訪問後 お礼。 【例文あり】OB訪問で喜ばれるお礼メールの書き方

OB訪問後に送るべき正しいお礼メールの書き方と注意すべきマナー【例文アリ】

訪問後 お礼

このページのまとめ• 会社訪問後はお礼メールやお礼状で感謝を伝える• お礼メールはその日中か翌日までには送る• メールの構成は、「件名」「宛名」「本文」「署名」• 誤字脱字や冗長な文章に気をつけよう 会社訪問の後はお礼メールを送ると好印象を残せます。 今回は、お礼メールを送るメリットや具体的な書き方、覚えておきたいマナーを解説! 感謝を伝えるお礼メールをマスターし、他の就活生に差をつけましょう。 会社訪問した後はお礼を伝える 会社訪問や会社見学は、担当社員が通常の業務とは別に学生のために実施してくれるものです。 時間を割いてくれたことへの感謝を伝えるためにも、訪問後はお礼メールを送りましょう。 お礼メールが選考に直接影響することは少ないと思われますが、「丁寧な学生だ」だと印象に残る可能性はあります。 誠実な対応を熱意の表れと受け取る企業もあるので、お礼メールを送って損はないでしょう。 お礼メールを送るタイミング お礼メールは会社訪問をした当日中、遅くとも翌日までに送信しましょう。 送信が遅くなる時は、「お礼が遅くなりまして申し訳ございません」という風にひと言入れるようにしてください。 お礼メールは早い方が良いですが、深夜に送信すると非常識な印象を与えます。 メールの送るのは企業の営業時間内とし、間に合わない場合は翌日に送るようにしましょう。 手紙とメールどちらがいい? お礼は手紙とメールどちらでも構いませんが、メールはお礼をすぐ伝えられるメリットがあります。 企業側も簡単に確認できるので、基本的にはメール送信で良いでしょう。 特にIT企業やペーパーレスを推進する企業では、メールの方が合っているのではないでしょうか。 反対に、普段業務でパソコンを積極的に使用していない企業、それまでのやり取りが郵送だった企業は手紙でもOK。 手書きの手紙は丁寧な印象があるので、役職が高い人にお礼を伝える時にも有効です。 手紙かメールか迷ったら、企業の雰囲気や、それまでの企業との連絡手段を振り返ってどちらにするか決めましょう。 お礼メールの基本構成 お礼メールを含むビジネスメールの基本構成は、「件名」「宛名」「本文」「署名」です。 それぞれの書き方を確認しましょう。 件名 ビジネスメールには、「会社訪問のお礼」というように、本文の内容がひと目でわかるシンプルな件名をつけましょう。 宛名 「会社名」「部署名」「担当者名」を記載します。 会社名や部署名などの宛名は省略せずに正式名称で書きましょう。 敬称は会社名や部署名には「御中」、個人名には「様」を使うので注意してください。 本文 はじめに大学名と氏名を名乗り、会社訪問に時間を割いてもらったお礼を述べましょう。 訪問の感想を入れると、テンプレートではない気持ちのこもったメールになります。 訪問を通して入社意欲が高まった場合は、その旨を盛り込むと熱意を伝えることが可能です。 文章は適宜改行し、見やすくなるように工夫しましょう。 署名 メールの最後には、自分の所属と名前、連絡先を記載した署名を入れます。 盛り込む内容は、「大学、学部、学科名」「大学名」「電話番号」「メールアドレス」が基本です。 就活では何度も企業とメールをやり取りするので、署名はメールソフトのテンプレート機能に保存すると便利でしょう。 以上がメールに盛り込む要素ですが、具体的な書き方がイメージできるように以下に例文をまとめました。 本日は会社訪問の時間を設けてくだり、誠にありがとうございました。 今回学ばせていただいたことを、今後の就職活動に活かしていきたいと思います。 お忙しいところ会社訪問のお時間を頂いたこと、改めてお礼申し上げます。 末筆ながら、貴社の益々のご発展を祈念しております。 com ------------------------------------------- こんな点に注意しよう お礼メール・お礼状を送る時は、次のような点に気をつけてください。 誤字脱字に気をつける 誤字脱字があると、「仕事が丁寧でない」「慌てて書いたのかな」という印象になるので注意が必要。 文章を書き終えたら必ず読み返してください。 特にパソコン画面上では誤字脱字を見落としやすいので、メールは2度3度と読み直すと確実です。 手紙で書き損じがあった時は、二重線を引いたり修正液を使ったりせず、1から書き直すのがマナーです。 文章を長くしすぎない お礼メールには感謝の言葉と感想を入れますが、言いたいことが沢山あるからと文章が長くなり過ぎないようにしてください。 ビジネスメールは用件を簡潔に伝えるのが基本です。 文章が長いと感じたら、大事だと思う部分を拾い出して読みやすくまとめ直しましょう。 正しい言葉遣いをする 「御社」と「貴社」を間違える人は多いですが、書き終わったらおかしな言葉遣いがないか必ず見直しましょう。 つい使ってしまいがちな「参考になりました」という表現には、「すでに基礎的な情報や考えをもっており、相手の話は参考程度に聞いておく」というニュアンスがあります。 目上の相手に使うのはふさわしくないので、この場合は「勉強になりました」と言い換えましょう。 便箋・封筒の色は白 お礼状を送る便箋や封筒は白色無地のデザインを選びます(便箋は罫線が入っているものでOK)。 お礼状は書き終わったら3つ折にし、長形4号サイズの封筒に入れましょう。 なお、手紙の横書きはカジュアルな印象なので、お礼状は縦書きが基本です。 黒いボールペンまたは万年筆で、相手が読みやすい丁寧な字で書いてください。 就活のマナーに疑問がある、就活の進め方がわからないという方は、新卒支援のキャアリアチケットにご相談ください。 キャリアチケットでは業界研究や自己分析、ES作成、面接対策など、就活で必要な基礎力が身につく就活セミナーを実施しています。 カウンセリングの結果をもとにご希望や適性に合った求人のご提案も行っているので、効率的に就活を進めることが可能です。 1人での就活に自信がないなら、アドバイザーによる人事目線のフィードバック受けて内定をつかみとりましょう! サービスはすべて無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

次の

OB訪問後に送るべき正しいお礼メールの書き方と注意すべきマナー【例文アリ】

訪問後 お礼

私の提案に対して真摯に対応してくださり、心より感謝申しあげます。 今後とも、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。 まずは、メールにてお礼申しあげます。 上記は基本的な訪問後のお礼メールです。 件名はシンプルに書き、本文では、わざわざ自分のために時間を使っていただいたことへの感謝の気持ちを伝えることが重要です。 また、訪問をした当日にメールを送った場合は、「まずは、メールにてお礼申しあげます」というフレーズを入れると、相手に感謝の気持ちがさらに伝わります。 本日ご提案させていただきました、 弊社の新サービスについて、ご検討のほど、 何卒宜しくおねがいいたします。 まずはメールにてお礼申しあげます。 訪問をする際は事前にアポイントを取って行くのが原則ですが、中には急に訪問をしなくてはいけない場合もあります。 そのような場合は、 訪問をしたお礼と、突然の訪問に対する、謝罪の言葉を添えることで、相手により一層感謝の気持ちが伝わります。 まずはメールにてお礼申しあげます。 次回の訪問日が決まっている場合は、最後にその日付を明確に記載しましょう。 そうすることで、相手との日にちのズレを事前に防止することができます。 まずは、メールにてお礼申しあげます。 訪問した際に、 相手から課題などをいただいた場合には、その場だけで話を終わらせることなく、社内に持ち帰り、慎重に検討する旨をメールにて明記しましょう。 また、課題の新たな提案をできるようになった場合、こちらから必ずご連絡すると明記することで、次回のビジネスチャンスにも繋がります。

次の

【例文あり】OB訪問で喜ばれるお礼メールの書き方

訪問後 お礼

営業訪問後のお礼メールは、面倒に感じる方もいるかもしれません。 しかし、お礼メールを欠かさないことで、お客様との信頼関係が構築され、契約成立などのビジネスチャンスにつながる可能性があります。 ・特に重要なのは、初訪問後のお礼メール。 会社同士の信頼関係が築けるかどうか、その後も関係が続いていくかどうかは、"最初の対応=会社の印象" となりやすいため、営業初訪問後のお礼メールは特に重要になります。 初訪問後には、「お忙しい中時間を割いてくださってありがとうございます」と、"お礼と感謝" の気持ちを素直に伝えましょう。 訪問後のお礼メールはできれば当日、遅くとも翌日中には送るようにしましょう。 遅すぎる訪問のお礼は、相手先に「いまさら?」と思われてしまい、かえって逆効果になるので注意しましょう。 お礼メールが遅すぎたことで、相手方に少しでも嫌な思いをさせてしまったら、お礼メールの本来の意味がなくなってしまいます。 お礼メールを送る際、商談時に受け取った名刺に記載されているメールアドレスを用いるのが一般的ですが、他の営業マンよりも一歩リードする方法があります。 それは相手のメールアドレスを一旦アドレス帳に登録する方法です。 登録するときは「社名・部署名・役職・名前・様」を表示するように登録すれば、メールを受け取った相手にもその名前で表示されます。 ちょっとした事ですが、メールを受け取る側の気持ちを考え、日頃から相手のアドレスを登録しておく習慣を身につけておきましょう。 そのためメールの件名は、伝えたい主旨をなるべく件名の前半にくるように記載するのがマナーです。 以下の件名例を見てみましょう。 ここで優先して伝えるべきはメールの「主旨」。 Aの件名は、主旨が最初に書かれているため、メールを受け取った相手に親切です。 しかし中には良かれと思い、Bの件名のように長々と記入してしまう方もいます。 これでは最後まで件名を読まないと、何の目的でメールを送ってきているか分かりませんので、受け取った相手にとって不親切です。 Aのような、簡潔で分かりやすい件名を意識しましょう。 ・誤字脱字は絶対にNG ・漢字とひらがなのバランスを調整する。 ・一文は50文字以内で区切る。 ・テキストは5行ほどでブロック分けする。 以上のように基本的なPOINTを抑えつつ、一度読めば内容が伝わるように書きましょう。 また、ありきたりな定型文にならないよう、お客様に合わせた文面を入れることで、より感謝の気持ちが伝わるお礼メールになります。 商談後に送る基本形のお礼や、アポなし訪問で商談に応じてくれた場合のお礼、商談で課題・宿題をもらった場合のお礼など、様々なシーン別にご紹介していきます。 ご多忙にもかかわらず、 貴重なお時間を頂き、誠に有難う御座います。 何か不明点等ございましたら、 お気軽にご相談頂けましたら幸いです。 本日は突然お伺いしたにも関わらず、 貴重な時間を割いて弊社の提案をお聞き下さいましたこと、 感謝に堪えません。 誠に有難うございました。 突然ではございましたが、どうかこれを機に弊社と末永くお取引き頂けますよう 何卒宜しくお願い申し上げます。 今回、気に掛けておられた商品導入の費用の問題ですが、 改めて良いご提案ができますよう、社内で再度検討させていただきます。 再度ご提示できる内容が固まり次第、 連絡を差し上げますので、宜しくお願いします。 メールにて大変恐縮ですが、とり急ぎお礼まで。 本日はご多忙の折、面談の機会をいただき誠にありがとうございました。 面談の場で頂きました宿題について、下記の通りご報告申し上げます。 弊社でお力になれることがありましたら、 ご遠慮なくいつでもご連絡くださいませ。 何卒よろしくお願い申し上げます。 こうした些細な気遣いの積み重ねが、次の仕事に繋げられるかどうかを左右することもあります。 ビジネス上で良い関係を築けるよう、訪問のお礼・商談のお礼を忘れないようにしましょう。 その際、ただ何となくありきたりなメールを送るのではなく、感謝の気持ちを素直に一言添えるのをお忘れなく。

次の