お金借りるなら 学生。 学生がプロミスからお金を借りる方法|親バレせずに借り入れをしたい人必見

学生ローンとは?

お金借りるなら 学生

目次 ~学生がお金を借りる方法。 審査基準についても解説~• 学生ローンとは、学生専門のキャッシング会社のこと 学生ローンとは、その名のとおり、学生専門のキャッシング会社(サービス)のことです。 学生は審査に通りやすいという特徴があります。 また学生ローンで借りたお金の使い方は自由です。 サークル活動・就活・合コン・飲み会・デート代など何に使っても構いません。 学業・学費のために使わなければいけないというルールもありません。 学生ローンで借りるときに 親の同意も(連帯)保証人必要ありません。 ただし、後述しますが、ハッキリって学生ローンはサービスとしての使い勝手は悪いです。 消費者金融や銀行カードローンのほうが圧倒的に便利で優れています。 消費者金融・銀行カードローンと聞くと不安を感じるかもしれませんが、実際はとても安全で便利なサービスです。 聞いたことがないような名前の学生ローンの方がよっぽど危険だと管理人は考えています。 消費者金融や銀行カードローンであれば、自動契約機(アコムなら「むじんくん」)があり、夜遅くまで契約することができます。 そのため「急にお金が必要になった」という場合でも、今日中にお金を手に入れることができます。 また消費者金融や銀行カードローンはコンビニATMから24時間いつでもお金を引き出すこともできます。 他にも郵送物をなしにできることや、30日間の無利息期間があるなど、とても便利なサービスです。 これに対して学生ローンには自動契約機がないので平日15時までしか契約することができません。 コンビニATMからお金を引き出すこともできませんし、無利息期間もないので借りたその日から利息が掛ります。 このような理由で、学生がお金を借りるのであれば、消費者金融や銀行カードローンの利用をおすすめします。 参考: さて、ここからは学生ローンの特徴を消費者金融・銀行カードローンと比較しながらくわしく解説していきたいと思います。 消費者金融よりも上限金利が低い まず金利について。 キャッシング会社からお金を借りるときには、金利が何%かによって利息は決まります。 金利が低いほど利息は少なくなります。 そして、 学生ローンの金利は消費者金融よりもわずかに低くなっています。 有名な学生ローン会社と消費者金融・銀行カードローンの金利をまとめたのが次の表になります。 区分 社名 金利 学生ローン アミーゴ 年利14. プロミスなら「17. 8%」ですね。 この金利を「上限金利」と呼びます。 初めて学生ローンや消費者金融からお金を借りるときには、上限金利で利息が計算されます。 つまり、「 上限金利が低い=利息が少なく済む」ということ。 金利は消費者金融よりも学生ローンの方がわずかにお得といえます。 しかし、金利「0. 5~1. 0%」の違いでは、本当に微々たる差にしかなりません。 0%程度の違いでは1年間借で利息は1,000円しか変わらないのです。 ですから、 消費者金融と学生ローンの金利にほとんど差がないと考えて良いです。 審査に必要なのは学生証と身分証明書 学生ローンからお金を借りるときには審査があります。 この審査では「本人確認資料」を提出しなければいけません。 本人確認資料とは 「学生証」と「身分証明書(運転免許証・健康保険証・パスポート)」の2点です。 学生証は「本当に学生なのか?」「どこの学校なのか?」をチェックするためのものです。 消費者金融や銀行カードローンでは、学生証の提出は必要ありません(身分証明書だけでお金を借りることができます)。 学生証を提出しなければいけないのは学生ローンならではといえます。 また、学生証だけで身元確認をするのは不安です。 友達から簡単に借りることができるからです。 このため、運転免許証や健康保険証などの身分証明書の提出も必要となります。 基本的にはこの2つの資料を提出すればOK。 1つ注意して欲しいのが、学生ローンのなかには「 銀行キャッシュカードの券面のコピー(or画像)」の提出を求めてくる会社もあります。 これは銀行の口座情報を確認するためです。 会社によって提出の有無が違いますので、申し込む前にどの資料を提出する必要があるかを確認しておくと良いでしょう。 ちなみに消費者金融・銀行カードローンであれば、キャッシュカードの提出も必要ありません。 これも学生ローンならではの特徴といえます。 お金を借りるのに資料を2~3点用意するのは手間ですが、お金を借してもらう立場ですので、頑張って用意をしてください。 学生が借りられるのは最大50万円or年収の3分の1まで 次に学生ローンから借りられる金額について。 ほとんどの学生ローンでは利用限度額を50万円としています。 どれだけお金を借りたくても50万円以上は借りられません。 さらに学生ローンは貸金業者なので「貸金業法」を守らなければいけません。 この貸金業法には 年収の3分の1までしかお金を貸せないルールがあります。 これを「総量規制」といいます。 プロミスやアコムなどの消費者金融も総量規制の対象のため、年収の3分の1までしかお金を貸してくれません。 たとえば、アルバイトで月5万円稼いでいる場合、年収は60万円ですので、借りられる金額は最大でも20万円までということになります。 そのため限度額の50万円を借りるためには年収150万円以上(月収12万5千円以上)は稼いでいる必要があるというわけです。 学生がバイトでこれだけ稼ぐのは大変なことです。 学校よりもアルバイトを優先していないと50万円を借りることはできないということですね。 では、月10万円以上(年収120万円以上)稼いでいたら、最初から40万円借りることができるのか? というと、答えは「No」です。 最初に借りられるのは多くても20万円まで。 その理由は、毎月一定の給料をもらえる社会人とは違い、アルバイトで生活費を稼いでいる学生の収入は安定しているとはいえないからです。 そのため、いきなり20万円以上のお金を学生に貸すのは、学生ローン会社としても返してもらえないリスクが高いです。 ですから、初回は20万以内からスタートし、きちんと返済を続けてくれるようであれば徐々に借りられる金額が増えていく仕組みになっています。 友達にいきなり「30万円貸して」と言われても、貸そうとは思えないのと一緒の感覚です。 学生ローンは振込キャッシングだけ 学生ローンからお金を借りるときは、振込みキャッシングになります。 あたなが指定した銀行口座に学生ローン会社が、お金を振り込んでくれます。 しかし、 「振込キャッシング」は便利そうに見えて、 とても不便です。 というのも、振込キャッシングは銀行口座に入金が反映されなければ、お金を引き出すことはできません。 お金を振り込んでもらう時間が銀行の営業時間である15:00を過ぎると、口座への反映は翌営業日になります。 さらに金曜日の15:00以降にお金を振り込んでもらう場合、口座に反映されるのは翌週の月曜日になってしまいます。 これは土曜・日曜日でも同じです。 振込キャッシングでは、すぐにお金を使いたくても振込の タイミングにより、すぐにお金を手にすることができないことがあるのです。 一方、消費者金融や銀行カードローンは「提携銀行」といって24時間365日いつでも入金が反映される銀行があります。 提携銀行に自分が口座を持っていれば、振込を依頼したその日のうちにお金を引き出すことができます。 たとえば、プロミスは三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です。 これらの銀行に口座を持っていれば、24時間365日いつでも10秒で入金が反映されます。 いざというときでも、スピーディにお金を借りることができます。 また、消費者金融や銀行カードローンでは「ローンカード」が発行されます。 ローンカードとはキャッシング会社が発行している借入専用カードのこと。 決められた限度額の範囲内であれば、コンビニや銀行のATMから、いつでもお金を引き出すことができます。 わざわざお金を振り込んでもらったり、銀行口座に入金が反映されるのを待ったりする必要もないので便利です。 パッとお金を借りたい場合、 学生ローンよりも消費者金融・銀行カードローンの方が確実に使いやすいのです。 今日中にお金を借りたいときも消費者金融・銀行カードローンが便利 今日中にお金を借りたい場合も、消費者金融や銀行カードローンがオススメです。 消費者金融や銀行カードローンには夜遅くまで営業している自動契約機があるからです。 たとえば、プロミスの場合、自動契約機は9:00〜22:00まで営業しています(契約機により営業時間は異なる)。 ネットから申込みをし、21:30までに自動契約機に行けば、その場でお金を借りることができます。 一方、学生ローンは振込キャッシングしか借入れ方法がないため、今日中にお金を借りるには遅くとも14:30までには契約を済ませ、15:00までに振込んでもらうしかありません。 そのため15:00以降にお金が必要になっても、絶対お金を借りることはできないのです。 このような理由で、今日中にお金を借りたいという急ぎの場合は消費者金融・銀行カードローンを利用する方が便利です。 ネット申込みだと、契約書が郵送されるので親バレの危険がある ほとんどの学生ローンは本社が東京にあります。 そのため、東京近郊に住んでいない限り、学生ローンに申し込むためには、ネット申込をすることになります。 このときに気を付けなければいけないのが「 親バレ」です。 学生ローンはネット申込をすると、必ず契約書が自宅に郵送されてきます。 (来店契約では、その場で契約書を受け取れます) 一人暮らしなら、何も問題はありません。 しかし、家族と同居している場合、郵送されてきた契約書が見つかることとで親バレのリスクがあります。 もちろん、学生ローン会社からの郵送物は、差出人名を会社名ではなく「個人名」にしてくれるなど、親バレしないように配慮されています。 ただ、子供に届けられた書類を何でも開けてしまう親もいます。 開封されたらすぐにお金を借りていることがばれてしまうのです。 残念ですが、 ネットから学生ローンに申込むと、契約書の郵送は防げません。 契約書の郵送を防ぎ、親バレのリスクをなくするためには、 消費者金融・銀行カードローンの「WEB完結を使う」か「自動契約機・有人店舗で契約する」という2つの方法があります。 WEB完結は申込みから契約まで、パソコンやスマホから全てネット上でできるサービスです。 さらに自宅宛てに契約書やローンカードの郵送をしなくても契約を終わらせることができるため、親バレすることはありません。 また、自動契約機・有人店舗で直接契約することができれば、その場で契約書とローンカードを手に入れることができます。 自宅に郵送されることがないので、親バレの心配がありません。 消費者金融・銀行カードローンの自動契約機・有人店舗は、全国のいたるところにあります。 学生ローンと比べて店舗数が多いので、来店契約がしやすいのも魅力ですね。 「絶対、親バレしたくない!」という場合にも、学生ローンではなく消費者金融や銀行カードローンを使うことをオススメします。 その他、気になるであろうことをババッと答えます Q. 家族やバイト先に電話で連絡されない? A. お金を借りるときは100%自己責任なので、 連絡は入りません。 申込するときに個人の携帯電話番号を入力しておけば、自宅に電話がかかってくることは絶対ありません。 ただし、返済遅延や踏み倒しなどの問題を起こした場合には、連絡が入る可能性もあります。 他の会社から借りていても借りられる? A. 既に他 の会社からお金を借りていても、借りることはできます。 しかし、借りられる金額は、他社からの借入も合わせて、年収の3分の1までです。 既に年収の3分の1まで借りている場合は、借りることはできません。 返済中でも追加でお金は借りられる? A. 返済中でも追加でお金を借りることはできます。 しかし、学生ローンから 追加でお金を借りるには、申込みのたびに審査を受けなければいけません。 消費者金融・銀行カードローンは、自由に使える「借入枠」がありますが、学生ローンには借入枠がないため、毎回審査となるのです。 学生を卒業するタイミングで全額返済しないといけないの? A. 卒業後すぐに全額返済をする必要はありません。 返済期間内であれば、分割で支払えばOK。 たとえば、学生ローンのCampusは返済期間が5年となっており、卒業後でも返済を受け付けています。 卒業後も使うことはできますか? A. 卒業後でもお金を借りることはできます。 しかし、学生ローンの限度額は最大で50万円なので、50万円以上借りたい場合は、消費者金融や銀行カードローンなど、限度額が大きい会社を使うことをオススメします。 学生ローンを使うと就活で不利になる? A. 学生ローンからお金を借りても 就活で不利になることはありません。 また、内定を取り消される心配もありませんので、安心してください。 理由として、学生ローンを使った情報は、選考を受ける企業が調べることはできないからです。 おわりに・・・ ここまで学生ローンの特徴を消費者金融、銀行カードローンと比較しながら説明してきました。 理解できたでしょうか? 学生は「学生ローン」と「消費者金融・銀行カードローン」からお金を借りることができます。 しかし、これらを比べると、融資までのスピード、コンビニATMでの引出し、親バレへの対応などを含めて 消費者金融・銀行カードローンを使った方が圧倒的に便利です。 ですから、特に今日中にお金を借りたい場合や、絶対親バレをしたくない場合は、消費者金融・銀行カードローンを選ぶことをオススメします。 詳しくは「」にて解説をしているので、そちらを読んでください。 今日お金を借りたい人に 人気のキャッシングはこれ!.

次の

学生がお金借りるならどこ?即日融資できるおすすめはここだ!

お金借りるなら 学生

スポンサーリンク さまざまな事情で、急にお金が必要になることってありますよね。 大きなお金が必要な事情もあれば、日々の生活費や飲み会などで、必要になるということもあると思います。 そういうときは、学生さんだとまず親に頼むかと思います。 しかし日々仕送りをしてもらっていたり、学費を出してもらっているとなると、なかなか言い出せなかったりしますよね。 となると、自分でアルバイトをしよう!と思うでしょう。 しかし学業や部活などが忙しかったりすると、なかなかアルバイトする時間が取れないということもあるでしょう。 そんなときに考えるのが、お金を借りるということですね。 もしアルバイトをしていない学生でもお金を借りることってできるのでしょうか。 実は、乳集を得ていない方にお金を貸すことは、法律で禁止されているんです。 私も知らなかったのですが、そしたら専業主婦などはどうなるの?と思いますよね。 専業主婦は配偶者の収入があり、配偶者貸付を利用すれば借りることができるのです。 ですが学生で無収入、となるとお金を貸してくれる機関はないに等しいということなのです。 ただし、学生ローンを扱っているところがあります。 この場合は、親を連帯保証人にしたり、親の仕送りを収入と見てくれるところもありますので、一度相談してみてもいいかもしれません。 では、もし学生でお金を借りたいということになった場合の借りる先や、誓約書についても詳しくご紹介しています! ろうきんなら各地にあるしお金をかりるのも安心?!教育ローンも!! よく、「ろうきん」という看板を街中で見かけますよね。 全国に支店があり、なんとなく安定しているイメージがありませんか。 ろうきんでしたら、お金を借りるのも安心できるな~と思いますよね。 消費者金融などお金を借りるところはたくさんありますが、なんとなく安心な感じがありますね。 実はろうきんは、「はたらく人の金融機関」として法律で定められている唯一の金融機関なんです。 利益も優先していないので、低金利で借りることができるというメリットもあります。 ですが、みんながみんなろうきんでお金を借りることはできないのです。 原則では、ろうきんの営業エリア内に住居、または勤務先があることが条件です。 これは、Webだけで借りることができず、実際に店舗に行く必要があるからなんです。 学生ローンですと、アルバイト収入が必要にはなりますが学生、そして未成年でも親の同意があれば借りることができます。 アルバイトをしていない・・・という場合は、一度ろうきんに状況を相談してみてもいいかもしれませんね。 ろうきんには教育ローンもありますが、これは学生では借りることができません。 学生自身が自分の学費のため、ということで借りることもできないのです。 よって学生でお金をろうきんから借りたい場合は学生ローンになりますが、アルバイト収入が必要になりますので一度相談してみてくださいね! 必ず書こう!お金を借りる側も貸す側も誓約書が必要な理由 お金を借りる時は、必ず書面でのやりとりが必要になりますね。 お金を借りる、貸すときは金銭消費貸借契約書が必要になるのはなんとなく知っていましたが、誓約書でも効果はあるのでしょうか。 誓約書は当事者間で取り交わす覚書で、こういうことが起こらないようにしてくださいね!という意味合いが強いです。 ですので金銭消費貸借契約書を交わすと同時に、誓約書を交わすのはとても大切なことなのです。 もし返せないことがあった場合、借金返済をいつまでにするか、分割返済なら毎月何日にできるか、などを詳しく誓約書でかわす必要があります。 ただ貸す側としては、誓約書では裁判になったときに金銭を差し押さえたりという効果がないのは不安ですよね。 ですが、誓約書があるとないとではもし何かが起こった時に交わしておけば・・・ということを防ぐことができます。 もしお金を借りる場合は、相手が差し出す書類にただサインをするだけでなく、この書類はどういう意味があるのかというのをきちんと確認し、最悪の事態も想定してどういう内容になっているのかを、お互いにしっかり確認する必要がありますね。 まとめ お金をアルバイトをしていない学生で借りるというのは、難しいと言わざるを得ません。 ですがろうきんのように、利益を目的とせずローンを行っているところもありますので、確認してみてくださいね。 また学生の場合は、親の同意が必要だったり親への確認が入る場合が多いですので、あらかじめ話しておいたほうがいいかもしれません。 また、誓約書など実際に借りることになるとたくさんの書類を書くことになります。 きちんと書類の内容を確認し、どういう契約なのかを自分でもしっかりと把握しておくことが大切です。 お金を借りる際は、しっかりと計画を立てたうえで本当に必要だと判断した場合に借りるようにしましょう。 後で返せなくなるということのないように、しっかりと考えてから行動してくださいね!.

次の

学生がお金を借りるベストな借入方法3つを教えます!

お金借りるなら 学生

なのでこの「学費サポートローン」も学生本人の利用はできないのかな?と思っていたのですが、利用対象者として「20歳以上65歳未満で、完済時の年齢が70歳以下の方、かつ安定した収入のある方」となっています。 アルバイトやパートの方も利用できるとあるので、20歳以上でアルバイトをしている学生の方ならば利用できるということになります。 18歳19歳といった未成年の学生の方は利用できません。 学生ローンはないけど、学生ローンのような感じで大学にかかる費用をスルガ銀行の「学費サポートローン」で借りることはできますね。 ただ、使い道は学校に収める学費や学業に付随する資金なので、飲み代や旅行代、生活費といったものに利用することはできません。 使い道を確認できる資料が必要なので、ごまかすこともできません。 なので、飲み代や旅行代、生活費といったお金が必要という方は、学生専門の学生ローン会社や消費者金融からお金を借りないといけないですね。 商品内容 この学費サポートローンですが、利用限度額は10万円~800万円となっています。 学生の場合はアルバイト収入となるので、そんなに収入が大きくないので利用限度額もあまり高額にはならないと思いますけどね。 良いところで50万円ぐらいなのかなと思います。 金利は学生ローンに比べて格段に安くて、年3. 6%~12. 0%の固定金利となります。 審査によってこの金利の中で決められる感じですね。 返済方法は専用のカードによる返済か、スルガ銀行の口座から自動引き落としになり、返済金額は毎月定額で3,000円以上の千円単位となります。

次の