ねのうわさ。 【噂 (うわさ)1巻〜全巻は無料のzip、rar、漫画村で配信されてるの?】

ねのうわさ

定義 [ ] 流言・飛語 [ ] 流言(りゅうげん)とは、正確な知識や情報を得られず、明確な根拠も無いままに広まる噂のこと。 俗説、風説、流説ともいう。 ある一部での話が連鎖的に広まり、それがやがて全体に広がっていく形態を取る。 によれば、中国の古代の歴史書に既に流言の例が見られるという。 日本での流言の古い歴史は1600年ごろまでさかのぼる。 飛語(蜚語・ひご)も、根拠のない無責任な噂を意味する言葉で、流言と合わせて 流言飛語( 流言蜚語)というを構成する。 デマ [ ] デマとはデマゴギー : Demagogie の略で、本来は的な目的を持って意図的に流すのことであり、転じて単なる嘘や噂、流言などを指すこともある。 前者の意味のデマを流す人物のことを : Demagog という。 噂や流言は、しばしば(前者の意味での)デマゴギーだったのではないかと捉えられることがある(の項も参照)。 1990年代後半以降は、にあるややから広まる事例も増えている。 ゴシップ [ ] ゴシップ(: gossip。 発音: ゴサプ、 発音: ガサプ)とは、巷で伝聞される興味本位の噂話のことを指すが、特ににおいてはなどのゴシップを、「」・「醜聞」を意味する「」(: scandal。 英語発音: ス キャンドゥル、ス キャンドー)という表現で伝えることが多い。 この類のネタにした記事を「ゴシップ記事」、さらにこのゴシップ記事の類を多数掲載している新聞・雑誌のことをゴシップ誌と呼ぶことがある。 流言・デマの発生条件 [ ] 流言の発生は、「情報の重要さ」と「情報の不確かさ」(嘘と本当の間に極大値を持つ)の積で与えられるとされる。 どうでもいいこと(重要性低)が嘘に決まっているあるいは本当に決まっている(不確かさ極小)なら、流言発生はない。 大切なこと(重要性高)が嘘に決まっているあるいは本当に決まっている(不確かさ極小)なら、流言発生は噂話や伝言に留まる。 大切なこと(重要性高)が嘘か本当か分からない(不確かさ極大)ときに、流言が発生する。 流言や噂が発生する動機は、曖昧な状況に対する主観的解釈(自己の内的世界の投影)であり、発生そのものを抑止するのは原理的に困難である。 さらに、流言が発生するにはある条件を満たしているとより広がりやすくなる傾向があるとされる。 その人に信用がある、または情報をよく知っているなどの条件が重なれば、聞き手はそれが本当であると信じてしまう(検証せずに鵜呑みにしてしまう)、次々と伝播していく。 さらに、「これはためになる」と思い込むことから、良かれと思って(=善意で)自分の周囲の人や知人に広く伝播させてしまう傾向が強い。 いずれも善意の情報を装ったものであり、のちののプロトタイプとも言える。 流言の伝え手、受け手側の心理的な要因として、「不安」と「批判能力」が重要である。 一般に、人々の不安が高い状態(例:災害発生直後など)では、流言に対する被暗示性が高くなり、流言は受け入れられやすくなり、また伝達されやすくなる。 また、受け手側でも、不安が強い人ほど流言を信じやすくなるという傾向がみられる。 一方、流言を受け取っても、批判能力の高い人の場合には、他の情報源にあたってチェックするなどの情報確認行動をとることにより、真偽を見分け、流言の伝播を食い止めることができる。 1938年10月にアメリカでSF「」のをきっかけとして起こったパニック騒ぎでは、批判能力(ここでいう批判とは日本のネット上で用いられる「無責任な誹謗中傷」の意味ではなく、自分の判断が正しいかを確認する能力を意味する)の低い人ほど、番組で連呼された「火星人襲来! 」を事実と勘違いしてパニックに陥りやすかったという調査結果が報告されている(実は聴いている放送を他局に変えればそのような事実はないことがすぐに確認できたのである)。 また、社会的情勢が不安定である場合、噂が広がりやすいとされる。 例えば、石油ショック・不況といった何らかの社会情勢の不安定化、などといった、の流行などがその契機になると見られており、人間の、危機や不安に対する自己防衛本能、最悪の場合を想定してそれに備えようとする本性との関連が指摘される。 噂を抑制するには、当事者以外の信頼できる第三者によって正しい情報を報じる方法が有効とされており、のような言論統制は逆効果になる例が多い。 しかし、「事実よりもウソを好む」人間もおり、噂の性質によってはこの方法にも限界がある。 流言・デマの主な例 [ ] 関東大震災における流言 [ ] 関東大震災後にが配布した、デマの流布は処罰対象となる旨のビラ。 の発生後、実際よりも大袈裟な、(厳密にははで消滅、に解放されるまで日本領となっていたため、国籍上は日本人であった)による略奪や暴徒化に関する流言があった。 当時は報道手段が新聞や、しかなかったため(開始は大正末期のである)一般市民が最新情報を入手しにくく、流言が広がりやすい環境下にあり、またそれ以前からにより、朝鮮半島出身者が治安上の脅威と考えられていたことによる。 詳細は「」を参照。 その時に流れた主なうわさを以下に示す。 震災後の混乱に対するのため各地で結成されたにより、不逞鮮人と間違われた無関係の朝鮮人や日本人、中国人も含む多数が殺害された。 多くの朝鮮人が各地のに保護され難を逃れた。 埼玉県のでは、警察署を襲撃した民衆が朝鮮人を殺害した事件が発生している。 流言の発生源のひとつは 、横浜市の極右翼団体「立憲労働党」総裁・が発生源であると言及している本もある。 また、何者とはわからないが横浜方面で発生したものであると記述されている本もある。 このように関東大震災時の流言に関してはその直後から各種の調査や考証が行われているが、詳細な経緯については不明な点が多い。 トイレットペーパー騒動 [ ] 詳細は「」を参照 日本国内で最も広範に広まった流言に、によるがある。 10月、により加盟6カ国が原油価格7割引き上げを決定するとが到来し、通産大臣だったは10月19日に紙などの節約を呼び掛けたが、この頃から紙不足になるとの噂が広まった。 1973年午後1時半ごろ、大阪のストアの宣伝用の特売に、(激安の販売によって)「紙がなくなる! 」と書いたところ、突然300人近いの列ができ、2時間のうちに500個が売り切れた。 当時はという背景もあり、の高騰により紙が本当に無くなるかもしれないという不安心理から、各地で噂が飛び火し、行列が発生したため、にも大きく取り上げられ、混乱は全国に連鎖的に急速に拡大した。 影響は紙だけでなく洗剤や砂糖などの他の日用品にも波及した。 で大量消費に慣れていた人たちが、初めて「物不足の恐怖」に直面したために起こった騒動とも言われている。 ただし、原油価格の高騰と商品全般の価格高騰に関係はあっても、元々が原油と紙との製造・流通過程における直接的な関連はないのでこの流言がなければ過剰な需要による品不足になる可能性は低かったと考えられる。 豊川信用金庫の流言事件 [ ] 詳細は「」を参照 、(現・)を中心として騒動となった事例。 達が国鉄(当時)の車内で自分達の就職先の話をしていて、に就職が決まった女子高生を、他の友人たちが「豊川信用金庫は危ないよ」とからかった(を狙うによる防犯上の危険性を指しての発言だったという。 なお、その時点では豊川信金は経営的には安定していた)。 この友人の話を不安に感じた女子高生は親戚に相談を持ちかけ、その親戚は別の親戚に豊川信金について問い合わせた。 ここから話の内容が「豊川信金が危ない」という噂に変質し、街中に広まり始めた。 そして、豊川信金に預金を持っていた人物の目の前で、偶然仕事の都合で大金を豊川信金から引き出す旨の電話をした者が現れたことで、この人物は豊川信金が実際に倒産寸前であると勘違いし、この噂を善意で知人らに喧伝した。 この結果、が勃発し、豊川信金から全体として約20億円が引き出された。 東日本大震災における流言 [ ] のでも多くの流言が発生している。 「」を参照。 この地震に起因する流言を分析したによれば、震災発生後1か月で80個のデマが広がり、大別して11種類に分けられるという。 内訳は「情報の混乱によるデマ」「科学的・医学的知識の欠如によるデマ(を含む)」「偏向報道によるデマ」「政治家を貶めるデマ」「外国の支援を政府が妨げているとするデマ」「政府批判デマ」「その他企業・個人を批判するデマ」「人種差別デマ」「・(・)を批判するデマ」「被災地の誤報」「好意的すぎる予断」「洒落がデマと化したデマ」などに分けることができるという。 特に、この地震のデマは上で流れた不正確な情報を大量にツイートする人がいたことから広まるケースが多かった。 さらに国内マスコミに不信感を持つ人々が海外メディアのをインターネットに転載したため、デマに拍車がかかった。 外国メディアの中には「福島第一原発では核兵器開発が行われていた」「東日本は今後300年、焦土と化す」など、珍妙な報道をするものもあった。 東北学院大教授の郭基煥が2016年9~10月に仙台市青葉区・宮城野区・若林区に住む20~69歳の日本国籍の770人から取ったアンケートによると、51. 6%が被災地で外国人の犯罪があるという噂を聞き、聞いた者のうち信じた者は86. 2%だった。 その一方で外国人犯罪を見た者は0. 4%、外国人犯罪ではないかと思われる現場を見た者は1. 9%だった。 情報源(複数回答)は68. 0%が家族や地元住民による口コミ、インターネットが42. 9%であった。 年齢や性別で大きな差はなかった。 宮城県警は流言を否定するチラシを避難所に配った。 郭基煥は、災害教育にデマ対策も位置付けるべき、と述べた。 その他の主な例 [ ]• からされたのの中の血税の意味の勘違いから騒ぎ(徴兵制度に対する)が起こる。 各地でと衝突し流血の惨事が起こる。 生存説。 「いる」派・「いない」派で衝突騒ぎに。 、で相手に切りかかる事件まで発生、後のの遠因の一つともいわれている。 彗星が通過する間に空気を確保するためとして、のチューブが爆発的に売れる。 このことは漫画『』でギャグとして使用されている。 「とを食えばに当たらない」「を拝めば(同)」 「屋根にPを書くと爆撃されない (PはPrisonで捕虜収容施設を意味している)」など、避けの噂が日本で流行• 宗教団体が葬式の際を持ち去るというデマを新聞社が記事として掲載したため噂が全国へ飛び火する• 発生の4日後の1月18日午後、静岡県知事名で出された「6程度の余震があり得るので注意」との情報が、「今後数日以内に」という文言の削除を経た上で、「午後4 - 6時に6の大地震発生」という地震予知情報に流言化し、静岡県全域で住民が避難したり、防災用品を買い出しに走るなどの「パニック」騒ぎになった。 イラン人(中東系)グループによる日本人夫婦襲撃・レイプと妻自殺の噂。 『ドラえもん』が「実はすべてであるが見た夢だった」という内容の最終回を迎えるという噂が流れる()。 1986年 全国で『』が終わるという話が流れる。 また、「最終回の内容」とされるもの(「サザエさん一家を乗せた飛行機が海に墜落するがこの一家だけが行方不明となった。 皆、海に還ったのだろう」というもの)も同時期に噂として広まる。 における被害者の父親共犯説。 前後(直後)及び同震災発生1か月半後の、でのを震源地とする震度7の地震が起こるとの噂が発生した。 2度目の噂では、亀岡市周辺の企業で臨時休業や食品スーパーで商品の買い占めが発生した。 のテロの噂が流れ新宿はじめ各地で厳戒態勢。 1998年10月中旬頃 で「もうすぐ大地震が来る」とのデマが中学生を中心に広がった。 このことは地元紙の『』にも取り上げられた。 子供だけでなく、医療関係者などからも行政機関に問い合わせが来たという。 倒産メール事件。 2003年9月-11月頃 この年、5月26日()・7月26日()・9月26日()と奇数月26日に強い地震が起こっていたため、「11月26日にも大地震が起きる」というデマが広まった。 テレビ朝日の番組 『』でもこの話題を取り上げていた。 で旧日本兵の生存者が発見されたとの噂が流れ、マスコミ各社が報じた。 大半のマスコミは未確認情報として慎重な扱いに終始したが、中にはもあった。 (も参照。 3月、ではの感染が拡大した原因として、整備が進められているの電波が機能に低下させている、がを伝播させているためとの噂が広まり、携帯電話用の電波施設へのが相次いで発生した。 詳細は「」を参照 インターネットから広まったデマの例 [ ]• 頃から、お笑い芸人のが殺人事件に関与していたというデマが流れた。 このデマは10年以上続けられ、逮捕者を出してようやく沈静化した(詳細は)。 インターネット上に公開されていた「僕が考えた」という創作小説がなどを通じて本当の最終回であると称され、次々にデマが広がった。 2005年頃から、インターネット上に『に入信した有名人リスト』として事実確認をせずに氏名を掲載するデマが流行し、その内容をなどの有名ブロガーが記事として掲載したことからが創価学会員というデマがネット上で流れた。 2009年2月28日に愛川は自身の公式ホームページで「僕は創価学会の会員ではありません」と正式に否定し、が3月2日に報じている。 同誌は、過去に週刊誌等が特集として組んだ創価学会に入信した芸能人リスト の中にも愛川の名がないことから、「ウェブサイトでの発表の正しさを裏付けるものと言えそうだ」としている。 その後きっこのブログは謝罪記事を掲載した。 、において、実際には加害生徒とは無関係の人物が加害生徒の親族として実名や顔写真をインターネット上に掲載された。 また「の加害生徒の親族がからしている病院に自殺した生徒が搬送され、死因を隠蔽された」などのデマも流れ、当該病院や滋賀県警察が否定した。 、にて実施予定だった・の屋外が、悪天候により翌日に順延された。 これにより、宿泊先を確保せずに遠方から来場していた女性ファンらが行き場を失い、拉致・暴行・薬物取引などの犯罪に巻き込まれたとする流言や、や、、等が開放され宿泊できるなどといった虚偽の情報が上で多数流された()。 8月 被災地において、韓国人窃盗団による空き巣犯罪が広がっているという噂がネット上で流布され、がこれを否定するコメントを出した。 また、マスメディア関係者による食料買い占めのデマも広まった。 2016年4月に発生したにおいて、「が逃げた」など複数のデマが拡散し 、流布者が同年7月、への多数の問い合わせ電話を誘発し業務を妨害したことで、でされた。 2016年5月18日、Twitterにこの日で発生した鉄道事故の画像が、同日にの画像と偽って投稿された。 この画像をが『』が、後者として紹介した。 2017年5月に発生したの山火事において、が紙面で「放射性物質が飛散」と記載。 ネットを通じて広まり、福島県庁が訂正に乗り出す事態になった。 2017年8月29日、Twitterに「が発射したミサイルが飛んでいるのが見えた」というコメントと、上空を飛ぶミサイルのような画像が投稿され多くリツイートされた。 しかし、「デマ」という指摘が相次いで削除され、元司令官のも「飛行ルートを考えると日本国内の地上から肉眼でとらえることは難しくデマだと思う」と述べた。 2017年12月20日、Twitterに「社内アンケートの結果『(による救命措置を)男性にされたらで訴える』という女性社員が多かったため、女性社員が倒れていたときの救助活動一切を女性にさせ、男性しかいないときは女性を呼び出すか、契約書に本人の署名をしてもらってから救助する。 という会社に遭遇した」「女性の意思を尊重した結果なので、男性社員は誰も文句を言わずに受け入れてましたが、女性社員はなんか喚いていたらしい」というツイートが投稿された。 投稿は1万回以上リツイートされ、投稿内容を信じたネットユーザーから「何もしない方がマシ」「もう女性にはAED使わなければいい」などの意見が出た。 しかし、投稿者は22日、自身のブログで「一連のツイートについては、全て誇張等を含んだ、嘘のツイートになります。 私のツイートで、主に女性の皆様をはじめ多方面ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。 このブログには嘘、偽りがないことを誓います」と、投稿者内容が嘘であることを認め謝罪した。 実際、傷病者の衣服をハサミで切る行為は、衣服をはだけさせる行為は(傷病者が意識不明であれば)のにはなるが、救命のためにやむを得ずした行為であれば罪に問われない(「」及び「」を参照)。 なお、このような「AEDセクハラデマ」はネット上で定期的に発生している。 に発生したにおいて、「の屋根がヒビ割れ」「が脱走」「が脱線」というデマがインターネットで流布したため、大阪府が警戒を呼びかけた。 ごろに・で、を釣るために「はの象徴である」というデマが出回ったが、欧米のメディアの報道により拡散され、それを本当だと信じ込む人が多くなってきた。 に発生したにおいて、犯人が出廷した時にこのを出したのもこれが原因だと思われる。 また、は2019年4月に、ゲームの生放送中にOKサインを出すのを禁止した。 に内ので発生したとそれに伴う暴力事件で、この事件で逮捕された男性の自動車に同乗していたとされた無関係の女性の名前や写真がインターネットで広まった。 が、デマを拡散したとして当該の女性から訴訟を起こされ、この議員は同年に辞職した。 、に際し、「からに来たに感染疑いのある中国人観光客が病院に搬送されたが逃走した」という内容の書き込みがで流布され、その後等にも広まったため大阪府や関西国際空港が否定した。 末、に伴いが品薄となる中、インターネット上でトイレットペーパーが通常通り供給されているのにもかかわらず「紙不足でトイレットペーパーがなくなる」「マスクの次に不足するのは原材料が中国から入らないトイレットペーパーだ」というデマが出回り、の店舗では通常の3〜4倍ほどトイレットペーパーが売れ、商品の補充が追いつかない事態となった。 またオークションサイトやフリーマーケットアプリでは高額な転売が多発した。 内閣総理大臣は29日の会見で、「トイレットペーパーほぼ全量が国内生産で十分な供給量や在庫が確保されているので、冷静な購買活動をお願いしたい」と呼びかけた。 コロナウイルス流行が元となったトイレットペーパーなどの買い占めは日本に限らず世界中で起こっている。 「」も参照 ブルース・リー [ ]• が死亡した際、様々な噂が流れた。 「司法解剖の際に大量のマリファナが検出された」や「筋肉を引き締めるために200ボルトの電流を体に流したための感電死」「マフィア説」など。 実際には、背中の古傷のために長年使っていた痛み止めとその晩に使用した鎮静剤の副作用と言われている。 テレサ・テン [ ]• が死亡した際にも、様々な噂が流れた。 「麻薬中毒」や「マフィア暗殺説」「エイズによる死」など。 2007年6月にテレビ朝日系列で放送された「テレサ・テン物語」では、による発作で亡くなったとされている。 ポール・マッカートニー [ ]• に、の一員であったが死亡したという噂が流れ、多くの「証拠」とのこじ付けがなされ、世界的に広まった。 詳しくはを参照。 ディエゴ・マラドーナ [ ]• 、国内でが地方紙に「意識不明の状態に陥った」と掲載され、さらにマラドーナが死亡したと噂が切り替わり国中がパニックになり追悼番組が準備される事態となり、アルゼンチン政府が事情聴取を行う事態にまで発展した。 結局、マラドーナが腹痛で入院しただけだと病院側が記者会見を行い事態は一気に収束した。 サモ・ハン・キンポー [ ]• 分の中国網視台(チャイナネットTV)の報道でが2007年12月8日夜に急死したと報道される事態が発生した際、・はおろか世界中で様々な噂が流れた。 ちなみに2日後にサモ・ハン本人が中国の新聞の電話取材に応え、健在であることが判明した(無論誤報に対し憤慨していた) 水の江滝子 [ ]• を契機にのとロス疑惑のが実の親子ではないかという噂がマスコミから一斉に起き、週刊誌に書きたてられた (正しくは三浦は水の江の実兄の子、つまり甥である)。 それに腹を立てた水の江は数年後芸能界を引退した。 三浦も雑誌のインタビューで「水の江滝子の実子説というのはなんの根拠もありませんよ」とはっきり否定している。 スマイリーキクチ [ ] 詳細は「」を参照• 「犯行現場である足立区出身」「犯人グループと同世代」「10代の頃に不良だった」などの理由を点とし、主観に過ぎない連想で線で結び、1989年に発生したにが関与したという噂をネット上で広め、噂を信じてキクチを犯人呼ばわりする書き込みをした者がおよびで摘発され、検挙された中傷犯のうち書き込みの内容が悪質とされた計7名が同罪でとなった。 ペレとセナの不仲説 [ ]• ブラジルを代表するスーパースターとはともに(通称シュシャ)と交際していた。 シュシャは当初ペレと交際していたがその後セナと交際をする。 そのため二人の間にシュシャを巡るトラブルがあった、シュシャの件で不仲になったという噂が立てられた。 木村拓哉の娘のダウン症説 [ ]• ・夫妻は娘のとが自分達の意志でデビューするまで、2人の姿が写った写真を公開しなかった。 だがこれがネット上における「 娘は 病気らしい」「専門の病院にかかるためうちの県にキムタク一家が引っ越してくる」といった噂を招き、さらに「木村拓哉の娘は? 」といったタイトルのトレンドブログが多数生み出された。 虚説の流布の処罰 [ ] デマが犯罪の構成要件に該当することがある。 日本 [ ] 詳細は「」および「」を参照 人の信用(支払意思や支払能力に対する社会的評価)を低下させる危険性を作り出すような、虚説の流布(デマ)は、(刑法第233条)に問われる。 なお、(旧証券取引法)にも「」での処罰規定がある。 また、虚偽の風説や偽計による業務の妨害は、(刑法第233条・234条)に問われる。 2016年4月に発生したでは、に関するデマ情報をに投稿した神奈川県在住の会社員の男が、動物園に対する業務妨害で、にされた。 このほか、人の社会的評価を低下させるような危険性を生じさせた場合には、名誉毀損罪に問われる(成立要件につきを参照)。 2017年6月5日に、神奈川県ので発生した、をめぐり、事件とは無関係の会社をインターネット上の書き込みで誹謗中傷したとして、は2018年6月に、11人を名誉毀損罪で書類送検した。 中国 [ ] では、大地震について流言を広めた者が処罰されており、四川大地震のネット書き込みで17人が処分されている。 文化 [ ] 俗言• 「噂をすれば影がさす」といえば、ある人の噂をすると当人がそこに現れる(噂をされた側は呼ばれた自覚がない)ことを指す。 『』のせりふに由来するとされる。 にも同様の現象をいう「の噂をすると曹操が現れる( )」ということわざがある。 このほか俗言として「噂をされるとが出る」というものがある。 これらの俗言からも、噂をするということは何らかの力を発揮するものだととらえられていた。 「火のない所に煙は立たない」という諺は、事実がなければ噂は立たないという意味である が、SF作家のは「火のないところに煙は立たないというのは嘘である。 社会学者ジャン=ノエル・カプフェレの研究によれば、噂の大半は火のないところに立っているという」と指摘している。 慣用句• 市虎三伝 しこさんでん 、三人成虎(さんにんせいこ) - 中国の歴史書『』からの慣用句。 1人の言う有り得ない事「市に虎が出た」は信じないが、3人が言い出したら信じてしまうことを言う。 argumentum ad nauseam (ラテン語) - 誤った論説が繰り返されて正当化される事 「噂」がタイトルに用いられた作品・テレビ番組 [ ] テレビ番組 [ ]• 楽曲 [ ]• 噂 - の楽曲。 スタジオ・アルバムに収録。 脚注 [ ] []• 『うわさが走る』p. 白川『字通』の「流言」の項目参照。 周の武王が死亡した後、後継者の成王を補佐していた大臣の周公旦に対して、謀反を起こした管叔らが「周公旦が王位を奪おうとしている」という流言を行ったというもの。 221-226. 『流言とデマの社会学』文春新書、2001年• 桑原真瑞『吁人間』霊肉統一団、1924年• 『鮮人襲来流言の真相』帝都復興協会、1923年• 2018年6月18日閲覧。 絵文録ことのは2011年4月10日• 2011年5月7日時点のよりアーカイブ。 2011年5月6日閲覧。 河北新報 2017年1月16日閲覧• 村上義人「手拭いの旗暁の風に翻る」より、当時の社会状況描写• 汐文社版はだしのゲン1巻より• 茨城新聞 昭和37年4月1日号掲載• 『うわさと誤報の社会心理』日本放送出版協会〈NHKブックス 562〉、1988年11月20日、2頁。 産経新聞 2020年4月5日. 2020年4月5日閲覧。 J-CASTニュース ジェイ・キャスト. 2009年3月2日. 2009年3月2日閲覧。 「新興宗教『有名人信者113人』禁断リスト」(「フラッシュ」07年6月26日号)• 「創価学会『ニッポン洗脳』の不気味 学会系芸能人最新版39人リスト」(「週刊文春」05年3月17日号)他2誌• INC, SANKEI DIGITAL. 産経WEST. 2020年2月20日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL. 産経WEST. 2020年2月20日閲覧。 J-CASTニュース 2012年7月12日. 2020年2月20日閲覧。 2014年8月25日• 朝日新聞 2016年4月15日• 時事通信2016年7月20日• 2016年5月20日. 2017年8月30日閲覧。 毎日新聞 毎日新聞社. 2017年5月9日. 2017年5月9日閲覧。 首都圏 NEWS WEB. 2017年8月29日. の2017年8月30日時点におけるアーカイブ。 2017年8月30日閲覧。 2017年12月22日. 2018年2月16日閲覧。 Style 琉球新報社. 2017年12月31日. 2018年2月16日閲覧。 Fukuzaki, Osamu 2019年3月17日. mashup NY. 2019年4月10日閲覧。 FNN. jpプライムオンライン. 2019年4月10日閲覧。 Dot Esports 2019年4月5日. 2019年4月11日閲覧。 NHKニュース 2019年11月2日• 毎日新聞. 2020年2月2日閲覧。 時事ドットコム. 2020年2月2日閲覧。 2020年2月29日20:34更新 同日閲覧。 『週刊誌の読み方』株式会社話の特集、1985年、pp. 257-259• 沢木耕太郎『馬車は走る』• Wezzy 2020. 09 07:00 2020年5月22日閲覧• 138-141• - huffingtonpost 2016年7月21日• 時事ドットコム、2018年6月19日• - AFP BB NEWS 2008年5月16日• 守随憲治監修『故事ことわざ辞典』• 2012年12月16日閲覧。 関連書籍 [ ]• 広井脩 『流言とデマの社会学』 文春新書• 川上善郎 『うわさが走る』情報伝播の社会心理 セレクション社会心理学 16 サイエンス社• 早川洋行 『流言の社会学』形式社会学からの接近 青弓社ライブラリー• 『流言、うわさ、そして情報』うわさの研究集大成 現代のエスプリ別冊 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

【噂 (うわさ)1巻〜全巻は無料のzip、rar、漫画村で配信されてるの?】

ねのうわさ

「食べられる花」として人気急上昇中のエディブルフラワー。 マリーゴールド、バラ、ゼラニウム、ナスタチウムなどが有名で、サラダに彩りを加えたり、キャンディに閉じ込めたりするのにぴったりで、インスタ映えも抜群です。 高級スーパーやインターネットで購入するのが一般的ですが、「じつはもっと身近にエディブルフラワーがあるんですよ」と教えてくれたのは、フラワーアーティストの梅田佳苗さん。 お刺身についてくる「小菊」を使って、キュートなアイシングクッキーをつくろう これは梅田さんがつくったエディブルフラワーのクッキーですが、使われているのは、なんと「小菊」。 そう、スーパーでお刺身を買ったときについてくるお花です。 大型スーパーや業務用スーパーで安く手に入れることができるこの小菊を使った、レモン味アイシングクッキーのつくり方を教えてもらいました。 【材料】 クッキー 15枚程度 粉砂糖 50g レモン汁 大さじ1 小菊 適量 今回は市販のクッキーを使用しましたが、腕に自信のある方は、もちろんクッキー本体を手づくりしてもOKです。 【つくり方】 1. 小菊の花びらをバラバラにする 小菊は、そのままでは少し厚みがあるので、花びらをバラバラにします。 裏を見ると茶色い部分があるので、それを丁寧に取り除いて、花びらだけにバラします。 ちなみに今回は、購入したものを使ってみました。 レモン味のアイシングをつくる お鍋に粉砂糖とレモン汁を入れて火にかけ、粉砂糖を溶かします。 ぐるぐる混ぜて溶けたな~というところで火から下ろします。 グツグツと何分も煮る必要はありません。 アイシングの硬さは、「トロトロ」と「ドロッ」の間くらい、硬めのあんかけくらいの状態が目安です。 アイシングをクッキー表面に塗って、花びらを散らす 2のアイシングをクッキー表面に塗り、固まる前に花びらを散らします。 クッキングシートの上で冷ますと、10~30分で固まります。 これで完成! お友達にあげるときは、乾燥剤を入れてラッピングをするといいでしょう。 梅田さんは、小ビンをクッキーと一緒に箱詰めし、お友達にプレゼントしたそう。 「小ビンを一緒に入れたのは、野の花を活けてもらいたかったからです。 ほんの少しの花が、生活を豊かにするということ、もっと気軽にお花を生活に取り入れてもらいたいという思いを込めました」。 きれいな黄色とレモン味の相性がよく、甘すぎなくておいしい小菊のクッキー。 お友達へのプチギフトはもちろん、自分へのごほうびに、コーヒータイムのお供にぜひつくってみてください。 2011年フラワーユニット・ネノウワサ(現ねのうわさ)を立ち上げ、ギフト、イベント装飾、ワークショップなどを手掛ける。 結婚、海外移住、出産を経て2016年からは「」として、空間装飾、撮影、執筆など、幅広い分野で活動。

次の

iPhone12の発売を待つべき?これまでに出ているうわさまとめ | ガジェット通信 GetNews

ねのうわさ

「三宮-谷上の料金が280円に! なるらしいで~」「うそ~! ほんまに?」「2020年6月1日からやけどな…」。 朗らかな文体と漫画の吹き出しのような枠。 内容も市営地下鉄に限らず、灘五郷や神戸ワインの豆知識など多種多彩だ。 よく見ると、神戸市の市章と「KOBEうわさプロジェクト」の文字が。 一体何が目的のプロジェクトなのか。 三宮駅ではホームや階段、トイレ前と、至る所にある。 12月3日までは北区のつくはら湖にもあった。 今年4月に広報課へ配属され、気付いた課題は、市政情報が市民に行き届いていないことだった。 「伝えたい人に伝えられていない」 そんな時、アーティスト山本耕一郎さん(50)=青森県八戸市=の活動に興味を持った。 山本さんが同市や川崎市などで実施する「うわさプロジェクト」は、まちの自慢などを取材し、吹き出し形のシールにして店舗などに貼っていくもの。 市政情報の発信に活用しようと考えた本田さんは6月に山本さんと会い、協力を得た。 10月には庁内に「うわさ部」を発足。 参加者を募ると、部局を超えて20~50代の60人以上が手を挙げた。 山本さんによると、行政が発信するスタイルは初という。 「市政情報をしっかり市民に届け、住みやすい街につなげたい」と意気込む。

次の