エンデバー ユナイテッド。 エンデバー・ユナイテッドー「再生」のイメージを弱め、より前向きな局面での投資も狙う

伊藤忠 ジャヴァHDをエンデバー・ユナイテッドに譲渡

エンデバー ユナイテッド

私は1994年に新卒で旧三菱銀行に入行しました。 入行して2年足らずの1996年に三菱銀行は旧東京銀行と合併したのですが、これが自分にとっては非常にポジティブに働きました。 というのも、もともと私は海外志向が強かったのですが、東京銀行は海外に強く、トレーニーとして若手を海外に送り込む制度もありました。 私もその一人に選ばれ、ニューヨーク支店に異動できることになったのです。 ニューヨーク支店では資本市場業務、簡単に言えば証券会社の債券市場部の業務の立ち上げなどに携わりました。 3年ほどで東京に戻ってからは、投資銀行企画室に配属され、投資銀行部門の計数管理と資源配分を手掛けました。 2年のMBA留学を挟んで2005年からはストラクチャードファイナンス部に在籍し、大手デベロッパーに対して不動産ファイナンスを提供する業務に従事しました。 その後、エンデバーの前身であるフェニックス・キャピタルに入社するわけですが、実は現代表の三村(智彦)さんが銀行時代の先輩だったというご縁もあって、MBA留学中の夏休みにフェニックスでインターンとして2カ月ほど働いていました。 その時にこの業務に興味を持ったのがきっかけとなって、2008年に転職しました。 そうした定義の揺れを踏まえても確実に言えるのは、2012年以降は再生案件は減少したという事実です。 一方、事業承継案件というのは案件の類型としては「バイアウト案件」と言えます。 ですので、我々は世の中のニーズに合わせて「再生ファンドが中心のファンド」から「バイアウトが中心のファンド」にシフトしてきた、というのが一番素直な説明なのかなと思っています。 では、何故ファンドの運営者をフェニックスからエンデバーに変えたのか、ということをお話します。 ところが、実際に会社を託すことになるオーナーさんの受け止め方はまったく違います。 フェニックス・キャピタルと検索した時に「再生ファンド」ということが強調されれば、周囲から「あの会社、うまくいっているように見えたけれど実情は苦しかったのか」と謂れのない風評が立ちかねない。 自分の会社にそんな風評が立つことはまかりならん、という感覚があります。

次の

【ケーズマネジメントは闇金です】口コミ評判

エンデバー ユナイテッド

戦略コンサルティング会社で5年程度働き、ケース/プロジェクトのマネージャーを経験すると、プライベート・エクイティ・ファンド(所謂PEファンド、バイアウトファンド)への転身が視野に入ってきます。 新卒の場合は3年ぐらいで戦略コンサルティング会社を卒業し、PEファンドのポテンシャル採用を目指すというキャリアもありえます。 そんな中、世の中にはどんなファンドが存在し、どのような序列であるかというのはなかなかわかりにくい部分があります。 そこで日本において存在感のあるPEファンドを外資、内資独立系、内資金融機関系に分類の上、主観的にはなりますが、日本における投資実績やネームバリューを基に5段階でランキング化を行いました。 また、各PEファンドの基本的な情報や投資実績なども簡単にまとめていますので、これからPEファンド業界を目指される方は参考にして頂ければと思います。 Contents• ポートフォリオの傘下にある企業の売上ベースでは世界No. 1となっている。 日本では2005年にベイン・キャピタル・アジア・エルエルシーを設立し、すかいらーく、ベルシステム24など多数の大手企業への投資実績を持つ。 近年では、東芝メモリやADKなどを傘下に収めるなど、日本での存在感も強まっている。 日本代表は三菱商事、リップルウッドなどを経た杉本勇次氏。 日本においてはこれまで不動産投資のみを手掛けていたが、2019年、今後3-5年で最大5000億円の企業投資を行うことを発表した。 この動きの第1弾として、2019年3月にあゆみ製薬を買収するなど、着々と動きを進めている。 主な投資対象は、小売業・製造業・サービス業であり、タワーレコード、アルテリア・ネットワークス、昭和薬品化工、新和、ミニット・アジア・パシフィック、すかいらーく、りらくなどに投資実績を持つ。 日本代表の赤池敦氏はマッキンゼー・アンド・カンパニー、アドバンテッジパートナーズなどを経て、2015年よりCVCアジア・パシフィック・ジャパンに参画。 CVCアジア・パシフィックには2017年に三井住友銀行出身の車谷暢昭氏、LIXIL出身の藤森義明氏などが最高顧問として参画するなど、超大物の相次ぐ顧問就任が話題となった。 「ローカルビジネスはローカルメンバーが見るべき」という考え方が根強く、日本でも日本に特化したファンドを組成しているのが特徴的。 累計投資件数も30件に近づいており、アドバンテッジパートナーズやユニゾン・キャピタルなどの国内大手に見劣りしない。 2019年には野村キャピタル・パートナーズと共同でオリオンビールを買収するなど、日本国内での存在感は増している。 売上拡大による投資先の成長を重視しており、各メンバーに専門業界をもたせることを強く推進しているのもカーライル日本法人の特徴。 日本など東アジアにおけるプライベート・エクイティ市場の成長と発展を見据えて設立された。 これまでの投資実績としては、田崎真珠、弥生、黒田電気と少なかったが、2019年ゴディバ日本事業の入札を制したことで一気に注目が高まっている。 日本拠点は1997年に開設され、企業価値500億円程度の中堅企業を中心に投資業務を行っている。 これまでの投資先としては、ジョイフル本田、武州製薬、ペイロールなどが有名。 2018年には経営危機に瀕したパイオニアに600億円の支援を行ったことで注目を集めた。 2019年にはゴディバ日本事業の入札参加を報道されており、日本国内での投資を強化していると見られる。 これまでの投資実績としては、ウェンディーズ、ファーストキッチン、日立ビアメカニクスなどが有名。 直近では富士通コンポーネントや珈琲館などを傘下に入れている。 日本においては、中小企業への投資が中心だが、近年投資姿勢は慎重と見られる。 これまでの投資実績としては、エバーライフ、バロックジャパンリミテッドなど。 1997年に日本で初めてバイアウト専用のファンドへのサービスを開始するなど、プライベート・エクイティ業界における草分け的存在。 投資実績は、ユナイテッド・シネマ、メガネスーパー、ウィルコム、東京スター銀行、ポッカコーポレーション、ダイエー、カネボウ、ICI石井スポーツ、ひらまつなどが良く知られている。 2017年に中小企業への投資用途に600億円の第五号ファンドを組成しており、2020年にも新規ファンドを組成する予定であり、新規投資姿勢は積極的。 投資実績は累計37社に渡っており、件数では国内最大。 アドバンテッジパートナーズ、MBKパートナーズに並び、国内に置けるPEファンドのパイオニア的存在。 佐山展夫氏はじめ、PEファンド業界における著名人も輩出。 日韓連携をテーマとしており、シニアメンバーに韓国人も多数。 これまでの投資実績としては、オリエント信販株式会社、マインマート、東ハト、コスモスライフ、クラシエホールディングス、あきんどスシロー、コバレントマテリアル、UCOM、ミニット・アジア・グループ、旭テックなどが知られている。 直近でも新規ファンドを組成するなど、アクティブなファンドの1社。 投資業界や投資規模・比率は柔軟に考え、長期的視野での企業価値向上を目指している。 これまでの支援実績としてはヨウジヤマモト、シカタ、テー・ワイ・オー、アパマンショップHD、スカイマーク、アデランスなどが知られている。 機関投資家から集めた資金を元本として、おもに国内企業の事業承継案件に注力している。 これまで40件程度の実績を有し、投資件数では国内最大級のファンド。 主な投資実績は、オプトレックス、KHネオケム(協和発酵キリンからカーブアウト)、すかいらーく、VAIO、ビッグローブ、ナルミヤ・インターナショナル、日立国際電気など。 マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナー、ベイン・アンド・カンパニーの日本代表、ベイン・キャピタル・ジャパン会長などを歴任する堀新太郎氏も取締役として名を連ねる。 日立国際電気への投資などを行っているが、VAIOやビッグローブに次ぐ案件が出ておらず、近年投資には慎重な姿勢と見られる。 国内ファンドで近年最も勢いのあるプライベート・エクイティ・ファンドとも言える存在。 2017年には4号ファンドとして750億円を調達しており、投資意欲も継続して強い。 近年の投資先としては、富士通の携帯電話事業、ベイク、ノバレーゼ、エルビーなどが知られている。 100億円以下の企業を中心に投資を行っている。 外食サービス企業向けの出資が多いが、2019年にはコーティングメーカーである中居工業を買収するなど、幅広い中小企業を対象に投資中。 2017年に3号ファンドとして325億円を調達しており、投資意欲は非常に強い。 300億円以下の中小型案件を主な投資先とし、小売・外食などへのPE投資を中心とする。 アント・キャピタル・パートナーズは投資先のマネジメントスタイルを「気骨のハンズオン支援」と標榜しており、投資後も投資先企業に常駐し、事業運営に深く関与している。 投資実績は、麦の穂、本間ゴルフ、ヴァージン・シネマズ・ジャパン(現TOHOシネマズ)などがよく知られている。 代表取締役社長である飯沼良介氏は慶應義塾大学卒業後、三菱商事を経てアント・キャピタル・パートナーズに参画。 2013年より現職。 過去の実績として、タカラトミー、成城石井などが知られている。 2019年のゴディバ日本法人の入札では最有力候補とも言われるなど、案件は少ないものの投資姿勢は積極的と見られる。 重厚長大産業への再生投資に注力しており、これまでの実績としては日本板硝子、ユニチカ、トクヤマ、アルバック、SUMCOなどが有名。 2019年には事業再生ADRを申請した曙ブレーキを支援するなど、注目が高まっている。 バーニーズジャパン、武州製薬、昭和薬品化工などが知られている。 過去30日間の上位人気記事• 1,875ビュー• 634ビュー• 616ビュー• 384ビュー• 308ビュー• 282ビュー• 259ビュー• 190ビュー• 184ビュー• 184ビュー• 154ビュー• 143ビュー• 141ビュー• 136ビュー• 129ビュー• 123ビュー• 122ビュー• 120ビュー• 109ビュー• 108ビュー• 106ビュー• 97ビュー• 94ビュー• 91ビュー• 86ビュー• 85ビュー• 84ビュー• 82ビュー• 81ビュー• 75ビュー• 74ビュー• 73ビュー• 71ビュー• 67ビュー• 67ビュー• 67ビュー• 64ビュー• 63ビュー• 62ビュー• 60ビュー.

次の

「エンデバー・ユナイテッド株式会社」企業情報|金融転職・コンサルタント転職のアンテロープ

エンデバー ユナイテッド

私は1994年に新卒で旧三菱銀行に入行しました。 入行して2年足らずの1996年に三菱銀行は旧東京銀行と合併したのですが、これが自分にとっては非常にポジティブに働きました。 というのも、もともと私は海外志向が強かったのですが、東京銀行は海外に強く、トレーニーとして若手を海外に送り込む制度もありました。 私もその一人に選ばれ、ニューヨーク支店に異動できることになったのです。 ニューヨーク支店では資本市場業務、簡単に言えば証券会社の債券市場部の業務の立ち上げなどに携わりました。 3年ほどで東京に戻ってからは、投資銀行企画室に配属され、投資銀行部門の計数管理と資源配分を手掛けました。 2年のMBA留学を挟んで2005年からはストラクチャードファイナンス部に在籍し、大手デベロッパーに対して不動産ファイナンスを提供する業務に従事しました。 その後、エンデバーの前身であるフェニックス・キャピタルに入社するわけですが、実は現代表の三村(智彦)さんが銀行時代の先輩だったというご縁もあって、MBA留学中の夏休みにフェニックスでインターンとして2カ月ほど働いていました。 その時にこの業務に興味を持ったのがきっかけとなって、2008年に転職しました。 そうした定義の揺れを踏まえても確実に言えるのは、2012年以降は再生案件は減少したという事実です。 一方、事業承継案件というのは案件の類型としては「バイアウト案件」と言えます。 ですので、我々は世の中のニーズに合わせて「再生ファンドが中心のファンド」から「バイアウトが中心のファンド」にシフトしてきた、というのが一番素直な説明なのかなと思っています。 では、何故ファンドの運営者をフェニックスからエンデバーに変えたのか、ということをお話します。 ところが、実際に会社を託すことになるオーナーさんの受け止め方はまったく違います。 フェニックス・キャピタルと検索した時に「再生ファンド」ということが強調されれば、周囲から「あの会社、うまくいっているように見えたけれど実情は苦しかったのか」と謂れのない風評が立ちかねない。 自分の会社にそんな風評が立つことはまかりならん、という感覚があります。

次の