約束 の ネバーランド 163。 約束のネバーランド163話ネタバレ!ムジカソンジュ大僧正が捕まる!ラートリーの陰謀か|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束のネバーランド162話ネタバレ!イザベラママがグランマとして再会!ソンジュの策とは?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束 の ネバーランド 163

「賊はどこのどいつだ!? 今どこに?」 「静寂に! 賊の特定は既に済んでいる。 邪血の一派と称される2人組の男女である。 」 その似顔絵に描かれたいたのはソンジュとムジカであった。 大僧正はいつかこの日が来ることを、 そして、必ずこうなると言うことを予見していた。 「話はわかった…私にできる事は何でもしよう」 大僧正の協力を取り付けたソンジュとムジカ。 大成功にも見えたがその時広場でどよめきが起こった。 「女王陛下が亡くなった。 五摂家たちも全て滅びた」 その上で今度は4大農園の五摂家各家臣団が、合議連合のもと、政を執り仕切ると言うのだ。 あまりにも早すぎる展開… 「賊はどこのどいつだ!? 今どこに?」 「静寂に! 賊の特定は既に済んでいる。 邪血の一派と称される2人組の男女である。 」 その似顔絵に描かれたいたのはソンジュとムジカであった。 そしてムジカから血を受けたものは汚染されてるという理由で全員殺されてしまった。 思わぬ展開に村から脱出しようとする30とムジカと大僧正…… しかし輸血したばかりで3人の動きは鈍く、は捕まってしまう 約束のネバーランド 163話 「反転」 感想と大考察 早すぎる暴露を大考察 なぜ、こんなにも早く女王と五摂家の死がバレたのだろう? それはもちろん、ピーターの策略だ。 しかし、問題はそこではない。 なぜなら、今度は4大農園の五摂家各家臣団が、合議連合のもと、政を執り仕切る と言っている。 つまり、五摂家各家臣団は家臣である自分たちが実験を握るため、主を見殺しにしたことがわかる。 そして、それはピーターが手を回したことは言うまでもない事だろう。 ほんとにどこまでも汚く、狡猾なのは人間… ピーター・ラートリーだ。

次の

漫画「約束のネバーランド」163話のネタバレと無料読み放題

約束 の ネバーランド 163

約束のネバーランド【ネタバレ】163話 ソンジュとムジカは王都の端にある寺院に赴き 大僧正にそれぞれの「血」を与えて復活させる。 目覚めた大僧正は ソンジュから今までの経緯を聞かされ、 「自分にできることなら何でもする」と約束する。 その時———— 外の大広場では大規模な集会が開かれていた。 そこでは演説者が———— 1.女王陛下と五摂家諸侯が〝賊徒〟によって殺されたこと。 2.「四大農園」と「五摂家各家臣団」が〈合議連合〉の下で これからの政治を取り仕切ること。 3.〝賊徒〟の正体はギーラン一派と邪血の男女2人組であること。 4.〝邪血〟に助けられた者や見た者、 その「血」を受け継いだ者は〝処分〟されること。 「ソンジュ、ムジカ。 『国家転覆罪』で逮捕する!」 地面に平伏す2人に 容赦ない宣告が下されるのであった—————!? 目覚め ムジカは自分の手の平を ナイフで斬り裂き その流れ出る血を 眠っている大僧正の口へと流し込む。 「ここは・・・」 「私は・・・なぜ・・・」 大僧正の記憶が 目まぐるしく駆け巡る。 「よかった・・・!」 ムジカが涙ぐむ。 「お久しゅうございます、大僧正様。 」 「そなた・・・ソンジュ・・・?」 その大僧正の記憶の片隅に——— 幼いソンジュが 手を振っている姿が浮かぶ。 「!」 その憔悴した2人を見て 大僧正は全てを悟る。 「そなたら『血』を・・・」 そしてゆっくりと語を継ぐ。 「私を起こすために 一体どれだけの・・・ そして——— 一体何が・・・」 「説明します。 」 ソンジュが口火を切る。 「どうか・・・ お助け下さい。 やったぁ!? 大僧正を蘇らせることに成功したソンジュとムジカ!? その大僧正は目覚めた瞬間———— 2人の憔悴した様子を見ただけで どうやって自分を蘇らせたのかを悟る。 これはソンジュの言う通り 聡明でとても穏やかな人物らしいぞ。 果たして———— 大僧正はソンジュの願いを聞き入れてくれるのだろうか? 固唾を飲んで「次章」へと進もう。 それも「必定」・・・ 「なんと・・・ 王が死に五摂家までも・・・」 大僧正が驚く。 「守るべき道理に背き続けた 当然の結果(むくい)です。 」 ソンジュが頭を下げる。 」 語を続ける。 」 (ソンジュが涙ぐむ。 ) 「恐れていたことが 起きてしまった———」 そして大僧正は憂う。 「生じた歪は必ず返ってくる。 最初は小さく見えずとも・・・ 積もり積もって いずれ必ず耐えきれず 弾ける時が訪れる。 いずれは——— こんな日がくるのではと 思うっておったのだ・・・」 大僧正はここで一息入れる。 「だがそれも必定。 」 そしてムジカに視線を戻す。 」 そい言ってムジカの手を——— 「よう守ってくれた。 」 そしてソンジュの手を———— 大僧正は強く握り締め・・・ 2人に力強く語りかける。 「我々は今・・・試されておるのだ 変われるかどうかを・・・」 大僧正はムジカを見つめる。 「話は解った。 私にできることは 何でもしよう。 そして———— 「自分にできることは何でもする」と 約束してくれたのだ! こんなにうれしいことはない! こんなに素晴らしいことはない!? これでソンジュやムジカの 「新しい世界」への展望が ほんの少し垣間見た気がして この場面はいつまでも 我々読者の記憶残るに違いない。 が! 突然外で沸き起こる轟音は一体————!? 妙な胸騒ぎを抑えながら 次へとページを進めよう。 早すぎる声明 外の大広場では——— 大勢の民衆が集まっていた。 広場の奥の中央には 長方形の「演説台」が設けられ そこに3人の貴族らしき「鬼」が立っている。 「賊の特定は既に済んでいる!! 陛下らを殺害し——— この城下を 破壊と混乱に陥れた賊徒は かつて『国賊』として追放された ギーラン一派と・・・」 ザ ン 演説者の横の「鬼」が 「手配書」を大きく上下に開ける!? 「〝邪血〟の一派と称される 二人組の男女である!!」 そこには——— ソンジュとムジカの似顔絵が でかでかと描かれていた! 「え?」 2人の鬼の子供が即座に反応する! 「あれ? あのふたりって・・・」 「僕達を助けてくれた・・・」 「オイ兵隊さん! そりゃおかしいぞ!?」 「ああ! 聞いてくれ、 その者達は———」 またもや民衆がどよめく!? 「ここで皆さん・・・ご協力願います。 賊を見た者や 血を分け与えられた者は こちらへ———」 民衆の一部は ザワザワと その指示に従い 誘導された場所へと移動する———— と! ガ チ ャ ン ! ! いきなり目の前に 「鉄格子」が出現し そこにいる民衆全てを監禁する!? 「え!!??」 檻の中の民衆は驚き戸惑う!? 「待って! どういうこと!?」 「何だよコレ! なぁ!! オイ!! 出してくれ!!」 「お前達は有害な血に汚染されている。 」 演説者が冷たく言い切る。 「よって隔離し〝処分〟する。 」 「は!!??」 「父ちゃん!! 母ちゃ・・・」 「!!」 檻に向かって叫ぼうとした 子供達を 素早く物陰に引き入れる者がいた!? 「むぐっ! はなせ!?」 「しっ・・・! 騒ぐな。 ——————————————— (しかし——— まずはこの現状をどうする!? 見つかったら即アウト・・・ このままじゃ 〝邪血処分〟で 大僧正様まで 殺されちまう!? 一度姿を隠し、 それから———) ガクン 「!? ムジカ!!」 余りの疲労にムジカが膝をつく。 「!!!」 ソンジュ達はいつの間にか 周りを———— 多くの民衆に取り囲まれていた!? 「見つけたぞ賊徒!」 「よくも俺達の町を!」 「殺せ!」 民衆ががなり立てる!? ソンジュは槍を構える! (相手は民衆! 殺す? いや・・・ だがせめて ムジカと大僧正様だけでも——) フラッ いきなりソンジュの足元がふらつく!? (くそっ・・・俺も・・・!?) ガラン 手から槍が抜け落ちる。

次の

約束のネバーランド163話ネタバレ考察と感想「反転」(19巻収録予定)

約束 の ネバーランド 163

【約束のネバーランド】16巻ネタバレ感想 『約束のネバーランド』16巻の内容を紹介していきます。 前回(15巻)の内容を復習したい方は、下記の関連記事をご覧ください。 しかし、施設の中はエマたちが知っているグレイスフィードではなく迷路のようになっています。 そこには時の概念もなく、エマとはぐれたレイはすっかり おじいちゃんになっていました。 ー『約束のネバーランド』134話より おじいちゃんになってもレイはイケメンでした。 笑 135話【約束のネバーランド16巻】 ノーマンは、ドンとギルダを呼び出し、ソンジュとムジカを探し出して保護してくれないかと頼みました。 ドンとギルダは、ノーマンがムジカたちを殺そうとしていることをエマから聞いていました。 なので、ノーマンはムジカたちをおびき寄せるためのエサとして自分を利用しようとしている可能性も考慮し、ムジカたちを守るためにもノーマンの提案に乗ることにします。 ハヤトたちと アイシェという女の子がドンたちの護衛として、一緒に行動することになりました。 ー『約束のネバーランド』135話より アイシェは元々鬼に飼われており、 ノーマンたちに救われたとハヤトは言います。 136話【約束のネバーランド16巻】 136話で 「七つの壁」の正体が明らかになります! 「七つの壁」というのは、 「前後左右上下」+「時間」の七つの要素、つまり世界を規定する 「物理的限界(カベ)」を意味していました。 ー『約束のネバーランド』136話より 前に、エマが「鬼のボス」に似ていると言っていた者の下に描かれていた 「立方体と砂時計」がヒントになっていたということです。 なるほど!という感じですね。 ただ、エマとレイは「七つの壁」の正体は分かりましたが、どうやって今いる空間から抜け出せばいいのかが分かりませんでした。 そうこうしているうちに、2人の前に砂漠が現れ、エマはどんどん幼くなってついには消えてしまい、レイはおじいちゃんになってしまいました。 137話【約束のネバーランド16巻】 エマが思いついたのは、この空間は 潜在意識の投影ではないかということです。 つまり、夢の中みたいな感じですね。 ただ、ここでは意識も介入することができ、先程エマは時間を巻き戻そうとした結果、歯止めがきかなくなって消えてしまったと言います。 エマは時間を巻き戻して、この空間を 正しい姿にすることができれば「壁」が姿を現すのではないかと考えました。 実際にやってみたところ、周りには何もなくなり 「一辺10里の立方体」が目の前に現れます。 ー『約束のネバーランド』137話より 138話【約束のネバーランド16巻】 ドンたちはソンジュとムジカを探しに出発していましたが、そう簡単には見つかりませんでした。 ドンは、鬼に育てられたアイシェと仲良くなりたいと思いますが、人の言葉が分からないアイシェとの距離感をつかみきれずにいます。 夜、ドンとギルダは昼間に見つけたソンジュたちと一緒にいた馬のような生き物の足跡らしきものについて話していました。 すると、突然アイシェが 「なるほど あんた達・・・邪血を逃がすつもりか」と割り込んできました。 ー『約束のネバーランド』138話より え!?!?!?喋れたの!? と驚きですね。 笑 139話【約束のネバーランド16巻】 139話で アイシェの壮絶な過去が明らかになります。 その鬼は、顔の右半分が「野良」のようになっていたため顔にコンプレックスを抱いていました。 ある時、食用児の不良品の中に顔の右側にアザがある子を見つけます。 その子がアイシェです。 その鬼は親近感を感じてこっそり家に持ち帰って育てることにしました。 アイシェは、その鬼から鬼と人の言葉を学んび、2人(1人と1匹)は幸せだったと言います。 ー『約束のネバーランド』139話より が、ある時、ノーマンたちが現れ、アイシェを育てていた鬼を殺してしまいました。 アイシェは、それ以来ノーマンたちを恨んでいるため、あえて人の言葉が分からないフリをしていたようです。 ー『約束のネバーランド』139話より しかし、ムジカたちを殺さないというドンとギルダは他の人間とは違うと思って声をかけました。 ドンとギルダはアイシェがムジカたちの命を狙っていないことを知り安心します。 しかし、ドンたちが警戒すべきだったのは、アイシェではなくハヤトでした。 ハヤトは、ノーマンの指示どおりラムダの実験体を引き連れており、ムジカたちを見つけ次第殺すように命令します。 140話【約束のネバーランド16巻】 レイとエマは立方体の中に黒い球体を見つけます。 ー『約束のネバーランド』140話より そして、その先の「鬼のボス」がいると信じてその球体に触れました。 が、レイはノーマンがいたアジトに戻されます。 一方、エマは「昼と夜」の場所に着き、そこに「鬼のボス」が姿を現しました。 あの小さい鬼が「鬼のボス」だったことが分かりましたね。 エマは「鬼のボス」に向かって 「約束を結び直しに来たの」と言いました。 ー『約束のネバーランド』140話より 141話【約束のネバーランド16巻】 141話で 「もう一つの約束」が明らかになります。 人間と鬼たちは2つ約束を結んでおり、そのうちの一つは 「人間は鬼を狩らない。 だから鬼も人間を狩らない」というものでした。 そして、「もう一つの約束」というのは 「鬼のボス」と結んだ約束のことでした。 142話【約束のネバーランド16巻】 人間と鬼の世界が分けられる前は、お互いを殺し合っており、その戦いに終止符を打つために人間と鬼は 「世界を分ける」という約束をしました。 そして、1000年と少し前に、ラートリー家と王家のイヴェルクは「鬼のボス」の元へ行き、「鬼のボス」とそれぞれ「もう一つの約束」をします。 「鬼のボス」との約束は上書きできない• 「鬼のボス」との約束は破ることができない• 「ごほうび」は絶対に断ってはいけない ー『約束のネバーランド』142話より 「その望み叶えてあげる」と「鬼のボス」に言われます。 143話【約束のネバーランド16巻】 前回、エマが鬼のボスに 「食用児全員で人間の世界へ行きたい それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にして」とお願いをしました。 ー『約束のネバーランド』143話より 鬼のボスがエマに何を要求したのか気になりますね! 「きみのー」と言った後に、昼と夜がひっくり返っていることも何か意味がありそうです。 関連記事 一方、ドンとギルダはムジカたちと再会を果たします。 ー『約束のネバーランド』143話より しかし、ハヤトにも見つかってしまいラムダの仲間に囲まれてしまいました。 ここで、『約束のネバーランド』16巻は終了です。 の 特徴は次のとおりです。

次の