退職 挨拶 電話。 取引先へ向け、退職する時の挨拶はなんて言えばいいの?

退職の挨拶に便利なツール(電話・メール・手紙)とは

退職 挨拶 電話

取引先への退職挨拶はどのタイミングで行うべき? 取引先への退職挨拶は引継ぎの時期も含めて、退職の2~4週間前までには済ませておくようにしておきたいところです。 また、社外・社内問わず言えることですが、退職挨拶のタイミングは上司から退職を公表する許可が出てからになります。 後任を決める作業を含めて、適切なタイミングは自分では判断できないというものです。 もし時間的な関係で、社外向けの挨拶だけでも先に行っておきたい時は、上司に対応を相談してみましょう。 上司としても取引先への挨拶は重要と考えていますから、内密に社外への挨拶を進めるなど指示がでることでしょう。 退職挨拶で伝えておくべきこと 社外の人に退職の挨拶を伝えるときは、必ず伝えておくべきことがあります。 それは、退職日と後任者、引継ぎ後の内容についてです。 現担当の具体的な退職日が分からなければ、先方が困ってしまいます。 後任者や引継ぎ件が正常に行われるのかどうかが最も気になることでしょう。 社外の人へは単に今までお世話になったお礼という意味合いとともに、今後の取引がどうなるのかという点が重要なポイントです。 また、退職理由は詳細に伝える必要はなく「一身上の都合」とします。 あくまでも個人対個人の付き合いではなく、会社の代表としての付き合いなわけですから余計なことは伝えないことが大切です。 営業などの場合は同行しての挨拶が基本 営業など、社外の人と会う機会が多い職種の場合は、後任者を連れて退職の挨拶を行うのが望ましいです。 遠方で訪問が難しいなどの理由がなければ、できる限り直接挨拶を行いたいものです。 これまでお世話になったお礼を伝えるとともに、後任者への引継ぎがしっかりされていることの社外的なアピールになります。 現担当と一緒に訪れた後任者であれば、取引先も安心して仕事を任せてくれるでしょうし、後任者としても今後の仕事がやりやすくなります。 取引先が多い場合はスケジュール調整が大変になりますので、上司と相談した上で早めに挨拶周りができる算段を立てておきましょう。 電話やメールのみのやり取りの場合はメールでも可 基本的に外出しない事務系職種などの場合でも、電話やメールなどで頻繁に外部の人とやり取りをすることがあります。 その場合は、退職時にいきなり訪問することはなく、電話やメールで退職の挨拶をすれば大丈夫です。 ただしこの場合も、後任が誰になるのか、連絡先やアドレスに変更がある場合は記載しておくことが大切です。 退職することを取引先に知らせておかないと、重要なメールが退職した本人のメールBOXに送られていたり、電話で名指しをしてはじめて退職の事実を知ることになります。 その場合は電話を受けた職員も気まずいですし、取引先も「引継ぎがちゃんとされていないのでは?」と不安に思ってしまいます。 社外の人への退職の挨拶は、取引先を訪問する営業職だけに関係することではないということを覚えておきましょう。 親しい取引先への退職挨拶で気を付けたい点 例え取引先であっても、長い付き合いでの中で親しくしてもらったということもあるでしょう。 その場合は「どこに転職するの?」「なぜ辞めたの?」などの質問を受けることがあるかもしれません。 しかし転職先の詳細や辞めた理由は、外部の人であっても伝えるべきではありません。 なぜなら、相手と今の会社との取引が続く以上、いつその情報が後任者を通じて今の会社に届いてしまうか分かりませんし、取引先経由で転職先に情報が入れば、転職先での信用問題にもなるからです。 実際に、親しい取引先に転職先を漏らしてしまったことで情報が今の会社に入り、今の会社の誰かが転職先に良からぬ噂を吹き込むなどして、転職先での活躍を邪魔されたというケースもあります。 取引先の担当者としては悪意があったわけではないかもしれませんが、今の会社の人間で退職を快く思っていなかった人がいたことがうかがえます。 悲しいことですが他人は信用しすぎてはいけない、そして基本的に退職は他の職員にとっては面白くないものだと思っておくようにしましょう。 円満退職のためには退職するその日だけでなく、今後も問題がないように細心の注意を払うことが大切なのです。 転職先や退職理由について質問を受けた場合は、転職先の希望で詳しくは話せないという旨を伝え、退職理由についても、家族の事情など当たり障りのないことを伝えておきましょう。 うっかり今の会社の情報を話さないように 今の会社を辞めるということで、肩の荷が下りたような気分になっているかもしれません。 しかしここで気を緩めてしまい、会社の機密情報などを漏らさないように気をつけましょう。 会社の一員という意識があれば当たり前にやっていることでも、いざ転職して自分とは関係なくなると思うと、日ごろの意識が抜けてしまうものです。 「最後だからゆっくり話していってよ。 」と、特に親しい取引先であれば言ってくれることもあります。 何気ない会話の中にNGワードが潜んでいます。 気を付けたいところです。 退職挨拶の方法や退職時のトラブルで悩むことがあったら 転職エージェント経由で転職活動を行っていたという方は、キャリアコンサルトに聞いてみても良いでしょう。 退職トラブルなどは割とある事例ですし、実際に転職して無事に仕事を始められるようになるまで対応してくれるのがエージェントの良いところです。 転職サポートのプロとしてのこれまでの経験から、適切なアドバイスをくれるはずです。 トラブル対応などで専門的な知識が必要であれば、どの専門家に相談すべきかなども教えてくれますから、安心して頼るようにしましょう。 取引先への退職の挨拶は適切に 今回は、社外の取引先向けへ退職時の挨拶をする際の適切な方法や、注意点をご紹介しました。 今の会社の一員として、取引先を担当できたことに感謝しつつ、今後の自分の職業人生を守るためにも、適切な挨拶を行っていきましょう。 [ 関連記事 ] 転職エージェントを使って効率的に転職しよう いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。 求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・ 転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。 そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。 面倒な作業を、全てプロに任せることができます。 転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。 転職エージェントって何? 転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。 転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。 例えば・・・• 求人選び• 非公開求人の提供• 会社の裏情報も分かる• 応募書類の作り方• 面接対策• スケジュール調整• 年収交渉 このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。 「でも、利用料金が高いのでは?」 心配いりません。 転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。 転職エージェントは無料で使える 転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。 そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。 無料なので、利用することにリスクはありません。 自分の市場価値に合った転職先が見つかる 業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。 ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。 現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。 非公開の求人に応募できる 転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。 ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。 転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。 応募企業の裏情報を知ることができる 求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。 転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。 全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。 書類選考の通過率が格段にアップ キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。 一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。 プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。 しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。 面接対策もバッチリ 面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。 模擬面接で予行演習も可能です。 応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。 万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。 面倒な企業とのやりとりは全てお任せ 在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。 しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。 転職企業とのやりとりは全てお任せできます。 入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。 年収アップや待遇の交渉も可能 一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね? こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。 おすすめの転職エージェントは? 転職エージェントはがおすすめです。 リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。 求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。 転職成功の実績 No. 1 31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。 1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。 業界トップクラスの求人数 全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。 多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。 非公開の求人も100,000件以上あります。 リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。 成功実績No. 1のサポート 業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。 自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。 ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。 キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。 企業との交渉は全てお任せ 面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。 言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。 他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。 入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。 転職のプロを味方につけよう 一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。 不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。 転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。 プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。 心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。 転職エージェントの利用は全て無料です。 まずは相談だけで利用するのもいいと思います。 プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

次の

退職の挨拶メール&スピーチの作り方【例文あり】

退職 挨拶 電話

取引先への退職挨拶はどのタイミングで行うべき? 取引先への退職挨拶は引継ぎの時期も含めて、退職の2~4週間前までには済ませておくようにしておきたいところです。 また、社外・社内問わず言えることですが、退職挨拶のタイミングは上司から退職を公表する許可が出てからになります。 後任を決める作業を含めて、適切なタイミングは自分では判断できないというものです。 もし時間的な関係で、社外向けの挨拶だけでも先に行っておきたい時は、上司に対応を相談してみましょう。 上司としても取引先への挨拶は重要と考えていますから、内密に社外への挨拶を進めるなど指示がでることでしょう。 退職挨拶で伝えておくべきこと 社外の人に退職の挨拶を伝えるときは、必ず伝えておくべきことがあります。 それは、退職日と後任者、引継ぎ後の内容についてです。 現担当の具体的な退職日が分からなければ、先方が困ってしまいます。 後任者や引継ぎ件が正常に行われるのかどうかが最も気になることでしょう。 社外の人へは単に今までお世話になったお礼という意味合いとともに、今後の取引がどうなるのかという点が重要なポイントです。 また、退職理由は詳細に伝える必要はなく「一身上の都合」とします。 あくまでも個人対個人の付き合いではなく、会社の代表としての付き合いなわけですから余計なことは伝えないことが大切です。 営業などの場合は同行しての挨拶が基本 営業など、社外の人と会う機会が多い職種の場合は、後任者を連れて退職の挨拶を行うのが望ましいです。 遠方で訪問が難しいなどの理由がなければ、できる限り直接挨拶を行いたいものです。 これまでお世話になったお礼を伝えるとともに、後任者への引継ぎがしっかりされていることの社外的なアピールになります。 現担当と一緒に訪れた後任者であれば、取引先も安心して仕事を任せてくれるでしょうし、後任者としても今後の仕事がやりやすくなります。 取引先が多い場合はスケジュール調整が大変になりますので、上司と相談した上で早めに挨拶周りができる算段を立てておきましょう。 電話やメールのみのやり取りの場合はメールでも可 基本的に外出しない事務系職種などの場合でも、電話やメールなどで頻繁に外部の人とやり取りをすることがあります。 その場合は、退職時にいきなり訪問することはなく、電話やメールで退職の挨拶をすれば大丈夫です。 ただしこの場合も、後任が誰になるのか、連絡先やアドレスに変更がある場合は記載しておくことが大切です。 退職することを取引先に知らせておかないと、重要なメールが退職した本人のメールBOXに送られていたり、電話で名指しをしてはじめて退職の事実を知ることになります。 その場合は電話を受けた職員も気まずいですし、取引先も「引継ぎがちゃんとされていないのでは?」と不安に思ってしまいます。 社外の人への退職の挨拶は、取引先を訪問する営業職だけに関係することではないということを覚えておきましょう。 親しい取引先への退職挨拶で気を付けたい点 例え取引先であっても、長い付き合いでの中で親しくしてもらったということもあるでしょう。 その場合は「どこに転職するの?」「なぜ辞めたの?」などの質問を受けることがあるかもしれません。 しかし転職先の詳細や辞めた理由は、外部の人であっても伝えるべきではありません。 なぜなら、相手と今の会社との取引が続く以上、いつその情報が後任者を通じて今の会社に届いてしまうか分かりませんし、取引先経由で転職先に情報が入れば、転職先での信用問題にもなるからです。 実際に、親しい取引先に転職先を漏らしてしまったことで情報が今の会社に入り、今の会社の誰かが転職先に良からぬ噂を吹き込むなどして、転職先での活躍を邪魔されたというケースもあります。 取引先の担当者としては悪意があったわけではないかもしれませんが、今の会社の人間で退職を快く思っていなかった人がいたことがうかがえます。 悲しいことですが他人は信用しすぎてはいけない、そして基本的に退職は他の職員にとっては面白くないものだと思っておくようにしましょう。 円満退職のためには退職するその日だけでなく、今後も問題がないように細心の注意を払うことが大切なのです。 転職先や退職理由について質問を受けた場合は、転職先の希望で詳しくは話せないという旨を伝え、退職理由についても、家族の事情など当たり障りのないことを伝えておきましょう。 うっかり今の会社の情報を話さないように 今の会社を辞めるということで、肩の荷が下りたような気分になっているかもしれません。 しかしここで気を緩めてしまい、会社の機密情報などを漏らさないように気をつけましょう。 会社の一員という意識があれば当たり前にやっていることでも、いざ転職して自分とは関係なくなると思うと、日ごろの意識が抜けてしまうものです。 「最後だからゆっくり話していってよ。 」と、特に親しい取引先であれば言ってくれることもあります。 何気ない会話の中にNGワードが潜んでいます。 気を付けたいところです。 退職挨拶の方法や退職時のトラブルで悩むことがあったら 転職エージェント経由で転職活動を行っていたという方は、キャリアコンサルトに聞いてみても良いでしょう。 退職トラブルなどは割とある事例ですし、実際に転職して無事に仕事を始められるようになるまで対応してくれるのがエージェントの良いところです。 転職サポートのプロとしてのこれまでの経験から、適切なアドバイスをくれるはずです。 トラブル対応などで専門的な知識が必要であれば、どの専門家に相談すべきかなども教えてくれますから、安心して頼るようにしましょう。 取引先への退職の挨拶は適切に 今回は、社外の取引先向けへ退職時の挨拶をする際の適切な方法や、注意点をご紹介しました。 今の会社の一員として、取引先を担当できたことに感謝しつつ、今後の自分の職業人生を守るためにも、適切な挨拶を行っていきましょう。 [ 関連記事 ] 転職エージェントを使って効率的に転職しよう いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。 求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・ 転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。 そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。 面倒な作業を、全てプロに任せることができます。 転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。 転職エージェントって何? 転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。 転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。 例えば・・・• 求人選び• 非公開求人の提供• 会社の裏情報も分かる• 応募書類の作り方• 面接対策• スケジュール調整• 年収交渉 このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。 「でも、利用料金が高いのでは?」 心配いりません。 転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。 転職エージェントは無料で使える 転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。 そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。 無料なので、利用することにリスクはありません。 自分の市場価値に合った転職先が見つかる 業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。 ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。 現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。 非公開の求人に応募できる 転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。 ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。 転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。 応募企業の裏情報を知ることができる 求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。 転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。 全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。 書類選考の通過率が格段にアップ キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。 一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。 プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。 しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。 面接対策もバッチリ 面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。 模擬面接で予行演習も可能です。 応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。 万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。 面倒な企業とのやりとりは全てお任せ 在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。 しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。 転職企業とのやりとりは全てお任せできます。 入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。 年収アップや待遇の交渉も可能 一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね? こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。 おすすめの転職エージェントは? 転職エージェントはがおすすめです。 リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。 求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。 転職成功の実績 No. 1 31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。 1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。 業界トップクラスの求人数 全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。 多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。 非公開の求人も100,000件以上あります。 リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。 成功実績No. 1のサポート 業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。 自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。 ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。 キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。 企業との交渉は全てお任せ 面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。 言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。 他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。 入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。 転職のプロを味方につけよう 一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。 不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。 転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。 プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。 心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。 転職エージェントの利用は全て無料です。 まずは相談だけで利用するのもいいと思います。 プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

次の

取引先に退職の挨拶をする適切な方法。気を付けたいポイントとは?

退職 挨拶 電話

取引先への退職挨拶はどのタイミングで行うべき? 取引先への退職挨拶は引継ぎの時期も含めて、退職の2~4週間前までには済ませておくようにしておきたいところです。 また、社外・社内問わず言えることですが、退職挨拶のタイミングは上司から退職を公表する許可が出てからになります。 後任を決める作業を含めて、適切なタイミングは自分では判断できないというものです。 もし時間的な関係で、社外向けの挨拶だけでも先に行っておきたい時は、上司に対応を相談してみましょう。 上司としても取引先への挨拶は重要と考えていますから、内密に社外への挨拶を進めるなど指示がでることでしょう。 退職挨拶で伝えておくべきこと 社外の人に退職の挨拶を伝えるときは、必ず伝えておくべきことがあります。 それは、退職日と後任者、引継ぎ後の内容についてです。 現担当の具体的な退職日が分からなければ、先方が困ってしまいます。 後任者や引継ぎ件が正常に行われるのかどうかが最も気になることでしょう。 社外の人へは単に今までお世話になったお礼という意味合いとともに、今後の取引がどうなるのかという点が重要なポイントです。 また、退職理由は詳細に伝える必要はなく「一身上の都合」とします。 あくまでも個人対個人の付き合いではなく、会社の代表としての付き合いなわけですから余計なことは伝えないことが大切です。 営業などの場合は同行しての挨拶が基本 営業など、社外の人と会う機会が多い職種の場合は、後任者を連れて退職の挨拶を行うのが望ましいです。 遠方で訪問が難しいなどの理由がなければ、できる限り直接挨拶を行いたいものです。 これまでお世話になったお礼を伝えるとともに、後任者への引継ぎがしっかりされていることの社外的なアピールになります。 現担当と一緒に訪れた後任者であれば、取引先も安心して仕事を任せてくれるでしょうし、後任者としても今後の仕事がやりやすくなります。 取引先が多い場合はスケジュール調整が大変になりますので、上司と相談した上で早めに挨拶周りができる算段を立てておきましょう。 電話やメールのみのやり取りの場合はメールでも可 基本的に外出しない事務系職種などの場合でも、電話やメールなどで頻繁に外部の人とやり取りをすることがあります。 その場合は、退職時にいきなり訪問することはなく、電話やメールで退職の挨拶をすれば大丈夫です。 ただしこの場合も、後任が誰になるのか、連絡先やアドレスに変更がある場合は記載しておくことが大切です。 退職することを取引先に知らせておかないと、重要なメールが退職した本人のメールBOXに送られていたり、電話で名指しをしてはじめて退職の事実を知ることになります。 その場合は電話を受けた職員も気まずいですし、取引先も「引継ぎがちゃんとされていないのでは?」と不安に思ってしまいます。 社外の人への退職の挨拶は、取引先を訪問する営業職だけに関係することではないということを覚えておきましょう。 親しい取引先への退職挨拶で気を付けたい点 例え取引先であっても、長い付き合いでの中で親しくしてもらったということもあるでしょう。 その場合は「どこに転職するの?」「なぜ辞めたの?」などの質問を受けることがあるかもしれません。 しかし転職先の詳細や辞めた理由は、外部の人であっても伝えるべきではありません。 なぜなら、相手と今の会社との取引が続く以上、いつその情報が後任者を通じて今の会社に届いてしまうか分かりませんし、取引先経由で転職先に情報が入れば、転職先での信用問題にもなるからです。 実際に、親しい取引先に転職先を漏らしてしまったことで情報が今の会社に入り、今の会社の誰かが転職先に良からぬ噂を吹き込むなどして、転職先での活躍を邪魔されたというケースもあります。 取引先の担当者としては悪意があったわけではないかもしれませんが、今の会社の人間で退職を快く思っていなかった人がいたことがうかがえます。 悲しいことですが他人は信用しすぎてはいけない、そして基本的に退職は他の職員にとっては面白くないものだと思っておくようにしましょう。 円満退職のためには退職するその日だけでなく、今後も問題がないように細心の注意を払うことが大切なのです。 転職先や退職理由について質問を受けた場合は、転職先の希望で詳しくは話せないという旨を伝え、退職理由についても、家族の事情など当たり障りのないことを伝えておきましょう。 うっかり今の会社の情報を話さないように 今の会社を辞めるということで、肩の荷が下りたような気分になっているかもしれません。 しかしここで気を緩めてしまい、会社の機密情報などを漏らさないように気をつけましょう。 会社の一員という意識があれば当たり前にやっていることでも、いざ転職して自分とは関係なくなると思うと、日ごろの意識が抜けてしまうものです。 「最後だからゆっくり話していってよ。 」と、特に親しい取引先であれば言ってくれることもあります。 何気ない会話の中にNGワードが潜んでいます。 気を付けたいところです。 退職挨拶の方法や退職時のトラブルで悩むことがあったら 転職エージェント経由で転職活動を行っていたという方は、キャリアコンサルトに聞いてみても良いでしょう。 退職トラブルなどは割とある事例ですし、実際に転職して無事に仕事を始められるようになるまで対応してくれるのがエージェントの良いところです。 転職サポートのプロとしてのこれまでの経験から、適切なアドバイスをくれるはずです。 トラブル対応などで専門的な知識が必要であれば、どの専門家に相談すべきかなども教えてくれますから、安心して頼るようにしましょう。 取引先への退職の挨拶は適切に 今回は、社外の取引先向けへ退職時の挨拶をする際の適切な方法や、注意点をご紹介しました。 今の会社の一員として、取引先を担当できたことに感謝しつつ、今後の自分の職業人生を守るためにも、適切な挨拶を行っていきましょう。 [ 関連記事 ] 転職エージェントを使って効率的に転職しよう いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。 求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・ 転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。 そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。 面倒な作業を、全てプロに任せることができます。 転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。 転職エージェントって何? 転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。 転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。 例えば・・・• 求人選び• 非公開求人の提供• 会社の裏情報も分かる• 応募書類の作り方• 面接対策• スケジュール調整• 年収交渉 このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。 「でも、利用料金が高いのでは?」 心配いりません。 転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。 転職エージェントは無料で使える 転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。 そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。 無料なので、利用することにリスクはありません。 自分の市場価値に合った転職先が見つかる 業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。 ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。 現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。 非公開の求人に応募できる 転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。 ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。 転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。 応募企業の裏情報を知ることができる 求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。 転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。 全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。 書類選考の通過率が格段にアップ キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。 一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。 プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。 しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。 面接対策もバッチリ 面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。 模擬面接で予行演習も可能です。 応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。 万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。 面倒な企業とのやりとりは全てお任せ 在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。 しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。 転職企業とのやりとりは全てお任せできます。 入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。 年収アップや待遇の交渉も可能 一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね? こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。 おすすめの転職エージェントは? 転職エージェントはがおすすめです。 リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。 求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。 転職成功の実績 No. 1 31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。 1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。 業界トップクラスの求人数 全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。 多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。 非公開の求人も100,000件以上あります。 リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。 成功実績No. 1のサポート 業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。 自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。 ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。 キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。 企業との交渉は全てお任せ 面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。 言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。 他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。 入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。 転職のプロを味方につけよう 一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。 不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。 転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。 プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。 心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。 転職エージェントの利用は全て無料です。 まずは相談だけで利用するのもいいと思います。 プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

次の