ディスク アップ。 【資金ショート続出】ディスクアップにはいくら軍資金が必要か?

ディスクアップ パチスロディスクアップ(サミー):【スロット新台】解析・スペック・打ち方・設定判別・導入日・ゲーム性・天井まとめ

ディスク アップ

Advertisement 久しぶりに ディスクアップについての記事だよ! 今回の内容は個人的主観で書いてるから、異論反論あるかと思います。 なので、そういう考え方もあるんだなあという感じで見ていただければ。 先日、こんなコメントをいただきました。 ディスクアップの記事楽しく読ませてもらってます。 自分もディスクアップで勝ちたいのですが、稼働記録はどのようにつけていますか? また、記録する数値はどれほどの詳細に書くべきでしょうか?(DTタイムの獲得ゲーム数や登場キャラなど) 教えていただけたら幸いです。 質問の趣旨は 稼働記録についてですが、もう少し広義に 勝つ為の話として書いてみます。 ほんじゃ、いくぞっ!! 目次• ディスクアップで勝つ為の努力は3つ この機種をメインに据えるにあたり、3つに絞って考えていました。 項目ごとに解説していきます。 ド田舎の私の周辺でもそれは感じられることで、アクロスに近い使い方になりつつあるかもという感覚。 理由としては ・上乗せなし ・異色DT無し 1枚役A重複 あたりは目立つので、口コミが広がったりするんじゃねえかなと。 それに加えて、店側も一日単位の感覚では 「1で出るし6で勝てない」 という挙動もおかしくないレベルの荒さなので、客寄せとして使っている可能性があります。 ということで、まずは設定を使っているホールを探しましょう。 設定を狙うために ということで、 小役カウントは必須かなあと。 使い方は事細かくこちらの記事にしたので読んでいただければ。 個人的にはART中の比率も大事だと思います。 頑張ってナビ無しリプレイをカウントしましょう。 後は 通常時の9枚役も割と。 どうせ通常時は暇なので、ついでに数えましょう。 それと、 設定変更 リセットか否か ですが、ここはガックンチェックせずともわかる場合もあります。 朝一の入場時に、 こんな感じで 点灯してればガックンします。 バックライトが点灯している場合は必ずガックンします。 なので回さずとも分かるわけです。 しかしこれ、抜け道が一つあって。 タッチパネルを触ったり音量を変更するなど、メニューを開く動作をした場合、 リールは消灯します。 消灯しているのにガックンした場合、この形で対策を取ってると思われます。 逆に言えば、これで隣の席のリールを消灯させることも可能です。 この状態でガックンした場合ね。 なので狙い目のホールは、 「点灯している台と消灯している台が混ざっているホール」 ですね。 さすがにもうないかもしれませんが。 あとは店の癖やらというのは他の台の設定狙いと共通です。 隣の台もしっかり見て ・チェリーバケ ・上乗せ無し ・異色DTなし はチェックしておきましょう。 大丈夫、1でも甘いから。 練習法 これに関しては通常時の練習方がこちら。 それと、昔に特殊な訓練をした動画がこちら。 ここら辺を参考に練習してください。 ミスしやすい状況を探る あと自分がやったのは、 各BIG毎にミス回数を記録し、ミスしやすい時間帯やシチュエーションを把握する という点です。 自分の場合は朝の1回目2回目のBIGでミスが多発するので、当たるまで通常時は全ゲームビタ練習、とかやってます。 他にできることは、「Ready? 」の有無に関わらず全ゲームビタ押しするのか、鳴った時だけするのか。 意外となった時だけのほうが丁寧に狙えたりもするので、試行錯誤してください。 といってもチェリーはさすがにこぼさないと思うので、スカイとの戦いです。 特に 500ゲームハマりを超えたあたりから集中力が切れてこぼす、というのはあるあるだと思います。 心を強く持って、機械割を無駄に下げないようにしましょう。 まとめ、余談 以上が俺の考えるディスクアップでの勝ち方です。 なので、稼働記録のつけ方という質問の趣旨でまとめるならば ・店舗状況、変更判別の有無 ・推測設定 ・ビタの成功率 できれば時間帯別 というところが基本。 そのためにカウントしていくという形かなと。 他の機種に比べてビタ押しの比重が高いだけで、 他機種の設定狙いとそこまで変わらないと思います。 狙える店舗が少ない分難易度は高いですが、そもそも1が甘いので。 考え方としては 「1以外に座る時間を長くする」 という心づもりを作るといいかなあと。 積極的に台移動したりね。 んで質問文にあった データ取りの細かさについてですが。 なので、正直収支に関係ない部分が大きいです。 本気で収支だけを考えるならば、同色の確率すら計算しなくていいと思うぐらいです。 収支にポイントを絞れば ・ビタ率 ・小役こぼし数 ・座った設定の予想値 だけでいいと思います。 それよりもどの台が良さそうだったかという店舗状況のほうが大事です。 ただ、コツコツ数字を積み上げるのはモチベーションの維持にはつながります。 なので出現キャラをメモするのも、赤青黒それぞれのBIGの確率をメモするのも、楽しければオッケーじゃないかな。 ひたすら打ってると苦痛になる時期が絶対あるので、そこを保つためにこういう遊び心は大事です。 変則押しやノールックペラポン等、自分で熱くなる手段を作っていくことも同様。 ここができるとスイカもこぼしにくくなるので。 というところでいかがでしょうか。 最後ですがご参考までに、推定56のディスクアップ稼働の記事を張っておきます。 このブログで一番見られている記事です。 ぜひ!!!! それでは、皆様快適なディスクライフを。

次の

ディスクアップ スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

ディスク アップ

どうもこんにちは。 最近の日課は、仕事帰りにパチ屋へ行ってひたすらディスクアップが空くのを待っている 小汚いおっさんです。 ですが、自分はビタ押しができないからと敬遠している方もいらっしゃるのではないでしょうか? それはもったいない!! 自分はジャグラーの高設定狙いが上手いし、割で言ったらむしろジャグラーの方が高いからディスクアップは必要ない! こんな風に言う人もいるでしょうね? でもそれって毎日じゃないですよね? たしかに、かなりの確率で高設定が積もれる日にディスクアップへ走るのはそれはそれでもったいないです。 しかし、そのような目星を付けられない日に低設定かもしれない台を打つのであれば、ディスクアップを打った方が良いでしょう。 直視と色押し ビタ押しをするにあたってよく話題に挙がるのが「直視」と「色押し」です。 これらの違いを明確にしましょう。 ちなみに私は直視はできませんので、色押しスロッターです。 直視 直視とはリール上の図柄を全て目で見て認識できる技術です。 もちろん、止まっているリールではなく、高速で回っているリールの図柄を目で捉えます。 方法としては眼球を上から下へリールと同じ速さで動かします。 するとリールをスローで見ることができるのです。 この技術は4号機前半以前の台では必須であったため、30代後半以上の方はできる方が多いでしょう。 色押し 色押しとはボーナス図柄を目安にしてリールを見るテクニックです。 スロットのボーナス図柄は他の小役よりも幅が広く、ひとつのリールに1個、もしくは2個ほどしかない場合が多く、直視ができない人でも認識できる図柄です。 遊戯説明にはよくチェリーフォローはBARの上とか下とかって書いてますよね? ですので、パチスロの常識では最低でも色押しができないと遊戯することが難しくなります。 ただし、5号機から遊戯を始めた人でAT機しか触ったことのない方はもしかしたら色押しができない可能性があります。 AT機には目押しがほとんど必要がないからです。 私の周りで色押しができるようにならなかった人はいませんし、 初めてパチスロを打った際、七を揃えるのに50枚以上のメダルを使っていた私でさえ、1カ月もかからない内にできるようなりました。 色押しだけでディスクアップは打てるか? 今回の本題である「色押しでディスクアップを攻略できるか?」ということですが、 断言しましょう。 できます!! なぜなら、私ができるからです。 パチスロ動画でディスクアップは直視ができないと打てない!なんてことを言う演者もいますが、それは間違いです。 おそらくは先入観に寄るものでしょう。 ディスクアップはビタ押しの中でもかなり簡単な部類に属するものです。 理由はリールの縦幅にあります。 ディスクアップは下まで覗きやすい構造になっているため、枠下まで十分に見ることができます。 そのため、人によってはハナビのリプレイ外しよりも簡単にビタ押しができると思います。 色押しによるビタ押しのコツ では、色押しによるビタ押しのコツをご紹介します。 座席の調整 実はこれが1番重要です。 先ほども書いた通り、ディスクアップはリール枠下の図柄まで見ることが可能です。 ですので、枠下を丸々覗けるところに目線を合わせることが可能なのです。 座席を枠下が覗ける位置に調整しましょう。 図柄を狙う位置 ビタ押しの際には中リールの枠下に青七を止めますが、その際、青七図柄の下半分が枠下に来たタイミングでストップボタンを押します。 このイメージが重要です。 ビタ押しが必要な機種は他のメーカーにもありますが、僅かではありますがメーカーや機種によって少し感覚が変わります。 ディスクアップの場合はビタ押しする位置にビタ押し図柄が半分。 このイメージで押すのが1番決まり易いです。 まとめ ディスクアップのビタ押しのコツと言っても大したことはありません。 ですが、この些細なことを意識するだけで、ビタ押しの精度は劇的に高まります。 私は直視が出来ませんので直視と色押しを比較することは至難ですが、今回の論点は色押しでディスクアップを打つことができるか?ということでした。 結論としては打つことができますので、直視は必要な条件ではなくまります。 ですが、直視を練習してマスターできるのであれば、ディスクアップに限らずあらゆる機種に対応ができるはずですので、やらない選択肢はありません。 その点は間違いないようお願いします。 それほど甘い機種なんですよ。

次の

色押しOK!ディスクアップのビタ押しのコツ♪直視は人外の者

ディスク アップ

ディスクアップは出目と演出が面白いから人気がある スロットのディスクアップがなぜ人気なのか…。 その人気の理由は、幾つもあると思います。 ・手軽に遊べて、そこそこまとまった出玉を手にすることができる。 ・初心者でも意外と勝てる。 ・設定が無くても勝てる。 等、 出玉に関する理由が多いと思います! 私自身は目元々押しが上手くないし、「なぜA+RTでハナビより枚数少ないのに、こんなにも人気があるのだろうか?」と、ディスクアップ導入当初は敬遠していました。 しかし、初めてディスクアップを打って、ビッグボーナスを引いた時の楽しさは今でも覚えています! ビッグ中のビタ押しは全然できないですが(今で70%くらいの成功率にはなりましたが…)、運の要素が強いこともあり、今のところはプラス収支になっています。 ディスクアップは、近年の主流のカラフルな液晶はなくドットの画面ですが、 出目と演出の面白さも人気になっているポイントだと思います。 ホールが増台するのも納得できます。 以下、ディスクアップのボーナス確率。 同色BIGを引かないとARTの権利がつかないことも補足。 それでもビタを成功させ続ければ期待値になり続けるのが人気の理由です。 — はくれい 帰宅部の達人 スロ稼業修行中 Sitm2ooo ディスクアップは設定1でも勝てるから人気 ディスクアップは、2018年6月に導入されてから未だに人気の高い機種です。 新パネルも続々導入され、今でも新台入替で増台されています。 新基準に変わり人気な新台があまり出てこない現在のスロット界で、なぜディスクアップはこれほどまでに人気なのでしょう? ディスクアップの人気の理由は、やはり 機械割の高さかと思います。 新基準のスロットは、出玉が制限されたことで1発で大勝ちができなくなり、投資を使いすぎた場合に1撃で取り返すことがほとんど不可能になっています。 そのため、自分の打っている台が低設定だった場合は、ハマる割には見返りがなく旧基準台よりも勝ちにくいイメージがあります。 その点、ディスクアップは 低設定でも勝てる可能性があるので、時代背景的にも人気があるのではないでしょうか。 また、ビタ押しによる技術介入があるのも、ディスクアップの魅力のひとつでしょう。 目押しがしっかりできていれば、それが出玉に直結してくる点はスロッターをとても熱くする要素だと思います。 最近の台でビタ押しが必要となる台はほとんどないので、ディスクアップはビタ押しの練習と思って個人的には楽しんで打っています。 なぜ、ディスクアップが未だに人気でどんどん台数が増えているのかには、このようなしっかりとした理由があるからだと思います。 ディスクアップには、他の台にはない 楽しむ要素があります。 私もよく仕事帰りにホールに立ち寄り、ディスクアップを打っています。 やはりディスクアップは人気台ということもあり、それなりに台数のあるホールでも満席なことが少なくありません。 ディスクアップという台は、なぜこんなに人気があるのでしょうか? なぜここまで人気があるのか、自分なりにその人気の理由を考えてみました。 まず、一番はじめに挙げられる理由としては、この台が他のスロットに比べ スペック面で非常に甘いということが考えられます。 しかし、甘いだけではここまでの人気は得られなかったのではないかと、私は考えています。 ディスクアップは、スペックが甘いことに加えて 絶妙な演出バランスをしているのです。 適度に期待できる「遅れ」や「ラジカセ」演出。 出現すると心が熱くなる「滑り音予告」や「イコライザ」演出。 また、演出なしでリーチ目が飛び込んできたりと、 常に打ち手をワクワクさせるようなバランスになってます。 ここ最近では、様々なホールでもディスクアップは増台になっており、今後もしばらくはディスクアップの天下が続くでしょう。 最近はジャグラーやアクロスの設定狙いが不調なのでディスクアップを触る機会が多いのですが、ディスクアップ は本当に面白い。 基本当たるまでは暇なんですが、演出のバランスが絶妙なので飽きないですね。 — しがない学生スロッター h8UtbbJtXbMM2YN スポンサーリンク ディスクアップは技術介入があるのが人気の理由 42歳、男性です。 4号機のディスクアップが5号機で復活し、人気を集めて各ホールで台数を増台してします。 ディスクアップがなぜ人気があるのか? その人気の理由は、ディスクアップの 高い技術介入度ではないかと考えています。 私と同年代の方々は、初期の4号機のディスクアップのことも知っています。 この4号機時代の機種は、ほとんどが目押しや技術介入が必要でその打ち方に慣れています。 ゴッド系や現代のパチスロに慣れている人には、ディスクアップは厳しい台かもしれません。 しかし、我々の4号機世代にとっては、技術介入は当然ですので嫌な気は全くしません。 今、新台で出てくるスロットは、プレミアム役を引かないと勝てないというレベルです。 なぜ、現在パチスロ離れ(勝てない)が進んでいるのかは、これが原因だと思います。 ディスクアップのように、通常プレイで機械割が良い台は 人気が出て当然と思います。 適度な技術介入が退屈しない為の良い要素。 安定した出玉感も理由の一つ。 少し大きいパチンコ店だと、必ずと言っていいほど導入しております。 なぜ、ディスクアップはここまで人気があるのか? 私なりの理由を、私見で考えました。 私自信、目押しがそこまで得意ではないですが、ディスクアップは打つものが無い時でも 設定を気にしなくて打てます。 ディスクアップは、友達と 並び打ちもしても楽しいです。 昔のスロットはAタイプが当たり前で、ある程度年配の方も打っているのを見かけました。 昔は、目押しさえできてゲーム性を理解していれば勝てる時代でした。 今のディスクアップを、懐かしい感じで打ったりする方もいるのでは?と思います。 今は旧基準機も人気ですが、何より投資金額もそれなりにいるため、遊ぶには少しキツイ印象です。 しかし、ディスクアップなどのAタイプであればそこまで投資がいることは少なく、1回は当たりを楽しみたい方にはうってつけです。 RTも付いており、 1回当たればしばらく遊べるのも魅力のひとつだと思います。 まだまだ人気な理由は他にもありますが、ディスクアップがなぜ人気なのかを大まかに私なりに考えてみました。 最近はホール側がお客さんを付けたいために、ディスクアップを利益度外視で台数の増台を繰り返す傾向にあるのかな?と思っております。 最近の機種ではディスクアップとドン2はずば抜けて面白いわ ディスクは演出ありきだけど狙い目が多いしそれなりに出玉も期待できる。 ドン2は演出法則と出目の絡みが素晴らしい。 スロットのメイン機種が5号機から6号機に移り変わる中、ディスクアップはボーナスとRTで出玉を増やすスタンダードなタイプです。 ゲーム性があまり複雑でなく分かりやすいのが、ディスクアップが人気の理由のひとつだと思います。 また、しっかりと技術介入をすれば、 設定1でも機械割りが100%を超えるのも理由のひとつです。 なぜディスクアップが人気かと聞かれたら、上記2つの理由を挙げます。 導入当初はここまで人気はなかった印象でしたが、今ではじわじわと増台されて台数が増えてきています。 パネルのバリエーションが多いことからも、ディスクアップの人気の高さが伺えます。 6号機に限らずAT機は出玉の波が荒いので、ディスクアップのようなボーナスタイプは 比較的波も緩やかで止め時もはっきりしているのが、打ち手を選ばず人気があると言えます。 玄人スロッターには リーチ目など思わず唸る場面があり、様々な層のユーザーに受けている印象です。 でも、勝てるというだけでは、ディスクアップはここまで人気にはなりません。 ディスクアップは、通常時の演出など 打ち手を飽きさせない要素がたくさんあります。 もちろん、ビタ押しいう 技術介入も人気の理由でしょう。 40代以上の人は、昔あった4号機を思い出すのではないでしょうか? こういうディスクアップのような「事故」に頼らない、本当に打っていて面白いスロットがこれからも出てくると良いですよね。

次の