インフォ テクノ 朝日。 会社概要・沿革

株式会社インフォテクノ朝日(朝日生命グループ)の新卒採用・企業情報|あさがくナビ2021

インフォ テクノ 朝日

就職活動をしていく中で一度は耳にするであろう 就職偏差値。 信ぴょう性については議論の余地がありますが、個人的に参考程度にはなると思っています。 ただ、IT業界の就職偏差値に関してはネットで出回ってる情報が微妙だな…と感じました。 その理由は簡単で IT業界をひとくくりにして、就職偏差値を算出しようとしているからです。 一口にIT業界と言っても結構広くて、ハードを作ってる企業もあれば、ソフトを作っている企業もあります。 それらをまとめて、就職難易度を測るのって結構ナンセンスだと思ったんで、軽く分類しながら紹介していきます。 ところどころ私の主観が入っているかもですが、そこは目をつむってください 笑 「IT業界の就職偏差値だけ見たいよ!」という方は以下の目次から好きな項目に飛べるので、クリックしてみてください。 そして、多くの就活生がこういった就職偏差値を鵜呑みにしてしまいます。 ただ、ここで注意してほしいのは一口にIT業界といっても、様々な分類があるということです。 ハードウェア業界とソフトウェア業界の就職難易度って比較してもあまり意味がないわけです。 なので、本記事ではIT業界を4分類に分けて、就職難易度を測っていきます。 2ch・Vokers・人気企業ランキングなどの就職情報を考慮に入れて、個人的に算出しているので完全ではないですが、おおよそ実態に即したものになっていると思います。 知っておきたいIT業界の4つの分類 IT業界には分類があることは先ほど述べました。 区切り方はいろいろありますが、IT業界は大きく以下の4つに分類することができます。 ソフトウェア業界 ハードウェア業界 通信サービス業界 WEBサービス業界 それぞれ詳しく見ていきましょう。 ハードウェア業界 ハードウェア業界は文字通りハードウェアを作成している業界です。 ハードウェアとはパソコンやマウス、モニターなどの周辺機器、それらを構成する電子回路を指します。 現代においては普段使用するスマートフォンなどもハードウェアの一つとして考えられています。 ソフトウェア業界 ソフトウェア業界も文字通りソフトウェアを作成している業界です。 ソフトウェアとはハードウェアの動作を制御するためのプログラムです。 このプログラムに従って、アプリなんかは動くわけです。 情報通信サービス業界 情報通信サービス業界というのは大きな括りです。 データベースの構築やソフトウェアの開発などから、音声・情報のやり取りに必要なサービス全般について保守・開発を行います。 スマホの普及によって、近年需要の増加が見込まれる業界です。 WEBサービス業界 IT業界と聞いて一番にイメージするのはこのWEBサービス業界かもしれません。 一番目に見える部分で活躍しているのがこの業界ですね。 多くの一般人には一番イメージのわきやすいのがWEBサービス業界です。 IT業界の分類はこんな感じですが、IT業界は職種も結構複雑です。 IT業界の職種に関しては「」にまとめたので参考にしてください。 これが正しいIT業界就職偏差値だ! 大変長らくお待たせしました。 遂にIT業界就職偏差値の発表です。 ハードウェア業界 【Sランク】 Google Amazon Facebook 【Aランク】 DeNA リクルート 【Bランク】 LINE ヤフー 楽天 【Cランク】 GMOインターネット グリー ワークスアプリケーションズ IT業界就職偏差値まとめ IT業界の就職偏差値について見てきました。 今回Sランクに設定したGAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)などの外資系に新卒で入社することが出来るのは極めてまれで、就職難易度がトップレベルに高いことには間違いありません。 ただ、Sランク以下の企業に関してはあくまで就職偏差値は目安でしかありません。 職種も多岐にわたるので、プログラマーなのか営業なのかによっても難易度が大きく変わります。 入社難易度もある程度重要な指標にはなりますが、偏差値に縛られすぎず自分に合う会社を探してください。 ちなみに早期内定を視野に入れている方は「 」というサービスに目を通しておくといいですよ。 「」の記事にもまとめましたが、20卒の学生が早期内定を獲得するためには情報を入手しておいて損はないです。 早期選考は選考フローも少し変わっていたりするので、事前の準備をしっかり行いましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

会社概要・沿革

インフォ テクノ 朝日

私たちインフォテクノ朝日は、保険・金融系のシステムを専門的に開発するIT企業です。 当社が開発し運用を行っているのは、「朝日生命保険相互会社」の生命保険に関わるシステム。 当社で開発しているのは、基幹システム・分散システム・営業支援システム・契約管理システム・情報共有システムなど… どれも朝日生命にとって、なくてはならないもの。 朝日生命グループのICT戦略の担い手として、グループに対しても社会に対しても重要な役割を果たしています。 当社は働き方改革に積極的に取り組んでおり、2019年には「プラチナくるみん」を取得! 女性の働きやすさだけでなく、早帰り推進の取組みとして、みんなで5時には退社する《みんご》を設けたり、 《時差勤務制度》や《在宅勤務制度》を採り入れるなど、社員全員のワークライフバランス向上を推進しています! 人事担当者からのコメント インフォテクノ朝日(ITA)はメインユーザである朝日生命のICT戦略の中核として活躍する、平均年齢35歳の若くて情熱を持ったメンバーが中心のシステム会社です。 設立当初から、新人を育てるという風土があるため、入社後早い段階から責任ある仕事を任され、先輩を始めとする周囲のサポートを受けながら着実に成長していける環境が整っています。 ここ数年の新入社員の特色は、理系と文系、そして男女比率がほぼ半々で、バランスの良いメンバー構成になっています。 新卒採用がメインであるため、みんな一緒のスタート。 経験がなくても、入社後3カ月の新人研修でシステム開発や生命保険の基礎知識を学ぶので安心です。 社名を「 株 インフォテクノ朝日」に改称 2001年 経済産業省「システムインテグレータ企業」に認定 2001年 社団法人情報サービス産業協会「プライバシーマーク」を取得 2013年 厚生労働省 次世代育成支援対策推進法認定「くるみんマーク」取得 2017年 社団法人情報サービス産業協会「プライバシーマーク」を更新(8回目) 2019年 厚生労働省 次世代育成支援対策推進法認定「プラチナくるみんマーク」「くるみんマーク」取得 連絡先 〒206-8611 東京都多摩市鶴牧1-23 朝日生命多摩本社ビル 人事部 人事グループ 採用担当 TEL:0120-017-868.

次の

株式会社インフォテクノ朝日の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

インフォ テクノ 朝日

就職活動をしていく中で一度は耳にするであろう 就職偏差値。 信ぴょう性については議論の余地がありますが、個人的に参考程度にはなると思っています。 ただ、IT業界の就職偏差値に関してはネットで出回ってる情報が微妙だな…と感じました。 その理由は簡単で IT業界をひとくくりにして、就職偏差値を算出しようとしているからです。 一口にIT業界と言っても結構広くて、ハードを作ってる企業もあれば、ソフトを作っている企業もあります。 それらをまとめて、就職難易度を測るのって結構ナンセンスだと思ったんで、軽く分類しながら紹介していきます。 ところどころ私の主観が入っているかもですが、そこは目をつむってください 笑 「IT業界の就職偏差値だけ見たいよ!」という方は以下の目次から好きな項目に飛べるので、クリックしてみてください。 そして、多くの就活生がこういった就職偏差値を鵜呑みにしてしまいます。 ただ、ここで注意してほしいのは一口にIT業界といっても、様々な分類があるということです。 ハードウェア業界とソフトウェア業界の就職難易度って比較してもあまり意味がないわけです。 なので、本記事ではIT業界を4分類に分けて、就職難易度を測っていきます。 2ch・Vokers・人気企業ランキングなどの就職情報を考慮に入れて、個人的に算出しているので完全ではないですが、おおよそ実態に即したものになっていると思います。 知っておきたいIT業界の4つの分類 IT業界には分類があることは先ほど述べました。 区切り方はいろいろありますが、IT業界は大きく以下の4つに分類することができます。 ソフトウェア業界 ハードウェア業界 通信サービス業界 WEBサービス業界 それぞれ詳しく見ていきましょう。 ハードウェア業界 ハードウェア業界は文字通りハードウェアを作成している業界です。 ハードウェアとはパソコンやマウス、モニターなどの周辺機器、それらを構成する電子回路を指します。 現代においては普段使用するスマートフォンなどもハードウェアの一つとして考えられています。 ソフトウェア業界 ソフトウェア業界も文字通りソフトウェアを作成している業界です。 ソフトウェアとはハードウェアの動作を制御するためのプログラムです。 このプログラムに従って、アプリなんかは動くわけです。 情報通信サービス業界 情報通信サービス業界というのは大きな括りです。 データベースの構築やソフトウェアの開発などから、音声・情報のやり取りに必要なサービス全般について保守・開発を行います。 スマホの普及によって、近年需要の増加が見込まれる業界です。 WEBサービス業界 IT業界と聞いて一番にイメージするのはこのWEBサービス業界かもしれません。 一番目に見える部分で活躍しているのがこの業界ですね。 多くの一般人には一番イメージのわきやすいのがWEBサービス業界です。 IT業界の分類はこんな感じですが、IT業界は職種も結構複雑です。 IT業界の職種に関しては「」にまとめたので参考にしてください。 これが正しいIT業界就職偏差値だ! 大変長らくお待たせしました。 遂にIT業界就職偏差値の発表です。 ハードウェア業界 【Sランク】 Google Amazon Facebook 【Aランク】 DeNA リクルート 【Bランク】 LINE ヤフー 楽天 【Cランク】 GMOインターネット グリー ワークスアプリケーションズ IT業界就職偏差値まとめ IT業界の就職偏差値について見てきました。 今回Sランクに設定したGAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)などの外資系に新卒で入社することが出来るのは極めてまれで、就職難易度がトップレベルに高いことには間違いありません。 ただ、Sランク以下の企業に関してはあくまで就職偏差値は目安でしかありません。 職種も多岐にわたるので、プログラマーなのか営業なのかによっても難易度が大きく変わります。 入社難易度もある程度重要な指標にはなりますが、偏差値に縛られすぎず自分に合う会社を探してください。 ちなみに早期内定を視野に入れている方は「 」というサービスに目を通しておくといいですよ。 「」の記事にもまとめましたが、20卒の学生が早期内定を獲得するためには情報を入手しておいて損はないです。 早期選考は選考フローも少し変わっていたりするので、事前の準備をしっかり行いましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の