サイコ フィールド いたずら ごころ。 ニャオニクス (オスの姿)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

誰も知らない(?)サイコフィールドの仕様について

サイコ フィールド いたずら ごころ

サンムーンの対戦、特にダブルバトルにおいて、カプ(カプ・コケコ/テテフ/ブルル/レヒレ)が使ってくる「フィールド」を知っておくことは、かなり大事です。 特定のタイプの技の効果を上げるなどのフィールドが持つ効果、特定のフィールドの恩恵を受けるポケモンの特性、特定のフィールドで作動する道具など、さまざまな要素があって複雑なので、ある程度対戦をこなさないと覚えきれなかったりもします。 ここでは、そうしたフィールドの効果を整理しておきます。 カプと「フィールド」の基本ルール• フィールドはカプの特性で発生するほか、フィールドを発生させる技もある• フィールドの影響を受けるのは地面にいるポケモンのみ。 飛行タイプ、特性「ふゆう」、「ふうせん」持ちのポケモンはフィールドの効果を受けない(ただし、フィールドによって作動する道具を持っていた場合は作動する)• フィールドの効果は通常5ターン。 「グランドコート」により8ターンにできる(グランドコートは48BPと交換、またはエンドケイブで拾う)• フィールド同士は競合し、上書きされる同時に複数のカプが場に出た場合は、素早さが もっとも遅いカプのフィールドになる• フィールド発生時に使われる道具は発生した瞬間に使われるため、遅いカプが同時に出て一瞬で上書きされても使われ、効果が出るる• 地上にいるポケモンが使う電気技を強化し、同時に、地面にいるポケモンが「ねむり」にならないようにします。 難しいのは、電気技は地面タイプに無効、なおかつ地面にいる電気タイプのポケモンは地面タイプが弱点であるところです。 非常にわかりやすい弱点を晒しているため、何とかケアしないとスカーフガブリアスに掃討されて終わります。 影響を受けるポケモンの特性 ライチュウ(サーフテール) エレキフィールド上では「すばやさ」が倍になる 技「エレキフィールド」を覚えるポケモン(アローラ図鑑) ライチュウ系、ジバコイル系、エレキブル系、トゲデマル、カプ・コケコ、デンジュモク、ドーブル エレキフィールドの影響を受ける道具 エレキシード 効果:エレキフィールド発生時に使用され、ポケモンの防御アップ 入手方法:マハロ山道で拾う/野生のトゲデマルがまれに所持 サイコフィールドの効果、影響を受けるポケモン カプ・テテフの特性「サイコメーカー」または技「サイコフィールド」によって発生。 地上にいるポケモンが使うエスパー技を強化し、同時に、地面にいるポケモンに先制技が効かないようになります。 これは、特性「いたずらごころ」による変化技も含みます。 ただし「おいかぜ」など、対戦相手にかけるわけではない技は先制して利用できます。 先制技無効は、慣れないとミスも起こりがちです。 うっかり横にウインディを並べて「しんそく」を撃ってしまうなど…。 ですが慣れれば非常に強力で、「がむしゃら」や能力アップからのバトンタッチなど、先制技で阻止されかねないコンボの成功率を上げることもできます。 影響を受けるポケモンの特性 なし。 技「サイコフィールド」を覚えるポケモン(アローラ図鑑) ヤレユータン、カプ・テテフ、ドーブル サイコフィールドの影響を受ける道具 サイコシード 効果:サイコフィールド発生時に使用され、ポケモンの特防アップ 入手方法:野生のタマタマがまれに所持 グラスフィールドの効果、影響を受けるポケモン カプ・ブルルの特性「グラスメーカー」または技「グラスフィールド」によって発生。 WCSダブルでは地面技を無効にできる飛行タイプや特性「ふゆう」の強いポケモンが少なく、地面が弱点となる電気、炎、岩、鋼、毒タイプを使う機会が多いため、このフィールドの恩恵は非常に有効です。 問題はカプ・ブルル自身をどれだけ活躍させられるか…でしょうか。 影響を受けるポケモンの特性 なし。 技「グラスフィールド」を覚えるポケモン(アローラ図鑑) ナッシー系、キュワワー、カプ・ブルル、ドーブル グラスフィールドの影響を受ける道具 グラスシード 効果:グラスフィールド発生時に使用され、ポケモンの防御アップ 入手方法:マリエ庭園/野生のアマカジがまれに所持 ミストフィールドの効果、影響を受けるポケモン カプ・レヒレの特性「ミストメーカー」または技「ミストフィールド」によって発生。 地上にいるポケモン(敵味方問わず)が状態異常にならなくなり、同時に、地面にいるポケモンが受けるドラゴン技の威力が半分になります。 眠りだけを防ぐエレキフィールドの上位互換とも言え(なお、フィールド発生前からの状態異常が治ることはありません)、カプ・テテフのおかげで状態異常を中心とした戦術はきわめて成功しにくくなっています。 影響を受けるポケモンの特性 なし。 技「サイコフィールド」を覚えるポケモン(アローラ図鑑) ピクシー系、プクリン系、ニンフィア、アシレーヌ系、カプ・レヒレ、ドーブル サイコフィールドの影響を受ける道具 ミストシード 効果:ミストフィールド発生時に使用され、ポケモンの特防アップ 入手方法:ポニの険道/野生のキュワワーがまれに所持.

次の

【S5ダブル最終27位】Lightパ【まねっこトリル構築】

サイコ フィールド いたずら ごころ

技を出す順番について 結論から言うと、技を出す順番は、技の 優先度が高い順です。 優先度が同じ場合は 素早さが高い順、素早さも同じなら、 ランダムに決まります。 また、同じ優先度の場合でも、 せんせいのツメなど、 先に行動できる道具などを持っていた場合は、行動順が変わることもあります。 図にするとこんな感じです。 優先度について 概要 優先度とは、 技を出す順番を決める数値です。 公式用語ではありません。 優先度は技によって決まっていて、相手の技より優先度の高い技は、素早さに関係なく、先に出すことができます。 ゲーム内での表記 優先度に影響する技は、技の説明文に「 必ず先制できる」や「 必ず後攻になる」といったことが書かれています。 ただし、正確な優先度の数値を ゲーム内で確認することはできません。 一覧 ソード・シールドで使用できる技で、それぞれの優先度は、以下の表のとおりです。 ただし、相手の 悪タイプに対して、この特性で優先度を上げた技は 失敗します。 この特性のポケモン: キュワワー(ソード・シールド未解禁) じょおうのいげん 相手から自分に対する先制技を受けなくなります。 ただし、相手の特性が かたやぶりの場合、先制技を 無効にはできません。 この特性のポケモン: アマージョ ビビッドボディ じょおうのいげんと同様です。 注意点として、技自体の優先度は変わりません。 同じ優先度の中で最速になるイメージです。 こちらも技自体の優先度は変わりません。 こうこうのしっぽ・まんぷくおこう ポケモンに持たせると、お互いの素早さの値に関わらず、 後攻になります。 せんせいのツメと逆で、 同じ優先度の中で最遅になるイメージです。 お互いに こうこうのしっぽを持っていた場合は、 素早さが高い方から行動します。 こうこうのしっぽを持っていても、相手より優先度の高い技を使った場合は先制できます。 特性「あとだし」について こうこうのしっぽの特性版で、お互いの素早さの値に関わらず、 後攻になります。 「あとだし」同士では、 素早さの高い方が先攻になります。 こうこうのしっぽ・まんぷくおこうを持っているポケモンと、特性「あとだし」のポケモンでは、 素早さの高い方が先攻になります。 この特性のポケモン: ヤミラミ 素早さに影響する道具 こだわりスカーフ 持たせると、 持たせると素早さが1. 5倍になり、ひとつの技以外使えなくなります。 ダイマックスすると こだわりスカーフの効果が解除され、素早さ上昇はなくなります。 くろいてっきゅう 持たせると、 素早さが通常の半分になり、 飛行タイプや ふゆうで浮いているポケモンは、地面タイプの攻撃が当たるようになります。 くろいてっきゅうと違い、飛行タイプやふゆうに、地面タイプの攻撃が当たるようにはなりません。

次の

悪Zおきみやげといたずらごころの仕様

サイコ フィールド いたずら ごころ

全てののを1加算して出すことができる。 敵のに対して、この特性の効果で優先度を上げた技は失敗する 以降。 説明文 ・ へんかわざを せんせいで だすことが できる。 変化技を 先制で だすことが できる。 ・ へんかわざを せんせいで だすことが できる。 変化技を 先制で 出すことが できる。 ではタイプ相手に効かなくなった。 そのため自身や味方、場に対して使うことがメインとなっている。 この特性を持つポケモンは全てののを、通常より1高い状態で繰り出すことができる。 により他の特性のポケモンがこの特性に変化したとき、ではそのターンの行動順に影響は無い。 ではそのターンからいたずらごころは適用される。 逆にメガシンカによりいたずらごころから別の特性に変化したときは、第六世代ではいたずらごころの効果があるが、第七世代ではいたずらごころは適用されない。 等により他の特性のポケモンがいたずごころに変化したり、いたずらごころから他の特性に変化した場合、第七世代までそのターンの行動順に影響は無い。 ではそのターンからいたずらごころの効果で行動順が早くなったり、いたずらごころを失ったことで行動順が遅くなったりする。 第七世代では、技により他の特性からいたずらごころになってもそのターンは変化技の優先度は変化しないので、あくタイプやサイコフィールドに守られている敵にも有効。 いたずらごころから他の特性になった場合は、優先度は上がったままなのでサイコフィールドに防がれるが、いたずらごころでは無くなるためあくタイプには有効。 第八世代では、技により他の特性からいたずらごころになるとそのターンから変化技は優先度が上がるため、あくタイプやサイコフィールドに守られている敵には無効。 いたずらごころから他の特性になった場合は、優先度は戻りサイコフィールドにもあくタイプにも有効になる。 によりいたずらごころの特性が無効化されると、そのターンから行動順に影響が出る。 かがくへんかガスの効果が無くなるとそのターンから優先度が上がった状態で変化技を出せるようになる。 かがくへんかガスが発動している間はあくタイプに使用する変化技も有効となる。 シリーズではを使う時、一度に2回繰り出せるが、では相手があくタイプだと失敗してしまう特性である。 いたずらごころで優先度が上がった技について• いたずらごころで優先度が上がった技はタイプに無効化される。 いたずらごころを持つポケモン自身や味方に対して使われる場合は、あくタイプが相手の場にいても有効。 優先度を上げたにより繰り出したであっても無効。 場を対象とする技は有効。 あくタイプのポケモンが同時にである場合、マジックコートが優先されて、変化技は跳ね返される。 無効化するときは、技の使用者がいたずらごころである場合に限る。 以下のような状況では、技を出したポケモン自身はいたずらごころではなければその技は有効。 いずれも、技を出したポケモン自身もまたいたずらごころだった場合は無効。 いたずらごころのにより強制された技。 先制技含む• いたずらごころのにより繰り出された技• いたずらごころのにより繰り出された技• いたずらごころの変化技をで跳ね返された技。 この特性の効果で優先度が1以上になった技は、下記の状況において相手に無効化される。 以降 : いたずらごころを持つ味方の技であっても無効。 特性・とその味方のポケモン、またはでポケモン: いたずらごころを持つ味方の技である場合は有効。 場を対象とする技は有効。 上記仕様をまとめると、いたずらごころの技が有効な相手は以下の表のようになる。 ・・・は場にいるすべてのポケモンが対象の変化技だが、 場を対象とする技ではない。 対象の所属 敵 味方 あくタイプ 無効 有効 ファストガード 有効 有効 ビビッドボディ じょおうのいげん サイコフィールド 無効 有効.

次の