生命保険 特約。 生命保険の特約は必要か? [生命保険] All About

特約とは 生命保険の特約の種類

生命保険 特約

あんしん生命の通院特約は必要? 今回は、東京海上日動あんしん生命の医療保険に付加することができる「通院特約」について説明していきたいと思います。 医療制度改革により、長期入院による医療機関への負担増を軽減させるべく、短期入院・通院治療という手法が現在の医療機関では主流となってきています。 そのため、医療保険にもし「通院特約」をすることができるのであれば、それを望む人も多いと思います。 しかし、医療保険に付加することができる「通院特約」には、注意して置かなければならない点があります。 あんしん生命の通院特約を例にとり、解説した上で、その費用対効果について吟味してみたいと思います。 一般的な通院特約の仕組み まず、各保険会社に共通する通院特約の仕組みについて触れておきます。 通院特約は、通院1日あたりに給付金が支払われるものであり、通院治療費そのものやその他交通費などの費用に充てることができます。 しかし、現在主流となっている通院特約は、病気やケガで「入院」をしていること、つまり入院給付金が支払われる通院であることが前提であり、風邪や骨折といった、入院を伴わない単なる通院時には給付金は支払われません。 近年の通院特約は、入院後だけでなく入院前の通院も保障してくれることが一般的となってきており(入院後しか保障しない通院特約もまだまだ存在します)、1回の入院あたり30日間が通院保障の限度となります。 (保険期間を通じて通算1,095日間が上限です。 ) また、退院後の120日以内の通院までが保障対象となります。 あんしん生命の通院特約と一般的な通院特約の差 通院給付金が支払われるための「入院」が条件となっていることは、一般的な通院特約と同様となりますが、入院「前」における通院が保障されています。 その他日数については、一般的なものよりも手広くなっています。 退院後に保障される通院期間に関しては、一般的なものが「120日以内」となっていることに対し、あんしん生命は「180日」と約2ヶ月長く保障期間を設けています。 その上、三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の場合は、730日以内と約6倍も長く保障期間が確保されることになります。 「入院」が条件とはなってしまいますが、治療期間が非常に長引く三大疾病治療の通院期間が非常に長く確保されていることは、ポイントが高い部分といえます。 あんしん生命の通院特約保険料 それでは、実際に通院特約保険料がどの程度の負担になるのか、男女別・年齢別に月払い保険料を見てみます。 5万円・5万円・10万円・20万円) 初期入院保障特則:アリ 特定疾病保険料免除特則:アリ、の条件で、通院特約:日額3,000円(入院日額の0. 6を乗じた金額)を付加して試算を行います。 あんしん生命の通院特約は、入院給付金日額の金額に対して「0. 6」を乗じた金額となるため、入院日額が5,000円の場合は通院日額は3,000円、入院日額が10,000円の場合は、通院日額6,000円となります。 年齢 男性 女性 20歳 237円 249円 30歳 279円 354円 40歳 483円 459円 50歳 966円 735円 60歳 1,827円 1,122円 性別・年齢別にみる通院特約保険料の費用対効果 上記の試算より、一般的な死亡保険・医療保険と同様に、特約保険料も年齢が上がるに連れて非常に高額になっていくことが分かります。 あくまで「感覚」でのお話になってしまうのですが、20代~40代までであれば、男女問わず、通院特約を付加しても、それほど高額と思える保険料ではないと感じます。 しかし、50代以降になると一気に特約保険料が増大し、60代に至っては、日額3,000円の通院給付金を受け取ることを目的として毎月1,000円以上、男性に限っては2,000円近く、負担しなければなりません。 この金額の元を取るために、最低でも7回以上の通院が必要となりますので、これくらいの保険料を負担するくらいであれば、支払わずに貯めてたほうが…という心理が働くのではないでしょうか。 若年層の通院特約の意義 それでは逆に、20代~40代の方が通院特約を付加するメリットについてはいかがでしょうか。 30歳男性のケースの場合、月279円で日額3,000円の通院給付金の保障が得られます。 月279円であれば、年間で3,348円、約1日分の通院給付金が得られます。 若年層であれば、結婚して新たなライフステージが始まり、お子様ができるとなお、できるだけ支出を減らしていきたいという心理が働いてきます。 10年加入しても10日の通院で元が取れると考えると、月279円程度の負担であれば、神社のお賽銭箱に「病気になりませんように」と祈願して投げ銭したと思える金額のようにも思えます。 あんしん生命の通院特約を費用対効果の観点から考えるのまとめ 50代以降に新規であんしん生命の医療保険に加入し、通院特約を付加することは、費用対効果の観点からはあまり得策のようには思えません。 そもそも論ですが、50代以降に医療保険に新たに入り直すような状況が訪れてしまった時点で、少々加入当初から問題があるように思えます。 生命保険・医療保険は、やはりできるだけ若い年齢で安い保険料を実現することが、トータルで発生する支出を抑えることができる秘訣だと感じます。 現在加入している保険が問題ないものなのか、胸を張って「イエス」と答えることができる保険に加入できてますでしょうか。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の

生命保険に三大疾病の特約は必要? 考えるべきポイントまとめ

生命保険 特約

主契約が「根と幹」、特約が「枝と葉」。 根幹が枯れたら枝葉も枯れる。 つまり、特約だけでは存在しない。 私が就職して半年後に加入した生命保険の保険証券を引っ張り出してきました。 見てみると、「終身保険」と記載されています。 その横には、小さい字で「傷害特約」「災害入院特約」「疾病特約」と書かれています。 いったいそれはどういう意味なのでしょうか? メインとオプション ひとつの生命保険に加入すると、その保険から、入院した場合は入院給付金が、死亡した場合は死亡保険金が支払われたりします。 ひとつの保険であるのに複数の保障が備わっています。 その中のどれかひとつがメインの保障であり、その他はオプションで付加された保障です。 オプションを付けることにより、保障内容を拡充させています。 このメインになる保障を「主契約」、オプションで付ける保障を「特約」と呼んでいます。 生命保険は、「主契約」と「特約」の組み合わせから成り立っています。 しかし、主契約のみで契約することはできますが、特約のみで契約することはできません。 主契約には複数の特約を付加することができます。 私の生命保険で考えてみると、主契約が「終身保険」で、特約が「傷害特約」「災害入院特約」「疾病特約」の3つになります。 私が死亡したときに加え、不慮の事故で入院したとき、ケガや病気で入院したときなどに保険金や給付金が支払われるように保障が拡充されています。 加入した頃は、生命保険のことなどさっぱりわからなかったので、自分で賢く付けたとは思えませんねえ。 きっと保険外交員のおばさんと相談しながら決めたのでしょう。 でも、保障を拡充していたおかげで、急性胃腸炎で2週間入院した時は、しっかり入院給付金を受け取ることができ、とても助かりました。

次の

対象となる手術とは

生命保険 特約

生命保険の特約には以下のような種類があります。 リビングニーズ特約 保障内容:余命が6ヶ月以内と判断された場合に、生前に死亡保険金の一部、もしくは全てを受け取ることができる特約。 特徴:保険料が0円。 保険金は非課税。 使い道は自由。 三大疾病特約 ガン・急性心筋梗塞・脳卒中について、死亡・高度障害状態になる、もしくは保険会社所定の状態になったときに、保険金をおりる特約。 特徴:所定の状態の判定が厳しい。 定期保険特約 一定期間、死亡・高度障害の保障をする特約。 特徴:子供が小さいときなど、一定期間だけ死亡保障を手厚くできる。 家族定期保険特約 被保険者の家族も、主契約の保障の対象内にする特約。 特徴:子供が大学卒業するまでなど、一定期間だけ保障を手厚くできる。 収入保障特約 保険金を年金形式で受け取れる特約。 保険金が変わらないものと逓減するものがある。 特徴:保険金を堅実に生活費などとして使用可能。 災害割増特約 自然災害や不慮の事故、感染症などによって死亡したり怪我をしたりした場合に保険金をおりる特約。 特徴:大規模な自然災害は対象外とされることが多い。 自動車であれば自動車保険、労働中であれば労災保険などで対応でき、また一般に怪我よりも病気で亡くなる可能性のほうが高いので、必要性は低いと言われることが多い。 傷害特約 災害割増特約に加えて、後遺障害に対しても一部保険金をおりる特約。 特徴は災害割増特約とほとんど同じ。 疾病入院特約 入院時に入院給付金、所定の手術時に手術給付金が支給される特約。 特徴:入院は一定の日数以上と定められている場合が多く、その場合は、1日だけの入院では支払われない。 女性疾病入院特約 疾病入院特約の女性特化の特約。 特徴:子宮ガンや乳がんなど女性特有の病気に対応してくれる。 災害入院特約 自然災害や不慮の事故、感染症などによって入院したときに給付金を受け取れる特約。 長期入院特約 通常の入院保障は60日型や120日型と保障される連続入院日数に上限があるが、それ以上の長期入院も保障してくれる特約。 特徴:最近、入院日数が短縮化しているため、必要性が低くなっている。 通院特約 入院中・退院後の通院に給付金を支給される特約。 特徴:治療を目的とした入院の通院が対象。 生活習慣病入院特約 ガン、脳血管疾患、心疾患、高血圧性疾患、糖尿病などの入院や手術が対象。 特徴:最近、生活習慣病患者は増えている。 ガン特約 ガンに関する給付金を受け取れる特約。 ガン診断給付金や入院給付金など。 特定損傷特約 不慮の事故による骨折・関節脱臼・腱の断裂の治療に対して給付金が支給される特約。 介護特約 寝たきりや認知症など要介護状態になったときに、給付金を受け取れる特約。 特定疾病払込免除特約 特定疾病の対象の病気になった際に、保険料の払込が免除される特約。 では、これらの生命保険の特約のなかで、どれが優先順位が高いのか、FPの方たちのコメントを見てみましょう。 特約の中で、一番人気はリビングニーズ特約でした。 では、リビングニーズ特約を選んだFPの方たちの意見を紹介します。 基本、入院保障系の特約は付加しなくていいです。 死亡保険には終身保険のように解約前提なものもあり、入院保障系の特約を付加してあることで、終身保険解約時にその保障も消滅します。 また、定期保険の場合も、その保障満了と同時に特約は消滅します。 付加すべき特約としては、医師から余命6ヶ月の宣告を受けたときに上限3000万円まで先に受け取ることのできるリビングニーズ特約(掛け金無料)です。 (下澤 純子)• 死亡保障がメインであるのなら、特約は特に必要ないと思われます。 医療の保障が気になるのなら、別途医療保険への加入を。 その中で、リビングニーズは、余命宣告を受けたあとに亡くなる前に保険金を受け取れるため、最後にやりたいこと、託したい人へと自分の意志が反映できるのでよいと思います。 (正田 きよ子)• リビング・ニーズ特約は特にコストがかかりませんので、付けておいて良いかと思います。 (林 健太郎)• 特約で保障を追加していくと、特約だけを残したい時に残せず、ライフプランの変更時に自由な組み替えができない事がデメリット。 医療系(入院、手術、通院、三大疾病、がんなど)は、保障が必要なら単体の保険で加入すれば良い。 特約は付ければ付けるほど保険料が上がり、月々数千円が何十年も積み重なると数十万円になってしまう。 保険はあくまで「お守り」と考え、保障を厚くしすぎない事が大切。 (冨士野 喜子)• 場合によっては、保険料免除特約を付けた方がよいケースもありますが、必要な保険は単体で用意してください。 必要な保険期間が異なる場合が多く、特約だと、主契約の保険期間に左右されてしまいます。 リビングニーズ特約以外の特約はつけない方がよいでしょう。 (横川 由理)• 保障の目的ごとに保険契約をわけているので、死亡保障の定期保険にいろいろ付けるようなことは基本的にしていません。 リビングニーズは保険料が別途かかるわけではなく、付けても将来使うかどうかの選択ができるので、基本的に付けています。 他には特定疾病で一定の条件になったら以後の保険料払込が免除になる保険料払込免除特約は、保険契約をわけることができないこともあり、保険期間等の商品内容次第では提案することもあります。 (松浦 建二)• 死亡保障に特化し、特約は付けない方が無難です。 必要なら他の保険にはいりましょう。 死亡保障が本当に必要な時期は結構限られている期間です。 子供が成人したあとは死亡保障期間が必要なくなるでしょう。 特約を何か付けていると死亡保障がなくなったあと、特約も消えてしまうのです。 必要のない死亡保障を続けるか、特約の種類の高年齢で保険に入り直さなければならないからです。 (拝野 洋子)• さまざまな特約を付けることにより、保険料は格段に値上がりします。 死亡保障は、死亡保障額だけを考えればいいだけで、特約保険料をばっさりカットし、カットした部分を自己啓発や、視野を広げる旅行などに活用した方が有意義とまで言えます。 (鳥海 光夫) リビングニーズ特約の次に人気であった特約が収入保障特約です。 では、収入保障特約を選んだFPの方たちの意見を紹介します。 収入保障特約は特約としてつけるよりは、目的が明確になっているのであれば収入保障保険を直接契約するのがいいと思います。 ただ、廉価な終身保険に収入保障特約をつけるような契約もそれで保障がきちんと設計されているのであれば一概に悪いとは言えないと思います。 (林 健太郎)• 子供が大学を卒業するまでなど、一定の期間に大きな保障が必要な人に、家族定期保険特約、収入保障特約の付加をおすすめします。 (下澤 純子)• ただし、保障内容をよく確認して、本当に必要かどうかを見極めたほうがよいでしょう。 (前佛 朋子) リビングニーズ特約や収入保障特約以外にも、特定疾病払込免除特約といった意見もありました。

次の