お返し 商品券。 香典返しの事で教えてください。お菓子や商品券でお返しをしよ...

お祝いのお返しに商品券は失礼?結婚祝いの内祝いのマナーを解説│ふじや流プラス

お返し 商品券

贈り物に商品券は失礼にあたるケースも 商品券は便利ではありますが、贈り物としてはマナー違反と考える人もいます。 商品券は、金額が書かれている、いわゆる「金券」であり、さまざまな商品と交換ができるという点で現金とほぼ同じといえます。 一般的に、商品券や金券は会社などで功労賞的に用いるのは問題ありませんが、目上の人には贈らないようにしたり、お祝いのお返しなどには使わないというマナーがあります。 これは、もともと現金を目上の人に差し上げることは失礼とされていたり、お祝いの品に現金でお返しをすると品物を選ぶ手間を省いたのではないか、と思われる可能性があるためです。 このような理由から、現金とほぼ同じ扱いの商品券は、お返しの贈り物としては控えるべきという考え方があります。 商品券のおすすめの送り方や注意点について 手書きの挨拶状・お礼状を添える 商品券だけをポンと送った場合、貰った方はなにか味気無さを感じるかもしれません。 できれば、一筆添えてみてはどうでしょうか。 一般の香典返しにも挨拶状を添えることがありますが、挨拶状のひな型を利用して、自分なりのアレンジを加えて手書きの挨拶状を添えてみましょう。 相手に対して失礼な気持ちで商品券を贈ったのではないということを挨拶状で示すことができます。 お相手の使い勝手を考える 商品券を使う側の立場に立って、できるだけ全国で使えるものを選ぶことも重要です。 商品券によってはお釣りが出ないこともあるので、額面は高額な、例えば1万円のものよりも、千円券など使いやすい額面のものを複数用意するなど、相手を気遣った選び方をするように心がけましょう。 商品券と品物を組み合わせる また、香典返しに商品券を使う場合、商品券だけを贈るのではなく、何かの品物と合わせて贈ってみるのも一つの方法です。 具体的な品物と合わせることで、お返しというイメージをより強く印象付けることができます。

次の

お年玉のお返しは常識?親戚・独身・親・上司へのし付きで商品券は良いの?

お返し 商品券

香典返しの品物には、お茶やお菓子、洗剤やタオルなどがよく選ばれています。 中には、商品券を香典返しの品物の選択肢として考えている方もいるのではないでしょうか。 この場合、商品券を贈るのは失礼にあたるのか、また、香典返しの品物として避けたほうがいいものについてご紹介します。 香典返しに商品券は避けたほうが無難 香典返しは、基本的にいただいたお香典の半分の金額である「半返し」が目安だとされています。 香典返しとして商品を贈れば、どのくらいかかったかはある程度ぼかすことができます。 しかし、商品券の場合は金額が分かってしまうため、露骨過ぎる印象になります。 また、香典返しに限らず、目上の方へ商品券を贈るのは、一般的に失礼にあたるとされています。 このような事情がありますので、香典返しに商品券を贈るのは、避けたほうが無難かもしれません。 ただし、若い人が喪主を務める場合、近ごろは商品券をお返しするケースも増えているといいます。 お通夜や葬儀の後は手続きなどやらなければいけないことが多く、バタバタしてしまうものです。 そのため、香典返しの品物を選ぶ時間を確保するのが難しいという場合も珍しくありません。 そうした時に商品券であれば、準備の負担を軽減することができます。 商品券をもらった相手にとっても、好きなものを自由に購入できるなどのメリットがありますので、絶対に送ってはいけないというものではなく、フレキシブルに対応するのがいいでしょう。 香典返しで商品券を贈る場合の一工夫 商品券を贈る場合は、一工夫するといいでしょう。 例えば、挨拶状を添えてみることが挙げられます。 額面が印刷されただけの商品券に感じる味気なさを、挨拶状が緩和してくれます。 挨拶文のひな型を参考にしながら、故人のエピソードを盛り込んだ文章を考えてみてはどうでしょうか。 もしくは、商品券だけではなく、タオルやカタログギフトなどの品物と組み合わせて送ることも一案です。 品物を添えることで、お返しという色合いがより強くなります。 また、商品券を選ぶ際は、どの地域でも使えるように、できるだけ日本全国対応の商品券を選ぶようにしましょう。 また、商品券によってはお釣りが出ないこともあるので、「五千円券を1枚」よりも「千円券を5枚」でお贈りしたほうが、使い勝手がよくなります。 なお、香典返しとして商品券を贈るときでも、のしは必要なので忘れないようにしましょう。 商品券のほかに香典返しで避けたほうがいい品物 香典返しは、いただいた香典へのお返しとなる贈り物です。 不幸に関わるため、商品券以外にも避けたほうがいいとされる品物があります。 理由とともに紹介しますので、香典返しを選ぶ際の参考にしてください。 肉や魚の生もの 香典返しの品物に「消え物」が好ましいとはいうものの、仏事では「四つ足生臭物」を避けるのが一般的です。 地域や宗教のならわしによっては、四十九日法要を過ぎるまで、食卓に肉や魚を出すのを控える家庭もあるため、香典返しで贈ることは控えましょう。 お酒(嗜好品) お茶やコーヒーなどの飲料品は、香典返しでよく選ばれる品物ですが、同じ飲料品でも、お酒は神事でお祝い事の際に飲まれるものです。 そのため、香典返しで贈る品物には適していないと言われています。 選ぶ際には注意しましょう。 商品券より香典返しでおすすめなものはカタログギフト 香典返しは、その性質上事前に準備をしておくことが難しいものです。 いざ必要になった場合にも、故人を偲んでくださった方に対して、どのようなものを選ぶのがいいのか悩んでしまったり、失礼にあたるものを選んでしまわないか心配になったりするものです。 そんな時に便利なのが、カタログギフトです。 商品券とは異なり、金額がはっきりと分かるものではないため、安心して贈ることができます。 予算や相手の年齢、性別、生活に合わせてカタログを選ぶことができ、生活雑貨やグルメなどジャンルも豊富です。 お悔やみいただいた方にも自由に品物を選んでいただけるため、生前お世話になった方への感謝の気持ちをしっかりとお伝えすることができます。 時代と共に、香典返しとして商品券を贈ることは失礼ではなくなってきつつあります。 それも踏まえてマナーを考えると「結局何を贈ればいいのか」と悩んでしまう香典返し。 迷ったときには、カタログギフトはいかがでしょうか。 カタログギフトなら相手を選びませんし、失礼にもあたりません。 ぜひ選択肢のひとつにどうぞ。

次の

豪華お返しギフト・極太タラバガニギフト券なら極上かにギフト券【北のかに市】

お返し 商品券

香典返しに商品券 GiftCard 香典返しに商品券・ギフトカードはあり? 香典返しに商品券を販売するようになって以来、商品券に関するお問い合わせや商品券とカタログギフトのセット商品を購入されるお客様は弊社では年々増えております。 商品券を利用する理由は色々あるかと思いますが、ひと昔前のように商品券(ギフトカード)をご香典のお返しに利用する事に抵抗感が無くなってきたように思います。 おそらく弊社サイトへ来られた方々は、商品券のご購入を検討されている方が多いと思います。 インターネットで調べてみても、香典返しに商品券を利用するのが良いのか悪いのか様々な意見があり、何が正解なのかは記載されていません。 ここではご香典のお返しに商品券を利用する事について考えてみましょう。 最近は、葬儀当日に即返しとして2,000円~3,000円ぐらいの品物をお返しするケースが多くなってきたので、後日、香典返しをするのは高額のご香典に対するお返しだけの場合が多くなってきたからです。 また、即返しをしない場合でも5,000~10,000円のお返しの場合は、タオルや洗剤、食品等の品物やカタログギフトなどでお返しする場合がほとんどになるからです。 では、 高額のご香典には何をお返しされますか? ここが皆さん一番悩まれるところかと思います。 ひと昔前なら高額のご香典にはカタログギフトで返される場合が多かったです。 もちろん今でもカタログギフトで返される方は多いかと思います。 しかし高額のご香典に商品券を利用される方は、 カタログギフトには欲しいものが無いと思われている。 あるいは 本当に使ってもらえるものを贈りたいと考えられているという事です。 インターネットでカタログギフトを探すと今では本当に安くで販売されています。 中には、定価の半額ぐらいで買えるお店もあるようです。 でもよく考えてみて下さい。 定価の半額で買えるカタログギフトの商品の原価はいくらなんでしょう? カタログギフトには欲しいものが無いと思われる所以はカタログギフトの中身にあるのかもしれません。 相手方に失礼に当たるとかも良く聞きますが、もしあなたが香典返しに商品券をいただいた場合、どのように感じますか? 商品券を使う一番のデメリットは、 額面が分かってしまう事と、 割引が無いので、カタログギフト等で送るよりも割高につくという事でしょう。 この場合、割高という表現が正しいかどうか分かりませんが・・・。 ただ、弊社取り扱いの であれば、総額が分からないのでデメリットの一つは解消されるのではないでしょうか。 では、商品券を使う場合のメリットは? お返しに何を送るか悩まなくても良い。 先様に使ってもらいやすい。 無駄にならない。 カタログギフトの場合、使ってもらえたかどうか分からないという事がよくあるようですが、商品券の場合、有効期限も無いのでほぼ使っていただけると思って大丈夫でしょう。 喜んでもらえるモノを贈りたいという考えが根底にあると思われます。 つまり 先様の事を考えて選んだモノがカタログギフトであったり商品券であったという事です。 決して手抜きでカタログギフトや商品券を贈るわけではありません。 そこには贈り主様の気持ちも込められているのです。 商品券がダメとされる理由は色々言われますが、結局のところ受け取る方がどう思われるかによって変わってきます。 商品券でお返しする場合は、高額のご香典という事になりますので極々近しい身内の方である場合が多いと思いますので、事前に親族で相談するのもよいかもしれませんね。 〒669-2728 兵庫県丹波篠山市西阪本576 フルマインド株式会社 TEL:0120-987-468 ご注文方法 商品のご注文、挨拶状のご注文は、ホームページ・メール・FAXにて、365日、24時間受付け致しております。 営業時間: 9:00~18:00 定休日: 日曜・祝日 複数配送について 商品のお届け先が何件もある場合には、エクセルの注文シートをご利用いただくと便利です。 詳しいご注文方法は、 をご覧下さい。 送料について 4,000円未満のお届け先は、500円の宅配送料を承ります。 送料無料と記載のある商品は、金額に関わらず送料無料です。 但し、北海道・沖縄・離島へのお届けは、追加料金が発生する場合が御座います。 事前にご確認下さい。 ポスト投函可能な商品は、「ゆうパケット」の指定で送料無料にて承ります。 但し、代金引換及び、商品券とのセット商品は、メール便・ポスト投函をご利用いただく事ができません。 発送について 弊社、前払いが基本となります。 お振込みの場合は、ご入金確認後、クレジットカード決済の場合にはご決済確認後の出荷となりす。 代金引換もご利用可能です。 ご注文いただく商品により若干異なりますが、ご入金、ご決済確認後、一週間前後で出荷致します。 お急ぎの場合は、事前にご確認下さい。 お支払い方法 ・クレジットカード決済・コンビニ決済・代金引換・銀行振込・ゆうちょ銀行振込• 三井住友銀行 篠山支店 普通 3176066 フルマインド株式会社• ゆうちょ銀行 記号番号 14360-63963251 フルマインド株式会社• ゆうちょ銀行 四三八店 6396325 フルマインド株式会社• ジャパンネット銀行 本店営業部(001) 3504650 フルマインド株式会社• 楽天銀行 ビート支店(210) 7000219 フルマインド株式会社 返品・交換について 原則として、お客様のご都合による返品、キャンセル等はお受けする事はできかねます。 不良品等の場合、商品到着後一週間以内にご連絡下さい。 責任をもって対応させていただきます。 連絡先 ショップ名: 追憶ギフト 会社名: フルマインド株式会社 所在地: 〒669-2728 兵庫県丹波篠山市西阪本576 代表番号: 079-593-0068 FAX番号: 079-590-8038 E-main: webmaster fullmind.

次の