後ろ姿 イラスト 座る。 【イラスト講座】座ったポーズの描き方・アタリの取り方

What kind of face are you making right now? Back

後ろ姿 イラスト 座る

お久しぶりです。 今回は「座ったポーズ」についてです。 座るポーズは立つポーズに比べて難易度が高く、うまくバランスが取れないという方も多いのではないでしょうか。 この記事では「なぜ」座ったポーズが描きにくいかということから 「どうやって」描いていくのかということまで書いていこうとおもいます。 スポンサードリンク 座るポーズを描くことはなぜ難しいのか 座ったポーズはなぜ難しいのでしょうか? 具体的には以下の点が挙げられます。 接地部分を描く必要があるから• 奥行きを使った構図になりやすいから• 体の一部が見えなくなる構図になりやすいから 1の「接地部分を描く」ということは、 「 パースをある程度理解している必要がある」ということです。 その時点で立っているポーズ(接地面を描かずに済む構図)よりも 難易度が高いことがわかると思います。 参考: 参考: また、2の「奥行きを使う」には立体をある程度把握していないといけません。 3も同様です。 見えないところを描くには立体把握能力が必要になってきます。 参考: 参考: 余談になりますが、立体把握ができる、できないとここでは書いていますが 実際にできているかどうかというのは 誰にも明確に定義できません。 なので、うまく行っているかどうかは 「 違和感なくそのポーズに見える」ことを一つの到達点として下さい。 スポンサードリンク 座るポーズのアタリの取り方 さて、ここからが本題です。 以上の問題を解決するにはもちろん長期的な解決法(パースの理解、立体の把握など) が有効なのですが、短期的な解決法としてあげられるのが アタリです。 座ったポーズしか応用が効かないけれど、うまくポイントを抑えれば一日で効果が出ます (効果には個人差があります) では早速、座るポーズのアタリについて解説していきます。 今回は正面から見たポーズをば。 1.股下まで のアタリを描く まずは顔から股下までのアタリを描きます。 参考: 基本的にはここまでは立ちポーズと同じで構いません。 2.接地点までのアタリを取る 座るポーズは基本、 お尻が座る対象(椅子など)と接地しています。 次はこの接地点のアタリを描いていきます。 お尻は弧ではなく、少し特殊な形をしています。 ここをあまり大きく描きすぎると 座っていない様に見えてしまうので 注意が必要です。 3.膝までのアタリを描く ココらへんは座るポーズで一番難しいかと思いますのでゆっくりいきます。 ここから下半身のアタリを取るのですが、で書いたような 股下から膝と膝から足首までの 長さの比率云々が一切通用しません。 (座りポーズはそもそも奥行き(Z軸)があるので 長さの比率が一元化できないんですよね。 ) こんな感じでしょうか。 青い線は接地面です。 長さはすごく短く見えますが、 奥行きを使う絵を描くときは必ずこういう長さになります。 4.全体のアタリを描いてバランスを見る アウトラインを描く前に全体のアタリを描いてバランスを見ましょう 股から膝以外の場所は奥行きを使ってないので長さは以前の講座通りだと思います。 この時点で気になったところは徹底的に直して下さい。 「どこか違和感のある絵」はバランスが取れてないことが原因のことが多いので。 5.下半身のアウトラインを描く バランスをとりおわったらアウトラインを描いていきましょう。 まずはふとももから 太腿は円柱でしたね。 これを意識しながら描きましょう。 わかりやすいように股下に 輪切りの線を入れました。 次いでヒザ下を描きます。 大体は以前の講座の描き方と同じですが、 太腿との接続部分(膝周り)だけ気をつけて描いて下さい。 ここの描き方で立体感の出る、出ないが変わってくることもあります。 ここでは足首とヒザ下に輪切りの線を入れてます。 6.完成 時間なくてアウトラインだけなとこ多くてすみません。 座っているシチュエーションも考えて描くことができると絵のバリエーションが増えておすすめです。 まとめ:パース、立体に気をつけて座っているポーズを描こう 更新遅くなってすみません こういうポーズどう描くの?などの質問がありましたら コメントでもツイッターでもよろしくお願いします! では今日はここらへんで….

次の

【イラスト講座】後ろ姿の描き方

後ろ姿 イラスト 座る

お久しぶりです。 漫画を描くときなどに何かと必要となる後ろ姿、 皆さんはどのように描いてるでしょうか。 描く機会が少ない分、後ろ姿はいびつな形になってしまいがちかもしれません。 今回は、後ろ姿を書くポイントを書いていこうと思います スポンサードリンク 後ろ姿のシルエットは同じ? 後ろ姿を描くにあたって、まず意識してもらいたいのが シルエットです。 なぜなら、「 後ろ姿のシルエット前向きの姿のシルエットは同じ」だからです。 具体的な例を見てみましょう。 女の子の立ちポーズをまず前から描いてみました。 後ろ姿はこんな感じでしょうか。 では、後ろ向きのポーズを反転して、 この2つのポーズのシルエットを見てみましょう シルエットが同じであることが明確にわかると思います。 これはつまり、 後ろ向きの絵のパーツの位置がわからなかったら 前向きの反転したポーズを描いてみればいいということです。 もちろんシルエット以外の線は違うのですが、 すくなくともこれで パーツの位置が大きくずれることはないはずです スポンサードリンク パーツごとのポイント では、さきの シルエットでパーツの位置を判断することを 念頭に置きながら、それぞれのパーツの描き方についてみていきましょう 頭部と首 頭部は前から見ると一番複雑なパーツですが、後ろから見るとさほど複雑ではありません。 しかし、やはり絵のメインとなることは間違いないので、 デッサンの狂いについては気付きやすいパーツです。 ここでつまづきやすいのが正面からみるとわからない 首の生え際です。 ここは 比率で覚えてしまうといいでしょう。 顔の前向きと後向きの絵を並べて自分で描いてみるのも理解が深まって良いかもしれません 首周りに関しては下記の記事にまとめてありますので ぜひ復習してみてください 参考: 首〜背中 次に首から背中にかけてのパーツを見ていきましょう 前後ともシルエットは同じなのでこんなふうに描いてみました ここで注目したいのは、図で赤になっている部分です。 肩甲骨と三角筋がこの赤い部分に当たります。 肩甲骨は背中から肩を覆う骨で、 一番背中っぽく見える部分です。 ラインをなぞるだけでも背中っぽく見えるかと思います また、 三角筋は肩から腕にかけての筋肉です。 腕と連動する動きの多い部分なので、構造を理解しながらゆっくりと描きましょう 腕を上げた時の絵を描いてみました。 三角筋の形は大きく崩れないところに注目 背中〜尻 背中からおしりにかけてのパーツについてです。 ここは背中っぽく描ける部分は少なく、描いておきたい要素は2つです 赤い線で描いた部分に注目してください 肋骨部分から股にかけての線は 広背筋と呼ばれる筋肉の一部です。 また、 骨盤あたりから同じく股にかけての線はパンツのラインです。 下半身の描き方に関しては前の記事を御覧ください 参考: 体をひねる絵を描く時にこの線を引いておくと、 デッサンの狂いに気付きやすくなります。 おわり 久しぶりの更新となりましたがいかがでしたでしょうか。 要望もたくさん頂いているのでどんどん更新しようと思います。

次の

【イラスト講座】後ろ姿の描き方

後ろ姿 イラスト 座る

Have you ever had troubles drawing a character sitting down? Whether it's on a chair or on the ground, it's hard to make such poses look natural and realistic. But worry not! Today we put together an amazing collection of sheets that will help you forget your problems. How do thighs look when someone's sitting? What are the differences between the male and the female body when sitting down? You'll find the answers to these and many more questions in this collection of reference sheets. Are you ready to learn how to draw some super-realistic illustrations? These materials are free and traceable, but please be sure to read captions and notes before you use them. Enjoy!

次の