タイムズ カーシ ェアリング 料金。 2030年の国内カーシェア・ライドシェア市場は加速度的に成長するとの予測!

タイムズのカーシェアリングを1年使った感想とやめた理由

タイムズ カーシ ェアリング 料金

これは、私の近所「タイムズ所沢有楽町ステーション」にあるマツダ・デミオ。 明らかに事故や運転中のものではなく、第三者によるイタズラによって付けられたものだと分かりますが、いつ・どこで・誰が付けたものかは分かりません。 仮にこの車体の傷を確認せずにスタートしてしまうと、 冤罪が被せられ、会員資格の剥奪、さらには修理費の請求が課せられる可能性があります。 カーシェアリングの特性上、仕方がない、残念なポイントとして、前の人の利用が終了する度に 車内の清掃や車両の状態のチェックがされないことが挙げられます。 この傷も、ずっと前からあるものかもしれませんし、前日の夜中にいたずらで付けられたものかもしれません。 定期的な清掃や点検は行っていますが、カーシェアリングは利用者による原状復帰が前提のサービスであるため、中にはそれを守らないユーザーがいたり、必ずしもカーシェアリングユーザーではない第三者が付けた傷であることもあります。 こうした車の傷や汚れが確認できた場合は、 利用開始前に必ずサポートセンターに連絡しましょう。 カーシェア 問い合わせ先 タイムズカーシェア 会員向け24時間窓口:0120-24-5037 オリックスカーシェア 事故トラブル専用窓口:0120-094-024 サービス問い合わせ窓口:03-5958-3012 dカーシェア dカーシェアサポートセンター:0120-337-360 各カーシェア事業者問い合わせ:042-679-7228 カレコ 会員向け24時間窓口:0120-292-105 カーシェアの車両に傷・汚れが付いていたら利用開始前に連絡 万が一、利用しようとしている車両に傷が付いていたり、車内が不潔、タバコの残り香、吸い殻が合った場合も連絡しましょう。 「運転開始前」にカスタマーセンターへ連絡してください。 「傷があったけど利用に支障はないから別にいいや」と放置したり、返却前、返却終了後に連絡をしてしまうと、 あなたが車に損害を与えた当事者だと誤解されかねません。 カーシェアリングサービスへの緊急連絡先は車内のマニュアルにも記載されています。 実際に、筆者が利用する予定だった車に飲みかけのペットボトルやゴミが放置されていたときにカスタマーセンターに電話をしてみましたが、 不快であれば他の車両への変更、予約のキャンセルが可能であることが伝えられました。 しかし、今回は同ステーションの他車両が利用中、近隣ステーションが遠かったため、仕方なく自分でゴミを捨てました。 このようなゴミの放置でも電話をしていいものなのか、少し躊躇してしまいがちですが、「車両に関する問題は積極的に報告してほしい」とのことでした。 カーシェアリングの利用マナーの向上にもつながるため、気になる点があったらすぐに連絡しましょう。 また、ゴミの放置などをしてしまうと、会員資格剥奪や清掃費の実費請求などの重いペナルティが課される場合があるので、ルールとマナーは守ってご利用ください。 万が一自身が車両に傷を付けたり、汚れをつけてしまった場合 こちらは、オリックスカーシェアの車両にマクドナルドのゴミが捨ててあったときの写真です。 このような、「ついうっかり」ゴミを置き忘れてしまった場合も、また自分自身が車に傷を付けてしまったり、自分ではどうしようもできない汚れを車内に付着させてしまった場合も含めて、 正直に・できるだけ早い時点で連絡をしましょう。 事故を起こしてしまった場合の手続き・連絡 人身傷害ではなく、車に傷を付けてしまった場合は、まずは利用しているカーシェアリングサービスのカスタマーセンターに電話をし、案内に従って対処してください。 大抵の場合、事故証明をもらうよう、管轄の警察署に連絡を入れるように指示をされるはずです。 故意ではない自損事故を起こしてしまった場合は、管轄の警察署に届け出をすることで、保険に付帯している車両保険が適用され、修理代実費が免除される場合もあります。 実際に自損事故を起こしてしまった場所の管轄署での届け出が必要であるため、少しこすってしまった際でも、すぐに警察に連絡を入れる必要があります。 他の管轄書で連絡を入れても対応してくれません。 届け出をする際は110番に電話をするか、最寄りの交番へ行き、「自損事故を起こしたため事故証明がほしい」ということを伝えれば大丈夫です。 状態によってはカーシェアリングサービスからNOC(休業補償)が請求されるケースもありますが、一部のカーシェアリングサービスで提供されている数百円のオプション補償に加入することで支払いが免除される場合もあるので、心配な方はオプション補償に入っておくのが良いでしょう。 取り切れない汚れを付けてしまった場合 車内で嘔吐をしてしまった、飲み物をこぼしてしまった場合など、自分の掃除ではどうにもならない汚れが付着してしまったときも、正直にカスタマーセンターへ電話をしましょう。 この場合は、NOCと修理費実費が請求されてしまいますが、万が一そのまま放置していた場合は、会員資格剥奪もあり得ますし、他の利用者にも迷惑がかかってしまうので、そのまま逃げることはやめてください。 また、カーシェアリングサービスは、保険が充実している一方で、2回目の事故等には非常に厳しく対応しています。 出典:タイムズカーシェア たとえばタイムズカーシェアの場合は、事故発生日から2年以内に新たな事故を起こしてしまった場合は、車両修理費の請求がされるだけではなく会員資格が取り消される可能性があります。 一見、すごく厳しい対応にも見えますが、安全運転をしっかり心がければ2年間に2回も事故を起こすようなことはしないはずなので、くれぐれも安全運転で、マナーやルールを守ってご利用ください。 カーシェアの傷や汚れは必ずバレる!できるだけ早く・正直に連絡 車両に傷や汚れなどの不備があった際は、面倒でも必ずカーシェアリングサービスのカスタマーセンターに連絡を入れてください。 「このぐらい気にしないからいいや」と思っても、その次の利用者も同じように思うとは限りませんし、クレームを入れられてしまったら真っ先に前の利用者が疑われてしまいます。 逆に自身が車に損害を与えてしまった場合も、「レンタカーと違ってバレないから大丈夫だろう」などと考えずに、正直にカスタマーセンターに連絡を入れるべきです。 後々のペナルティも軽減されますし、ブラックリストに載って退会という事態も免れます。 レンタカーのように返却ごとに清掃が入るシステムではなく、他の利用者と共同で車を利用するということを念頭に置いて利用する必要があります。 しっかりルールとマナーを守り、車両に不快な点があったら積極的に報告をしていきましょう。

次の

カーシェアリングとは?マイカー・自家用車と比較【年間24万の差】

タイムズ カーシ ェアリング 料金

会員登録をしていれば、ネットからいつでも車を借りることができるカーシェアリング。 車を持っていない方でも便利なこのシステムについて解説します。 カーシェアリングってなに? 「カーシェアリング」とは特定の自動車を会員間で共有し、好きなときに借りることのできるサービスです。 15分程度の単位から車を借りられること、短時間の利用であればレンタカーより割安であることが特長であり、家族・友人などの送迎や買い物といったちょっとした用事や気分転換のドライブ、すぐに車は買えなくてもペーパードライバーにはなりたくない時などに気軽に利用することができます。 自宅に所有車はないけれど、短時間・高頻度で車を使いたいという人に向いている仕組みと言えます。 レンタカーとの違い レンタカーとカーシェアリング。 一見同じようなサービスのように思えますが、異なる点がいくつかあります。 申し込みから実際の利用・返却まで、レンタカーとカーシェアリングではどのような違いがあるのでしょう? カーシェアリングを利用する際の流れをご紹介しながら、その仕組みについて見てゆくことにしましょう。 カーシェアリングの仕組み カーシェアリングはまず、車を管理・提供している会社へ会員登録を行うところから始まります(このとき、あわせてクレジットカード登録が必要になる場合もあります)。 無人入会機での登録、説明会に足を運んでの登録、インターネットからの登録、郵送による登録などの方法がありますが、会員登録の手段によって手続きにかかる時間が変わるため事前の確認が必要です。 登録が完了するとその時点で車を借りられる権利が発生するので、車を使いたいタイミングでパソコンや携帯電話から予約を行います。 予約時間になったら車が置いてあるステーションへ向かい、会員カードや携帯電話などを使って予約した車を解錠します。 そして、グローブボックス・ダッシュボードなどの中に入っているエンジンキーを取り出し、エンジンを始動させて出発します。 車を使い終わったら元のステーションへ駐車し、入っていた場所へエンジンキーを戻します。 車を降り、解錠した時と同様の会員カードや携帯電話を用いて施錠すれば利用は終了です。 カーシェアリングのメリットとデメリット このようにとても手軽で便利なカーシェアリングですが、メリットとデメリットの両方が存在します。 それぞれどんな点があるのかまとめました。 メリット デメリット• 24時間車の予約・使用ができる• 短時間の利用であればレンタカーより割安である• ガソリン代や保険料がかからない• 車検やメンテナンスの手間がない• 全国展開のカーシェアリングであれば出先・旅行先でも車が使える• パソコンや携帯電話から予約ができる• ほとんどの車にカーナビやETCが搭載されている• 乗り捨てや時間の延長ができないことが多い• 予約が埋まっていると借りられないことがある• ステーションが近くにない場合は逆に不便である• 長時間利用すると割高になってしまう• レンタカーに比べて取扱い車種が少ない• 大型車の取り扱いがあまりないため、大人数での利用や荷物の運搬には向かない• 車内清掃は自己責任であるため、状態の悪い車に当たってしまうことがある• 車を購入すると必ずついて回る車検やメンテナンス、給油、保険などに関する手間や料金がかからないことも大きな利点です。 店舗に出向かずに予約申し込みができることや対人手続が不要であることといった気軽さも、現代の私たちにマッチした仕組みであると言えます。 デメリット 一方、デメリットについては、ほとんどの車が乗り捨て不可であるため、元のステーションへ返却しなければならない点・一度使用時間を決めたらそこからの延長はできない点が大きいでしょう。 ステーションが近所にない人や急な交通渋滞に遭遇してしまった人にとっては不都合なルールと言えます。 自分の所有物ではないという思いから、車に対する扱いが少々ぞんざいになってしまう人もいるようです。 マイカー購入を考え始めたら カーシェアリングは人によってはとても使い勝手の良い仕組みですが、長い目で見るとやはりマイカーの購入がおすすめです。 最初は中古車、車との付き合い方が分かって運転も上達してきたら新車、という風に段階を踏んでマイカーを選ぶのも良いでしょう。 もしも資金面で心配があるということであれば、使い道に汎用性のあるマイカーローンに頼ってみるというのも一つの方法です。 常陽女性向けマイカーローン Oh!My Car! は新車だけでなく、中古車の購入資金や修理費用、車検費用やメンテナンス費用にも利用することができます。 交通傷害保険が無料でついてくること、お借り換えが可能であることも特長です。 銀行の審査は厳しい・不安というイメージを持たれているお客様のために、や、返済額の目安が試算できるを実施しておりますので、ぜひご活用ください。 また、口座をお持ちでなくてもご利用いただけるのご用意もございます。 詳細をご検討の際は資料を無料にてお届け致します。 何かご質問などがありましたら、お気軽に窓口へお越しください。 (2015年8月18日) 本コラムの内容は掲載日現在の情報です。 コラム内容を参考にする場合は、必ず出典元や関連情報により最新の情報を確認のうえでご活用ください。 以 上•

次の

【最新版】カーシェアリングを料金で比較!≪大手3社の料金まとめ≫

タイムズ カーシ ェアリング 料金

大人の事情で つい先日のこと。 ちょっとしたオトナの事情で、ホンダのクルマで仕事に出かけなければならなくなり、さてどうしたものかと悩みつつ、そうだメーカー系のレンタカーがあるじゃんと気づきました。 なんと言ってもトヨタと日産が有名で、三菱系でもMMCレンタカーっていうのがあります。 そういえば以前はマツダレンタカーもあったのですが、これをもとにタイムズカーシェアが生まれて、いまはそちらに移行しているんですね。 それはともかく探しているのはホンダ。 検索してみると、 「Honda車のレンタカー予約サイト」というのを見つけました。 ポチッとすると、ホンダのホームページの中のサイトに飛んで、そこにはクルマの画像が並んでいます。 さらに進むと、な〜んと ニッポンレンタカーや オリックスレンタカーのサイトで借りるようにリンクが張ってありました。 つまり、全国的なネットワークのあるホンダオフィシャルのレンタカー会社はないようなのです。 見つけました!Honda Cars スムーズレンタカー それでもまだ気になって、もう一度検索し直してみると、今度は「 Honda Cars スムーズレンタカー」というのを発見! オーッ、これこれ、と喜びつつさっそく確認してみたわけです。 すると、このHonda Cars スムーズレンタカーは、通常のレンタカーのような店舗は持たずに、コインパーキングや月極駐車場などをステーションとしてクルマが置いてある様子。 個人的には借りやすい場所にステーションがあったので助かりましたが、まだ関東近辺が中心みたいですね。 そしてクルマを借りるには会員登録が必要なのですが、入会はWEBでOKだし、もちろん予約もWEBでサクサクできちゃいます。 借り出したのは N-BOX SLASH。 ちょっと個性的すぎるからか、レンタカーやカーシェアではなかなかお目にかかれない車種ですが、このほかにも人気の N-ONE、N-BOX、N-BOX+、N-WGNのN兄弟や フィットハイブリッド、さらに販売絶好調の フリードハイブリッドなども用意されています。 ホンダファンなら、かなり興味がそそられるラインナップですね。 さらにHonda Cars スムーズレンタカーのおもしろいところは、専用の会員証は発行されず、自分の ICカード運転免許証がその役目を持つこと。 クルマのウインドーの内側にカードリーダーが備わっていて、あらかじめ登録したICカード運転免許証をタッチするとドアロックが解錠され利用が可能になります。 これなら会員証を忘れてクルマが借りられないなんてことはありません。 クルマで出かけるのに運転免許証を忘れることはまずないでしょうし(不携帯で乗るのはNGですしね)、このシステムはけっこう便利かもしれませんね。 honda. Honda Cars スムーズレンタカーの料金体系は、 8時間まで固定の基本料金と、それ以上の時間を利用する場合の 追加料金、そしてこれに 距離料金がプラスされます。 基本料金は、軽自動車が3,780円、コンパクト(フィットハイブリッド)が4,780円、フリードハイブリッドが5,780円。 また追加の時間料金が15分につき75円で、距離料金は1kmごとに15円となります。 つまり 8時間以内ならどんなに利用時間が短くても上記の基本料金がかかり、プラス距離料金を払わなければなりません。 初期費用と月額料金がかからないのはうれしいのですが、お手軽なパック料金なども設定してほしいなというのが正直なところ。 痒いところに手が届くようなサービスは、大手カーシェアリングに分があるようです。 そういったカーシェアリング各社の使い勝手のよさなどについては、で調べてみてくださいね。

次の