モリー ブルーム 現在。 ユリシーズとは

ユリシーズとは

モリー ブルーム 現在

モリーズ・ゲームの感想 脚本家として知られるアーロン・ソーキンが監督した、闇カジノで荒稼ぎした女性オーナーの半生を描く伝記映画。 モリー・ブルームが書いた自主伝を基にした実話ベースの話で、普通のOLがひょんなことから闇カジノの仕事を手伝うようになり、やがて自分の島を持ち大成功する様子がエキサイティングです。 モリー・ブルームの半生はなかなか面白く、子供の頃はスキーの英才教育を受け、五輪を目指すほどのアスリートだったそうです。 ちなみに兄のジェレミー・ブルームはアメリカのスキー五輪代表というアスリート一家です。 しかしながら五輪を目前にモリー・ブルームは後一歩のところで試合中に怪我をして断念。 その後、LAに引越し、ナイトクラブのウエイトレスとして生計を立てていたとき客の男からオフィスで働かないかと誘いを受け、人生が一転します。 その男はハリウッドの有名人や金持ちを集めて地下ポーカーを開催していました。 それをモリー・ブルームが手伝ったことがきっかけで、モリー・ブルームはやがて自分で客を集めるようになり、闇カジノの世界で大成功を収めます。 しかしロシアンマフィアとつながりのある客を取るようになったことでモリー・ブルームは暗黒社会から命を狙われるようになっただけでなく、ついにはFBIにまで逮捕されてしまう、、というのが話の流れです。 2時間を越える長尺映画ではあるものの、テンポが良く、話がどんどん進んでいくので、退屈はしなかったですね。 これがもしゴリゴリの裁判映画だったら、もっとつまらなくなっていただろうけど、裁判よりもヒロインの成功と転落と再起に焦点を当てたのが功を奏しています。 いらないシーンがあるとすればポーカーの試合の解説シーンぐらいかな。 誰がなんのカードを持っていて勝ったとか、負けたとかは必然性を感じなかったです。 もう一つの面白いポイントはアメリカの闇カジノの実態が分かることですかね。 いるんですねえ。 お金をドブに捨てたがっている金持ちって。 ホテルの一室を借りて開催される地下ポーカー大会は俳優、歌手、企業家、財閥、詐欺師など、様々な人々が行き交う社交場であり、大きなお金が動く戦場でもあります。 最初は1万ドルの最低賭け金で開催していたイベントもやがて5万ドルになり、50万ドルになり、とどんどん動かす金の規模が大きくなっていきます。 それこそ一晩で億単位の額をすってしまう人もいます。 そんな場所を裏社会で生きてきたわけでもない一般女性が取り仕切っていたというところに強い興味がそそられますね。 もちろん金銭トラブルはつきものだし、誰かに借りをを作れば命を狙われるリスクのある世界です。 劇中では全体的に表面的なことだけを大分綺麗に描いているので、ダークなエピソードは少な目ですが、実際はもっと修羅場があったと想像できますね。 それをモリー・ブルームが女一人で立ち回っていたと思うと、ものすごい度胸と手腕の持ち主だなぁ、と感心せざるを得ません。 一度失敗してもすぐにアイデアを振り絞って場所を変えて再起するし、なんてタフな女なんだよ。 そんなモリー・ブルーム役を演じたジェシカ・チャステインが色っぽくてまた良かったですねえ。 彼女は終始胸元を強調した服ばかり着てセクシーにきめています。 その一方で残念なことに性的なシーンは一切ありませんでした。 客とは寝ない。 売春はしない。 そこのところは頑なに守っているから全然浮いた話が出てこないんです。 絶対客とは一線を越えない高級クラブのママみたいな立場を貫き通すのです。 ちなみにこれがモリー・ブルーム本人。 見てよ、この色気。

次の

“米を敵に回した女”が語る!ポーカーの世界は「学びの場所」『モリーズ・ゲーム』

モリー ブルーム 現在

監督は、主演はが務めた。 本作は ()がに出版した自叙伝『 Molly's Game: From Hollywood's Elite to Wall Street's Billionaire Boys Club, My High-Stakes Adventure in the World of Underground Poker』を原作としている。 なお、本作はソーキンの映画監督デビュー作でもある。 後述のように、本作は批評家から高く評価されたが、中でもチャステインの演技とソーキンの脚本には惜しみない賛辞が贈られた。 ソーキンはでにノミネートされた。 ストーリー [ ] 子供のころから厳しいトレーニングを課せられてきたモリー・ブルームは、でオリンピック出場を嘱望されるまでになった。 しかし、の出場資格を得るために出場した大会で重傷を負ってしまい、それが原因でスキー選手の道を諦めざるを得なくなってしまった。 法律家の道を歩もうとしたモリーだったが、どうにも決心を固めることができなかった。 そこで、彼女はに移住し、自分を見つめなおす日々を送ることにした。 引っ越してすぐ、モリーはクラブで働き始め、そこで不動産業を営むディーンと知り合いになった。 不動産業に関心を持ったモリーは彼の事務所で働き始めた。 その直後、彼女はディーンの勧めで非合法のゲームの運営に携わるようになった。 ポーカーの参加者は錚々たる面子であった上に、チップで途方もない金額を稼げることを知ったモリーはどんどん深みにはまっていった。 モリーはポーカーの初心者であったが、あっという間にコツをつかみ、客にチップをかけさせるテクニックを磨いていった。 特に、儲かっている客をおだてる能力は当代随一と言っても過言ではなかった。 しかし、彼女の成功をよく思わない人間がいた。 ディーンである。 ディーンは自分の地位が脅かされていると感じ、モリーを解雇した。 ところが、ポーカーゲームに習熟したモリーにとって、クビになったことは逆に好機となった。 モリーはその才覚を生かすべく、自分のポーカークラブを設立することにした。 驚くべきことに、モリーにはディーラーとしての才覚だけではなく、経営者としての才覚も十二分に備わっていた。 宣伝工作が功を奏し、ディーンのクラブの客が次々とモリーのクラブに流れてきた。 ディーンに雇われていた頃以上に稼ぐようになったモリーは、さらにハイリスク・ハイリターンなゲームを組むようになった。 その結果、ハーラン・シャープのような名だたるポーカー・プレイヤーまでが彼女のクラブに足を運ぶようになった。 シャープは大負けしたが、勝ちに固執する彼はさらにゲームを続けようとした。 困惑したモリーだったが、上客のプレイヤーXが彼の負け分を補填していることを知った。 モリーに非難されたXは、再びディーンのクラブに通うようになった。 それから間もなくして、モリーのクラブには閑古鳥が鳴くようになった。 モリーは活路を求めてに拠点を移し、当地で再び成功を収めるが、彼女はに目を付けられてしまった。 () - ()• 10代の頃のモリー - ()• 7歳の頃のモリー - パイパー・ハウエル• チャーリー・ジャフィー - (): モリーの弁護士。 ラリー・ブルーム - (): モリーの父親。 プレイヤーX - ()• ブラッド -• ダグラス・ダウニー -• ハリソン・ウェルストーン - ()• ハーラン・シャープ -• フォックスマン判事 -• ディーン・キース - ()• ボビー - マシュー・D・マッテオ• コール -• ウィンストン - ()• シャーリーン・ブルーム - (): モリーの母親。 シェルビー - マディソン・マッキンリー• B - ()• ニール - カーリッド・クライン• ディエゴ - ヴィクター・サーファティ• シェリー・ハビブ - () なお、プレイヤーXは、、らポーカー好きのセレブを参照して生み出された架空のキャラクターである。 製作 [ ] 構想 [ ] 11月12日、ザ・マーク・ゴードン・カンパニーがモリー・ブルームの自叙伝の映画化権を獲得し、アーロン・ソーキンに脚色を依頼したとの報道があった。 脚色にソーキンが起用されたのは、ブルームの意向を踏まえたものであった。 1月7日、本作がソーキンの映画監督デビュー作になると報じられた。 2月18日、が本作の製作から離脱した。 5月13日、STXエンターテインメントが本作の全米・全中配給権を900万ドルで購入したと発表した。 キャスティング [ ] 2016年2月18日、ソーキンがジェシカ・チャステインの起用を検討していると報じられた。 5月6日、イドリス・エルバとチャステインの出演が決まったと報じられた。 9月7日、マイケル・セラがプレイヤーX役で出演するとの報道があった。 10月17日、ケビン・コスナーの出演が決まったと報じられた。 21日、ブライアン・ダーシー・ジェームズがキャスト入りした。 11月9日、クリス・オダウド、ジェレミー・ストロング、グラハム・グリーン、ビル・キャンプが起用されたと報じられた。 撮影 [ ] 本作のは2016年11月9日にで始まり、2017年2月9日に全工程が終わった。 公開 [ ] 2017年9月8日、本作はスペシャル・プレゼンテーションに出品されていたでプレミアを迎えた。 11月16日には、のクロージング作品として上映された。 当初、本作は2017年11月22日に全米公開される予定だったが、後に公開日が同年12月25日に変更された。 興行収入 [ ] 2017年12月25日、本作は全米271館で限定公開され、公開初週末に234万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場13位となった。 2018年1月5日、本作の公開規模は全米1608館にまで拡大され、公開週末に685万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング7位となった。 評価 [ ] 本作は批評家から高く評価されている。 2点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「ジェシカ・チャステインとイドリス・エルバの名演と観客の好奇心をそそるストーリーに支えられ、『モリーズ・ゲーム』はアーロン・ソーキンの見事な監督デビュー作となった。 」となっている。 なお、本作の ()はA-となっている。 『』のピーター・デブルージは「『モリーズ・ゲーム』は銀幕で最も素晴らしい女性の役を提示している。 濃密かつダイナミックで、極めて面白い事件だ。 その中心となった役柄はチャステインの最上級の才能を見事に生かしている。 」と評している。 『』のは本作に4つ星評価で星3つを与え、「『モリーズ・ゲーム』は痛烈な皮肉、エネルギー、ソーキンの持ち味である言葉の花火に満ちている。 それら全てがキャラクターの肉付けに大いに貢献している。 そして、女性を主人公とした監督デビュー作において、ソーキンはタイムリーなテーマを扱っている。 それは、男社会で女性として生きることの困難さである」と評している。 出典 [ ]• 2018年1月25日閲覧。 2018年9月15日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年9月15日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 2018年1月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

モリーズゲームのモデルとなった人物は?原作本の発売はいつ?

モリー ブルーム 現在

一晩で億単位の金が動く、禁断の闇ポーカー。 映画『モリーズ・ゲーム』2018年5月11日(金)全国ロードショー! 配給:キノフィルムズ 監督・脚本:アーロン・ソーキン 出演:ジェシカ・チャステイン、イドリス・エルバ、ケヴィン・コスナー他 実在した超高額ポーカーの舞台裏。 映画原作! 一夜を境に裏社会をのしあがるサクセスストーリー。 驚異の実話! 田舎からLAに出てきたばかりのモリーはある晩、裕福な経営者からプライベートなポーカーの手伝いを頼まれる。 連絡先リストにはレオナルド・ディカプリオら大物セレブや有名資産家の名が並び、一晩で稼いだチップは月収を超えた。 その夜を境にして、モリーは億単位の金が動く極秘ポーカーの主催者に瞬く間にのしあがっていく。 謀略に満ちた裏社会の回顧録! トップアスリートから ポーカールームの経営者へと転身した、 実在の女性の栄光と転落を描いたドラマなんです。 「女神の見えざる手」 「ゼロ・ダーク・サーティ」の ジェシカ・チャステインが主演です。 最近、 強い女性をよく演じる彼女の映画見たら、 元気が湧くかな?と思って観賞。 波乱万丈な人生の中、 強く生きる女性が描かれてます。 私なら、 こんな強く、貪欲に、前向きに、 かつ、正当に生きていけないかなー 退屈はしなかったけど、 なんかドキュメンタリーっぽくて、 たんたんとストーリーが進んでいく感じです。 ハラハラドキドキ感や、 爽快感を期待してる人には合わないかも。 ドキュメンタリータッチな映画が好きで、 波乱万丈な人生を生き抜く、 女性の生き方に共感できる方は、 はまりそうだと思います。

次の