意味 が わかる と 怖い 話 短い。 短い文章で意味がわかると怖い話を教えてください!お願いします><!!

意味がわかると怖い話について教えて下さい。とびっきりに難...

意味 が わかる と 怖い 話 短い

前回7歳と5歳のために怖い話をしてあげました。 タイトルは【耳が好き】です。 だったかな? 次回予告で【赤いクレヨン】と言ったので、珍しく有言実行したいと思います。 小学生のための怖い話【赤いクレヨン】 若い夫婦が古い家を買いました。 古いといってもぼろぼろなわけではなく、 新築ではない、という程度で(中古物件ですが子供にはわかりづらい)、 見た目も内装も十分きれいなのに 価格はとても安く、周りも静かで駅も近いので 子供がいない二人にはとても良い家でした。 引越もすませ、ふたりで楽しく暮らしていましたが、 ある日奥さんが掃除をしていると 廊下の突き当たりに赤いクレヨンがひとつ落ちていました。 この家にはこどもはいなかったので おかしいな、と不思議に思いながらも 奥さんは赤いクレヨンを片付けました。 何日かたってまた掃除していると また廊下の突き当たりに赤いクレヨンがひとつ落ちています。 そんなことが何度も何度も続くようになったのです。 さすがに不思議に思った奥さんはだんなさんに相談してみます。 「ねえ、なんか廊下の突き当たりのところに赤いクレヨン落ちてたんだけど」 「え?僕知らないよ。 クレヨンなんか小学校の時以来使ってないし。 前に住んでた人のものじゃないの?」 「うん・・・。 でもね、もう何度も落ちてるの。 拾っても拾ってもまたあった、みたいな」 ふたりとも特に思い当たることもないので その時はそのまま「ふしぎだなあ」ということで終わってしまいました。 そして次の日。 また廊下の突き当たりに赤いクレヨンが落ちていました。 さすがにこれはおかしい、もしかして誰かが留守中に家に入っているかも、と思い、どこかカギが開いているところはないか、それとも気づいていない抜け穴のようなものはないかと、家じゅうを探してみました。 すると、その廊下がなんか変だなあ、と気付きました。 廊下がちょっと短いのです。 廊下の隣の部屋の奥の壁と比べてみると、明らかに押入れひとつぶんくらい廊下が短いのです。 奥さんはおかしいと思い、壁紙をはがしてみることにしました。 壁紙をはがしてみると、そこには釘でびっしり打ち付けられた板がありました。 明らかに何かをふさいだ跡です。 怖くなった奥さんはだんなさんの帰りを待って、その板をはがしてもらおうと思いました。 だんなさんが家に帰ってきて、廊下の奥に何かあることを話しました。 だんなさんも怖くなって、とにかく壁の中に何があるのか、板をはがしてみることにしました。 バリバリッ! バリバリバリッ!! 壁をはがしてみると、思った通り、中には押入れくらいの大きさの部屋がありました。 中の壁の下半分が赤くなっています。 「なにこれ・・・。 」 赤くなっているところを顔を近づけてよーく見てみると・・・・。 こどもの字で小さくびっしりと 「おかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだしておかあさんだして」 と赤いクレヨンで書いてありました。 おわり 怖がらせポイント ・たいして長い話じゃないのでなるべくひっぱること ・「物件」とか「中古」とか子供に分かりづらい用語はなるべく使わずに言い換えること ・オチを言ってもぽかんとされることもあるので「おかあさんに怒られて壁の中にとじこめられちゃったんだね、でも入口も出口もないのになんで中に誰もいないんだろうね?」と言っちゃってください。 ウチの子の反応 話し終わった直後はやはり「ぽかん」でした。 「なになに?どういうこと?」みたいな。 なので第2弾にも関わらず、早くもこのお話はあまり怖くないようです。 もうちょっと大きくなったら怖いのかなあ。 ようわからん。 次回予告 「青い血」 お楽しみに。 おしまい。 【小学生のための怖い話】 toritamegoro 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて、当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

次の

意味が分かると怖い話 解説「お見合いパーティー」

意味 が わかる と 怖い 話 短い

私には6歳と4歳の息子が居る。 その日、雑誌編集者の妻は年末進行で仕事に出ていたので、私が息子たちの面倒を見ることになっていた。 昼食を取り、三人で公園に出かけた。 私は誰もいない公園のベンチに座り、読みかけの新書に目を落とした。 縄跳びがリズム良く空を切る音と一緒に、下の息子の声が聞こえる。 「兄ちゃん、貸してよ」「ねえ、こっち使っていいから!」 上の息子の青い縄跳びが欲しいのだろう。 下の息子のは、もっと短い赤い縄跳びだったからな。 せめて同じ色のものを買うべきだった。 また大喧嘩になる。 この年頃の男の子が、自分から弟に物を貸すことは、普通ない。 それがこの日は兄が無視を決め込んでいるようだ。 となると、弟は私に泣きついてくるほかない。 下の息子が私の前に小走りでやってくる。 そらきた。 私は本から目を上げた。 「兄ちゃんが冷たいよ」 まあ泣いてないだけ偉い。 喧嘩もしなかったし。 おや、でもこいつはちゃんと兄の縄跳びを持っているじゃないか。 そこで私は言った。 「そんなことないよ。 お兄ちゃんらしく縄跳びを貸してくれたろ。 ありがとうって言って、もうちょっと一緒に遊んでおいで」。 私は再び本を開いた。 弟の足音が遠ざかる。 「兄ちゃん、ありがとう」 の声のあとに、幼い手が拙く縄跳びを回す音が聞こえてきた。

次の

都市伝説・意味が分かると怖い話

意味 が わかる と 怖い 話 短い

私には6歳と4歳の息子が居る。 その日、雑誌編集者の妻は年末進行で仕事に出ていたので、私が息子たちの面倒を見ることになっていた。 昼食を取り、三人で公園に出かけた。 私は誰もいない公園のベンチに座り、読みかけの新書に目を落とした。 縄跳びがリズム良く空を切る音と一緒に、下の息子の声が聞こえる。 「兄ちゃん、貸してよ」「ねえ、こっち使っていいから!」 上の息子の青い縄跳びが欲しいのだろう。 下の息子のは、もっと短い赤い縄跳びだったからな。 せめて同じ色のものを買うべきだった。 また大喧嘩になる。 この年頃の男の子が、自分から弟に物を貸すことは、普通ない。 それがこの日は兄が無視を決め込んでいるようだ。 となると、弟は私に泣きついてくるほかない。 下の息子が私の前に小走りでやってくる。 そらきた。 私は本から目を上げた。 「兄ちゃんが冷たいよ」 まあ泣いてないだけ偉い。 喧嘩もしなかったし。 おや、でもこいつはちゃんと兄の縄跳びを持っているじゃないか。 そこで私は言った。 「そんなことないよ。 お兄ちゃんらしく縄跳びを貸してくれたろ。 ありがとうって言って、もうちょっと一緒に遊んでおいで」。 私は再び本を開いた。 弟の足音が遠ざかる。 「兄ちゃん、ありがとう」 の声のあとに、幼い手が拙く縄跳びを回す音が聞こえてきた。

次の