食事 制限 なし ダイエット。 無理はしない!食事制限なしダイエットを成功させる10個のルール

高校生でもできる食事制限なしのダイエット方法ありますか??

食事 制限 なし ダイエット

好きなものを好きなだけ食べながら筋トレする ということについて説明させていただきます。 この場合は、痩せることはできなくても、筋肉をある程度増やしたり、筋肉の形をデザインしたりすることはできるでしょう。 ダイエットの原則は 消費カロリー > 摂取カロリーとなることですので、カロリーの計算をしなければ体重を減らすことは難しいです。 一方で体重は減らなくてもトレーニングを継続していれば、筋力UPやトレーニングの質の向上は見込めると思います。 ですので、筋肉の形を整えたり、扱う重量を増やしたりするのであれば食事制限は必ず必要ではないのかもしれません。 私見ですが、ダイエット・ボディメイクを目的に筋トレを行っている方には食事制限は必要だと思います。 仮に食事制限なしに理想の体型を目指すのであれば、かなりの時間と労力を必要とするので、時間効率は悪くなると思います。 最短時間で理想の体を獲得するには、やはり食事の制限は必要でしょう。 一方で体調管理やストレス発散など、運動習慣として筋トレを続けている方は食事の制限はセットではないと考えられます。 スポンサードリンク 筋トレだけで痩せることはできるのか 食事制限を行わずに痩せることができるかどうか。 これは理論上は可能です。 では、どうすれば可能なのか? というと、食事で摂取したエネルギーを、運動での消費エネルギーが上回れば良いので、長い時間トレーニングを行い、食べた分を帳消しにすれば良いのです。 もともと食の細い方であれば、摂取カロリーも少ないので痩せていくと思いますが、食事量の多い人が筋トレだけで痩せるためには、 一日の半分以上をトレーニングに充てるくらいの気位がないと難しいでしょう。 その時間が確保できるのであれば良いのですが、働いている方、学校に通っている方、家事に忙しい方には厳しいのではないでしょうか。 時間的な効率と手間を考えると、消費カロリーを圧倒的に増やすよりも摂取カロリーを抑える方がベターだと思います! また、筋トレで痩せるとき 筋肉を増やして基礎代謝を上げて、消費エネルギーを増やして痩せやすくするという理論をもとに考えていきますが、筋肉量は短期間に爆発的に増やすことはなかなか困難。 基礎代謝が上がるくらいまで筋肉量を増やすには、ある程度時間をかけることが必要不可欠です。 いくら時間がかかってもいい、という方は食事管理を行わずトレーニングを継続して筋肉を育てて消費カロリーを底上げすればOKですが、一体いつ目的の体になれるかはわかりませんし、もしかすると死ぬまで理想の体に出会えないかもしれません…。 仮に、食事制限を行わずに痩せることができたとしましょう。 はたして、 その体はその人の理想としている体なのかどうか? ということが次の問題として上がってきます。 筋トレを行う意味は、運動することだけではないのです。 筋肉のデザインを行い、自分の理想とする体の形、筋肉の形に近づけるためには筋トレを行い、それぞれの筋肉を自分の好みの形に育てていくために筋トレを行うのです! 筋トレだけでやせることについて、あくまで理論上は痩せることは可能ですが、現実的に可能かというと厳しいものがあります。 食べたいけど痩せたい時のおすすめ筋トレメニュー 食べたい!けど痩せたい! という葛藤を感じた時はまず筋トレ。 運動を行うことで食欲の抑制も狙えます。 食欲コントロールのためにも筋トレはオススメです。 まずおすすめしたいのはスクワット! 自宅で行うこともできますし、ジムに行くのであればしっかり重量を持って行うのがGOOD。 大きな筋肉を使ってトレーニングを行うことで、交感神経(自律神経のひとつで、体を興奮させる時に働く神経)を刺激して、胃腸の運動を抑制します。 結果として食欲が落ち着き、食べたい気持ちも落ち着きます。 ここでのポイントは、スクワットを1、2回行うというのではなく、 10~20回くらいを目安にしっかり行うことです。 ちょっと動いたからといって、交感神経は興奮してくれません。 食欲に打ち勝つという意味でも、気合を入れてスクワットに臨んでくださいね! 次にオススメなのは、腹筋ローラーを使っての腹直筋の筋トレ。 腹直筋は胃や腸を前面から支える役目を持っています。 腹直筋を刺激してあげるとことで筋肉が収縮させ、内臓を前面から押し、胃が前に出てくるのを防ぎます。 運動によって食欲を抑えるだけでなく、食事の時に胃が膨らみにくくなるので食べすぎの防止にも役立ちますよ! 筋トレだけでなく、有酸素運動を行うこともオススメです。 20~30分くらいのウォーキングを行ったりするのも空腹を紛らわせるのにも有効ですので、試してみてくださいね。

次の

食事制限なし&運動のみでダイエットできる?効率的に痩せる方法とは!?

食事 制限 なし ダイエット

「食事制限するダイエットって過酷なイメージで続ける自信がない。 」 「体を動かすのは好きだし引き締まったカラダを手に入れたい。 」 そんなあなたにピッタリの 効果抜群!食事制限なしの簡単な運動だけで体を引き締めるダイエット方法を こっそり 伝授しちゃいます。 これを読んであなたもパーフェクトボディを手に入れちゃいましょう! 食事制限なしでも痩せるの? 食事制限なしでも痩せられるって、 なんとなく信じられないですよね? ということで、 まずは食事制限なしで痩せる意味を理解しましょう! 1.痩せるメカニズムを理解しよう! 痩せる仕組みについて、 あなたは正しく理解できていますか? その仕組みはいたって単純明快です。 摂取カロリー<消費カロリー この状態にすることです。 お金は、 収入以上に消費してしまうと貧乏になっちゃいますが、 カロリーは摂取した分は消費しなければ、 余った摂取カロリーは脂肪となって日々蓄積されていきます。 2.一週間の摂取カロリーを把握しよう! 食事制限なしのダイエットといえど、 普段から摂取カロリーが明らかに多すぎては相当な運動が必要になってしまします。 そのため、自分のカロリーバランスを把握する目的として、 普段の食生活のままで、1週間で食べたものをすべて記録し、 カロリーを計算してみましょう。 その上で、 1週間でどれぐらいのカロリーオーバーが生じているのか把握しましょう。 その結果で出たカロリーオーバーの数値が、 運動で消費すべきカロリーとなります。 もう少し分かり易く例を出すと、、、 35歳で155cm 体重55kgの方で 座位で過ごすことが多い女性だと1日の標準摂取カロリーは1,300kcalです。 これに対し一週間の摂取したカロリーが10,500kalだったとすると、、、 痩せるカロリーバランスに転換するには、 10,500-9,100で1,400kcalのカロリー消費の必要があります。 このように、まずは普段の食生活において一週間で どれだけのカロリーオーバーを抱えているのかを把握することが不可欠なのです。 食べ方を変えるだけで痩せる裏ワザ! 自分のカロリーバランスは把握したと思いますが、 中には 摂取カロリー以上に太りやすい食べ方をしている人がいます。 食事制限なしでも食べ方で痩せる。 食事制限なしといっても明らかに間違った食べ方をしている方は、 それを改善するだけで痩せることが出来ますので紹介します。 空腹状態でごはんを初めに食べると 一気に血糖値が上昇して脂肪がつきやすくなりますので、絶対にやめましょう。 2.深夜の夜食 夜22時~3時は太るためのゴールデンタイムです。 こんなの誰もうれしくないですよね。 この時間帯は普段より10倍以上も太りやすくなります。 この時間に夜食を取る習慣があれば絶対やめてください。 代わりに3時のおやつにしてはいかがですか? どうしてもこの時間にお腹が空くのであればホットヨーグルトがおすすめです。 食べ方を改善すれば、運動との相乗効果でダイエット効率もグンと上がります。 オススメの運動は? 食事制限なしで運動で痩せるためには、 継続できる運動を選択することがポイントです。 ですので、 時間的にも体力的にもなるべく負担のない運動を選択する必要があります。 ダラダラ運動ではなくドキドキ運動で痩せる 脂肪燃焼には、 有酸素運動が効果的ってのはご存知ですよね? 有酸素運動の最たるものはウォーキングやジョギングです。 しかし、最近の研究では、脂肪が効率的に燃焼する運動について 最大心拍数の50%前後の運動が最も脂肪が燃えることが分かってきました! ほぼ平脈で行えるゆっく~りのウォーキングより、 軽く息が切れて心臓のドキドキを感じられる運動の方が脂肪が燃焼するのです。 私は前者をダラダラ運動、後者をドキドキ運動と呼んでおり、 ダイエットにはドキドキ運動を推奨しています。 ドキドキ歩きの仕方 おすすめのドキドキ運動の仕方について解説します。 私は ドキドキ歩きと呼んでいますが、 NHKの「ためしてガッテン」で紹介されたり、非常に効果的なウォーキングの手法です。 具体的なやり方は以下のとおり。 3分間ゆっくり歩く• 3分間早歩きする• これを20分間繰り返す。 20分間継続して早歩きはしんどいですよね? よって早歩きとゆっくり歩きを混ぜて行うことで、 インターバルトレーニングになり、脂肪燃焼はもちろん、 筋力強化や、骨粗しょう症予防にもなります。 ドキドキ歩きの消費カロリーはおおよそ20分で200kcalとなります。 自分で把握した1週間分のカロリーオーバーを帳消しできるように 通勤を徒歩に変えてみるなどして、週に3日以上行いましょう! 「ながらドローイン」で引き締める もうひとつおすすめの運動は「ながらドローイン」です。 ドローインとはお腹を凹ませる運動のことです。 やり方は、、、• 息を吐きながらお腹を凹ませる。 10秒~30秒キープする。 以上です。 とても簡単でしょ? 効果としては、 お腹のインナーマッスルが鍛えられることでウエストがかなり引き締まります。 また、代謝もアップして脂肪燃焼効果もあります。 この簡単なドローインを日常のあらゆる場面で実践するのが 「ながらドローイン」です!• 食器を洗いながら、、、• 洗濯を干しながら、、、• 電車に乗りながら、、、 そしてもちろん、 ドキドキ歩きをやりながら! ドローインは本当にウエスト引き締め効果が絶大なので 日常生活の中でどんどん、ながらドローインを取り入れていけば 3日も経てば、ウエストが引き締まったことをハッキリ実感できます! まとめ 以上、 食事制限なしのダイエット方法について紹介してきました。 食事を制限するダイエットはどうしてもストレスがかかるので継続は困難ですが、 食事制限なしの運動で痩せるダイエットは、長期的な視点で続けやすい方法です。

次の

運動なしダイエットでも5キロ痩せた!と話題の方法6選

食事 制限 なし ダイエット

ダイエットしてもリバウンドしてしまう理由 ダイエットしてもリバウンドしてしまう理由はただ1つ。 「無理なダイエットをしているから」• 炭水化物は食べない• 朝食はバナナだけ• 夜ご飯は抜き• 毎日きつい筋トレ これらのダイエットを一生続けられますか? 一生続けられなかったら、辞めたときにまた太るのは当たり前 です。 初めは 「痩せたい」「体重を減らしたい」の一心で、きついダイエットを頑張れるかもしれません。 しかし、 無理なダイエットをしている方は 続けられず、辞めたときにリバウンドしてしまいます。 リバウンドしないために痩せやすい体を作る リバウンドしないためには、 食事制限ではなく、痩せやすい体を作っていくことが大切 です。 そのために注意することは以下の4つ。

次の