テトリス99 あめみや。 テトリス全一「あめみやたいよう」が神ゲーマーなので布教する

あめみやたいようはやっぱりテトリスの神だったという話

テトリス99 あめみや

ファイズマンクリエイティブ所属、JeSU公認ぷよぷよプロゲーマー。 「ぷよぷよテトリス」ではテトリスを得意とし、その技術の高さから「テトリスの神」と呼ばれる。 テトリス99では、YouTubeにて連勝企画の生放送を展開し、コメントを読みながら圧倒的な強さを見せ話題に。 他にも、あらゆるゲームでその才能を発揮する。 Twitter:• YouTube: 大会実績(一部)• RedBull5G(2015)優勝• RedBull5G(2016)優勝• AnimEVO2017 ぷよぷよテトリス(シングルス&ダブルス)優勝• フジテレビ『いいすぽ!』第1回「ぷよぷよテトリス」No. 1決定戦 優勝• フジテレビ『いいすぽ!』第2回「ぷよぷよテトリス」No. 1決定戦 優勝• フジテレビ『いいすぽ!』第3回「ぷよぷよテトリス」No. 過去には将棋で1年間でアマ4段に到達したこともあったそうですが、ゲームをやり始めたら割とすんなり上級者になるタイプですよね? あめみやたいよう: そうなんですよ。 スマブラをいまも続けていて、スマブラSPも結構上手い方だと思いますよ。 ぷよぷよとテトリスがコラボした「ぷよぷよテトリス」というタイトルで始めて、両方とも面白くてハマって。 プレイを続けて自分の実力もついてきたところで、大会にも参加してみました。 当時は大会というより交流会みたいな雰囲気だったのですが、初めて参加したときに準優勝できて、自信がついてどんどん参加するようになりました。 あめみやたいよう: そうですね。 25秒毎にぷよぷよとテトリスが入れ替わるスワップというルールがあるんですけど、始めた当初はぷよぷよの方が苦手でした。 苦手だったからこそがんばって練習して上手くなっていったところはあります。 そのおかげで、いまではそのスワップルールでは世界一なんで。 あめみやたいよう: 機会があれば行ってはみたいです。 この前開催された「ウメブラSP3」とかも配信をずっと見てましたし、同接視聴者数が8,000人くらいいてすごかったです。 スマブラはめちゃくちゃ盛り上がってますよね。 あめみやたいよう: テトリス99の企画がきっかけで、視聴者数も伸びましたし、Twitterのフォロワーもめちゃくちゃ増えました。 99人で戦うゲーム性の中で連勝していけば面白いだろうなと思って始めたんです。 あめみやたいよう: テトリス自体はもともと得意だったので、あとは戦略だけだと。 ぷよぷよテトリスで鍛えた技術は受け継がれていて、これはいけると思ったんです。 6日間くらい生放送ができなくて正直困りましたけど、あれはあれでネタになったのでいいかなと。 その期間は動画のアップロードだけはできたので、ライブ配信ではなく動画で公開していました。 結局は手違いだったようでまたライブ配信ができるようになってよかったです。 相手に先に本線を打たせたほうが有利になるなど、ただ連鎖を組んでいるだけじゃないところがかなり奥が深くて、瞬発力も求められます。 ただ、その前から配信を見てくれていた視聴者から「神」と言われることはありましたね。 あめみやたいよう: 最初に触れたパズルゲームがZOOKEEPERでした。 あめみやたいよう: やり込むとトップになれちゃうんですよね。 1つのタイトルをやりだすと、そればかり集中してプレイするタイプです。 いろいろなタイトルに手を出し始めちゃうと、中途半端になっちゃうので。 ただ、配信外ではぷよぷよももちろんやっていますよ。 あめみやたいよう: そうなんですよね。 開催されないかなーと期待してるところです。 こういうイベントがあるのはモチベーションにもつながるのでうれしいですよね。 これはぷよぷよでもそうですし、テトリス99でも対戦相手の98人を見なきゃいけない。 あめみやたいよう: もちろん全部をしっかり見ることはできないですけど、「この人つらそうだな」って思ったらそこを狙いにいったり。 99人同時対戦なのでどうしても運が絡んでくるんですけど、運を排除して勝つ確率を上げるためには、そういう判断が求められます。 これができなきゃそもそも連勝なんてできないですから。 勝率でいうと92%以上は勝てていますね。 どのゲームでもあっという間に上達していってしまうみたいですけど、感覚的には気づいたら上手くなってたみたいな感じなんですか? あめみやたいよう: いや、1つずつ上手くなっている感じはあります。 スマブラがわかりやすいんですけど、コンボを覚えたりキャラの対策がわかってきたりすると、上達した感じがしますね。 ぷよぷよやテトリスも同じで、できることが増えたりすると上達を感じられます。 本人はさらっと答えていたが、テトリス99において多数の対戦相手の状況を把握するのは容易なことではない。 連勝するだけでも至難の技なのだが、彼のすごいところはそれと同時に配信に寄せられるコメントを拾って喋るという芸当までやってのける。 後編では、その配信の環境やプレイヤー間の交流関係にも踏み込んでいく。 写真・BUN.

次の

あめみやたいよう

テトリス99 あめみや

あめみやたいよう選手プロフィール 1997年2月17日、東京生まれ。 血液型はA型。 2015年・2016年【RedBull】パズルジャンル優勝。 2016年から2018年まで、フジテレビ『いいすぽ!』の「ぷよぷよテトリス」No. 1決定戦では3年連続で優勝を果たす。 通称「ぷよぷよのプロ」「テトリスの神」。 あめみやたいよう選手(以下あめみや):実は、そんなにプレイ歴は長い方ではなくて、『テトリス』は5年前くらいからですね。 タイトルは『ぷよぷよテトリス』でした。 それまで『テトリス』はレガシーなゲームで、新作が出てなかったのでふれる機会がありませんでした。 『ぷよぷよテトリス』が発売され、過去の名作として興味を持ったというよりは、単純に面白そうだと思って買いました。 あめみや:『ズーキーパー』というゲームを遊んでいました。 それのPC版、ガラケー版、スマホアプリ版の3機種すべてで全国1位を獲得するほどやり込んでいました。 ブラウザゲームの時は連鎖中に操作ができなくて、大連鎖をするのはほとんど運でしたけど、アプリだともっといろいろできるようになっていました。 あめみや:そうですね。 その後、『テトリス』をプレイするようになるんですが、それは兄がやっていたからですね。 兄は3つ上なので、『テトリス』をそれ以前から遊んでいて、いろいろなことを教えてもらって上達していきました。 ただ、兄にはまったく歯が立たなくて、いつも負けていました。 『テトリス』の組み方って、テンプレートがあるので、まずはそこを覚えないといけないと思いまして、ネットでいろいろ調べて実践していきました。 基本的には独学に近い感じでプレイしていました。 それから徐々に成績が上がっていって、オンラインで鍛えられた感じです。 その後、オンラインの大会で、A級リーグを全勝し、1位を獲得できました。 それが2015年12月だったので、たぶん『テトリス』を始めて1年半くらいですね。 その後、「EVO 2017」のサイドトーナメントで優勝もしていましたが、大会にはよく出るようになったんでしょうか。 あめみや:オンラインとかでいろいろな方と知り合って、大会に誘ってくれたり、支援してくれる人がいたりしたんです。 「EVO 2017」の時は『』プロのTema選手が誘ってくれました。 「EVO 2017」に行くかどうかはすごく悩んでいたんですけど、行くことにしました。 結果としては『ぷよぷよテトリス』のシングルスとダブルスの両方で優勝することができました。 優勝できたのはうれしかったんですけど、個人的には『スマブラ』の有名選手であるMKLeo選手に会えたことがもっとうれしかったですね。 『テトリス』や『ぷよぷよ』以外にも結構ゲームはやっていまして、特に『スマブラ』が好きなんです。 あめみや:『ぷよぷよ』を始めたのは2016年からですから、その時はすでにプレイし始めていました。 ただ、『ぷよぷよテトリス』でも『テトリス』を中心にプレイしていました。 『ぷよぷよテトリス』には「スワップ」というモードがありまして、25秒ごとに『ぷよぷよ』と『テトリス』が入れ替わってしまうんです。 『テトリス』で負けることはあまりありませんでしたが、スワップルールでプレイすると高確率で『ぷよぷよ』に切り替わると負けてしまう。 なので、このスワップでの勝率を上げるために『ぷよぷよ』を始めました。 あめみや:初級者、中級者くらいまではわりとすんなり行けました。 それから上級者として活躍できるまでには時間がかかりましたね。 たぶん、多くの人は初級者まではすぐに到達できると思います。 そこから中級者へ上がるのにちょっと時間がかかって、上級者になるのはかなり大変なことだと思います。 そこから超上級者に行けるかは才能が必要になってきますね。 あめみや:「T-Spin」ですね。 昔から『テトリス』をプレイしていた人は「T-Spin」の存在がわかっていないですし、今プレイしている人も「T-Spin」ができるようになるには、理解と練習が必要になります。 tripleのT-Spinができたとしても他の部分が滅茶苦茶に積んでしまうとダメなので、しっかり組みながらtripleのT-Spinができるようになるには時間がかかりますね。 久々に『テトリス99』をプレイしたらT-Spinというものがあって、これを覚えるのが大変でした。 とりあえずdoubleまではなんとか。 いまだに組み方はわかりません。 そもそも『テトリス』に連鎖のイメージなかったですし、基本は4列消しのテトリス狙いでしたから。 あめみや:やはり、昔の『テトリス』を知っている人は、対戦ゲームというより、ひとり用のパズルゲームというイメージが強いんですね。 僕がプレイし始めた時にはT-SpinもRENも当たり前でしたし、『テトリス』は対戦ゲームというイメージしかなかったですね。 あめみや:「ぷよぷよチャンピオンシップ」が開催されると聞いたときは、かなり練習をしました。 先ほど言ったとおり、『ぷよぷよ』はスワップルールで勝つためだけに練習をしていたので、「ぷよぷよ対ぷよぷよ」の対戦とはやることが全然違うんですよね。 なので、「ぷよぷよ対ぷよぷよ」で勝てるように、特訓レベルで練習しました。 それでも『ぷよぷよ』ルールではプロになれるとは思っていませんでした。 一応、「ぷよぷよチャンピオンシップ」が開催されるにあたり、推薦していただけたので、プロになることにしましたが、自信はまったくありませんでした。 推薦を受けられるだけの実績は残していましたが、その時はまだまだ実力不足だと思っていました。 今は、やり込みまくったおかげでだいぶ戦えるようになりました。 昨シーズンは、何度か好成績(ベスト4を2回)を残すこともできたんですけど、優勝まで到達することができませんでした。 なので、今シーズンは優勝を狙いたいです。 みなさん、プロなので強いんですよ(笑)。 あめみや:『テトリス99』の配信を始めてから、YouTubeチャンネルの登録者が格段に増えました。 『テトリス99』は連勝記録を目的に配信しているのですが、いきなり66連勝をすることができました。 ただ、この時は単純な『テトリス』力だけでゴリ押しのプレイをしていたのですが、最近は状況を見て戦略を変えることによって、安定して勝てるようになりました。 今のところ配信での連勝記録は89連勝ですね。 配信をしていない時に330連勝しているんですが、配信で99連勝を目指しています。 コメントもかなり高速で流れていくので、よく見ていられるなぁとそこにも感心してしまいます。 あめみや:コメントに関してはスマホを使って、別画面で見ていて、ほぼチェックしています。 『ぷよぷよ』のプロ選手として、『テトリス99』のストリーマーとしての、今後の活動や期待したいことはありますでしょうか。 あめみや:「ぷよぷよチャンピオンシップ」ではもう少し賞金が上がってくれるとうれしいですね。 『テトリス99』は先ほど言ったとおり、とりあえず99連勝を配信で目指します。 あと、『テトリス』もeスポーツになってほしいです。 そして、『ぷよぷよ』と『テトリス』のWプロ選手として活動したいですね。 ーーーーー 現在は『ぷよぷよ』の公認プロゲーマーとして、ストリーマーとして活動しているあめみやたいよう選手だが、全国のイベントなどでも引っ張りだこ。 誰もが素直に「すごい!」と思えるその超絶テクニックは、ゲームやeスポーツに興味がない人さえも虜にしている。 eスポーツとして人気のMOBAやFPS/TPSといったタイトルももちろん人気はあるのだが、シンプルであり、誰もがすぐに遊べるがゆえにその奥の深さを痛感できるゲームとして、『ぷよぷよ』や『テトリス』以上に世代を問わずに遊べるeスポーツタイトルはないだろう。 若き天才が今後どのような成長を遂げ、両タイトルで頂点に上り詰めていくのか。 あめみや たいよう|Twitter.

次の

「テトリス99で99連勝」ぷよぷよプロあめみやたいようの野望

テトリス99 あめみや

【 本記事のターゲット 】• ニンテンドースイッチを持っている• オンライン(有料)に加入している• TETRIS 99 でなかなか勝てない 今回はニンテンドースイッチのゲームソフト「TETRIS 99」に関して、ルールや操作方法・勝つ為のコツをご紹介します。 知っている人・知らない人それぞれいらっしゃると思うのですが... テトリスの新作として2019年2月14日に「TETRIS 99」がスイッチ向けに配信されました。 テトリスといえば... そう、世界でもっとも売れているゲームソフト(ダントツ1位)ですよね。 みなさん知っていましたか??(苦笑) で、注目すべきなのがその料金... なんと... 無料!! ぷよぷよeスポーツでも500円(割引期間中)だったのに... mogだけでなく、息子(9歳)も結構ハマってプレイしているので... 一応mog自身は何度か1位が取れるレベル、息子も2位までであれば取れるくらいの実力者です。 テトリスって本当に奥が深く... 実際のゲーム体験を元に、ルールや操作方法・勝つ為のコツをご紹介したいと思います。 テトリス99に興味がある・なかなか勝てないという方は参考にしてみて下さいね。 何とニンテンドースイッチでオンライン加入している方だと無料で「テトリス99」がダウンロード&プレイ可能となっています。 スイッチ保有者&オンライン加入者の方はとりあえず無料なので、下記手順でダウンロードしてみましょう。 まずTOP画面で左下に表示(黄色いバッグのアイコン)されている「ニンテンドーeショップ」をクリックします。 その後、画面内でテトリス99を探して見て下さい。 無料でダウンロード出来るようになっているはずです。 mogがダウンロードした時は、まだ提供開始直後だったのでeショップのTOPに表示されていましたよ。 正式名称は上記キャプチャにもある通り「TETRIS 99」になります。 ダウンロードが完了したら、早速起動してみましょう。 あ、一応ですが、TETRIS 99は「CERO A」となっていて、全年齢対象のゲームとなります。 下記画面が表示されると思います。 (2020年追記:現在では有料コンテンツ・ローカル対戦なども提供されている&VIPルームも追加になっているので、見た目が少々変わっています。 ) 何と... ゲーム内容が1種類のみ、TETRIS 99しか選択する事が出来ません... そもそもなぜ「TETRIS 99」という名前なのかというと... 全世界中のプレイヤーで自動マッチングを行い、99人で対戦するというゲームになっているんですよ。 99人!?ちょっと多すぎじゃない?そもそもマッチングするの?とmog自身疑問に思っていたのですが... ゲーム自体が軽いのか、めちゃくちゃ快適にプレイ出来ます。 操作方法は従来のテトリスとほぼ同じ、ホールド・ハードドロップ対応・Tスピン有り さて、99人オンライン対戦しか出来ないというシンプルな作りのTETRIS 99ですが、ルールや操作方法をご紹介します。 まずキー配置ですが、2種類から選択する事が可能となっています。 Joy-conは二つ利用する感じじゃないと多分プレイ出来ないのかな... mog自身はいつもProコンなので... 上記がAパターンのキー配列です。 上記がBパターンのキー配列となります。 何が違うか... というと、「作戦の切り替え」と「任意のターゲット切り替え」ボタンがスティックのLになるのかRになるのかの違いですね。 基本どちらも同じキー配列となっていて変更は出来ない仕様となっています。 最近のテトリスをプレイした事がない方向けに少々説明します。 スイッチのぷよテトなどをプレイした事がある方はこの部分はすっ飛ばして頂いてOKです。 まずハードドロップ... という言葉知っていますでしょうか? 昔・初代のテトリスにはなかったですよね。 これ、キーの上ボタンを押すと、一瞬にしてブロックを地面にドロップする事が出来ます。 かなりの時間短縮になるのでお勧めなのですが、間違える事もしばしば... ちゃんと落とす場所の狙いを定めてから使うようにしましょう。 次にホールド... 下記のような感じですね。 L・Rボタンを押す事で、今落とそうとしているブロックを一時的にホールド欄に置いておく事が出来ます。 良いのが来なかった場合とか、Tミノ(T型のブロック)、Iミノ(棒のブロック)を攻撃用に保存しておく場合などに利用しましょう。 あとは昔のテトリスには表示されなかったNEXTミノ(ブロック)が6つまで見えるようになっています。 ブロックを組み上げる時に先読みとして利用出来ますよね。 そして最後... これは結構重要です。 昔のテトリスしかやったことがない方、テトリス(4段消し)が最強だと思っていませんか??違うんですよ(苦笑)。 mogもここ1年で知りました... 詳しくは別記事にて記載しているのですが、今の時代Tスピンという攻撃力が比較的高い組み方が主流になっているんですよ。 Tスピントリプルだとテトリス(4段消し)よりも攻撃力は上になるので... 是非覚えておきましょう。 あとRENという攻撃方法もあります。 これは比較的わかりやすいですが、続けてブロックを消し続けることで攻撃力を高めていくことが可能です。 10回連続でRENを成功させるとなかなかの攻撃になりますので、場合によっては左4列だけ開けて右側を積み込んで行く... なんて戦法も取れますよね。 相手への攻撃方法は5種類、場面によってうまく使い分けよう 99人オンラインバトルなので、ブロックを消しながら相手に攻撃をしていく形になるのですが... 上記画面の中央上に何やら4種類の攻撃マークが表示されているのが分かるでしょうか。 「とどめうち」「バッジねらい」「カウンター」「ランダム」の4種類ですね。 これは自動である条件にしたがって相手に攻撃をするという感じなのですが、手動で作戦を切り替えることが可能です。 先ほどのキー配列の通り、ボタンやスティックで変更出来ます。 攻撃相手を手動で選ぶというマニュアルもあるので、作戦としては全部で5種類存在するでしょうか。 下記にまとめてみると... とどめうち:ゲームオーバーになりそうな相手を狙う• バッジねらい:バッジを多く持っている相手を狙う• カウンター:自分を狙っている相手全員に攻撃をする• ランダム:上記のうちどれか• マニュアル:自分でターゲットを選ぶ事が可能 という感じ。 例えば「とどめうち」を選んでおけば、99人の中から今にも上にブロックが積み上がってしまう人を優先して攻撃・ノックアウトさせるということが可能です。 今どういった場面なのか、自分で判断して最適な作戦を選択するようにしましょう。 TETRIS 99で勝つためのポイント。 バッジを取得する為に「とどめうち」がお勧め さて、ここからは実践での攻略ポイントを中心にご紹介します。 とはいってもmogレベルなので... テトリス99で1位を取ったことがないという方は参考になるかもしれませんので、自分の中で取り入れられる部分は取り入れて見て下さいね。 まず99人オンラインバトル開始後ですが... 無理に上まで積むのはちょっと危険です。 mog自身もなんと80位でノックアウトされてしまったことがあるので... というのは、上まで積み込むと、どうも「とどめうち」の作戦を選択している人から総当たり攻撃を受けてしまうようで... 後ほど紹介するあめみや氏のようによっぽど強い人であれば良いのですが、普通のプレイヤーだとみんなから総攻撃されて開始早々ノックアウト... 何てことにも繋がりかねないです。 ということで、中段くらいまでは全然積み込んでOKですが、それから上に積む場合は十分注意しましょう。 積み込み注意です。 あとはなるべくバッジを集めるようにしていきましょう。 相手を自分の攻撃でノックアウトした場合、相手側の欄に下記のようなKO表示がされる仕組みになっています。 これをすると、バッジがもらえるので前半はなるべくバッジ集めに... 個人的には狙って倒しやすい「とどめうち」が良いんじゃないかと思っています。 終盤は自分も相手側もバッジを持っているため、攻撃がバンバンくるような感じになって短期決戦になりやすいルールとなっています。 テトリス(4段消し)だけではなく、Tスピンを狙え。 端1列開けて積み込む さて、実践でのお勧めの組み方なのですが... mog自身は下記のように組むのが一番無難かなと思っています。 まず、相手から攻撃が来た時になるべく相殺出来るように、Iミノ(棒ブロック)をホールドにためておき、4段消し・テトリスがいつでも出来る状態を保っておきたいです。 加えて、Tスピンダブルが出来る状況を作るため、上記のように左側に1列積み上げて、その隣を空白に、その隣はどんどん積み上げて行く感じ。 SミノやTミノ、あとはOミノ(四角)やLミノなどでTスピンが出来るブロック組みをして、Tスピンダブルとテトリスを連続で放つことが出来るような組み方が良いかな... ちなみに余談ですが、Tスピンとテトリスの攻撃力の比較は下記の通り。 Tスピン ダブル(2段消し) = テトリス(4段消し)• 5 Tスピンダブルとテトリスが同じ攻撃力ですね。 Tスピンダブルだと2段しか消えないのに攻撃力がテトリスと同じなので... 出来るときは狙ったほうがよいですが、無理に狙うと自滅する危険性もあるため... mog自身はやって開始直後のブロック組みでトリプルを放つくらい... メインはTスピンダブルとテトリス(4段消し)で良いかと思います。 残り50人になると音楽のテンポが早くなる。 落下スピードも早くなっていく さて、そんなこんなでバトルを続けて行くと... どんどんノックアウトされて行き対戦相手の数が減って行きます。 そして残り50人になると、画面上で下記のようなアナウンスがあり、音楽のテンポが若干早くなります。 99人対戦ですが、ネット環境や途中でやめてしまう人もいるため、必ず99人になるとは限らないみたいです。 50人以下になると... 焦ります。 曲が早いので... 何ででしょうね。 つられますね(苦笑)。 とはいえ、ここは先ほどの前半の継続。 落下スピードも多少早くなって来ますが、全然追いつけるレベルなので、Tスピンダブルとテトリスを狙って行きましょう。 残り10人になると音楽が変わり、落下スピードが高速に。 移動出来るよう平らに積み込む 残り20人くらいになると、相手側も結構バッジを溜め込んでいるので攻撃力が高く、一気にブロックが積み上がってしまう可能性が高くなります。 集中的に狙われる可能性があるのが、先ほども記載した通り• バッジを大量に保有している• ノックアウト寸前 の2種類になります。 相手の作戦が「バッジねらい」「とどめうち」に該当してしまうので... 相手に狙われたら自分の作戦を「カウンター」に変更してTスピンダブル+テトリスなど、多少強めの攻撃を繰り出せば対象から外れることも多いです。 が、ここからはやはり実力が問われるので、ミスせずなるべく早くブロックを組み、攻撃を繰り出すという基本に集中しましょう。 そして... いよいよ10人以下になると再度画面にアナウンスが流れます。 残り10人... 音楽がガラッと変わります。 めちゃくちゃ焦ります(苦笑)。 そして... このあたりから急激にブロックの落下スピードが早くなります。 もはやハードドロップに近いくらいの速さ... ここで一つポイントなのですが、基本積み方はTスピンやテトリスを狙うので良いのですが、出来るだけ平らに積むように心がけましょう。 スピードが早いので、ブロックが地面に着いてから回転させたり移動させたりすることが多くなります。 平らであれば着地したあと結構移動がスムーズに出来るのですが、一部突起物があったりするとそれを乗り越えられない... といった状態になってしまうので、難しいですがなるべく平らにするようにしましょう。 あと早いからといってハードドロップをしない... というのは相手とのスピードに差が出てしまいます。 これも押すと次降ってくるブロックまで着地させてしまうリスクはありますが... 着地点が決まっているブロックは先読みしてなるべくハードドロップが出来るようにしましょう。 地面に着いてから着地点が決まるまで結構時間かかるので... このちょっとの差が最後の勝敗を分けますので。 相手をノックアウトしていき... 1位になると、音楽自体も違うため、やったぁという感じになりやすいです。 世の中にはすごい人がいるもんですね。 何と先日99人相手に連続66回テト1(1位)を取得した猛者がいます。 世界No. 1テトリスプレイヤーのあめみやたいよう氏です。 まさに神!ですよ。 こんなん勝てないです(苦笑)。 プロって本当にずごい... 上記があめみや氏のYouTubeチャンネルなので、よければ見てみて下さいね。 TETRIS 99連勝企画とか、AIとの対戦とか... ぷよぷよも普通に上手いですし、スマブラSPもVIPプレイヤーでめちゃ上手い... その中でもテトリスは本当にやばいくらい上手いので、ちょっと異次元すぎて参考にならないかもしれませんが... 最後に 今回はニンテンドースイッチのオンライン加入者向けに無料で配信されているテトリス99に関して、ルールや操作方法・攻略法などをご紹介しました。 何といっても無料なので... オンライン加入者はまずダウンロードしてみて下さいね。 中々勝てないという方は本記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

次の