いっ ぴん 帯広。 十勝豚丼 いっぴん 本店 <北海道帯広市> ソラチジンギスカンのタレ♪で道民におなじみのソラチ株式会社が運営

十勝豚丼いっぴんの札幌駅近くの店舗やおすすめメニューと失敗しない注文方法

いっ ぴん 帯広

私は初めて北海道へ旅行で来て、このご当地グルメは美味しいな~って思ったものがあります。 その名は、 帯広豚丼。 その後、帯広に立ち寄ると、インデアンカレーと共に、必ず食べるグルメとなっております。 そして札幌にも帯広豚丼を提供するお店もあって、札幌滞在時も何度か行ってました。 その中でも、ここのチェーン店の豚丼はお気に入り。 十勝豚丼 いっぴん 帯広でも食ったことのある炭火風味たっぷりのお好みチェーン店 札幌駅前ステラプレイスにもお店あるので、札幌観光では是非とも1度食べてみて欲しいお店です。 そんな「いっぴん」の文字を、精肉店コーナーで見つけたんですよ。 十勝豚丼「いっぴん」豚丼たれ。 北海道ではジンギスカンのタレなどを作ってる「ソラチ」の製品です。 お値段は約250円。 あの豚丼の味が家で楽しめるのならと購入してみました。 スポンサードリンク いっぴん監修による豚丼のたれ。 「お店の味をそのままに」というコンセプトで醤油をベースに砂糖やだしを加えて仕上げております。 原材料を見ての通り、化学調味料は一切使用されてないんですよね。 このシンプルな味わいが豚肉の旨みを最大限に引き出すってキャッチフレーズ。 今回、2種類の肉を使って、豚丼を作ります。 豚ロースの切り身と、鹿児島黒豚の切り落とし。 分厚い肉と薄い肉で食べ比べをしてみたいと思います。 まあ、作り方は簡単なんで、ざっと飛ばします。 フライパンで油を熱し、そこへ豚肉を入れて炒めます。 そしてある程度火が通ったところで、この豚丼のタレを入れて、煮絡めます。 タレを入れたら焦げ付かないように弱火でタレを絡めること。 あと、冷凍グリーンピースも今回入れております。 豚ロースはこのでかい1枚ものやとあまりタレが絡まないんで、カットしました。 こうして、一旦冷まして、タレを馴染ませます。 ネギをのせて、フライパンに残っているタレをかけて完成。 店で食べるのとはやっぱ全然ちがうものが出来ちゃいましたね。。。 けど、これはこれで美味しそうだ。 いただきます。 味はまず、お店「いっぴん」で食べたあの味を想像していると全然違いますね。 やっぱ、その味の差は歴然。 そりゃ、向こうは炭火で網で焼いているのに対し、こっちはフライパンですもん。 まず炭火風味が一切ついてません。 そして、このタレ、さらっとしてるんですよね。 原材料見てもらったら分かる通り、私、自分でも作れるんですよ。 昆布・鰹節の出汁に、日本酒・みりん・砂糖・醤油の和食の基本だけ。 なので、特別このタレを買わなくてもよかったよな~って印象。 いちおこの味を舌へ覚え込ませて、今後は自分で豚丼のタレは作れますね。 今回、勉強用にちょうどよかったです。

次の

十勝豚丼いっぴん 北十条店

いっ ぴん 帯広

Contents• いっぴんの豚丼とは その概念が変わる豚丼の紹介です。 豚ロース肉を 備長炭で焼き、タレに絡ませ、更に焼き、タレを重ねぬりし、更にまた焼くという方法で作っています。 風味や旨味を損なわないように非加熱で仕上げています。 そしてゆっくり低温熟成処理することで炭焼きの香ばしさを引き出しています。 いっぴんの豚丼は炭火で焼き上げるので余計な脂分はありません。 高温でお肉の旨味を閉じ込めるだけでなく、炭火焼の旨味を感じることができます。 いっぴんの店舗情報 いっぴんは現在、6店舗ある。 お肉の量やご飯の量にバリエーションがあります。 豚皿セットは丼ではなく別皿に盛りつけられます。 実際のメニューがこちら。 豚肉のカットの大きさやタレの量を選べます。 私はいつもカット小さめタレ多めにしています。 注文してから料理が来るまではメニューの一ページの「いっぴん物語」を見ながら待ちましょう。 「センスのある100時間以上の経験を積んだメンバーが焼いています」と書いており、この一文だけでワクワク感が増しますよね。 料理の感想 豚丼ご飯少な目 カット小さめタレ多め 720円 税抜 蓋を開けるときに肉がくっつくことがあるので注意してください。 肉が落ちちゃうともったいない。 実際の豚丼がこちら。 見るだけでおいしさが伝わりそうですね!• 肉が柔らかくてうまい• タレが肉に合っていてうまい• 炭火の風味がうまい• 白髪ねぎも良い仕事をしてうまい つまり、メチャクチャおいしいんです。 そのうまさ足るや、上記のようにボキャブラリーを失うほど。 目をつぶって味わって食べてみてください! 写真はないですが、豚汁や梅奴などの一品料理もおすすめです! 持ち帰りもできる いっぴんはテイクアウトもできます。 店内で食べる料理のプラス50円 容器代 で持ち帰りが可能。 容器を持参するとその分 50円? 差し引かれます。 お持ち帰り後2時間以内に食べて下さい! 結論 札幌で食べれる豚丼で一番うまい! 本場帯広に行けば「」などのおいしいお店が他にもありますが、いっぴんも同じレベルでおいしいです。 札幌駅直結の「ステラプレイス」にも店舗がありますので、是非行ってみてください!!.

次の

十勝豚丼いっぴん~札幌にも支店があり、本場帯広の豚丼を味わえる|北海道の魅力発信ブログ!

いっ ぴん 帯広

北海道で育つと 普通にそこにある『豚丼』 北海道生まれの道産子にとって、小さな頃からどこにでも存在する豚丼。 喫茶店でも、ラーメン屋さんでも、街の食堂はもちろん、お寿司屋さんや天ぷら屋さんにまであったりします。 上京した頃、東京には牛丼屋さんばかりで豚丼などなく、小洒落た喫茶店に「ポーク丼ぶり」っていうのがあって、食べてみたら「なんじゃこりゃ?」。 甘納豆のお赤飯も売ってないし、田舎者にはカルチャーショックの連続でありました。 一口に『豚丼』と言っても、北海道でもいろいろなバリエーションがあります。 地域によっても、タレの味や製法、お肉の種類、付け合せなどさまざまです。 さらに、店舗ごとの個性も存在します。 北海道の豚丼の詳細は別の機会に譲りまして、今回は人気の豚丼専門店のひとつ、「いっぴん」をご紹介します。 豚丼の最大勢力 発祥の地帯広 豚丼と言ってもいろいろなスタイルがあるわけですが、中でも、最大勢力は発祥の地「帯広の豚丼」。 古くからある有名店から、新興店までとても多くの豚丼専門店があり、さらに、洋食店から和食料理店まで実にさまざまなお店で豚丼が提供されています。 帯広では、豚丼自体が家庭料理のひとつであり、お家のフライパンでお肉を焼き、家々で「秘伝」といわれる自家製のタレをからめ焼いて作られます。 豚丼のタレはお父さんが作る、という家が多いのも特徴かもしれません。 一方、店舗では炭焼き台でお肉の脂を落としながら焼き、うなぎのようにタレを付けながら重ね焼きするというスタイルが一般的です。 お店の前に漂う豚丼を焼く煙と匂いは、通行人を秒殺します。 芦別市に本社を置き、設立は1951年。 ベル食品と並び、北海道を代表する老舗の調味料メーカーです。 なかでもジンギスカンのタレは発売から60年以上を誇るロングセラーで、道内ではソラチ派とベル派の長い戦いが繰り広がられています(笑)。 それほど、道産子たちに馴染みの深い「ソラチ」が、豚丼専門店を開業したわけです。

次の