 4,003,000 338,003,000 5,003,000 115,003,000 343,003,000 22年 2010 7,905,000 510,000 328,905,000 510,000 67,905,000 406,905,000 23年 2011 456,000 456,000 255,936,000 456,000 178,936,000 301,936,000 24年 2012 659,000 659,000 279,211,000 659,000 402,211,000 267,211,000 25年 2013 554,000 554,000 100,892,000 554,000 608,892,000 137,892,000 26年 2014 124,013,000 87,538,000 171,013,000 7,538,000 445,013,000 167,013,000 27年 2015 82,004,000 105,004,000 203,004,000 47,004,000 410,004,000 143,004,000 28年 2016 574,000 35,064,000 198,064,000 46,064,000 461,064,000 221,064,000 29年 2017 477,000 33,927,000 124,927,000 20,927,000 518,927,000 426,327,000 30年 2018 440,000 17,960,000 178,960,000 56,960,000 567,960,000 286,192,000 平成31年 2019 566,000 16,946,000 197,594,000 1,118,000 302,006,000 126,164,000 令和元年 2019 502,000 20,574,000 137,026,000 42,502,000 58,614,000 76,956,000 令和2年 2020 未確定 未確定 未確定 未確定 未確定 未確定 和暦 西暦 1円玉 5円玉 10円玉 50円玉 100円玉 500円玉 ・記念硬貨(各都道府県別デザインの 500円バイカラー・クラッド Bi-metallic 硬貨など、通常硬貨とデザインが異なるもの)は 含まれません。 ・通常硬貨と同デザインで表面仕上げが異なるもの( プルーフセット)は 含まれます。 現在使われている硬貨の中でも、年代の新旧により微妙な違いがあるものがあります。 逆に平成11年までの旧500円玉は、年代は比較的新しいものの、韓国500ウォン硬貨を悪用した偽造が相次いだため、フデ5やギザ10と異なり、銀行や郵便局で預入・両替した時点で全数が回収されてしまいます。 そのため旧500円玉は現在、市場にほとんど流通していません。

次の

日本の硬貨

令和元年 硬貨 発行枚数

Contents• 「令和元年」硬貨、7月中には全国に流通開始! 2019年7月11日に製造が始まったのは 「令和元年」と打たれた「500円硬貨」と「100円硬貨」。 造幣局で製造されたこれらの硬貨は、 7月中には日銀に送られて、そののち、 一般の銀行など を通じて全国に流通することになります。 ですので7月の終わり、 8月くらいからは徐々に時間をかけて一般の国民の手にも回ってきて、いつかはあなたの手にも届くはずです。 でも 「それを待ってはいられない!」あるいは 「確実に手に入れたい!」という方もいらっしゃいますよね。 そんな方法はあるんでしょうか・・・。 「令和元年」硬貨を入手する方法! 順次広がっていく新硬貨ですが、それを待っていられない!という方には、大きく2つの入手方法があります。 ただし、 日本銀行は一般の両替を受け付けていませんので、私たち一般市民が両替や新札・新硬貨を依頼するのはやはり 一般の銀行ということになります。 今回の場合、製造の始まった硬貨が日本銀行に送られるのが7月中。 早ければこの7月中、8月上旬くらいからは徐々に銀行に送られる硬貨が出てくるはずです。 銀行では、 冠婚葬祭などに使用される新しい紙幣や硬貨を窓口で両替または引き出すことができます。 銀行によって対応が異なりますので、窓口でまずは問い合わせてみてください。 たとえば、三菱UFJ銀行の場合、両替依頼書があり、銀行口座があれば一定数は無料で両替ができます。 ただし紙幣の場合は「新札」を指定することができますが、硬貨に関してはかならずしもストックがないので、新硬貨を指定することができません。 窓口で確認してみてください。 銀行支店に新硬貨がない場合には、 銀行を通じて日本銀行から取り寄せ、予約することもできるようです。 これも対応が銀行によって異なりますので、窓口で問い合わせてみてください。 いずれにしても、 8月になって銀行に新硬貨が出回るようになってから出向きましょう。 造幣局のミントショップで購入する 造幣局には、造幣局で製造される貨幣などを販売する 「ミントショップ」というのがあります。 「ミント」とは英語の「the mint=造幣局」という意味から来ています。 硬貨の両替などはしていませんが、 発行されている新硬貨がセットになった「ミントセット」なるものが販売されているので、このセットの発売を待って、 確実に新硬貨、しかも造幣局お墨付き?のレアものを入手することができます。 まだ造幣局でも「令和元年」の500円・100円以外の硬貨の発行が始まっていないので、ミントセットは発売されていません。 造幣局にある実際の ショップと、 通信販売で入手する方法があります。 また「平成31年」のセットはすでに造幣局ミントショップでは販売終了しています。 造幣局内ミントショップの場所は? 国内には3つのミントショップ(店舗型)があります。 残念ながら、冠婚葬祭など「新札」の需要が多い紙幣と違い、銀行で新硬貨を両替するための手続きが整っていないのが現状です。 「令和元年」と書かれた普通の500円硬貨を手に入れるには、窓口で丁寧に依頼したり、日銀に取り寄せてもらうなど、若干のハードルの高さがあります。 他の少額硬貨の製造が始まって、 造幣局のミントセットが発売になったらぜひおさえたいところです。 これならば確実に全硬貨の「令和元年」版が手に入るはずです。 競争率も高そうですが・・・・。 あとは天皇陛下即位を記念した 「天皇陛下御即位記念プルーフ貨幣セット」の通信販売も7月11日から予約受付が始まりました。 500円硬貨に比べるとかなり高額ですが、確実に「令和元年」と打たれ、しかも 限定製造ということでプレミアムのつく硬貨になりそうです。 お金に余裕のある方は検討してもいいかもしれませんね。 以上、令和元年の新硬貨の入手方法について調べてみました! 最後までおつきあいいただきありがとうございました。

次の

平成31年硬貨の価値はプレミアが付くのか?買取額が高い年号はいつ?

令和元年 硬貨 発行枚数

私も硬貨収集をしているのですが「ミントセット」や「記念発売セット」「プルーフセット(鏡面磨き仕立てのモノ…主に海外向けに輸出される)」の発行数以外は、まだ発表されていませんが、平成31年銘で既に市中に出回っている硬貨では10円や100円、500円は結構多いですね。 使用硬貨が好きなので、この3種は既に綺麗に磨いてパッケージ済ですね。 500円などは、もうストックするのも辞めました。 1円、5円、50円などは、もう平成28年辺りから余り鍛造されていない気がします。 令和元年貨幣に就いては、だいたい過去の例では、元々その年の銘のモノは12月くらいから市中に出回り始めるのが通常ですので、これから見守って行くしかありませんね。 こんばんは。 私も現行貨幣収集を趣味としている者です。 平成31年銘硬貨の製造枚数予定と流通状況は以下の通りです。 500円玉:製造枚数平年並みかやや少なめ、全国で大量に流通。 100円玉:製造枚数平年並み、全国で大量に流通。 50円玉:製造枚数平年並み、九州・山口・大阪で流通。 10円玉:製造枚数平年並み、全国で大量に流通。 5円玉:製造枚数平年並みかやや少なめ、全国で流通。 1円玉:貨幣セットのみの製造、流通しない。 また、令和元年銘硬貨は、 500円玉:製造枚数平年並みかやや少なめ、全国で流通。 100円玉:製造枚数平年並み、中部・関東・大阪で流通。 50円玉:製造枚数平年並み、未流通。 10円玉:製造枚数平年並み、全国で流通。 5円玉:製造枚数平年並みかやや少なめ、関東・関西で流通。 1円玉:貨幣セットのみの製造、流通しない。 となっております。 ちなみに、私は 平成31年銘 500円玉:6枚 100円玉:15枚 50円玉:17枚 10円玉:76枚 5円玉:4枚 令和元年銘 500円玉:3枚 10円玉:56枚 を所持しております。 結論といたしましては、流通しない1円玉のみが平成31年・令和元年硬貨の中で希少、それ以外は発行枚数が少なくなることはないと思われます。 以上、参考になれば幸いです。

次の