餃子 の タネ レシピ。 餃子の変わり種レシピ7選!おすすめなアレンジや人気なタネに種類も

余った時がチャンス!餃子の具で絶品アレンジレシピまとめ

餃子 の タネ レシピ

餃子の変わり種レシピ1つ目は、キムチ入り餃子です。 ピリ辛なキムチ入り餃子は、おかずにはもちろん、お酒との相性も良く、おつまみとしてもおすすめです。 唐辛子などを足してキムチ入り餃子を作れば、より辛い味わいの餃子に仕上がるので、辛いものが好きな人も、ぜひ作ってみてくださいね! 材料 2人分• 餃子の皮 15枚• 豚ひき肉 80g• キムチ 60g• ごま油 小さじ1 キムチ入り餃子の作り方• 1キムチをみじん切りにします。 2ボウルにキムチ・豚ひき肉・オイスターソース・砂糖を入れ、よく混ぜてタネを作ります。 3餃子の皮で作ったタネを包みます。 4油を引いたフライパンで餃子を焼きます。 5餃子に焼き色がついたらお湯を加え、蓋をして蒸し焼きにします。 6水分が少なくなったら、ごま油を回し入れ、しっかり焼き色がついたら、完成です。 食欲をそそるカレーの風味を存分に楽しめるカレー入りスパイシー餃子は、カレーが好きな人にピッタリな餃子の変わり種レシピです。 とろけるチーズなどを入れれば、スパイシーな味がマイルドになり、子供でも食べやすくなりますよ。 材料 2人分• 餃子の皮 12枚• 豚ひき肉 100g• キャベツ 100g• 塩 適量• カレー粉 小さじ1• 水 100ml• 粉チーズ 大さじ2• 片栗粉 小さじ1• ごま油 適量 カレー入りスパイシー餃子の作り方• 1ボウルで水・粉チーズ・片栗粉を混ぜます。 2みじん切りにしたキャベツを塩で揉み、5分ほど寝かせて、水を切ります。 3ボウルに豚ひき肉・キャベツ・カレー粉・しょうゆ・ニンニクを加えてしっかり捏ねてタネを作ります。 4餃子の皮でタネを包み、ごま油を引いたフライパンで焼きます。 5焼き色がついたら、お湯を入れて蒸し焼きにします。 6水気が飛んだら、火を止め、お皿に盛りつけて完成です。 人気中華料理の餃子のタネをトマトやチーズ、ウインナーなどに変えれば、ワインとの相性が良いイタリアン風の味わいの餃子に仕上がります。 イタリアン餃子は、いつもとは違った餃子が食べたい時にもおすすめですよ! 材料 2人分• 餃子の皮 12枚• ウインナー 5本• ピーマン 1個• ピザ用チーズ 適量• オリーブオイル 大さじ3• ハーブソルト 適量 イタリアン餃子の作り方• 1ピーマンとウインナー、トマトを細かく切り、ボウルに入れます。 2ボウルにピザ用チーズを加えてよく混ぜてタネを作ります。 3水をつけた餃子の皮でタネを包み、閉じ目をフォークで押さえるようにしてしっかり閉じます。 4オリーブオイルをひいたフライパンで餃子を焼きます。 5餃子の両面に焼き色がついたらお皿に移し、ハーブソルトをかけて完成です。 梅としそのさっぱりとした風味を楽しめる梅しそ入りの揚げ餃子は、油で揚げることで、味も食感も楽しめる餃子に仕上がります。 梅しそ入りの揚げ餃子は、おかずやおつまみにもおすすめですが、型崩れしにくいので、お弁当のおかずにするのもおすすめです。 材料 2人分• 餃子の皮 12枚• 鶏ひき肉 100g• 大葉 4枚• 梅干し 3個• 1種を取った梅干しを叩いてペースト状にします。 2大葉をみじん切りにします。 3ボウルで鶏ひき肉・梅干し・大葉・和風だし・ニンニク・ショウガを混ぜてタネを作ります。 5餃子がキツネ色になったら油を切り、お皿に盛りつけて完成です。 ジャーマンポテトが入った餃子は、じゃがいもを使用しているため、ボリュームがあり、満腹感も得られます。 ジャーマンポテト入り餃子は揚げ焼きにすることで、パイのような食感と焼き餃子の食感の両方の良さを堪能することができるので、おすすめです。 材料 2人分• 餃子の皮 10枚• じゃがいも 1個• ベーコン 15g• 豆乳 大さじ1• トマトケチャップ 適量 ジャーマンポテト入り餃子の作り方• 1皮を剥いたじゃがいもを細かく切り、濡れたキッチンペーパーとラップで包み、600Wの電子レンジで3分半ほど温めます。 2ベーコンを1cm幅に切ります。 3じゃがいもをマッシャーで潰し、ベーコン・粉チーズ・ハーブソルト・豆乳と混ぜてタネを作ります。 4餃子の皮でタネを包みます。 5フライパンに多めの油を入れ、火にかけて餃子を揚げ焼きします。 6中まで火が通って焼き色がついたら、油を切ります。 7餃子をお皿に盛りつけて、トマトケチャップをかけたら完成です。 チョコレートを入れたスイーツ餃子は、食べやすい大きさなので、パーティーやおもてなし料理としてもおすすめです。 トロッとしたチョコレートが美味しいスイーツ餃子は、他のお菓子にも負けないくらい食感も味も美味しいので、ちょっとしたおやつにもピッタリですよ! 材料 2~3人分• 餃子の皮 20枚• 板チョコレート 100g• 生クリーム 50g• 無塩バター 5g• 粉糖 適量 スイーツ餃子の作り方• 1板チョコレートを細かく刻み、生クリームと混ぜてタネを作ります。 2餃子の皮でタネを包み、閉じ目をフォークでしっかり押さえて閉じます。 3中火に熱したフライパンでバターを溶かし、餃子を焼きます。 4両面を焼き色がつくまでしっかり焼いたら、お皿に盛りつけます。 5仕上げに粉糖をふりかけて完成です。 メキシコ料理のタコスの具材をタネにしたタコス風餃子は、ピリ辛でおつまみやおやつにもおすすめな餃子の変わり種レシピになっています。 タコス風餃子は通常のタコスに比べると食べやすい大きさになっているので、タコスパーティーや餃子パーティーで作ってみるのもおすすめですよ! 材料 2人分• 餃子の皮 12枚• 牛豚の合いびき肉 150g• トマト 1個• トマトケチャップ 大さじ2• ウスターソース 大さじ2• コンソメ 小さじ1• しょうゆ 小さじ1• すりおろしたニンニク 小さじ1• 薄力粉 大さじ2• 塩こしょう 適量 タコス風餃子の作り方• 1玉ねぎとトマトをみじん切りにします。 2耐熱容器で牛豚の合挽き肉・玉ねぎ・トマト・ニンニク・トマトケチャップ・ウスターソース・コンソメ・しょうゆ・砂糖・塩こしょうを混ぜます。 3薄力粉を加えてさらに混ぜ、タネを作ります。 4耐熱容器にやさしくラップをして600Wの電子レンジで4分ほど温めます。 5餃子の皮でタネを包み、油をひいたフライパンで焼きます。 6 餃子に焼き色がついたらお湯を加え、蓋をして蒸し焼きにします。 7水気が無くなったら火を止め、餃子をお皿に盛りつけて完成です。

次の

餃子をジューシーにするレシピ!プロが作る本格餃子レシピも紹介

餃子 の タネ レシピ

我が家は娘が産まれるまで、餃子は買って食べる派でした。 それが、娘がお手伝いをしてくれる年齢になると、一緒に作れる楽しさから、俄然、手作り派に。 それで気づいたことがあります、「餃子のタネ」は微妙に余りやすいと。 最初は余ったタネを丸め、肉団子にしてスープに入れていたのですが、いつの日からか油揚げに詰めて焼くとおいしいことに気づき、家族みんなのお気に入りメニューになりました。 意外とボリュームがあって、 おつまみとしても、 おかずとしても、立派な一品になります。 しかも、油揚げを使うことにより 糖質カットにも。 また、油揚げは大豆製品ですが、同じ大豆製品の豆腐と比べると格段に栄養価が高いというのも嬉しい点です。 たとえば 鉄分は4倍、 カルシウムは5倍、 ビタミンEにいたっては 13倍といったように、効率よく栄養がとれる食材になります。 ということで、私は餃子を作るときはタネを多めに作り、翌日用に油揚げにも詰めておくようにしています。 油揚げ餃子はフライパンで油をしかずに焼けばOKなので、普通の餃子を焼くよりもらくちん。 餃子と同じく、酢醤油で召し上がってくださいね。 キャベツとにらはみじん切りにする。 にんにくと生姜はすりおろす。 2、豚ひき肉に塩を加え、粘りが出るまでよく混ぜる。 3、餃子のタネのそのほかの材料をすべて混ぜ合わせる。 4、油揚げに 3 を適量詰め、入り口を楊枝で止め、フライパンで両面焼く。 5、器に盛り、タレの材料を合わせたものにつけていただく。 子どもは餃子を包むのが大変なので、油揚げで作ると一緒に簡単に作れますね。 がおいしい! ゲストさん 20:51• がおいしい! ゲストさん 20:42• がおいしい! ももさん 20:37• がおいしい! ゲストさん 20:33• がおいしい! ゲストさん 20:25• がおいしい! ゲストさん 20:20• がおいしい! ゲストさん 20:15• がおいしい! ゲストさん 19:59• がおいしい! ゲストさん 19:59• がおいしい! ゲストさん 19:57• がおいしい! ゲストさん 19:56• がおいしい! ゲストさん 19:55• がおいしい! ゲストさん 19:49• がおいしい! ゲストさん 19:23• がおいしい! ゲストさん 19:23.

次の

餃子をジューシーにするレシピ!プロが作る本格餃子レシピも紹介

餃子 の タネ レシピ

餃子の変わり種レシピ1つ目は、キムチ入り餃子です。 ピリ辛なキムチ入り餃子は、おかずにはもちろん、お酒との相性も良く、おつまみとしてもおすすめです。 唐辛子などを足してキムチ入り餃子を作れば、より辛い味わいの餃子に仕上がるので、辛いものが好きな人も、ぜひ作ってみてくださいね! 材料 2人分• 餃子の皮 15枚• 豚ひき肉 80g• キムチ 60g• ごま油 小さじ1 キムチ入り餃子の作り方• 1キムチをみじん切りにします。 2ボウルにキムチ・豚ひき肉・オイスターソース・砂糖を入れ、よく混ぜてタネを作ります。 3餃子の皮で作ったタネを包みます。 4油を引いたフライパンで餃子を焼きます。 5餃子に焼き色がついたらお湯を加え、蓋をして蒸し焼きにします。 6水分が少なくなったら、ごま油を回し入れ、しっかり焼き色がついたら、完成です。 食欲をそそるカレーの風味を存分に楽しめるカレー入りスパイシー餃子は、カレーが好きな人にピッタリな餃子の変わり種レシピです。 とろけるチーズなどを入れれば、スパイシーな味がマイルドになり、子供でも食べやすくなりますよ。 材料 2人分• 餃子の皮 12枚• 豚ひき肉 100g• キャベツ 100g• 塩 適量• カレー粉 小さじ1• 水 100ml• 粉チーズ 大さじ2• 片栗粉 小さじ1• ごま油 適量 カレー入りスパイシー餃子の作り方• 1ボウルで水・粉チーズ・片栗粉を混ぜます。 2みじん切りにしたキャベツを塩で揉み、5分ほど寝かせて、水を切ります。 3ボウルに豚ひき肉・キャベツ・カレー粉・しょうゆ・ニンニクを加えてしっかり捏ねてタネを作ります。 4餃子の皮でタネを包み、ごま油を引いたフライパンで焼きます。 5焼き色がついたら、お湯を入れて蒸し焼きにします。 6水気が飛んだら、火を止め、お皿に盛りつけて完成です。 人気中華料理の餃子のタネをトマトやチーズ、ウインナーなどに変えれば、ワインとの相性が良いイタリアン風の味わいの餃子に仕上がります。 イタリアン餃子は、いつもとは違った餃子が食べたい時にもおすすめですよ! 材料 2人分• 餃子の皮 12枚• ウインナー 5本• ピーマン 1個• ピザ用チーズ 適量• オリーブオイル 大さじ3• ハーブソルト 適量 イタリアン餃子の作り方• 1ピーマンとウインナー、トマトを細かく切り、ボウルに入れます。 2ボウルにピザ用チーズを加えてよく混ぜてタネを作ります。 3水をつけた餃子の皮でタネを包み、閉じ目をフォークで押さえるようにしてしっかり閉じます。 4オリーブオイルをひいたフライパンで餃子を焼きます。 5餃子の両面に焼き色がついたらお皿に移し、ハーブソルトをかけて完成です。 梅としそのさっぱりとした風味を楽しめる梅しそ入りの揚げ餃子は、油で揚げることで、味も食感も楽しめる餃子に仕上がります。 梅しそ入りの揚げ餃子は、おかずやおつまみにもおすすめですが、型崩れしにくいので、お弁当のおかずにするのもおすすめです。 材料 2人分• 餃子の皮 12枚• 鶏ひき肉 100g• 大葉 4枚• 梅干し 3個• 1種を取った梅干しを叩いてペースト状にします。 2大葉をみじん切りにします。 3ボウルで鶏ひき肉・梅干し・大葉・和風だし・ニンニク・ショウガを混ぜてタネを作ります。 5餃子がキツネ色になったら油を切り、お皿に盛りつけて完成です。 ジャーマンポテトが入った餃子は、じゃがいもを使用しているため、ボリュームがあり、満腹感も得られます。 ジャーマンポテト入り餃子は揚げ焼きにすることで、パイのような食感と焼き餃子の食感の両方の良さを堪能することができるので、おすすめです。 材料 2人分• 餃子の皮 10枚• じゃがいも 1個• ベーコン 15g• 豆乳 大さじ1• トマトケチャップ 適量 ジャーマンポテト入り餃子の作り方• 1皮を剥いたじゃがいもを細かく切り、濡れたキッチンペーパーとラップで包み、600Wの電子レンジで3分半ほど温めます。 2ベーコンを1cm幅に切ります。 3じゃがいもをマッシャーで潰し、ベーコン・粉チーズ・ハーブソルト・豆乳と混ぜてタネを作ります。 4餃子の皮でタネを包みます。 5フライパンに多めの油を入れ、火にかけて餃子を揚げ焼きします。 6中まで火が通って焼き色がついたら、油を切ります。 7餃子をお皿に盛りつけて、トマトケチャップをかけたら完成です。 チョコレートを入れたスイーツ餃子は、食べやすい大きさなので、パーティーやおもてなし料理としてもおすすめです。 トロッとしたチョコレートが美味しいスイーツ餃子は、他のお菓子にも負けないくらい食感も味も美味しいので、ちょっとしたおやつにもピッタリですよ! 材料 2~3人分• 餃子の皮 20枚• 板チョコレート 100g• 生クリーム 50g• 無塩バター 5g• 粉糖 適量 スイーツ餃子の作り方• 1板チョコレートを細かく刻み、生クリームと混ぜてタネを作ります。 2餃子の皮でタネを包み、閉じ目をフォークでしっかり押さえて閉じます。 3中火に熱したフライパンでバターを溶かし、餃子を焼きます。 4両面を焼き色がつくまでしっかり焼いたら、お皿に盛りつけます。 5仕上げに粉糖をふりかけて完成です。 メキシコ料理のタコスの具材をタネにしたタコス風餃子は、ピリ辛でおつまみやおやつにもおすすめな餃子の変わり種レシピになっています。 タコス風餃子は通常のタコスに比べると食べやすい大きさになっているので、タコスパーティーや餃子パーティーで作ってみるのもおすすめですよ! 材料 2人分• 餃子の皮 12枚• 牛豚の合いびき肉 150g• トマト 1個• トマトケチャップ 大さじ2• ウスターソース 大さじ2• コンソメ 小さじ1• しょうゆ 小さじ1• すりおろしたニンニク 小さじ1• 薄力粉 大さじ2• 塩こしょう 適量 タコス風餃子の作り方• 1玉ねぎとトマトをみじん切りにします。 2耐熱容器で牛豚の合挽き肉・玉ねぎ・トマト・ニンニク・トマトケチャップ・ウスターソース・コンソメ・しょうゆ・砂糖・塩こしょうを混ぜます。 3薄力粉を加えてさらに混ぜ、タネを作ります。 4耐熱容器にやさしくラップをして600Wの電子レンジで4分ほど温めます。 5餃子の皮でタネを包み、油をひいたフライパンで焼きます。 6 餃子に焼き色がついたらお湯を加え、蓋をして蒸し焼きにします。 7水気が無くなったら火を止め、餃子をお皿に盛りつけて完成です。

次の