外だし 妊娠率。 子宮外妊娠後でも正常に妊娠は出来る!子宮外妊娠の疑問と悩みを解消

妊娠する確率は?意外と知らない複雑な妊娠のしくみ

外だし 妊娠率

卵子と精子は生きている細胞で、寿命と受精可能な期間が限られています。 卵子の寿命は約24時間で、受精可能な時間は平均して6~8時間ほどしかありません。 一方の精子はというと卵子よりも寿命は長く、平均して2~3日ほどと考えられています。 腟内に射出された精子は受精可能な能力を身に着けておらず、腟から子宮、卵管へと進む過程で受精能を身に着けます。 受精能の獲得にかかる時間は6~8時間ほどで、その後約36時間ほど受精が可能な状態が維持されます。 受精を成立させるには、卵子が受精可能な6~8時間と、精子が受精可能な約36時間のうちに精子と卵子が出会うことが条件となります。 そのため排卵日を迎えるときに、受精能を身に着けた精子が卵管膨大部で待機していることが望ましく、性交のタイミングは排卵日当日よりも排卵日前日にとると良いでしょう。 妊娠の確率は、体調や年齢によっても左右されます。 これは、卵子や精子の成長、排卵、射精、着床に、ホルモンが大きく関係していることが理由にあげられます。 ホルモンの分泌は視床下部、脳下垂体、生殖器が担っています。 ストレスや疲れがたまっていると、ホルモン分泌のネットワークに異常をきたすことがあります。 ホルモンが正常に分泌されなくなると、卵子や精子の成長が滞ったり、子宮内膜が薄くなったりするため注意が必要です。 また、加齢によって卵子の受精能が低下したり、精子の運動率の低下、精子正常形態率の低下、精子量の減少などが起こったりすることが妊娠率に影響すると考えられています。 さらに、たとえ妊娠したとしても女性では35歳、男性では40歳以上で自然妊娠の確率が下がるという報告があります。 腟の内部は、「頸管線」から分泌される酸性の「頸管粘液」で覆われています。 頸管粘液は酸性を示し、通常は細菌の侵入を防ぎます。 しかし排卵日前はアルカリ性の精子を受け入れるために、頸管粘液も弱アルカリ性に傾きます。 この頸管粘液の性質の変化が、男女の性別の決定に大きくかかわるのではないかという考え方があります。 そもそも胎児の性別は、受精の際にX染色体をもつ精子とY染色体をもつ精子のどちらと融合するかで決定します。 女の子の性となるX染色体を持った精子は酸性、男の子の性となるY染色体をもった精子はアルカリ性に強いといわれていることから、頸管粘液の性質と照らし合わせれば、男女の産み分けが可能だという説が広まったようです。

次の

子宮内膜が薄いと体外受精・顕微授精の時に子宮外妊娠なりやすい?

外だし 妊娠率

子宮内膜の厚さと子宮外妊娠や妊娠率の関係について新しい論文を調べてみました 子宮内膜の厚さと体外受精の妊娠率の関係についてで解説しました。 比較的新しくて、多くの症例を解析した論文がいくつかあるので、具体的なデータをご紹介します。 (こんな感じの子宮内膜だったら、「これは妊娠しそうだな」と思ってしまいます。 ) [toc] 体外受精・顕微授精の時の子宮内膜の厚さと子宮外妊娠率 子宮内膜が薄くて着床しにくいと、受精卵がさまよってしまって子宮外妊娠の確率が高くなる可能性があると考えられています。 10,787人の体外受精・顕微授精の解析です。 9,952人の体外受精・顕微授精の解析です。 6,465人の体外受精・顕微授精の解析です。 体外受精では自然妊娠より子宮外妊娠ななる確率が高くなると考えられていますが、上の3つの論文からもわかるようにその数字はまちまちです。 オーストラリアの論文は子宮外妊娠の率が全体的にかなり低いですが、その理由は論文の中にも書いていないので、はっきりわかりません。 いずれにしても、子宮内膜が8mm以下だと子宮外妊娠の確率が高くなるという論文が多いようです。 体外受精・顕微授精の時の子宮内膜の厚さと妊娠率 子宮内膜の厚さが何mm以下だと妊娠しくくなるかは、はっきりわかっていません。 ただし、子宮内膜が薄いと妊娠率が低くなるという論文が多いです。 妊娠率は治療を受けた人の平均年齢などで、大きく違ってくるものですが、それにしても高いです。 いずれにしても、子宮内膜の厚さが8mm以下だと妊娠率は低いようです。 ただし、8mm以下でも妊娠しないわけではありません。 ほとんどの論文は、7mmか8mmを境目にしていますが、たとえば6mmと7mmで妊娠率を比較した論文とかはほとんどないので、本当に妊娠率が低くなるのは何mm以下からなのかは、はっきりわかりません。 子宮内膜の厚さについての論文はなぜか中国からものもが多いです。 体外受精をする時には、子宮内膜の状態が気になります。 主治医から子宮内膜の状態について話を聞くことも多いと思います。 気にしているせいか、子宮内膜が薄い人がかなりいる印象でしたが、思ったほど多くはないようです。 まとめ まだ確実に証明されているわけではないですが、子宮内膜が薄いと妊娠率が低く、子宮外妊娠率が高くなるようです。 不妊治療をしているほとんどの医者も、そう考えていると思います。 今回調べた論文のデータは、日常診療で感じていたよりも、子宮内膜が薄い人が少なくて、子宮内膜が薄くても妊娠する人がいるのだなと思いました。

次の

胚盤胞移植【ASKAレディースクリニック】

外だし 妊娠率

従来は受精後2〜3日目の初期胚までの培養が技術的限界でしたが近年、培養液の開発により胚盤胞までの培養が可能となりました。 胚盤胞まで発育した良好胚を移植できるため、着床率が高いのが特徴です。 移植数を少なく抑えることができるため、多胎妊娠の防止にもつながります。 喩えるならスイカの中身をくり抜いて中にリンゴを一つ入れた様な構造です。 スイカの外皮の部分が透明帯、残った身の部分が外細胞塊、リンゴの部分が内細胞塊と呼ばれ、これが胎児になる部分です。 これらの状態をA〜Cの3段階に分類してグレードを決めます。 グレードの良いものほど妊娠率は高くなります。 本来はまだ卵管内にいるはずの初期胚を、子宮内に移植する初期胚移植は、生理的とは言えません。 移植された受精卵は、非生理的な環境で着床までの数日間を過ごさねばならず、順応できなければ途中で発育が停止してしまいます。 このことは初期胚移植が不成功となる一因とされます。 初期胚を胚盤胞へ育てあげてから着床の準備のできた子宮に移植することで、より高い妊娠率が得られると考えられます。 (理由2) 受精卵の選別 受精卵は、その半数に染色体異常があるとも言われ、全てが着床することはまずありません。 こうした問題のある受精卵は、分割〜着床の段階である程度の淘汰を受けるからです。 初期胚は、グレードが良いほど妊娠率が高くなりますが、そうした受精卵でも培養を続けると、発育が途中で停止してしまうことがあるのはこうした理由によるものです。 初期胚移植を行っても妊娠しない場合には、子宮内で同様な事が起こっていると考えられます。 初期胚が胚盤胞に到達する過程において受精卵がある程度の選別を受けることが、胚盤胞移植が高い妊娠率につながるもう一つの理由です。 着床率の高い胚盤胞移植では、移植数を1個に制限しても高い妊娠率が得られます。 つまり胚盤胞移植では、高い妊娠率を維持しながら、多胎妊娠を防ぐことができるのです。 着床するまでの間に受精卵が卵管に逆行し、そこに着床してしまうことがあるからです。 初期胚は、一旦卵管に向かった後に子宮に戻ってくる(受精卵回帰)という仮説もあります。 胚盤胞も卵管に移動することはありますが、移植から着床までの時間が短く、早い段階で子宮内膜に着床するため、子宮外妊娠の発生が抑えられるのではないかと考えられています。 また培養器の環境が体内に比して悪ければ、長期に培養するほど胚にとってはストレスにもなります。 その結果、妊娠の可能性を持っている受精卵が培養の途中で淘汰されてしまい、妊娠の機会を逃していると考えられるケースが実際に存在します。 この一卵性双胎は、受精から卵割、着床の過程で受精卵が二つに分断されることが原因で、胚盤胞培養などの長期培養では透明帯が硬化するため、孵化の際に受精卵が裂けて分断してしまうことが原因と考えられてきました。 しかし最近の研究では、培養器の中で胞胚が収縮と拡張を繰り返すことで、胎児になる内細胞塊が断裂するという事実も報告されています。 一卵性の多胎妊娠は、周産期管理が難しく、胎児が発育不良に陥ったり、流早産するなどの問題点があります。 こうした現象については、今後さらなる検証と対策が必要であると思われます。 以上の長所と短所をふまえ当院では、以下のような方針をとります。

次の