アフラック 控除 証明 書。 【公式】保険・生命保険はアフラック

生命保険料控除証明書をなくした!再発行や間に合わないときは?

アフラック 控除 証明 書

Contents• 生面保険料控除証明書等の電子的交付・電子化(電子的提出)の概要 概要 所得税の確定申告や年末調整で生命保険料控除、地震保険料控除又は寄附金控除の適用を受ける場合には、従来までは、保険会社や寄附金の受領者から書面(ハガキ等)により交付を受けた控除証明書等を、申告書等に添付等する必要がありました。 平成30年分以後においては、保険会社等からメールやインターネット等の方法により交付を受けた控除証明書等(以下「 電子的控除証明書等」といいます。 )を一定の方法により印刷した電磁的記録印刷書面(以下「 QRコード付控除証明書等」といいます。 )による提出が可能となりました。 また、平成31年1月以後に平成30年分以後の確定申告をe-Taxで送信する場合には、 電子的控除証明書等をそのまま添付して送信することができるようになります。 今後の予定 国税庁から発表された今後の予定では、順次次のようなことが可能になってきます。 控除証明書等の電子的交付のイメージ【国税庁資料より】 保険会社等から電子的控除証明書等の交付を受けた場合に出来ること 所得税の確定申告をe-Taxでする場合に電子データのまま提出できる 保険会社等から交付を受けた電子的控除証明書等については、平成30年分以後の確定申告書を平成31年1月以後e-Taxで送信する場合に、そのまま添付書類としてオンライン送信することができるようになります。 QRコード付控除証明書等を作成すれば確定申告や年末調整で提出できる 平成30年分以後において、確定申告書や年末調整の際の給与所得者の保険料控除証明書を書面により提出する場合には、電子的控除証明書等を一定の方法により印刷したQRコード付控除証明書等を作成して提出することも可能となります。 このQRコード付控除証明書等は、「QRコード付証明書等作成システム」を利用して作成することができます。 対応している各種証明書は以下になります。 ・生命保険料控除証明書 ・地震保険料控除証明書 ・寄附金の受領証 控除証明書等の電子的交付・電子化(申請)のまとめ 〇従来の書面タイプの控除証明書の他に、保険会社等から「 電子的控除証明書」を取得できるようになる。 〇「電子的控除証明書」と、国税庁が用意したシステムを用いて、「 QRコード付控除証明書等」を作成することができる。 〇平成30年分以後の所得税の確定申告書や年末調整時に提出していた書面による保険料控除証明書に取って代わり、「電子的控除証明書」や「QRコード付控除証明書等」を利用することができる。 手続きにおける各証明書等の提出可否について、国税庁の資料をもとに以下の表にまとめました。

次の

控除証明書等の電子的交付について|国税庁

アフラック 控除 証明 書

年末調整の保険料控除申告書の書き方【全員記入】 今回の記事では 「平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書」の記入を簡単サポートいたします。 「平成29年分給与所得者の保険料控除申告書」の氏名住所欄 まず、「平成29年分給与所得者の保険料控除申告書」を机の上に広げて、 黒いボールペンを握って、上から順番に記入して行きましょう。 右側の 赤枠内が全員記入する欄です。 保険に加入していない方も全員記入してください。 左側は会社記入欄なので記入不要です。 100均などの認印でOKですが、できればシャチハタ以外がよいでしょう。 (職場によってはシャチハタNGのことがあります) ここまで書けたら、 保険料を支払っていない方は終了です!おつかれさまでした! スポンサーリンク 年末調整の保険料控除申告書の記入例【生命保険料】 生命保険料控除証明書のハガキ準備(紛失・再発行) それでは、保険会社から届いている 2017年「生命保険料控除証明書」というハガキ等を手元に準備してください。 え、ない!? ハガキ(封書の場合もアリ)が届いてない場合は、保険会社にすぐに連絡しましょう! 届いたのに失くしてしまった場合も、保険会社にすぐに再発行を依頼しましょう! ハガキが手元に届いたら、丁寧に開封します。 切り離すと無効になることもあるので注意です!切り離してしまった場合は・・・私が経理の時は「セロテープOK」にしていましたが、会社によっては「再発行」ということも。 一般の生命保険料・介護医療保険料・個人年金保険料 ハガキがそろったら、まずは一般の生命保険料・介護医療保険料・個人年金保険料のどれなのか?を、ハガキの右上か金額欄で確認します。 画像は「一般」だけですが、1枚のハガキに「一般(一般の生命保険料)」「介護(介護医療保険料)」「年金(個人年金保険料)」の2種類以上が書かれている場合もあります。 その場合は、「一般」「介護」「年金」の欄にそれぞれ記入します。 「平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の 左側の「生命保険料控除」欄に記入していきます。 ハガキに記載されてない場合は、 保険を契約している人を記入します。 自分の名前のことが多いです。 ハガキに記載されてない場合は、 保険金を受け取る人を記入します。 自分の名前か、配偶者の名前のことが多いです。 かなり狭いですが、小さく書いてください。 保険会社によっては、欄外に書かれていることもあります。 間違えて「証明額」を書かないように要注意です!必ず「申告額」のほうを記入してください。 保険がたくさんあって書ききれない場合は? 保険がたくさんある場合は、金額が大きいものから書いていきます。 旧制度分は10万円、新制度分は8万円までしか控除されませんので、それ以上は書いてもムダです。 年末調整の保険料控除申告書の書き方見本【生命保険控除計算方法】 ハガキから書き写し終わったら、 生命保険控除額の計算をします。 生命保険料控除の新制度・旧制度 まず、「一般」「介護」「年金」それぞれの欄に記入した保険料を 「新制度・旧制度」でわけて記入します。 A新制度(一般) 「一般の生命保険料」のうち、「新」に〇をした保険料の合計額を記入します。 B旧制度(一般) 「一般の生命保険料」のうち、「旧」に〇をした保険料の合計額を記入します。 C介護 「介護医療保険料」の合計額を記入します。 介護保険には「新・旧」の区別はありません。 D新制度(年金) 「個人年金保険料」のうち、「新」に〇をした保険料の合計額を記入します。 E旧制度(年金) 「個人年金保険料」のうち、「旧」に〇をした保険料の合計額を記入します。 (例:37,530. 大きいほうの金額を記載 さらに、「旧制度」と「新制度+旧制度」の大きいほうの金額を選んで、書き写します。 一般の生命保険料・介護医療保険料・個人年金保険料を合計 最後に、 イ 一般の生命保険料、 ロ 介護医療保険料、 ハ 個人年金保険料の合計額を計算して、下に書きます。 合計額が、120000円を超えた場合は、一律120000円を記入します。 保険料控除の書き方まとめ 以上で、「平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申請書」の 「生命保険料控除」欄の記入はすべて終了です。 おつかれさまでした! 「生命保険料控除」のみの方は、「生命保険料控除証明書」のハガキと合わせて、会社の経理係へ提出してください。 地震保険、社会保険、配偶者特別控除などもある方は、次の記事へ進みましょう!.

次の

「電子的控除証明書」は誰でもつくることができる

アフラック 控除 証明 書

生命保険料控除が受けられる生命保険に加入している場合、生命保険会社からその年に支払った保険料が記載された「控除証明書」が届きます。 控除証明書が届く時期は、おおむね その年の9月~11月の間となります。 公務員の方等、早いところだと年末調整は11月頭くらいを目途に行われるため、送付が遅い保険会社だと手続きがギリギリになる可能性があります。 (今までの私の経験だと、かんぽ生命は11月ギリギリの少し遅めなことが多いです。 ) 証明書の様式は保険会社によって異なりますが、封筒で届いたり、見開きタイプのハガキで届いたりします。 年末調整や確定申告では、この控除証明書を添付して控除を受けることになります。 再発行は時間がかかるため無くさないように注意 私の職場でどれだけ注意喚起しても毎年必ずいるのが、証明書を紛失してしまう方です。 証明書を紛失してしまった場合、生命保険会社に再発行を依頼します。 再発行はよほどのことがない限り受け付けてもらえますが、申請をしてから手元に届くまで2週間程度時間がかかる場合があります。 そのため、場合によっては年末調整の申告期間内に再発行が間に合わない場合もあります。 その場合には、残念ながら本人に確定申告をしてもらう必要があります。 そうならないよう、控除証明書の紛失にはくれぐれもご注意ください。 年払いの場合は注意が必要 ちょっと注意が必要なのは、保険料を年払いしている場合です。 毎年何月に保険料を年払いしているかによって、控除証明書が届く時期が異なります。 1月~9月に支払い:10月をめどに届く場合が多い• 10月~12月に支払い:翌年の2月をめどに届く場合が多い 1月から9月の間に生命保険料を年払いしている場合には、10月くらいを目途に控除証明書が届きます。 そのため、この場合は年末調整に間に合います。 問題は、10月から12月の間で支払っている場合です。 この場合には、証明書の発行が翌年の2月くらいになるため、年末調整には間に合いません。 (証明書を後から提出したり、年明けに「再年末調整」という処理を行うという方法もありますが、恐らく会社の総務担当からは嫌がられます…。 ) 証明書が年末調整に間に合わない場合に生命保険料控除を受けるためには、確定申告をする必要があります。 保険料控除証明書の例 計算をする上で、新・旧のどちらに該当するかで計算方法が変わってきます。 そのため、どちらの区分に該当しているかはしっかりと確認しておく必要があります。 見ておきたいポイント2「一般」か「介護医療」か 続いては、保険料控除の区分が「一般生命保険料控除」か、「介護医療保険料控除」なのかという点です。 こちらは、新制度の保険料控除が適用になる場合に関係してきます。 個人年金保険以外の生命保険は、基本的に次の2つのいずれかに区分されます。 一般生命保険料控除• 介護医療保険料控除 このどちらに該当するかで、保険料控除の計算を記入する欄が変わります。 この点は結構間違えて記入してしまう方が多いため、注意が必要です。 なお、それぞれの保険料控除には次のような種類の保険が該当します。 一般生命保険料控除:死亡保険、学資保険• 介護医療保険料控除:医療保険、がん保険、女性保険、民間介護保険 もし、死亡保険に特約で医療保障が付いているような場合には、1つの保険に「一般」と「介護医療」が混在していることになります。 その場合には、証明書に保険料の内訳の金額が記載されているため、それぞれを該当の項目に記載するようになります。 見ておきたいポイント3保険料の総額 最後のポイントが、保険料の総額です。 控除証明書には、支払った保険料の金額が2つ記載されています。 証明書発行時点までの支払額• 新制度の場合は金額に関わらず証明書の添付が必須! 生命保険料控除欄の記載が終わったら、あとは控除証明書を添付して提出すれば終了です。 12月か1月のお給料で、所得税の清算が行われます。 なお、 年末調整を受け付けている側の私から見て特に多いのが、控除証明書の添付漏れです。 添付がないと控除が認められないため、必ず忘れずに添付する必要があります。 控除証明書の添付は、新制度に該当する場合は必ず添付が必要になります。 旧制度のみ一部例外有り 旧制度の場合には、 1契約の年間の支払保険料額が9,000円以下の場合には控除証明書の添付が省略できます。 この添付の省略についてはあまり知られていませんが、 でもちゃんと記載されています。 ただ、 添付の省略は新制度の場合には対象外です。 あくまで旧制度限定の話なのでご注意ください。 所得税と住民税それぞれで控除が受けられる 以上のように、生命保険料控除の申告を行うことで次の2つの税金の還付や減税が受けられます。 所得税• 住民税 1回あたりで受けられる減税額はそこまで大きくはありませんが、これが長年積み重なることでそこそこ良い金額になります。 そのため、控除が受けられる場合には漏れなく全て申告してください。 なお、所得税と住民税それぞれの生命保険料控除については以下のページでご説明しています。 あわせてご覧いただければ幸いです。

次の