猫 性格。 猫ちゃんて、こういう生き物!猫の性格と習性

在《猫》一文中,作者为什么说猫的性格古怪_百度知道

猫 性格

・黒猫は、複数の猫との付き合いができて友好的 ・白猫は、臆病で人見知り ・オレンジ系の茶トラは、攻撃性が強い ・白地に黒の猫は、人見知りで攻撃性が強い もちろん、必ずしもこの模様の猫はこの性格、と断定できるということではなく、他の要因もあって猫それぞれに性格は異なってきます。 ただ、猫の性格は、被毛と何らかの相関関係があって、模様によってある程度の性格が判断できるのではないか、という研究が行われています。 神経伝達物質は、猫の性格や行動に深く関わりますので、そこから猫の被毛も性格に何らかの影響を及ぼしていると考えられます。 猫の性格がある程度想像できれば、猫と暮らす時にどのように接したら良いのか、どんな飼い方をするべきかがわかり、猫と暮らしやすくなるでしょう。 それでは、一般的な猫の性格とその種類についてご紹介します。 甘えん坊の猫は、飼い主さんや家族によく懐き、体をすりつけてくることも多く、抱っこも大好きです。 同居の家族やペットとも仲良くなりやすいため、家族が多く子供がいたり、他にペットがいたりする家庭でも、うまくやっていけるでしょう。 ただし、甘えん坊な猫は、一人暮らしの家庭で、留守にすることが多いと、寂しがって鳴いたりストレスを感じたりする可能性があります。 ・ アビシニアンは、よく動いて好奇心が強く、とても甘えん坊です。 ・ スコティッシュフォールドは、近寄るとお腹を見せて転がってアピールし、家族と仲良く過ごすのが好きな、甘えん坊の猫です。 ・ アメリカンショートヘアは、家族以外には懐きにくい一面もありますが、家族にはベッタリと甘える傾向があります。 ・ ヒマラヤンは、あまり人に興味がないように見えますが、そっと側に寄ってきて甘え上手です。 ・ メインクーンは、人が好きで、甘えん坊なため好きな家族の後をついていくこともよくあります。 ・ マンチカンは、好奇心旺盛で家族と遊ぶのが大好きで、よく鳴いて遊びをねだったりします。 ・ ラグドールは、人形という名前の通り、抱かれるのが好きで、人間が大好きです。 おとなしいため、アパートやマンションなどの共同住宅で飼うのに適していると言えるでしょう。 性格がおっとりで動きがおとなしくても、飼い主さんに対する愛情は深いので、ちゃんとかまってあげることが大切です。 ・ ペルシャは、穏やかでおとなしい性格をしていて動きも優雅です。 ・ ラグドールは、激しい動きの遊びはあまり好まず、甘えん坊なため抱かれると力を抜いておとなしく体を預けます。 ・ スコティッシュフォールドは鳴き声が小さく、遊び好きですが静かにくつろいでいることも好きです。 ・ バーマンは飼い主に従順で、辛抱強くおとなしい性格です。 ・ メインクーンは大きな体をしていますが、穏やかな巨人と呼ばれるようにおとなしく、理性が高く、おっとりとしています。 ツンデレな性格の猫は、気位が高くて気が強いのですが、そのために飼い主さんに対してのアピールも激しい傾向があります。 触ろうとすると逃げるのに、飼い主さんのそばでくつろいでいるといった、甘えん坊な面があります。 家族によって、懐く、懐かないが激しい場合もあるので、大家族や他にペットがいる家では、飼いにくいかも知れません。 逆に一人暮らしの人にとっては良いパートナーになれるでしょう。 猫の気まぐれな要求やとても甘えん坊というツンデレぶりを、しっかり受け止めてあげられるような飼い主さんと暮らすのに向いています。 ・ シャム猫(サイアミーズ)は、犬のように人に懐き甘えん坊な面もあると言われますが、自己中心的でプライドが高いといった面も見られるまさにツンデレな猫です。 ・ ロシアンブルーは、飼い主が好きで、一緒にいる他の猫に嫉妬する時もあるほどの甘えん坊ですが、気まぐれで、可愛がり過ぎても、放置しすぎても満足しません。 ・ ノルウェージャンフォレストキャットは、成猫になっても子猫のように遊び、性格も子猫のように気まぐれ、時に甘えん坊で時にはそっけないという性格です。 ・ 日本猫は、純血種とは言わず雑種のものを指す場合もあります。 雑種の猫は、様々な猫との交配のため、ツンデレと言われる、猫らしい性格を持ったものが多いと考えられます。 運動量が多めで、好奇心が強く遊びが大好きで、犬のように投げたボールを取ってくることもできます。 遊ぶ時にねこじゃらしの動きに変化をつけたり、キャットウォークを作って複雑な移動が楽しめるようにしたりして、好奇心を満たしてあげると良いでしょう。 家族それぞれを見極めて接することができるので、家族が多くてもうまく対応して過ごせるでしょう。 ・ ロシアンブルーは、気難しい一面はありますが、飼い主に忠実で、犬のように賢いと言われます。 ・ ノルウェージャンフォレストキャットは、犬と遊ぶようにおもちゃを取ってくることができると言われます。 ・ ベンガルは、運動能力が高く、ドアや窓を開けたり、金魚の水槽の蓋をあけてイタズラしたりと、知性のある行動をよくします。 ・ ブリティッシュショートヘアは独立心が高くて賢く、留守番もできて飼い主にあまり依存せずに過ごせます。 ・ メインクーンは飼い主が大好きですが、飼い主さんが仕事や本を読んでいたりするのを察して一人遊びをして、遊ぼうとしている空気を察して寄ってきたりします。 ・ シャム猫(サイアミーズ)はイタズラ好きで、飼い主さんの物を上手に隠したり、高いところに登って遊んだりします。 飼い主さんに鳴き声で様々な要求をアピールします。 子供が触ってきたり抱きついたりしても、怒って引っ掻くなどの行為をしないような性格をしています。 ただし、あまり怒らず優しいからといって、ずっとべたべた触ったり、耳や尻尾を引っ張ったりしても良いわけではありません。 あまり怒ったりしない性格ですが、ストレスがたまっていることもあるので、よく遊んであげたり、逆にかまわずに放っておいてあげたりすることが大切です。 ・ ジャパニーズボブテイルは、環境の変化に馴染みやすい性格をしていて、子供ともうまく関係を築くことができます。 ・ バーミーズは誰にでもすぐ懐き、おおらかで優しく、飼い主が悲しんでいるとそれを察することができると言われています。 ・ ペルシャはあまりイタズラをせず、運動量も少なめで、怒ったり激しい行動をしたりしません。 ・ ラグドールは人が大好きで、子供にもおとなしく抱かれ、暴れたりひっかいたりせず、とても優しい性格です。 ・ メインクーンはジェントルジャイアントとも呼ばれるほど温厚で、人懐こく、他の猫ともめったに喧嘩をせず優しい性格です。 家に、飼い主さんの友達が遊びにくるなど来客が多くても、あまりストレスを感じないで過ごせるような性格です。 家族の多い過程や、子供がいる家、他にペットがいる家庭でも飼いやすいと言えるでしょう。 ・ シャム猫(サイアミーズ)は、最初は警戒してもすぐに相手と打ち解け、よく鳴いてアピールし、人や他のペットともうまくやっていける性格をしています。 ・ スフィンクスは、人見知りが少なく、初めての人にもすぐに懐くと言われます。 ・ エキゾチックショートヘアは家族が大好きで、ペルシャ譲りのおだやかな性格ではありますが、好奇心が高いため、人や他のペットともうまく過ごすことができます。 ・ ラグドールは、人に抱かれるのを嫌がらず、初対面の相手でも早く打ち解けることができ、子供や他のペットとも仲良くなりやすい性格です。 猫の性格についてのまとめ 猫の性格は、模様をはじめとして、親猫の性格、オスかメスか、育った環境など様々な影響を受けます。 特に純血種の猫は、性格の傾向がわかりやすいと言えますので、猫と暮らす時には猫の種類を選ぶと、ある程度の性格が予想できるかも知れません。 ただ、どの猫もかわいがって大切にしてあげれば、信頼してくれて、甘えん坊になってくれる要素はあると言えるでしょう。 — おすすめ記事 —.

次の

在《猫》一文中,作者为什么说猫的性格古怪_百度知道

猫 性格

・黒猫は、複数の猫との付き合いができて友好的 ・白猫は、臆病で人見知り ・オレンジ系の茶トラは、攻撃性が強い ・白地に黒の猫は、人見知りで攻撃性が強い もちろん、必ずしもこの模様の猫はこの性格、と断定できるということではなく、他の要因もあって猫それぞれに性格は異なってきます。 ただ、猫の性格は、被毛と何らかの相関関係があって、模様によってある程度の性格が判断できるのではないか、という研究が行われています。 神経伝達物質は、猫の性格や行動に深く関わりますので、そこから猫の被毛も性格に何らかの影響を及ぼしていると考えられます。 猫の性格がある程度想像できれば、猫と暮らす時にどのように接したら良いのか、どんな飼い方をするべきかがわかり、猫と暮らしやすくなるでしょう。 それでは、一般的な猫の性格とその種類についてご紹介します。 甘えん坊の猫は、飼い主さんや家族によく懐き、体をすりつけてくることも多く、抱っこも大好きです。 同居の家族やペットとも仲良くなりやすいため、家族が多く子供がいたり、他にペットがいたりする家庭でも、うまくやっていけるでしょう。 ただし、甘えん坊な猫は、一人暮らしの家庭で、留守にすることが多いと、寂しがって鳴いたりストレスを感じたりする可能性があります。 ・ アビシニアンは、よく動いて好奇心が強く、とても甘えん坊です。 ・ スコティッシュフォールドは、近寄るとお腹を見せて転がってアピールし、家族と仲良く過ごすのが好きな、甘えん坊の猫です。 ・ アメリカンショートヘアは、家族以外には懐きにくい一面もありますが、家族にはベッタリと甘える傾向があります。 ・ ヒマラヤンは、あまり人に興味がないように見えますが、そっと側に寄ってきて甘え上手です。 ・ メインクーンは、人が好きで、甘えん坊なため好きな家族の後をついていくこともよくあります。 ・ マンチカンは、好奇心旺盛で家族と遊ぶのが大好きで、よく鳴いて遊びをねだったりします。 ・ ラグドールは、人形という名前の通り、抱かれるのが好きで、人間が大好きです。 おとなしいため、アパートやマンションなどの共同住宅で飼うのに適していると言えるでしょう。 性格がおっとりで動きがおとなしくても、飼い主さんに対する愛情は深いので、ちゃんとかまってあげることが大切です。 ・ ペルシャは、穏やかでおとなしい性格をしていて動きも優雅です。 ・ ラグドールは、激しい動きの遊びはあまり好まず、甘えん坊なため抱かれると力を抜いておとなしく体を預けます。 ・ スコティッシュフォールドは鳴き声が小さく、遊び好きですが静かにくつろいでいることも好きです。 ・ バーマンは飼い主に従順で、辛抱強くおとなしい性格です。 ・ メインクーンは大きな体をしていますが、穏やかな巨人と呼ばれるようにおとなしく、理性が高く、おっとりとしています。 ツンデレな性格の猫は、気位が高くて気が強いのですが、そのために飼い主さんに対してのアピールも激しい傾向があります。 触ろうとすると逃げるのに、飼い主さんのそばでくつろいでいるといった、甘えん坊な面があります。 家族によって、懐く、懐かないが激しい場合もあるので、大家族や他にペットがいる家では、飼いにくいかも知れません。 逆に一人暮らしの人にとっては良いパートナーになれるでしょう。 猫の気まぐれな要求やとても甘えん坊というツンデレぶりを、しっかり受け止めてあげられるような飼い主さんと暮らすのに向いています。 ・ シャム猫(サイアミーズ)は、犬のように人に懐き甘えん坊な面もあると言われますが、自己中心的でプライドが高いといった面も見られるまさにツンデレな猫です。 ・ ロシアンブルーは、飼い主が好きで、一緒にいる他の猫に嫉妬する時もあるほどの甘えん坊ですが、気まぐれで、可愛がり過ぎても、放置しすぎても満足しません。 ・ ノルウェージャンフォレストキャットは、成猫になっても子猫のように遊び、性格も子猫のように気まぐれ、時に甘えん坊で時にはそっけないという性格です。 ・ 日本猫は、純血種とは言わず雑種のものを指す場合もあります。 雑種の猫は、様々な猫との交配のため、ツンデレと言われる、猫らしい性格を持ったものが多いと考えられます。 運動量が多めで、好奇心が強く遊びが大好きで、犬のように投げたボールを取ってくることもできます。 遊ぶ時にねこじゃらしの動きに変化をつけたり、キャットウォークを作って複雑な移動が楽しめるようにしたりして、好奇心を満たしてあげると良いでしょう。 家族それぞれを見極めて接することができるので、家族が多くてもうまく対応して過ごせるでしょう。 ・ ロシアンブルーは、気難しい一面はありますが、飼い主に忠実で、犬のように賢いと言われます。 ・ ノルウェージャンフォレストキャットは、犬と遊ぶようにおもちゃを取ってくることができると言われます。 ・ ベンガルは、運動能力が高く、ドアや窓を開けたり、金魚の水槽の蓋をあけてイタズラしたりと、知性のある行動をよくします。 ・ ブリティッシュショートヘアは独立心が高くて賢く、留守番もできて飼い主にあまり依存せずに過ごせます。 ・ メインクーンは飼い主が大好きですが、飼い主さんが仕事や本を読んでいたりするのを察して一人遊びをして、遊ぼうとしている空気を察して寄ってきたりします。 ・ シャム猫(サイアミーズ)はイタズラ好きで、飼い主さんの物を上手に隠したり、高いところに登って遊んだりします。 飼い主さんに鳴き声で様々な要求をアピールします。 子供が触ってきたり抱きついたりしても、怒って引っ掻くなどの行為をしないような性格をしています。 ただし、あまり怒らず優しいからといって、ずっとべたべた触ったり、耳や尻尾を引っ張ったりしても良いわけではありません。 あまり怒ったりしない性格ですが、ストレスがたまっていることもあるので、よく遊んであげたり、逆にかまわずに放っておいてあげたりすることが大切です。 ・ ジャパニーズボブテイルは、環境の変化に馴染みやすい性格をしていて、子供ともうまく関係を築くことができます。 ・ バーミーズは誰にでもすぐ懐き、おおらかで優しく、飼い主が悲しんでいるとそれを察することができると言われています。 ・ ペルシャはあまりイタズラをせず、運動量も少なめで、怒ったり激しい行動をしたりしません。 ・ ラグドールは人が大好きで、子供にもおとなしく抱かれ、暴れたりひっかいたりせず、とても優しい性格です。 ・ メインクーンはジェントルジャイアントとも呼ばれるほど温厚で、人懐こく、他の猫ともめったに喧嘩をせず優しい性格です。 家に、飼い主さんの友達が遊びにくるなど来客が多くても、あまりストレスを感じないで過ごせるような性格です。 家族の多い過程や、子供がいる家、他にペットがいる家庭でも飼いやすいと言えるでしょう。 ・ シャム猫(サイアミーズ)は、最初は警戒してもすぐに相手と打ち解け、よく鳴いてアピールし、人や他のペットともうまくやっていける性格をしています。 ・ スフィンクスは、人見知りが少なく、初めての人にもすぐに懐くと言われます。 ・ エキゾチックショートヘアは家族が大好きで、ペルシャ譲りのおだやかな性格ではありますが、好奇心が高いため、人や他のペットともうまく過ごすことができます。 ・ ラグドールは、人に抱かれるのを嫌がらず、初対面の相手でも早く打ち解けることができ、子供や他のペットとも仲良くなりやすい性格です。 猫の性格についてのまとめ 猫の性格は、模様をはじめとして、親猫の性格、オスかメスか、育った環境など様々な影響を受けます。 特に純血種の猫は、性格の傾向がわかりやすいと言えますので、猫と暮らす時には猫の種類を選ぶと、ある程度の性格が予想できるかも知れません。 ただ、どの猫もかわいがって大切にしてあげれば、信頼してくれて、甘えん坊になってくれる要素はあると言えるでしょう。 — おすすめ記事 —.

次の

猫的性格特点

猫 性格

キジ猫、茶トラ、三毛に白猫…。 ネコ歴=年齢のワタクシ、今までいろんな「柄」の猫と暮らして来ました。 出会いは全て路地裏の軒先や自宅の庭。 しかし猫は過酷な環境の中で暮らしていながら、どちらかというといつも私には上から目線。 「お腹が空いたニャ!」 「そんなに猫が好きなら俺様の面倒を見るが良い」 と猫の方からグイグイとアピールして来るような……。 どの猫もそれぞれ毛柄は違いますが、だいたい性格は 「グータラでわがまま、そしてどことなく偉そう」 な感じ。 まぁ猫の性格ってこんなもんだよね。。。 と毎日世話を「させて」もらっていますが、『猫のプロ』に言わせると、 「猫の性格は毛柄によって似た傾向があるような気がする」 とのこと。 ななんですと!もしかして、毛柄によっては、飼い主を「尊敬」してくれる優しい性格の猫もいるのかも? 今回は猫歴40年の猫のプロ、保護猫活動などで何千匹もの猫と関わって来たMさんによる、『柄で判断する猫の性格』についてご紹介しましょう。 日本によくいる猫の毛柄はおよそ9種類。 それぞれの毛柄に共通する性格をご紹介しましょう。 しかし他の猫に対してはとても強気でプライドが高い猫が多い。 甘えん坊で飼い主によく話しかける傾向がある。 しかし内面は繊細でナーバスなこだわりがあることも。 ちょっと引っ込み思案でお客が来ると逃げる子も多い。 自分の美しさを自覚しているのかも。 他の猫には気が強く、孤立する傾向がある。 しかしこだわりが強い頑固な性格の猫も多いかも。 猫の柄の中で最も「猫らしい」オーソドックスな猫かも。 茶トラの猫は雄猫はやんちゃで活発な子が多い。 毎日刺激的な暮らしになるかも。 気が強い部分と気が弱い部分が混じり、ミステリアスな性格が多い。 それは毛柄も起因するかも知れませんが、よく言われるのが「猫の性格はオスとメスで違う」ということ。 私もこれは同意見です。 今までたくさんの猫と一緒に暮らしてきましたが、おおむねオス猫はやんちゃで甘えん坊。 よく食べ、よく遊びます。 そして現在の愛猫カイトもそうですが、オス猫は去勢をすると、性格がデレデレの甘えん坊になる猫が多かった気がします。 そしてメス猫はというと、しっかり者というか、ツンデレでやや神経質な傾向が。 ご飯やトイレなど、こだわりが強い猫が多かったような? オス猫はタタターッと遠くから走ってきて「遊んで遊んで~!」と飼い主にまとわり付くのに対し、メス猫は読んでいる新聞紙の上にどっかりと座るタイプ。 流し目で飼い主を見ながら、「アンタ、何してるの?えっ、遊びたい?それなら遊んであげてもいいけど~。 」とやや上から目線。 オス猫もメス猫もどちらも可愛さマックスですが、猫らしい猫、というとメス猫。 そして相棒と呼べる存在がオス猫。 というのが私の個人的意見です。 いかがですか。 柄で傾向があるという猫の性格。 我が家の愛猫カイトはキジトラのオス猫。 遊び上手で甘え上手という性格はまさにその通り。 あなたの愛猫には当てはまるでしょうか。 ちょっとチェックしてみてくださいね。

次の