香典返し 時期。 【家族葬の香典返し】相場や送る時期、挨拶状の書き方などを解説! | 家族葬の教科書|家族葬の流れや参列者、費用相場などを丁寧に解説!

香典返しはいつ贈る?香典返しの時期とマナー

香典返し 時期

七七日忌(四十九日)の法要をもって忌明けを迎え、忌が明けるということから、忌明け直後に、供物、供花、香典を頂いた方全員に、無事忌明けを迎えたお礼として品を贈ります。 なお、忌中が3ヶ月に渡る場合は、切り上げで五七忌(三十五日)をもって忌明けの法要を行うところもあります。 一般的に、50日目の霊前祭(50日祭)をもって、仏教でいう忌明けとなりますので、その直後にお礼の品を贈ります。 なお、仏式同様に、 3ヶ月に渡る場合は、切り上げて30日祭でも良いとされています。 本来キリスト教には、香典返しはありませんが、日本では古来の風習にあわせて行っているようです。 仏教でいう忌明けは、カトリックでは、30日目の追悼ミサ、プロテスタントでは1ヶ月後の召天記念会となり、その直後に記念の品を贈ります。 香典返しの名簿整理 ご弔問者のお名前、ご住所、電話番号及びお香典額の正誤を確認し、お香典額別に分類して記帳されますと、お品選びのときに大変便利です。 香典返しのご予算 名簿の整理ができましたら、まずご予算をお決め下さい。 一般的には、いただいたお香典の「半返し」が一応の目安とされていますが、 亡くなられた方の社会的地位やご家庭でのお立場、土地の習慣などによって異なる場合がございます。 ご返礼品選びについて お香典返しには、よく実用品で配送中に壊れたりしないタオル、寝具など繊維製品が使われております。 また先様がお好きな品を選ぶことが出来るカタログギフトも好評です。 お届先も多いことですのでご予算別にお品物を揃えられるのも、一つの方法かと思われます。 挨拶状について 本来、お香典返しの品物は、一軒一軒お持ちして御挨拶を述べるものとされてきました。 しかし今では専門店から直接先様に配送する方法が一般的なため、品物にご挨拶状を付けて贈るようになりました。 ご挨拶状の文面は宗教や地域によって異なります。 をご覧下さいませ。 その他の法事・法要 法事・法要はしきたりなど決まりごとがわからない場合が多いとおもいます。 基本的なことだけでもおさえておきたいものです。 (地域により異なる場合がございます) 新盆 忌明け後に初めて迎えるお盆になりますので、身内や親しい方を招いて盛大に行われます。 この時期、親戚が新盆提灯を贈る習慣がありますが、1週間くらい前には届くようにしましょう。 また新盆に招かれたときには、仏壇に供える供物を持参します。 彼岸 春秋の彼岸に、新仏のある家では仏壇に供物やお花を供え、僧侶を招き読経してもらい、お墓参りをします。 家族やごく親しい間柄での供養なので、招かれた時だけ供物を持参します。 年忌法要 亡くなった次の年の祥月命日に一周忌、その翌年に三回忌、以下、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌、それい以降は50年目ごとに法要を営みます。 一般的には、一周忌は盛大に多くの人を招きますが、三回忌以降は、関係が深い方だけを招きます。 招待された時は、当日に供物か供物料を持参します。 香典返しのマナーのページでは宗教別のしきたりなどをご紹介いたしました。 香典返しはマナーやしきたりなど戸惑われることが多いと思います。 ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

次の

香典返しの際に適切な時期は?早い時期に送りたいけど失礼⁈

香典返し 時期

葬儀で香典を頂いた方への香典返しは、忌明け後に贈るのが通例とされています。 故人が亡くなった後、故人の冥福を祈って遺族が喪に服する期間を「忌中」と呼びますが、「忌明け」というのはこの期間を終えて通常通りの生活に戻るとことを指します。 宗教や宗派によっても違いがありますが、仏教では故人が亡くなって49日目を忌明けとし、法要を行います。 香典返しは喪に服す期間を終えて通常の生活に戻り、忌明けの法要を無事に済ませた報告を兼ねて贈るというのが昔からの習慣です。 現在では忌明け後1か月以内を目安に品物を贈るのが基本的なマナーとされています。 香典返しを贈る時期に関しては地域によっても違いがありますが、忌明け法要後に贈るというのは比較的広く知られている習慣ですので覚えておきましょう。 四十九日の忌明け後に贈るのが香典返しの通例である一方、最近では葬儀の当日に品物を渡す「当日返し」という方法も定着しつつあります。 この「当日返し」は昔からの習慣というより、葬儀後の手間や費用の負担を少なくするという意味合いが強いものです。 当日返しであれば事前に品物を用意して当日参列者に渡しますので、配送の手配をする手間がなく、配送料もかかりません。 これは故人を亡くして気持ちに余裕がなく、葬儀の手配に追われる遺族にとっては大きなメリットだと言えるでしょう。 当日返しでは、5,000円程度の香典を頂くことを想定して、半返しになるように2~3,000円の品物を用意するのが一般的です。 頂く香典の額の大きさに関わらず一律同じ品物を渡すことになりますので、高額な香典を頂いた場合は、お返しの合計が半返しになるように調整して、後日改めて品物を贈る必要があります。 香典返しはもともと仏教の習慣ですが、神道や日本のキリスト教でもお悔やみを頂いた事に対して感謝の気持ちを込めて返礼品を贈るという習慣があります。 神道やキリスト教でも仏教の「四十九日法要」にあたる、故人の冥福を祈る行事が行われますが、名称も開催時期も仏教のものとは異なります。 宗教によって返礼品を贈る時期にも多少の違いがありますので、確認しておきましょう。 神式では故人が亡くなってから50日目の「五十日祭」を済ませた後に返礼品を贈ります。 キリスト教(カトリック)では30日目の追悼ミサの後、プロテスタントの場合は1か月後の召天記念日の後にお返しをします。 香典返し同様、これらの式典から1か月以内を目安にお届けできるように品物を手配して下さい。 身内や親族からは5万円~10万円以上の高額な香典を頂く場合があります。 多くの場合、このような高額な香典を包んで下さるのは今後の遺族への負担を軽減したい、何かの足しにして欲しいという気持ちが込められています。 このような場合は相場にこだわる必要はありません。 きっちり半返しをしては、むしろ相手の気持ちを無視することになってしまいます。 頂いた金額にもよりますが、3分の1~4分の1を目安に香典返しを用意すれば良いとされています。 いくらからが高額な香典となるか判断が難しい所ですが、3万円を一つの目安にすると良いかと思います。 3万円までの香典は半返しにして、それ以上頂いた場合は3分の1程度のお返しを用意してみてはいかがでしょうか。 葬儀後、遺族は故人の供養や役所への届け出、法事の準備など、しなければならないことがたくさんあります。 その点、当日返しは郵送の手配の必要もありませんし経済的な負担も少なく、現代ならではの合理的なシステムと言えるでしょう。 当日返しでは、頂く香典は相場から5,000円くらいだろうと予想を付けて、事前に2~3000円の香典返しの品物を用意して半返しにするのが一般的です。 つまり1万円の香典を頂いた場合は半返しにならないため、足りない分を用意して後日改めて贈る必要があります。 3,000円の香典返しを用意したのであれば半返しにするには2,000円足りませんので、2,000円分の品物を用意して後返しをするという感じです。 当日に金額が異なる複数の品物を用意するという方法もありますが、相手によって返礼品の見た目や大きさが違うのはあまり好ましくありませんよね。 当日返しが主流になりつつある一方で、最近では家族葬が選ばれるケースも増えています。 こちらもやはり経済的な負担が少ない現代ならではの葬儀と言えますが、一般の参列者がいない家族葬では当日返しを選ぶメリットは少ないでしょう。 当日返しと後返し、双方の特徴を押さえた上で状況に相応しい方法を選択するのが望ましいですね。 香典返しは、頂いた金額の半額をお返しする「半返し」が一般的な相場とされている一方で、香典返しをはじめとする弔事に関する習慣は、地域によって大きな違いがあるという特徴もあります。 東京を中心とした東日本ではお返しの相場は半返しとなりますが、東日本ではお通夜の後に食事を振舞う「通夜振る舞い」という習慣があります。 香典はこの食事代も考慮されているので、やや相場が高くなる傾向がありますので、必然的に香典返しの相場も若干上がるという事になりますね。 一方、西日本では通夜振る舞いの習慣がありません。 都市部では大きな差はありませんが、東日本と比較すると相場は少し下がります。 北海道では、葬儀の当日に1000円程度の食品や消耗品を渡して香典返しとしています。 知らない人からすると1000円の香典返しなんてちょっと信じられない気もしますが、これは北海道の人たちが持つ相互扶助の精神から来ているとされています。 群馬県や長野県では「新生活運動」という風習があります。 これは古くからの冠婚葬祭の習慣を無くしてより合理的にしようという運動で、香典額は3,000円程度にとどめ、香典返しのような返礼品はありません。 一般的と言われているマナーも地域によっては全く通用しない場合もあるという事ですね。 3,000円の香典を頂いた場合、香典返しを贈るべきかどうかで悩む方が多いようです。 確かに以前は、少額の香典返しにはお返しは不要とされていました。 ただし、これは3,000円の半額の香典返しとなるとお返しの選択肢が少なく選ぶのが大変だからという理由があります。 現在ではお茶やミニタオルなど1500円程度で用意できる香典返しに相応しい品物が豊富に見つかりますので、お返しは不要と明記されていない限りは品物を用意した方がいいでしょう。 連名で頂いた香典は一人当たりの金額が少額になりやすいと思います。 この場合は皆さんで分けられるお菓子など用意するのがおすすめの方法ですが、一人ひとりに品物をお配りした方がより丁寧なのは言うまでもありません。 状況に合った品物選びをすることが大切ですね。

次の

【葬儀の香典返しマナー】時期や金額相場は?品物やのし、挨拶状は?

香典返し 時期

この記事の目次• Sponsored Link 葬儀の香典返しをする時期は?当日返しでもいいの? 香典返しには、葬儀や通夜でいただいた香典やお供え物のお返しの意味があります。 そのほかに、 「無事に葬儀を済ませることができ、気持ちの上でも落ち着きを取り戻しました」という報告と感謝の意味もあります。 そこで多くの場合、香典返しは、葬儀や通夜で香典を頂いた方やお供え物をしてくださった方に、遺族が気持ちの上でも一区切りした 忌明けを過ぎた頃に送るのが一般的です。 忌明け返し 忌明けの法要(四十九日法要)が終わってから、1ヶ月以内に香典返しをします。 これは、前述しましたように香典返しが「参列や香典へのお礼」と、「弔事を滞りなく終えました」という報告の二つの意味があるからです。 従来は、喪主が先方に持参するのが、正式な形となります。 しかし、現在は訪問がお互いに負担になることも多くなっていることから、 配送することが普通になっています。 即日(当日)返し 葬儀の日に香典返しを渡すことを、即日(当日)返しといいます。 即日返しとして、お茶やタオルなどの返礼品をお返しする風習が定着した感がありますね。 首都圏ではこの形が多くなっています。 したがって、いただいた金額が少ない場合は以後の香典返しは不要ですが、金額が多い場合などは別途改めて香典返しをすることになります。 具体的な金額の目安は後ほどご説明しますね。 また、 初七日や四十九日法要を葬儀の日にまとめて行った場合は、香典返しも葬儀の日にお渡しすることになります。 神式やキリスト教式の場合は? 香典返しをする忌明けの時期ですが、これは 宗教によって異なります。 神式やキリスト教式には香典返しの習慣はありませんが、 香典返しの風習に沿う形でお礼の品を贈ることもあります。 それぞれ仏式の「忌明け(四十九日後)」に相当するのはこちら。 もし贈る場合は、神式の「五十日祭(または三十日祭)」、カトリックの「三十日目の追悼ミサ」、プロテスタントの「一ヶ月目の召天(昇天)記念日」が終わった後に贈ります。 香典返しをしない場合 香典返しは、必ず行わなければいけないわけではありません。 ・ 葬儀の際に香典や供物をお断りした場合 ・ 一家の働き手を亡くし、その子どもが小さいなど困窮が予想される場合 ・ 故人の遺言などで香典を寄付した場合 これらの場合は、 忌明けにあいさつ状を出し、香典の使い道を書き添えるといいでしょう。 葬儀の香典返しの金額相場は?高額の場合は? 香典返しの相場は? 香典返しの相場は、 いただいた香典の3分の1から半分ぐらいが目安になります。 親族などの身内がかなりの額の香典を供えてくれた場合は、半返しにこだわらなくても大丈夫です。 高額の香典をいただいた場合は? 身内に限らず、いただいた香典が高額であった場合。 この場合は、 「以後の生活に役立ててください」や 「亡くなった方にお世話になったお礼や礼儀」という、贈り主の気持ちが大きいことになります。 そこで形式通りきっちり半返しをするのは、事務的になりかえって失礼に当たることにもなりかねません。 気持ちをありがたく頂戴して、感謝を示しつつ 4分の1~3分の1程度のお返しをさせていただきましょう。 具体的な目安としては、 30,000円以下のお香典の場合は半返し、それ以上の場合は4分の1~3分の1程度のお返しを考えると良いようです。 郵送・宅配などを利用する場合は、必ず 自筆のお礼状を送るようにすると感謝の気持ちが伝わりやすいですよ。 会葬お礼品を渡す場合は? 葬儀や通夜の当日にお返しした、お茶やタオルなどの返礼品は、本来 「会葬お礼品」と言って、 香典返しとは別のもの。 しかし、 いただいた金額が少なかった場合は、この会葬お礼品をもって香典返しとしてしまってかまいません。 具体的に言えば、会葬お礼品の相場がだいたい500円~2,000円ぐらいの品でしょうから、 4,000円以下のお香典の場合は、改めて香典返しは不要、ということになります。 香典以外に何かいただいた場合 香典以外に花などをお供えいただいた場合は、少し多めの香典返し をしましょう。 ただし、親族など身内の場合は上乗せの必要はありません。 また、受付を手伝ってくれた人など、 葬儀で何らかのお世話になった人には、香典返しとは別にお礼をお渡しするといいでしょう。 Sponsored Link 会社関係への香典返しの仕方は? 社会人の方なら、会社関係で香典を差し上げた経験がおありだろうと思います。 会社関係での香典は、個人名やグループ名などいろいろなケースがありますね。 そしてそれぞれのケースによって対応も変わってきます。 法人としていただいた場合 会社で社員の身内などに不幸があった場合には、福利厚生費などから香典が支払われる場合が多いです。 そのため、 会社名や総務部など法人の名称で香典をいただいた場合には、たいていの場合香典返しの必要はありません。 ただし、いただいた会社の社長とも個人的に近しい付き合いがある場合や、特別に親しい取引先などの場合は、社長個人へ香典返しをしたり、忌引きが空けたらお茶菓子などを持参してお礼に伺うのが良いでしょう。 そのため、 グループに含まれる各個人に対して香典返しをする必要があります。 人数で割った際、個人での負担金額がそれほど多くない場合には、全員に行き渡るような個包装のお菓子やコーヒーなどをお返しすると良いでしょう。 個人的な付き合いとしていただいた場合 会社関係のなかでも、親しくしている同僚・部下や近しい上司などからは、個別に個人名で香典をいただく場合があります。 その場合は、ほかの人と同様、 個人宛に香典返しをするのが基本です。 故人とあまり関係がなく、例えば、自分が働いている会社関係からいただいた場合などでは、忌引きが終わって最初に出社した際などに、挨拶も含めて香典返しをするように心がけましょう。 香典のお返しにおすすめの品物は? だいたいの金額が分かったところで、次は 香典返しに選ぶ品物について考えましょう。 香典返しではどのような品物を贈ればよいのかを、具体的にご紹介していきますね。 香典返しにふさわしい品物としては、 形を残さずなくなるもの、消費して消えるものが好ましいとされています。 「不幸をいつまでも残さないように」という意味が込められているんですね。 日持ちが良いものがおすすめ 贈られた側が困らず、いつでも使えるように、ある程度 日持ちがよいものを選ぶと良いでしょう。 定番なものとしては、お茶や海苔、乾物やお菓子、日持ちのする飲食物。 タオルや石鹸、入浴剤など、日用品の中でも使ってなくなる消耗品がよく選ばれます。 具体的なイメージが沸かない場合は、デパートのギフトコーナーやシャディなどのギフトショップの店頭を覗いてみるのも良いでしょう。 インターネットを利用する場合は、「香典返し」で検索すると具体的な品が出てきます。 これらを利用すると、のしや名入れまでしてくれるので助かりますね。 カタログギフトもおすすめ! また、何を返したら良いか分からないような独身者の場合や、高額な香典のお返しなどには カタログギフトを利用すると良いでしょう。 金額別にチョイスできるので、こちらとしても迷わなくて便利ですね。 商品券と違って、あからさまな金額が分からないので、先方にとっても嫌味がありません。 商品券は地方性があるので、商品券を香典返しに利用する場合は、先方の住んでいる地域性をよく考慮する必要があります。 よほど詳しく知っている場合を除き、商品券の利用は控えて、カタログギフトにしておくのがベストでしょう。 この場合は、 小分けできるお菓子など分けやすいものを香典返しとして持参するか、代表者に送ります。 会社以外の場合は、連名で香典をいただいた方全員に香典返しをするのが無難です。 香典返しの熨斗の書き方は? 香典返しの品物が決まったら、次は「のし」やその書き方ですね。 香典返しの場合は、お祝い事ではないので、控えめに 「内のし」にするのが一般的。 水引 香典返しの水引は 「黒白結び切り」が一般的ですが、「あわじ結び」でもかまいません。 ただ、関東以北では緑銀や黒銀、関西以西では黄白の結び切りの水引を用いる場合もあります。 また、神式では銀や水色を使うこともあり、キリスト教では水引を使わないなど宗教や地域の慣習はいろいろです。 よく分からない場合は詳しい人に確認するといいでしょう。 表書き のしの書き方は、故人または喪主の宗教によって多少の違いがあります。 仏式では「志」または「満中陰志(まんちゅういんし)」を使います。 満中陰志は主に関西より西に多いようです。 神教やキリスト教では、本来「香典返し」にあたる習慣はありませんが、近年はやはりお礼の意味を込めて忌明けをしたら贈り物をするケースが増えています。 その場合は 「志」または「偲草」(偲び草)が使われます。 キリスト教では、「昇天記念」(カトリック)、「召天記念」(プロテスタント)、「感謝」、「記念品」も使われます。 そして下段には喪主の姓を書きます。 香典返しのお礼状(挨拶状)やメールの文例は?句読点は? 香典返しに添えるお礼状は、通常のお礼状と異なる点があります。

次の