引っ越し 安い日。 2020年4月の引越し料金相場は?安い日はいつ?狙いどきはココ!

引っ越し料金が最も安くなるのは何曜日?

引っ越し 安い日

平日・休日(土日と祝日)の引越し料金相場 単身引越しの場合、平日と休日で料金の大きな差異はなく、近隣への引越しで約4万円、遠方への引越しで約7万円~8万円でした。 家族の場合は、同じ都道府県程度の引越しであれば曜日ごとで金額差異がなく、およそ8万円が相場です。 特に、一人暮らしの方の引越しや、短距離引越しの場合、平日と休日による差額は数百円から数千円程度で軽微です。 「引越し費用は土日や祝日といった休日よりも、平日のほうが安くなる」と言われているかもしれませんが、主に県内の単身引越しをする場合は曜日ごとの金額差を考慮する必要はないでしょう。 ただし、県外への長距離引越しや、家族引越しの場合は、祝日に引越しをすると費用が高くなる傾向にあります。 理由としては、祝日の連休を利用して、余裕をもった引越しのスケジュールをたてる依頼者が集中するためです。 もし、少しでも引越し費用の総額を減らしたいというのであれば、平日を希望して、割引価格が適用されるかどうかを引越し業者に確認してみるといいでしょう。 引越しする月ごとの平日・土日・祝日の料金相場 引越しをする月ごとに、平日や土日、祝日の引越し料金の相場を見ていきましょう。 まずは、同一都道府県への引越しからですが、こちらは単身・家族ともに曜日ごとの相場の変動はさほど大きくはない傾向にあります。 5月~2月の通常期においては単身者がおよそ4万円、家族世帯で8万円ほどが相場です。 また、引越し依頼が最も混雑するシーズンである3月においては、単身でおよそ8万円弱、家族で15万円前後がだいたいの金額の目安です。 <各月の曜日ごとの引越し相場(同一都道府県への引越し)>• 月 平日 土日 祝日 41,298円 42,251円 27,262円 47,752円 47,212円 40,183円 79,941円 76,184円 78,841円 58,254円 53,487円 52,601円 45,477円 42,271円 46,906円 43,049円 42,319円 - 43,987円 47,804円 44,026円 42,478円 44,540円 50,512円 43,091円 47,201円 48,988円 42,678円 41,546円 37,827円 45,064円 41,584円 40,618円 42,472円 40,456円 40,442円• 月 平日 土日 祝日 81,669円 79,809円 91,983円 91,826円 86,371円 85,215円 145,665円 140,546円 166,174円 107,910円 113,111円 91,843円 86,077円 82,424円 97,289円 86,842円 78,891円 - 89,108円 87,326円 83,236円 83,245円 89,791円 85,992円 83,839円 77,678円 56,257円 83,055円 81,384円 86,712円 83,863円 74,759円 - 79,260円 74,932円 92,605円• これは、1月は1年を通して最も引越し料金が安くなる時期であると同時に、1月前半の第2月曜日が連休最終日にあたるので、比較的引越し業者への依頼件数が少ないからです。 つづいて、他県への引越しの場合の相場も見てみましょう。 <各月の曜日ごとの引越し相場(他県への引越し)>• 月 平日 土日 祝日 88,075円 86,072円 60,300円 92,046円 85,450円 162,440円 156,973円 157,227円 166,294円 118,191円 119,728円 121,365円 93,473円 98,806円 99,768円 84,567円 84,572円 - 87,384円 95,638円 100,029円 95,329円 82,709円 69,750円 91,638円 81,205円 - 97,441円 98,654円 - 81,926円 91,287円 86,571円 90,660円 87,780円 74,600円• 月 平日 土日 祝日 157,138円 149,000円 150,000円 188,671円 159,400円 198,000円 341,709円 296,128円 307,000円 266,695円 249,071円 214,100円 195,623円 241,826円 320,000円 193,913円 147,360円 - 194,909円 163,300円 78,600円 185,571円 183,334円 300,000円 163,840円 198,475円 300,000円 1685,77円 181,227円 -円 183,000円 134,750円 278,500円 153,874円 156,000円 -• これは、5月であればゴールデンウィーク、8月はお盆休み、9月はシルバーウィークと家族引越しの依頼が増える大型の連休がある月だからです。 多人数での引越しはただでさえ荷物が多く準備が大変で、そのうえ長距離を移動する場合は非常に時間がかかるので、連休への依頼が増え見積もり価格も高騰します。 引越しする月や時期ごとの料金相場についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。 参考: 【2020年】引越し料金カレンダーで値段設定が安い曜日を探す 引越し侍では各月の日ごとに、引越し業者が安値または高値で金額設定をしている日付が探せる「引越し料金カレンダー」をご用意しています。 もし引越しの日程をある程度調整できるのであれば、料金が高い日は避けて見積もりをとると、費用が抑えられるのでおすすめです。 :安い• :やや安い• :平均値• :やや高い• 各引越し会社が依頼数や契約数の上下に合わせて、安売りしたり、逆に金額を高く設定したり、という曜日ごとの販売価格を把握することができます。 特に、依頼の少ない日は「特売日」として大幅にディスカウントされるタイミングなどもあるため、依頼日の参考にすると良いでしょう。 日程をずらせない場合は引越し作業の希望時間帯を変えて費用を抑える 引越しする日程をずらせないという方も少なくないでしょう。 その場合、引越しをする時間帯を変えることで引越し料金を安くできる可能性があります。 下記の、単身と家族別の時間帯ごとの引越し料金の相場グラフを見てみましょう。 :単身• :家族 参考として、単身・家族ともに午前11時、もしくは18時以降の夜間の時間帯が一日の中で料金が安いです。 また、家族引越しは早朝からの作業を希望する方が多いので、午前中の依頼を避けることで料金を抑えることができます。 参考: もし、時間に融通が利くのであれば、引越し業者の作業時間を指定しないことで費用が安くなるを検討してみてもいいでしょう。 運が悪いと夜遅くから引越し開始という場合もありますが、少しでも安くしたいという方におすすめです。 平日・土日・祝日の引越し料金相場まとめ いかがだったでしょうか? このページに内容をまとめると、以下の通りです。 単身引越しや、短距離引越しの場合、平日と休日による料金相場はほぼ変わらない• 家族で長距離引越しする場合は祝日に引越しをすると費用が高くなる• 5月・8月・9月の連休は家族世帯の遠距離引越し金額が高くなる 補足として、一般的に吉日とされる「大安」の日付を選ぶと、平日でも多少、引越し料金が高くなる傾向にあるようです。 料金設定が「安い日」と「高い日」を判別する際の参考にすると良いでしょう。 参考: 引越し費用を安くするには、で紹介している内容を実践するのがおすすめです。 様々なポイントを押さえて、お得な価格で引越しをしましょう! 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

縁起の良い・悪い引っ越し日

引っ越し 安い日

Contents• 引っ越しで縁起の良い日はいつ? 引っ越しをするうえで最も縁起の良い日と言われている日は 下記の3つです。 年に数日しかない最も縁起の良い日「天赦日」 読み方は 「てんしゃにち」または 「てんしゃび」と読みます。 読んで字のごとく 「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」とされ、 暦の中で最も縁起の良い日です。 天赦日は季節と日の干支で決まり、 年に5回または6回しかありません。 何事を始めるにも良い日「一粒万倍日」 読み方は 「いちりゅうまんばいび」または 「いちりゅうまんばいにち」と 読みます。 「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になると言う意味で、 何事を始めるにも良い日と言われています。 ただし、借金等をすることは、苦労の種が万倍になるということで 凶とされています。 一粒万倍日は数が多いため、暦注と重なることが多く、 吉日と重なった場合は、一粒万倍日の効果が倍増すると言われています。 上記で紹介した天赦日と重なることもあり、その日は、 最も縁起の良い日と言われる天赦日の中でも特に 吉日と言われています。 六曜の中で最も縁起の良い「大安」 「縁起の良い日」と言うと、すぐに大安を 思い出すのではないでしょうか? カレンダーの隅に書かれている大安や仏滅などを 六曜と言うんですが、引っ越しにおいても 最も縁起の良い日は大安吉日です。 引っ越しで縁起の悪い日はいつ? 引っ越しをするうえで縁起の悪い日と言われている日は 下記の2つです。 最も有名な縁起の悪い日「仏滅」 縁起の悪い日の代名詞と言っても過言ではない 仏滅は引っ越しにおいても縁起の悪い日です。 ただし、 引っ越しにおいて最も縁起の悪い日は 仏滅ではありません!! 引っ越しで最も縁起の悪い日「赤口」 仏滅よりも引っ越しで最も縁起の悪い日と言われているのが 赤口です。 赤口は「赤」の字が血、火災、刃物など、「死」を連想させるものが 多いことから、仏滅よりも不吉な日と言われています。 六曜別縁起が良い日ランキング 暦注の中で有名な六曜について、その意味合いと 引っ越しをするうえで縁起が良い日について ランキング形式にまとめてみました。 1位 大安 何事においても吉の日。 成功しないことはない日とされ、 六曜の中で最も縁起の良い日です。 2位 先勝 万事に急ぐことが良いとされる日。 午前中は吉、午後2時から6時までは凶と言われています。 そのため、 午前中に引っ越しをするのがベストです。 3位 友引 勝負事で何事も引き分けになる日。 午前中は吉、昼は凶、夕方は大吉と言われています。 そのため、 午前中もしくは夕方からの引っ越しに向いています。 4位 先負 万事に平静であることが良いとされる日。 午前中は凶、午後は吉と言われています。 そのため、 午後に引っ越しをするのがベストです。 5位 仏滅 六曜の中で最も凶の日。 以前は「物滅」と言われており、 古いものが滅びて、新しく始まる日とされ、 物事を始めるには良い日と解釈される場合もあります。 6位 赤口 陰陽道の 「赤舌日」という凶日に由来する日。 午前11時ごろから午後1時ごろまでが吉で、それ以外は凶と言われています。 上記のとおり血、火災、刃物など、「死」を連想させる日のため、 引っ越しにおいては、最も縁起の悪い日です。 日だけではなく、月にも引っ越しの縁起が良い・悪いがある 古くからの言い伝えで 「1月、5月、9月の引越しは縁起が悪い」と 言われています。 理由は諸説あるようですが、 仏教の宗派の一つの大祭に 「正五九祭(しょうごくさい)」と 言うのがあります。 1月はお正月、5月は田植え、9月は稲刈りと言う大きな行事のある 忙しい時期に皆に手伝ってもらって引っ越しをするなんて罰当たりだ!! と言うことで、 縁起が悪いと言われています。 縁起が悪い日の引越しでも縁起を良くする方法 縁起が良い日に引っ越しをしたいけれど、スケジュールの都合で どうしても縁起が悪い日に引っ越しをしなければいけない時もあると思います。 そんなときでも大丈夫!! 実は、縁起が悪い日の引っ越しでも、縁起を良くする方法があります。 万年青(おもと)と言う縁起の良い植物を用意する 引越しの際に万年青(おもと)という植物を 一番最初の荷物として新居に入れると縁起がよいと昔から言われています。 そして、 北東(鬼門)に万年青(おもと)を置くことで、鬼門から 流れてくる悪い気を防いでくれると言われています。 徳川家康公が江戸に移られるのに先だって、その居城の新築を祝して 献上された万年青(おもと)を真っ先に持ち込み、床の間に飾ったことが 由来とされています。 本来は引っ越しを控えている友人・知人に贈るものですが、自分で購入しても 特に問題ありません。 新居で先に一晩過ごす 家主が引っ越し日より前に縁起の良い日に 新居で一晩過ごすことで、 その日を引っ越し日にすることができます。 一部の荷物を先に新居にうつしておく 新居で先に一晩過ごすと同様に縁起の良い日に 一部の荷物を新居に運びこむことで、その日が 引っ越し日にすることができます。 縁起の良し悪しは引っ越し料金に影響する?影響しない? 上記で紹介した天赦日、一粒万倍日については、 引っ越しをするうえで非常に縁起の良い日ですが、 引っ越し料金に影響はしてきません。 引っ越し料金に影響を与えるのは六曜です。 やはり縁起の良いとされる大安は人気が高いため、 引っ越し料金も高く、逆に仏滅や赤口は人気が低いため 引っ越し料金が安くなる傾向にあります。 しかし!! 繁忙期の場合は、たとえ縁起の悪い日でも引っ越し料金は高くなりますし、 閑散期の場合は、たとえ縁起の良い日でも引っ越し料金は安くなります。 そのため、 安く引越しをしたいと考えているのであれば、 繁忙期か閑散期かを、まずは検討し、その後にどの日に 引越しをするかを検討することをオススメします。 また、もしも引っ越し料金を安くしたいのであれば、 複数業者から見積りをとって価格を 比較することが重要です。 でも、そもそもどういう引越し業者があるかも わからないですし、何より手間ですよね? そんな時はネットでの一括見積もりがオススメです。 一括見積ができるサイトはいくつかありますが、 私のオススメはです。 数分の手続きで235社の見積りを無料でとることができます。 ここで取った見積り業者2~3社と交渉することで、 さらに引越し料金を安くすることができます。 引っ越しするときは、ぜひ試してみてください。

次の

引っ越しに縁起の良い日、悪い日はいつ?

引っ越し 安い日

5月引っ越しを格安で済ませるには、なるべくゴールデンウィークを避ける! 5月の中でもゴールデンウィーク中は引っ越し料金が3月・4月の繁忙期並に高くなってきます。 休日や大安などでは無い普通の平日になる為、閑散期並に引っ越し需要が落ち着いてくるからです。 単身引越しで30,000円、家族引越しで70,000円程です。 ゴールデンウィーク真っ最中なので5月の中で最も引っ越し件数が多いからです。 黄色の日(何も無い日)と比べると40%〜50%も料金が割高になり、 3月・4月の繁忙期と変わらないくらいの引越し料金がかかります。 50%割増の場合、単身引越しで150,000円、家族引越しで350,000円程にもなります。 渋滞に巻き込まれてしまったら引越し業者のトラックの到着が遅れ、引越し作業が大幅にずれてしまう事があるからです。 土日と大安で、赤色の日ほどではありませんが引っ越し需要はまだまだ高く人気の日だからです。 大安の日 12日、18日 は引っ越しをするにあたって縁起がいい日なので、ゲン担ぎをする人が以外と多く、平日でも引っ越し件数が多くなる特徴があります。 料金は赤色の日より20%程安くなりますので、単身引越しで120,000円、家族引越しで280,000円程です。 そう言うと思って、5月引っ越しの料金相場と、業者ごとの料金差を出しておいたわ!業者ごとにかなり料金に差があるので必見よ。 サカイ引越センター• アート引越センター• アーク引越センター• ハート引越センター 以上の計4社で、同都道府県内と県外の料金を出しています。 <5月引っ越し 同都道府 県内> 引っ越し業者 単身引っ越し 家族引っ越し サカイ引越センター 54,342円 73,998円 アート引越センター 41,357円 76,574円 アーク引越センター 36,828円 64,608円 ハート引越センター 31,239円 62,068円 同じ都道府県内の単身引っ越しでも、大手のサカイと中小のハートでは 2万3千円もの料金差があります!2万円あれば、新居で必要な家具・家電が1つは買えそうですね… <5月引っ越し 同都道府 県外> 引っ越し業者 単身引っ越し 家族引っ越し サカイ引越センター 86,011円 140,802円 アート引越センター 74,511円 154,052円 アーク引越センター 54,693円 103,065円 ハート引越センター 64,299円 122,286円 県外に関しては、同じ家族引っ越しでもアートとアークでなんと 5万円以上も料金差が出ています! 大手の引っ越し料金はやはり高いですね。 高い理由は、それだけ抱えている従業員数が多くCM広告費などのコストもかかっているのでその分が料金に加算されているからです。 何が言いたいのかというと、業者選びを怠ってしまうと大手ばかりに目がいってしまい、それだけお金を無駄にしてしまう可能性があるという事です!地域専門の中小業者を当たれば、もっと料金が安くなる事もあります。 でも、1社1社見積もりを願いしていたらいくら時間があっても足りないし、面倒ですよね。 そこでおすすめなのが、大手から中小の引越し業者から、一番安い料金を一括で見積もりできるサービス 「引越し達人」です。 引越し達人は、引越し先などの簡単な情報を入力するだけで、大手から中小の引越し業者の料金を、 簡単に比較 する事ができます。 メールのみのやり取りで安くて良い引越し業者を選びたい人はぜひ「引越し達人」を試してみてください。 心配しないで。 今から、ゴールデンウィーク中の引越しを安くする3つの方法を紹介していくから、見逃さないようにね! 5月の引っ越しを格安にする、3つのマル秘テクニックをご紹介! 5月の混雑予想カレンダーの部分でお伝えした、5月中の閑散期にどうしても引っ越しをずらせない人もいますよね。 そこで次は、ゴールデンウィーク中の引っ越しでも使える、 料金を安く抑える方法を3つお伝えしていきます。 早すぎても受け付けてくれないので注意してくださいね。 そうすると2番目に安い価格を提示してきた業者は 「じゃあその価格(一番安い業者)より安くならないか、上の者に伝えてみます」と張り合ってくれる可能性が大きいです。 つまり、 一括見積もりで一番安い金額を出した後、さらにその金額より値引きをしてもらう事が可能になるという事です! 実際に値下げ交渉によって見積もり金額をどれくらい安くできたのか、家族引越しで調査した結果を見てみましょう。 <家族引越しの見積もり料金の値引き金額:円グラフデータ> 参考:引越し侍(アンケート人数211人) この結果から、 50,000円以上の値引きに成功した回答が全体の19. Tポイントの場合、引っ越し代金200円につき1ポイントが付与されるので、Yahoo! JAPANショッピングやファミリーマートで新居で必要な小物や食料品がいくつか買えちゃいますね! 全ての引っ越し業者が対応しているわけではありませんし、ポイント還元率もカードや業者ごとに変わってくるので 「何かポイントがつく制度は無いか」と業者に確認しておく事をおすすめします。 すごくラッキーです!なぜかというと 5月は、 3月・4月では見られないような値下げ物件が多く出回る月だからです。 不動産会社や大家さんは家賃収入の出ない空室期間を嫌うので、 物件の家賃交渉に応じてくれたり、 敷金礼金0円にしてくれたりします。 敷金礼金は0円にならなくても、「安くならないか」という交渉には応じてくれる可能性はありますので、不動産会社や大家さんに交渉をしてみましょう。 空き部屋をいつまでも持っていても仕方がないので、大家さんはいち早く入居者を確保する為、5月に 「フリーレント物件」を出す事が多くあります。 フリーレントとは、一定の期間家賃がかからない物件の事を指します。 通常は1ヶ月間家賃が無料になります。 そのため、もし5月にフリーレント物件を借りたら、5月中は 家賃が不要になるというわけです。 共益費など月額で必要な料金に関しては支払いが発生するのですが、1ヶ月家賃が無料というのは引っ越したばかりでお財布が寂しい時期にはかなりありがたい待遇ですよね。 なぜ1ヶ月も無料で貸してくれるのかというと、家賃自体を下げてしまうと他の入居者と比べて不公平になってしまうからです。 月々の家賃を下げるよりも、1ヶ月間家賃を無料にしてしまった方が、長く住んでもらった時に大家さんが損をしないという仕組みになっています。 1ヶ月家賃が無料ならば、現在入居中の物件とフリーレントの新居で、 家賃の2重払いを防ぐ事もでき、私たち入居者のメリットも大きくなります。 ただし、フリーレント物件は一定期間内の解約には違約金が発生します。 何故なら大家さんは、フリーレント期間が終わってすぐに退去される事態を回避する必要があるからです。 1ヶ月の無料期間だけ入居されてしまっては、大家さんからしてみればなんの利益にもなりませんからね。 3月・4月などのオンシーズン(繁忙期)には人気の物件は下手すれば内見に行ったその日に契約が決まってしまいます。 そのため1件1件の競争率が高くなってしまい、いろんな物件を見てから気になる物件をじっくり見る事が難しくなってしまいます。 一方、 5月などのオフシーズンには物件の競争率が下がってくるので、気になる物件を一旦持ち帰ってからじっくり決める事ができます。 「ここは今人気の物件で、今日だけで内見4組の方がきましたよ!」などと急かされ、焦って契約してしまってもいざ住んでみたら窓際の結露ができやすい物件だった…近くに繁華街があって夜中うるさい… など問題が出てくる可能性もあります。 そのため物件探しに関しても、慎重に行える5月が最適と言えるでしょう!.

次の