ダイエット 漢方薬。 ダイエット特集 漢方

ダイエットに効く市販薬は?内科処方と同じ効果の漢方で快便、10kg痩せました!

ダイエット 漢方薬

斐川中央クリニック|特別漢方治療 当病院では、漢方を用いて下記のような治療を行っております。 詳しくは、診察室でお気軽にご相談下さい。 保険診療: 糖尿病、高脂血症、脂肪肝、高血圧など肥満症に伴う病気を持っているか、BMIが25以上で腹囲も85cm以上のメタボリック症候群の方は保険診療で対応出来ます。 保険外診療: 上記の病気がなく、美容上ただ痩せたい方は、保険外診療となります。 その際の、薬を含めた診察料は8千円から1万円位となります。 シミ・シワの予防や美顔にも役立つ化粧水です。 漢方薬と水のみで作り、とても肌に良いものです。 保険外で100ccを1000円で処方します。 皮脂欠乏性湿疹より生じるシミ・シワの予防や美顔にも役立つクリームです。 保険外で1185円です。 水(250ml)で薄めて、朝・夕と1日2回頭皮に直接スプレーするだけで、お気軽にお使いいただけます。 特に女性の脱毛でお悩みの方は、保険外(1. 000円)で漢方の育毛液を作っています。

次の

ダイエット|体質改善プログラム|漢方・漢方薬の薬日本堂

ダイエット 漢方薬

東洋医学においての体質:実証、虚証 東洋医学では人の体を様々な角度から捉えていますが、その中に 「実証」と「虚証」という考え方があります。 自分がどちらに当てはまるか知っておくのは、漢方薬を選ぶ際にとても大事なことです。 実証:壮健な人 「実」という漢字の通り、実証の人は「実っている状態」の人です。 具体的にいうと、 血色が良く体力があり、筋肉質でエネルギッシュな人です。 部活でイメージすると完全にスポーツ系な見た目で、特にラグビー部みたいな方をイメージするとわかりやすいかもしれません。 実証タイプの人が太っていたり、不健康な場合は 「体に悪いものが体に蓄積、充満している状態」と考えられます。 食べ過ぎや飲み過ぎはもちろん、疲れの蓄積などもこの考え方にあたります。 虚証:虚弱な人 逆に虚証の人も漢字の通り、「虚(空)な状態」の人です。 実証の人とは対照的で、 色白で胃腸が弱く、痩せ型で寒がりな人です。 こちらも部活に例えると文化部で、なんとなく美術部など、あまりアクティブな印象がない人をイメージするとわかりやすいと思います。 虚証タイプの人が太っていたり、不健康な場合は 「本来の生命力や機能が低下し、悪いものを排出できない状態」と考えられます。 もともと体が虚弱なので、ちょっとした疲れがもろに出たり、気温の変化への対応も苦手であることが多いです。 同病異治(どうびょういち)の考え方 東洋医学では 「同病異治」=同じ病でも体質によっては違う治療の仕方をする、という考え方があります。 それはダイエットでも全く同じで、そもそも太る原因が違うから、痩せ方も違うでしょ?ということですね。 実証の人は「悪いものが体に蓄積している状態」なので、その悪いものを分解して体の外に排出させることで症状を治します。 それに対して虚証の人は「体の機能が低下している状態」なので、体の機能を高め、悪いものを排出させることで症状を治します。 ダイエットに効く漢方薬のおすすめ:実証 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん):内臓脂肪に効く 小林製薬の「ナイシトール」に代表される 防風通聖散は、体内に蓄積された頑固な脂肪を分解して、消費しやすい状態にするという効果があります。 食べ過ぎや飲み過ぎにより、胃腸に負担をかけ続けている人との相性が良いと言われています。 便通を良くする成分も入っているので、溜まった脂肪を分解して、消費して、最後は余分な脂肪を便と一緒に排出してくれます。 皮下脂肪が多くポヨポヨしたアンコ腹よりも、 内臓脂肪が多くパーンと張った太鼓腹の人に効果があると言われています。 ・関連記事:• ストレスが原因の過食で蓄積した方に効く• 肝臓への働きかけで脂肪の分解、消費を促す ダイエットに効く漢方薬のおすすめ:虚証 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう):体質改善に効く 防己黄耆湯は虚証の人の 消化吸収を助け、体内のエネルギーを増強することによって、体に悪いものを排出させる効果があります。 実証の人におすすめした2つの漢方薬は、過食による蓄積そのものを分解する働きでしたが、防己黄耆湯は直接蓄積したものに効果が及ぶのではなく、あくまでも 虚弱な体質を改善して、自分で分解、排出させる手助けをしていると言えます。 余分なものをうまく排出できないと水太りの方やむくみが気になる方に効果が現れやすいと考えられています。

次の

漢方ダイエットで痩せる!驚きの効果と成功の口コミをご紹介!

ダイエット 漢方薬

食べすぎでたまった「毒」を排出する漢方は、ダイエットの強力な助っ人です。 一般に肥満の治療に持ちいれらるのは、おなかに脂肪が多くて便秘がちな人に向く防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)や、むくみがちな水太り体質の人に向く防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)などです。 これらはいわば、カラダから便や水を「出せ出せモード」にしてすっくりさせる作用が主体の処方です。 しかし、漢方のダイエット効果は、出すだけではありません。 漢方アドバイザーの人によると「今の女性はホルモンの乱れによる月経不順や、ストレスくいで太っているケースが多い。 漢方はこれらにもよく効く」と話しています。 月経リズムの調整やイライラの緩和は、実は漢方の得意技。 ベースにあるこれらの不調が改善されれば、それだけでもその人が本来持っている代謝力が復活し、痩せてくるのです。 もっとも、漢方はやせ薬ではありません。 官報は肥満に伴う不調を解消し、その結果として体重も減ると言う効き方をするといわれています。 太ると体が重く疲れやすく、だるさを感じる人が多いはずですが、漢方を飲み始めるとまずはそれらが解消されて心身が快調になります。 そして気が付いたら体重や体脂肪も落ちていた・・・。 コレが漢方によるダイエットの特徴なのです。 原料で肌荒れする人は多いですが、漢方ダイエットなら逆に肌も綺麗になります。 肥満のタイプはそれぞれ4つに分けられます。 それぞれ合う漢方薬が異なるので、まずは自分のタイプをチェックしてみましょう。 あなたはどのタイプ? チェック数が多いのがあなたのタイプです。 同数だったらより実感が強いほうを試してみましょう。 食べるのが好きでお腹がポッコリ出ている。 寝るときは靴下と電気毛布が必需品。 集中力や持続力がない。 顔や手足がむくむ。 すぐに疲れて文句を言う。 お腹が冷えて冷たい。 自分に合う漢方薬を見つけるコツ 市販の漢方薬は通常、エキス顆粒剤と錠剤があります。 顆粒剤はお湯で解いて飲むと香りも楽しめますが、錠剤は携帯に便利なので好きな方を選んでください。 自分に合う漢方薬は飲みやすく感じますし、効果は2週間程度で実感できます。 合わないと感じたら、その時点で他の処方に変えてもいいでしょう。 1:自分のタイプを知る 漢方薬は体質に合わせて選ぶのが基本です。 同じ肥満でもベースにある体質はそれぞれ違います。 肥満に伴うほかの症状をチェックし、自分のタイプを知りましょう。 各タイプ別のチェックリストを見て、合う項目が一番多い漢方薬をまず試してみるといいでしょう。 2:味や香りを好きだと感じる カラダが欲する漢方薬は、例え苦しくてもすいすい飲める場合が多いです。 ただし、最初は飲みにくいと感じても続けるうちになじんでくることもあります。 味だけで合わないと即断しないようにしましょう。 3:不調間が減った実感がある 自分に合った漢方薬なら、早ければ3日以内、遅くとも2週間程度で心身の良い変化を実感できます。 2週間飲んでも効果がない場合は、合わないと判断してその薬を中止しましょう。 お腹がポッコリ出ている。 肩こり、頭痛もある。 お腹ポッコリ系、イライラ系、ホルモン系の中から合う薬を選ぶ 瘀血とは血の流れが滞って血液がどろどろになることをいいます。 その精できも水も流れが悪くなって太っているのがこのタイプです。 体型はがっちりしていて、比較的体力がある実証タイプに多いと言われています。 お腹がポッコリ出た腹部肥満タイプがコレで、女性では月経痛や月経過多など月経の不調を抱えている場合が多いです。 また、イライラや肩こり、頭痛などの不調を持つ人もいます。 このタイプのダイエットをサポートしてくれる漢方は、一本の病院でも肥満や便秘症の治療薬としてよく使われる3つの処方、防風通聖散、大柴胡湯(だいさいことう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)です。 防風通聖散は過食、美食によって起こる「食毒」「水毒」を解消する効果があり、便量と尿量を増やして、体の中からすっきりさせてくれます。 実際、40~50代の女性肥満患者に1200キロカロリーのダイエット食と運動と共に、防風通聖散7. 5グラムを6ヶ月間飲んでもらった研究では、体重が平均5. 3キログラム減少し、体脂肪は3. 9キログラム減ったと報告されています。 しかもその間、基礎代謝量は上がっています。 これは防風通聖散に含まれる生薬に、交感神経を刺激して体の熱産生を高める作用があるからなのです。 頑固な肥満の特効薬とも言える存在ですが、イライラや怒りっぽさには効かないので、そういう症状が強い人は大柴胡湯のほうがいいでしょう。 大柴胡湯波みぞおちから両脇に重苦しい感じがあったり、頭痛、肩こりがある人に向いています。 一方、桃核承気湯は血流を良くする作用が高く、元々婦人病の漢方としてよく使われています。 大黄(だいおう)や芒硝(ぼうしょう)など下剤の生薬も入っているので便通もよくなります。 月経時のイライラやのぼせ、便秘がある人は桃核承気湯がいいでしょう。 下剤を常用している人は、漢方の成分と重なる可能性があるので、漢方を飲み始めたら下剤は徐々に量を減らしてやめる方向でいきましょう。 やや瘀血の傾向もあり、疲れやすい。 気をめぐらせて心を軽くする漢方薬を「証」に合わせて使う 気滞は、気のめぐりが悪くなってストレスがたまりやすくなり、パワーダウンした状態です。 ストレスで食べてしまうので、ダイエットしようと思っても気分が変わりやすいから続かないことが多いです。 性格的にはまじめで、夜ベッドに入ってから考え事をして眠れなくなることも多いです。 そして眠れないからとまた食べてしまい、気が付いたら太っていた・・・と言うのが典型例。 効果があるのは、ストレスを和らげて、精神を安定させる漢方。 ただし気滞には、体力がある「実証」と、体力がある線が細い「虚証」の2タイプがあり、それぞれ合う漢方薬が違います。 自分が虚証タイプと思う人は、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)や加味逍遥散(かみしょうようさん)を試してみるといいでしょう。 柴胡桂枝乾姜湯は疲労がかさんで不眠になったり、冷えて気力の低下した人に効きます。 乾姜が入っていて体を温める効果が高いので弱っている人も安心して飲めます。 一方、加味逍遥散は虚証の中でやや実証に近い人向きです。 ストレスに対して起こるパワーがまだ残っていて、八つ当たりして椅子を蹴飛ばすような人に合います。 更年期の月経不調にも聞くので、更年期のホルモンのアンバランスが原因で過食に走っているような女性はまず加味逍遥散を試してみてください。 一方、体力のある実証タイプは、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)か黄連解毒湯(おうれんげどくとう)がおススメです。 柴胡加竜骨牡蛎湯は、赤ら顔で血圧が高めでイライラして、疲れやすい人に向いています。 牡蛎(カキ殻)、つまりカルシウムが精神を安定させて不眠も改善します。 お通じを浴する大黄も含んでいます。 黄連解毒湯も同じようにイライラを鎮めてムダ食いを止めてくれます。 柴胡加竜骨牡蛎湯より即効性があるので、神経が高ぶってパニックになるような人は、まず黄連解毒湯を飲むといいでしょう。 ストレス太りは精神的に安定すれば、食べる量が減って案外簡単にダイエットできます。 または月経の量が少ない。 女性ホルモンを活性化する漢方で補って代謝アップ いつもからだが冷えていて、寝るときも靴下や電気毛布が手放せない、多少動いたくらいでは汗が出ない・・・と言った冷え冷えタイプがコレ。 エネルギー不足でボーっとしていて、体が守りに入っている状態です。 けっきょタイプは月経周期が長かったり、飛び飛びになりがちで、女性ホルモンが不足し、代謝が低下して太ります。 次に紹介する「水毒」に似ていますが、血の不足が目立ちます。 そのため、このタイプは婦人病の漢方として知られる四物湯(しもつとう)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)で体を立て直すことが第一です。 四物湯は血を補って月経不順を改善し肌の乾燥を和らげます。 当帰芍薬散も同様に月経不順を改善しますが、水はけを浴する作用もあるので、むくみも気になる人はまずこちらから試してみましょう。 冷えが強いときは即効で体温を上げてくれるにんじんとエゾウコギを含む双参(そうじん)をオプションとして使うのも手です。 朝は四物湯、夜は双参と半量ずつ使えば併用しても問題ありません。 水はけを良くする漢方でむくみをとって代謝アップ 色白でぽっちゃりしていて、すぐ汗をかく、このタイプには水はけを良くする漢方が効きます。 おススメはまず、お腹が水太りした人に効く防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)。 体の表面は水毒で体が重く、尿量が減る傾向にある一方、口が渇きやすい人に向きます。 体重増加で膝に負担がかかり、関節痛に悩む人にも良く使われる処方です。 一方、消化吸収機能が低下している為水はけが悪くなっている人には六君子湯(りっくんしとう)がいいでしょう。 甘いものをやたらと欲しがるのは実は、脾(胃腸系)の力が落ちて、体にとって必要なものを取り込み、不要なものは出すということが上手くいかなくなっているからです。 即効でエネルギーになる糖分ばかり取るので、それほど食べないのに太ります。 六君子湯で脾の働きを高めればムダ食いは無くなります。 自分胃腸が丈夫と思っていても、実は力が落ちている女性は多いです。

次の