ブロッコリー 冷凍 方法。 ブロッコリーを冷凍保存するベストな方法は?解凍のコツも知りたい!

ブロッコリーの長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】全て解説

ブロッコリー 冷凍 方法

冷凍したブロッコリーの解凍ってどの方法が楽なんだろう• おいしく食べれる解凍の仕方を知りたい 本記事では、以上のようなあなたの悩みにお応えします。 冷凍ブロッコリーを使っているあなた向けに 「冷凍ブロッコリーを簡単においしく解凍する方法 」について掲載しています。 ブロッコリーを冷凍すると、食べたい時に食べることができて便利ですよね。 しかし、解凍してみると「 味が落ちた?」と感じることはありませんか。 解凍の方法で味が変わってしまうなら、 おいしいブロッコリーの解凍の仕方を知っておくと便利ですよ。 市販の冷凍ブロッコリーの解凍方法をもとに、 どの方法が一番おいしくて楽に解凍できるのか検証してみました。 今回検証のために使った冷凍ブロッコリーは、ニチレイの「 高原育ちのブロッコリー」です。 レンジ解凍• ボイル• 自然解凍• 流水解凍 実際に解凍してみて感じたことをまとめています。 それでは、一つずつ見ていきましょう。 レンジ解凍 ニチレイの裏面には以下のように記載されています。 凍ったままの商品を皿にのせます。 ラップをかけて温めてください。 引用:ニチレイ 高原育ちのブロッコリー 試して分かったおすすめポイント• レンジで解凍している間、他の料理が作れる• 洗い物は皿だけ• 他の食材(チーズなど)と一緒に温めることで、1品料理ができる 他のものと一緒にレンジで温めることもできれば、一石二鳥ですね。 ボイル ニチレイの裏面には以下のように記載されています。 沸騰したお湯に凍ったままの商品を袋から出して入れます。 フタをせずゆでてください。 引用:ニチレイ 高原育ちのブロッコリー 試して分かったおすすめポイント• 鍋でゆでている間、他の料理が作れる• 冷凍のままスープなどに入れて調理ができる 試して分かった手間• 解凍に使った調理器具の洗い物がある(鍋、ザル) スープなどの煮込み料理に入れてしまえば、解凍する時間を省くことができます。 洗い物も出ないですよ。 自然解凍 ニチレイの裏面には、以下のように記載されています。 自然解凍後、そのまま召し上がりください。 引用:ニチレイ 高原育ちのブロッコリー 試して分かったおすすめポイント• そのまま放置しているだけで解凍ができる• 洗い物がない ブロッコリーは入っている袋に入れたまま自然解凍をすると、洗い物はいりません。 試して分かった手間• すぐに食べることができない 自然解凍には1時間30分かかります。 しかし、 食べたい時間を逆算して解凍すれば食べたい時間に合わせることができます。 流水解凍 ニチレイの裏面には以下のように記載されています。 凍ったままのブロッコリーを流水で溶かします。 ザルにあげて、よく水分をきってください。 引用:ニチレイ 高原育ちのブロッコリー 試して分かった手間• 流水で流している間何もできない• 流している水がもったいない ニチレイの流水解凍の時間は 3~4分です。 私の場合、3~4分も水を流しているのは大変だったので、2分で流水したところ解凍されていました。 「 水を流すのがもったいない」と思って思いついたのが、 水につけて解凍する方法です。 水の中にブロッコリーを2分つけておいたところ、解凍できました。 スポンサードリンク 冷凍ブロッコリー解凍方法別、食べ比べランキング 解凍の方法の違いが分かったところで、以下の疑問がわきますよね。 味 水分 歯ごたえ 噛んだ食感がふにゃっとして、 あまり歯ごたえがなかったです。 レンジに入れるだけで解凍の仕方は楽なので、味を取るか解凍の楽さを取るかですね。 ラップをかけてチンして水分の逃げ場がないため、ブロッコリーを噛んだときに水分が出てきました。 スポンサードリンク 水っぽさをなくす方法 解凍したブロッコリーを食べ比べすると、 冷凍する際にできた氷が溶けだすことで、水っぽさが増していることが分かりました。 ブロッコリーの水っぽさがなくなれば、おいしさもグッとあがります。 生で食べる際、水っぽくなるのを防ぐ方法としておすすめなのは、以下の方法です。 自然解凍の場合 吸水シートと一緒に保存するといいです。 解凍する際に出た水を吸水シートが吸ってくれます。 ボイル、レンジ解凍、流水解凍の場合 ザルにあげて水分をきったり、解凍する前に氷を落としたりするといいです。 水分が少しでも出ないよう、しっかり水分を取っておきましょう。

次の

ブロッコリーのゆで方と保存方法!冷凍した時の解凍方法は?

ブロッコリー 冷凍 方法

ブロッコリー、上手な保存の仕方って? 今が旬のブロッコリー。 今年は暖冬の影響もあり、お手ごろ価格で買えるのが嬉しいですよね。 でも、丸ごと購入すると使い切るのが大変。 茹でてしまうと、ブロッコリーの歯ごたえがなくなってしまうのです。 ではどうすればいいのでしょうか…。 正解は茹でずに生のまま冷凍すること!小房に分けてカットし、冷凍しておけば、あのシャキッとした歯ごたえは損なわれませんよ。 ブロッコリーを小房に分けて切り落とす。 サッと洗って水気を切り、重ならないようにジップロックやビニール袋に入れ、冷凍する。 使用する際には、使う分だけビニール袋から取り出し、シリコンスチーマーに水・塩を入れてレンジで2分ほど加熱すればOK。 1回分ずつ、小袋に入れて冷凍しておくのもいいかもしれませんね。 生のまま保存できるなんて手間がかからずラク~。 使うときもレンジでチンするだけなら簡単です!ブロッコリーが余ったら生のまま保存してみてくださいね。

次の

ブロッコリーの冷凍保存、おいしさや食感をキープするポイントは?

ブロッコリー 冷凍 方法

生のままでブロッコリーを冷凍保存すると、ブロッコリーのシャキっとした歯ごたえを損なわず、ブロッコリーの良さを維持することができます。 また、 加熱をしないことでビタミンが抜けにくいというメリットもあります。 では、生のままの保存方法の手順をご紹介します。 まず、ブロッコリーを小房に分けて切り落としていきます。 次に、1つ1つラップに包みます。 最後にジップ付き保存用袋に入れて、冷凍庫で保存します。 以上のように、簡単に保存できてしまいます。 急速に凍らせたいときには、ブロッコリーをラップに包んだ後にアルミホイルで包んでから冷凍したり、金属のトレーの上において冷凍するとよいでしょう。 生のままの保存は、買ったときの状態から栄養価さを落とず、おいしくいただくことができ、簡単なのでぜひ試してみてください。 生のままで冷凍した場合は、生のままで冷蔵保存したときよりも保存期間が延びます。 生のままの冷蔵保存は、上記でも書きましたが購入してから2~3日で傷み始めてしまうので、2~3日以内で消費しなくてはならなくなります。 ブロッコリーのつぼみが黄色に変色してしまうのは、つぼみが開き始めている状態だからです。 また、変色してくると、食感と味の変化があり、また見栄えがよくないためお弁当などには使いにくいですが、食べるには問題はありません。 しかし、どうせなら鮮やかな緑のブロッコリーを食べたいですよね。 生のままで冷凍したブロッコリーの保存期間については、1ヶ月が目安です。 冷蔵保存よりもだいぶ保存期間が延びますので、多めに購入しても対策ができます。 また、 変色もなく、味も食感もほとんど損ないません。 ブロッコリーを一度茹でてから保存すると、 解凍してすぐに使うことができたり、一度茹でていることから、小房がぽろぽろと崩れるのを防いだりするメリットがあります。 まず、ブロッコリーを小房に切り分けます。 次に、塩を加えた熱湯で30秒ほど、固めに茹でます。 茹でたらザルにあげて水気をきり、キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取ります。 荒熱が取れたら、ブロッコリーをジップ付き保存用袋に入れて、冷凍庫で保存します。 栄養価や味わいを損ねないために、 高温で短時間加熱するのがおすすめです。 塩は、一つまみがよい加減になります。 一度ひと手間をかけて下茹でしているので、使う時には解凍してすぐに調理ができます。 忙しいときなどに便利な方法です。 ぜひ、お試しください。

次の