一番星見つけた 英語。 一番星みつけた 童謡・唱歌

「星」の英語|会話で使える!12個の表現や星座なども紹介

一番星見つけた 英語

一番星 [ ]• - のシングル曲。 シングル「」に収録。 シングル「」に収録。 アルバム『』に収録。 シングル「信じる力」に収録。 のシングル曲。 の連作短編小説集『』の一編。 1968年に日本テレビ系列の『』枠で放送されたテレビドラマ。 一番星(一番星号) - 主演の映画『』シリーズで、主人公・星桃次郎が運転するトラックの名前、および主人公の通称。 の品種。 と愛知101号を交配して誕生した、「ひたち29号」の商標名。 一番星(一番星号) - 菅原文太主演の映画『トラック野郎』シリーズで、主人公・星桃次郎が運転するトラックの名前、および主人公の通称。 一番星(一番星号) - 菅原文太主演の映画『トラック野郎』シリーズで、主人公・星桃次郎が運転するトラックの名前、および主人公の通称。 いちばん星 [ ]• - 1977年に放送されたNHKの。 - 1956年の日本映画。 監督作品。 - のシングル曲。 アルバム『』に収録。 シングル「ぼくの味方」、アルバム『』に収録。 アルバム『the frogs at beautiful sunset』に収録。 テレビアニメ『』のエンディングテーマ。 歌は黒羽寧子()、橘佳奈()、カズミ・シュリーレンツァウアー()、鷹鳥小鳥()による。 1番星 [ ]• アルバム『』に収録。 関連項目 [ ]• このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

金星は一番星ですか??

一番星見つけた 英語

元太たちがいないのは、博士に足止めしてもらっているせいだ。 あいつらがいたら聞きたいことが聞けねえからな。 今回は昴さんや安室さんもいなかったということで、灰原もついてきていた。 ただし、世良からは見えないようにか蘭に隠れるようにして歩いてるけどな。 「いらっしゃいませ!」 出迎えてくれたのは、俺の隣のクラスで手先が器用らしいカロル・カペルだ。 「こんにちは、カロルくん」 「今日はガキんちょも連れてきたから5名でお願いね!」 「了解、じゃあ席に案内するね!」 ……いつの間にカペルの名前を呼ぶくらい親しくなったんだよ、蘭。 俺が少しモヤッとしたのに気づいてるのか、灰原は横目で俺を見て、それから何も言わずに席へと向かっていった。 ……気づいてるな、間違いなく。 「今日のオススメはジュディス特製レモンパイだよ!」 「あれ、レモンパイなんて前に来た時はメニューになかったよな?」 「うん、最近ジュディスがここで働いてくれるようになったから、メニューのレパートリーが増えたんだ!お客さんからも評判がいいんだよ!」 「確かに、ジュディスお姉さまがガキんちょたちに教えながら作ったっていうアップルパイは美味しかったわ」 「そうだよね、ジュディスさんにレシピを聞いたら教えてくれるかなあ」 「ええ、いいわよ」 そう言ったジュディスさんがカペルの隣に立っていた。 いつの間に?! 「ジュディスさん!」 「フフ、驚かせてごめんなさい。 戻る途中で私の名前が聞こえたものだから、つい来てしまったわ。 それであなたたち、注文は済ませたのかしら?」 「あ、まだだわ!つい話し込んじゃったわね。 じゃあ……」 「私は先に戻ってるわね」 「うん、わかったよ!」 園子を筆頭に注文を終えた俺たちは、カペルが厨房に戻るのと入れ違いでジュディスさんが戻ってくるのが見えた。 その手に紙を持っているのも見える。 「はい、これがレモンパイのレシピよ」 「ほ、本当に教えてくれるんですか?!」 「ええ。 とは言っても、これは基本が載っているだけなの。 私はそこからアレンジを入れているから同じ味にはならないと思うのだけれど、それでもいいかしら?」 「全然大丈夫ですよ、ありがとうございます!」 「フフ、喜んでもらえてよかったわ。 今はその紙が1枚しかないから、あなたたちで共有してね」 それじゃ、とジュディスさんも厨房へと戻る途中で新たに客が来たのか、ジュディスさんはそちらの方に行ってしまった。 「はあー、美人でスタイルもいいし料理も出来る、ジュディスお姉さまって素敵よねえ」 「なんでも出来そうだよなあ」 「どうしたらジュディスさんみたいになれるのかな?」 蘭たちがそんな話をする中、そういやさっきから灰原は一言も喋ってねえなと灰原の方を見ると、灰原はただジッとジュディスさんを目で追っていた。 何でそんなに観察してんだよ……むしろ観察というより監視って感じじゃねえか? そんな灰原に監視されているジュディスさんはといえば、鼻や耳にピアスをジャラジャラとつけている男二人を俺たちの隣の席に案内していた。 「おまたせしました!」 そう言ってカペルは俺たちの前に注文したものを置いていく。 俺は早速ジュディスさん特製レモンパイを口に入れた。 ……!うめぇなこれ。 今度蘭が作る時は俺にももらえるように言っておくか。 そんなことを考えながらフォークを進めていた俺の耳に隣の席の会話が聞こえてきた。 「なあなあお姉さん」 「何かしら?」 「『一番星』っつーの探してんだけどさあ、お姉さん知らねえ?」 「一番星?星なら夜になるのを待つか、プラネタリウムにでも行った方がいいんじゃないかしら?」 フフ、と笑ったジュディスさんは注文が決まったら呼んでねと席から離れて行った。 「んだよ、ここもハズレか」 「ならここにもう用はねえ。 出ようぜ」 文句を言いながら外へと消えていく男たち。 ……一体、なんの話だ? 「あ、もしかして今のがそうなのかしら」 「何がそうなの?」 「前にポアロに行った時に梓さんから聞いたのよ。 最近星だとか一番星だとか、『星』関係のものを探してるって言ってくる客がいるって。 何のことだかわからなくて首を傾げてたら違うのかよってみんな帰っちゃうんですって」 「ああ、それなら僕も聞いたことがあるよ。 前に喫茶店に入った時にそんなことをボヤいてた店員がいたしな」 「じゃあ、喫茶店だけで起きてることなのかな?」 その話が、どうも気になってしょうがなかった。 何か、引っかかることがあるのか……? 「ああ、それなら理由を知ってるわよ」 「え?」 突然現れた第三者は、先程まで男たちがいた場所に勝手に座ってコーヒーを飲んでいた。 「どこかの喫茶店に、警察で取り合ってくれないようなこともやってくれる『何でも屋』みたいなことを裏でやってる奴らがいるって話。 その依頼方法が『星』に関することを言えばいいって噂が噂を呼んで、その真相を確かめて雑誌にでも売れば大儲けできるだろうって奴らが片っ端から喫茶店に行ってはそこの店員に言うのよ。 『星』を探してるってね」 「何で『星』なの?」 「あたしが知ってると思うわけ?あんたたちはそんなことするんじゃないわよ」 睨むように俺たちに言ってコーヒーをグッと飲み干したその人は、そのソーサーごとカップを持ち上げた。 「ま、所詮は噂なんだからもう少ししたら消えるんじゃない?」 それじゃ、とその人は厨房へと入っていった。 「……何だったのかしら?」 「だな」 灰原の言葉に思わず頷く。 ただそれを言うだけのためにこっちに来たのか? 「あれ、リタが来てたんだ」 カペルがその人と入れ替わりでこっちにやってきた。 「リタ?」 「今までいたでしょ?」 「ああ、あの女の子のことか」 「うん。 リタってば最近、ここに『星』のことを聞いては帰っちゃうお客さんがいるのを度々目撃してるから、イライラしちゃってるみたいでさ」 「何でそのリタ?って子がイライラするんだ?」 「リタは一部じゃちょっと有名な科学者なんだけど、よくここで仕事しててさ。 ドアベルが何度も鳴るのにお客さんはいない。 でも大声で『期待外れだった』とか『ここも違うのか』って言いながら大きな音を立ててドアを閉めて帰っていく。 それがリタの集中力の邪魔してるみたいでね、一度キレちゃったんだよね」 そのまま相手にファイアーボールでもぶちかますかと思ったよとよくわからないことを言いながら遠い目になっていた。 ファイアーボールってどこのRPGだよ。 「へえ、あんなに小さいのに有名な科学者なんだ!」 「それ、リタに聞かれたら怒られるよ?リタ、ああ見えて成人してるsアイタッ!」 カペルが話している途中でその頭に何かが飛んできた。 それを見てみれば、広辞苑並に分厚そうな本だったようだ。 確かにあれは痛いな……。 「だーれーがーああ見えて成人してるってえ?」 「ちょ、ちょっと待ってリタ落ち着いて!」 「問答無用!」 リタさんは再び先程と同じくらいの分厚さの本を両手に持ってカペルに投げつけた。 ぎゃあああ!とカペルが悲鳴をあげて厨房へと逃げていく。 ……てか、ここが店内だって忘れてねえか? 「ったく、あのガキんちょは……。 で、あたしがなんだって?」 「い、いえ!有名な科学者さんだって聞いたから気になって……」 「それは他の奴らが勝手に言ってるだけよ。 あたしのこと天才って言うやつもいれば変人奇人なんて言う奴もいるしね」 カペルが逃げていった方を睨んでからこちらに向いたリタさん。 そんなに凄い人には見えねえけどな。 「あんたたちの知り合いに科学者がいたら聞いてみればいいんじゃない?『リタ・モルディオを知っているか』、ってね」 「!リタ・モルディオ……?!」 その名前に、灰原が反応した。 「何あんた、あたしのことわかるわけ?」 「……いえ、博士から少しだけ話を聞いたことがあったのよ。 齢10歳にして様々な法則を解き明かしたり新しいものを見つけ出した、天才科学者ってね」 「博士?……誰よそれ」 「阿笠博士だよ。 ボクの親戚の隣の家の人で色んな発明品を作ってるんだ!」 「全自動卵割り機とか作ってるけどね……」 「全自動卵割り機……ああ、あのじいさんね」 思い当たる節があったのか、リタさんは納得しているようだった。 「おいリタ、こんなとこで油売ってていいのか?そろそろ出ねえとエステルとの待ち合わせに遅れるぞ?」 「え、もうそんな時間?!エステルを待たせるわけには行かないわ!」 挨拶もそこそこにリタさんは外へと飛び出していった。 ユーリさんの事故んなよーという言葉はあの様子からして恐らく聞こえていないだろうな。 「ねえユーリさん。 何で喫茶店で『星』のことを言ったら、なんて噂が出始めたのか知ってる?」 「さあな。 いつの間にかそんな噂があった、としか言えねえな」 「いつか、その『何でも屋』さんに会えるかな?ボク、とっても興味あるなあ!」 「さあ、会えるんじゃねえか?……近い内に、な」 最後の方はユーリさんの声が小さくて聞き取れなかった。 ユーリさんは厨房には戻らずにまた新たな客の対応をしに行っていた。 あ、光さんだ。 さっき出て行ったリタさんはエステルさんと待ち合わせてるって言ってたよな。 ここにいてもいいのか? そういや、ジュディスさんがエステルさんに伝言してたんだよな。 確か内容は……。 ……そうだ、『一番星』! ジュディスさんが伝言に使ってた言葉だ! 待てよ、てことは『一番星』に集いしってのはその『何でも屋』にジュディスさんが所属してるってこと。 そして最近、ここ『ヴィーナス』でジュディスさんは働き始めた。 蘭が園子から聞いたという話によれば、ユーリさんはここの店員はジュディスさんが来る前から決まっていたらしい。 そもそも、ここの店名である『ヴィーナス』ってのはローマ神話の愛と美の女神であるウェヌスと、金星を指す言葉でもある。 『一番星』は金星だとも言われてるしな。 てことはだ、噂の『何でも屋』はここ『ヴィーナス』の裏の顔って可能性がある。 待てよ待てよ、前に『麗しの星』で見つけたあのネックレス、パティさんは『宵の明星』って言ってたよな。 『宵の明星』も金星を射す言葉。 あれは『何でも屋』である彼女たちの象徴なんじゃねえか? つまり、パティさんもこの件に1枚噛んでる可能性が高い! 俺は思わずガタッと音を立てて席を立って走り出した。 「あ、コナンくん?!」 「ごめんなさーい、ボク昴さんと約束してたの忘れてたから行ってくるね!」 後ろで何か言っているようだが、今の俺にはそれを気にしている暇はない。 走りながら俺は昴さんに電話をかけた。 「もしもし昴さん?ちょっと手伝ってほしいことがあるんだ!」 [newpage] 「良かったのか?リタにあそこまで喋らせて」 そう言ったのは閉店間際の『ヴィーナス』で片付けを始めていたユーリだった。 「ええ。 でもまさか、あれだけで全てを結びつけるとは思わなかったわ」 「よく言うぜ。 あのコナンってガキが大人顔負けの推理力を持ってるっつったのはジュディじゃねえか」 「あら、彼には借りがあるもの。 その借りを返しただけ。 それだけじゃ理由にはならないかしら?」 「……なんか、ジュディはあのガキに甘いよな。 妹にも甘いみたいだけどよ」 「フフ、それは自覚しているわ。 「2人とも、そろそろお店閉めるよ!」 カロルが裏での仕事を終えたカロルがそう言いながら外の看板を取りに行く。 そこで、カロルが店の外に出る前にドアベルが鳴った。 「あの……」 やってきたのは小柄な少女で、その表情は俯いていて見えないけれど肩が震えているのがわかる。 「いらっしゃいませ!もうすぐ閉店だから出せるものが限られるけど、それでもよかったらどうぞ」 そう言ったカロルについて行った彼女はカウンターの席、ユーリの前に座った。 「んで、ご注文は?」 「あの、えっと……」 「焦らなくていいわ」 そう言うと、彼女は深呼吸をしてから、口を開いた。 「よ、夜空にまたたく『一番星』を探しています!」 思っていたより大きな声が出たのか、彼女は自分の声に驚いたように目を丸くした。 それについフフ、と笑ってしまう。 「おい、ジュディ」 「ごめんなさい、あまりにも可愛いものだから、つい」 彼女は自分のことでいっぱいいっぱいなのか、私の声は聞こえていなかったようでユーリを見てしどろもどろになっている。 「えっと、それで、あの……」 「んで、内容は?」 「え?な、内容……?」 「依頼内容だよ、そのためにここに来てそれを言ったんだろ?」 ほら、とミルクティーを彼女に渡したユーリはんで?と先程と同じことを言う。 「い、一ヶ月前くらいから……」 彼女は最近ストーカーに悩まされており、警察に行っても被害がなければ~なんて言って追い返されたとか。 彼女の対応をした刑事にはストーカーされる彼女自身にも非があるんだろうと決めつけられたらしいわ。 酷い人ね。 「うん、わかった」 看板を店の中に入れ、外のプレートをClosedにしてきたカロルが、彼女の隣に座って言った。 ねえあなた、これから時間はあるかしら?」 「は、はい!わたしは一人暮らしなんで大丈夫です!」 「一人暮らしでストーカーに遭うなんて……大丈夫、ボクたちに任せて!」 こうして夜は更けていく。

次の

一番星

一番星見つけた 英語

太陽系の惑星 英語一覧 Solar System Planets: Order of the 8 or 9 Planets 太陽系の惑星の英語名とその由来に関する英語の一覧表です。 英語の惑星名はギリシャ神話に登場する神に由来しています。 それぞれの惑星といっしょに神様の名前を紹介します。 神の名は、覚える必要はありませんが、ちょっとした知識として知っておくのもいいかもしれません。 惑星名 英語名 読み方 名前の由来 水星 Mercury マーキュリー メルクリウス mercurius という神。 商人や旅人の守護神。 金星 Venus ヴィーナス ヴェヌス venus という女神。 愛と美の女神。 地球 Earth アース 古い英語のeorthe(乾いた土地、土)から。 ラテンで「Terra」。 火星 Mars マーズ マルス mars という戦いの神。 戦争の神。 木星 Jupiter ジュピター ユピテル jupiter という全能の神。 最高神ゼウス。 土星 Saturn サターン サトゥルヌス Saturnus という神 農業の神。 天王星 Uranus ユラナス ウラノス ouranos という神。 天空の神。 海王星 Neptune ネプチューン ネプトゥヌス neptunus という神。 海や泉の神。 冥王星 Pluto プルート プルト pluto という神。 冥界を司る神。 2006年まで太陽系第9惑星とされていた。 スカイ イズ フィルド ウィズ スターズ 南十字星 Southern Cross サザンクロス 冬の大三角 Winter Triangle ウィンター トライアングル 皆既食 total eclipse トータル イクリプス 皆既月食 total lunar eclipse トータル ルナー イクリプス 皆既日食 total solar eclipse トータル ソーラー イクリプス 宇宙 universe ユニバース 無人探査機 unmanned exploration vessel アンマンド エクスプロレーション ヴェッセル 冬の星座 winter constellations ウィンター コンステレーションズ 冬の大三角 Winter Triangle ウィンター トライアングル ワームホール wormhole ワームホール 無重力状態 zero gravity ゼログラビティー 天文学に関する英語 日本語 英語 読み方 宇宙飛行士 astronaut アストロノーツ 宇宙望遠鏡 space telescope スペーステレスコープ 観測天文学 observational astronomy オブザベイショナル アストロノミー 現代宇宙論 physical cosmology フィジカルコスモロジー 天文学 astronomy アストロノミー 天文学者 astronomer アストロノマー 天文台 observatory オブザベイトリー 天文物理学 astrophysics アストロフィジクス 望遠鏡 telescope テレスコープ 惑星科学 planetary science プラネタリーサイエンス 以上『宇宙・星・惑星・天文に関する英語一覧』を紹介しました。 試験の英文などに出てくる単語があるかもしれませんので一通り覚えておいて損はないと思います。 中には少し専門的なものもありますので自分の判断で飛ばしていってもいいと思います。 ざっと流し見をして知識の一つとして覚えておくといいかもしれません。

次の