東京 ファミリー ホテル。 2020年 ベスト5 東京23区のアパートメントホテル 【トリップアドバイザー】

「ファミリー6」/6人部屋のファミリールーム|ホテル エミオン東京ベイ/ディズニーランド周辺

東京 ファミリー ホテル

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s.

次の

2020年 ベスト5 東京23区のアパートメントホテル 【トリップアドバイザー】

東京 ファミリー ホテル

天然温泉が堪能できるビジネスホテルも。 今、「ビジネスホテル」がファミリーに注目されています。 一昔前の「無機質なビルの中の狭い客室」というイメージは最近ではすっかり一掃され、居心地の良さを追及したホテルが増えているのです。 そのサービスの充実には目を見張るものがあります。 とはいえ、それはビジネスマン向け、と思われている方も多いよう。 いえいえ、今は子連れファミリーにもおすすめの客室、施設、そしてサービスが利用できるビジネスホテルが都心にも急増中!今回は、そんな中でもガイドイチオシ!都内観光の拠点にもぴったりのホテルをご紹介します。 外観は普通のビジネスホテルだが…… 今回ご紹介するのは、「亀島川温泉 新川の湯 ドーミーイン東京八丁堀」。 2005年11月にオープンした、天然温泉付のホテルです。 同ホテルもJR八丁堀駅B4出口より徒歩2分、東京メトロ日比谷線八丁堀駅A1出口から徒歩4分とアクセスのしやすさは抜群。 東京駅からも電車で2分。 丸の内をはじめ、築地、銀座、日本橋、秋葉原、晴海、お台場、舞浜、幕張、など、どこに行くにも便利なので、連泊して東京観光を、なんてご家族や、買い物帰りに一泊、なんて時にもおすすめなのです。 入口には木や緑を配し、和モダンの館内を象徴。 価格もシティホテルなどに比べれば当然格安となるため、浮いたお金を観光にまわすことができるのもうれしい点。 宿での長い滞在時間をたっぷり楽しむ旅行と違い、アクティブに観光を楽しんだり、夜の食事も話題のレストランでゆっくり、なんて時には機能的でぐっすり寝られるビジネスホテルの利用も一考の価値ありではないでしょうか。 子連れファミリーも歓迎してもらえる? 御自身も子育て中という、支配人の井上さん。 さて、便利は便利だけれど、ビジネスホテルに子連れで行ったりしたらいやな顔をされないかしら?と心配な方もいるのでは。 そこで同ホテルの支配人、井上さんにお話を伺いました。 「もちろん歓迎ですよ。 宿泊プランにも「KIDS特典付のファミリープラン」もご用意しています。 禁煙フロアもありますので、予約の際にご相談ください。 夕食はご用意できませんが、ここは築地も近いので、ご家族でお寿司を食べに行かれる方も多いんですよ。 」とのこと。 なるほど、親子で築地散策というのも楽しそうですね! 疲れのリセットは露天風呂もある温泉の大浴場で! 旅の気分を盛り上げてくれるのは、なんといってもこの大浴場。 手足を伸ばしてゆっくりつかれば1日の疲れも癒されます。 石や木を多用した雰囲気のある空間は、そこがビジネスホテルの中だということをすっかり忘れてしまいそうなほど。 やや黄色みをおびた温泉は低張性弱アルカリ性泉で、肌に優しく、湯上り後もしっとりとしています。 男女とも、20人ぐらい入れそうな大きな内湯には天然温泉(加熱循環)、露天の水風呂には源泉が注がれ、そして露天(一部、半露天)の他の浴槽では人工炭酸泉が堪能できます。 15時~翌日の10時まで、滞在中はいつでも自由に利用できるので、ちょっとした湯治気分も味わえそう。 セキュリティもしっかりとしていて、女湯は暗証番号(チェックインの際に教えてもらえる)を入力して開錠する入口となっているので、深夜に一人でも安心して利用できるのです。 脱衣所も広く、清潔です。 クレンジングや化粧水などのアメニティも充実。 女湯の脱衣所には赤ちゃん用にオムツ替えの台も設置されています。 連泊などの時にも便利ですね。

次の

東京のホテル・旅館

東京 ファミリー ホテル

天然温泉が堪能できるビジネスホテルも。 今、「ビジネスホテル」がファミリーに注目されています。 一昔前の「無機質なビルの中の狭い客室」というイメージは最近ではすっかり一掃され、居心地の良さを追及したホテルが増えているのです。 そのサービスの充実には目を見張るものがあります。 とはいえ、それはビジネスマン向け、と思われている方も多いよう。 いえいえ、今は子連れファミリーにもおすすめの客室、施設、そしてサービスが利用できるビジネスホテルが都心にも急増中!今回は、そんな中でもガイドイチオシ!都内観光の拠点にもぴったりのホテルをご紹介します。 外観は普通のビジネスホテルだが…… 今回ご紹介するのは、「亀島川温泉 新川の湯 ドーミーイン東京八丁堀」。 2005年11月にオープンした、天然温泉付のホテルです。 同ホテルもJR八丁堀駅B4出口より徒歩2分、東京メトロ日比谷線八丁堀駅A1出口から徒歩4分とアクセスのしやすさは抜群。 東京駅からも電車で2分。 丸の内をはじめ、築地、銀座、日本橋、秋葉原、晴海、お台場、舞浜、幕張、など、どこに行くにも便利なので、連泊して東京観光を、なんてご家族や、買い物帰りに一泊、なんて時にもおすすめなのです。 入口には木や緑を配し、和モダンの館内を象徴。 価格もシティホテルなどに比べれば当然格安となるため、浮いたお金を観光にまわすことができるのもうれしい点。 宿での長い滞在時間をたっぷり楽しむ旅行と違い、アクティブに観光を楽しんだり、夜の食事も話題のレストランでゆっくり、なんて時には機能的でぐっすり寝られるビジネスホテルの利用も一考の価値ありではないでしょうか。 子連れファミリーも歓迎してもらえる? 御自身も子育て中という、支配人の井上さん。 さて、便利は便利だけれど、ビジネスホテルに子連れで行ったりしたらいやな顔をされないかしら?と心配な方もいるのでは。 そこで同ホテルの支配人、井上さんにお話を伺いました。 「もちろん歓迎ですよ。 宿泊プランにも「KIDS特典付のファミリープラン」もご用意しています。 禁煙フロアもありますので、予約の際にご相談ください。 夕食はご用意できませんが、ここは築地も近いので、ご家族でお寿司を食べに行かれる方も多いんですよ。 」とのこと。 なるほど、親子で築地散策というのも楽しそうですね! 疲れのリセットは露天風呂もある温泉の大浴場で! 旅の気分を盛り上げてくれるのは、なんといってもこの大浴場。 手足を伸ばしてゆっくりつかれば1日の疲れも癒されます。 石や木を多用した雰囲気のある空間は、そこがビジネスホテルの中だということをすっかり忘れてしまいそうなほど。 やや黄色みをおびた温泉は低張性弱アルカリ性泉で、肌に優しく、湯上り後もしっとりとしています。 男女とも、20人ぐらい入れそうな大きな内湯には天然温泉(加熱循環)、露天の水風呂には源泉が注がれ、そして露天(一部、半露天)の他の浴槽では人工炭酸泉が堪能できます。 15時~翌日の10時まで、滞在中はいつでも自由に利用できるので、ちょっとした湯治気分も味わえそう。 セキュリティもしっかりとしていて、女湯は暗証番号(チェックインの際に教えてもらえる)を入力して開錠する入口となっているので、深夜に一人でも安心して利用できるのです。 脱衣所も広く、清潔です。 クレンジングや化粧水などのアメニティも充実。 女湯の脱衣所には赤ちゃん用にオムツ替えの台も設置されています。 連泊などの時にも便利ですね。

次の