コナン 黒 の 組織 ラム。 コナンネタバレ|ラムの正体は若狭留美!?黒の組織No.2の秘密

名探偵コナンの黒の組織のメンバーの名前と呼び方は?スパイは誰?

コナン 黒 の 組織 ラム

RUMですね。 黒田兵衛は公安で確定 アニメではまだ してるのでほぼなし。 若狭留美はラムより浅香の方が辻褄が合うのでギリ可能性はあるくらい 脇田が濃厚。 現状こんな感じです。 一応下記に理由も書いておきます。 ・黒田兵衛の可能性はほぼ0。 1つ目は安室のトリプルフェイスすべてを知っており、安室の正体がバレないよう便宜を図ったシーンがあること。 この時点で公安が確定。 2つ目は映画. 純黒の悪夢の冒頭でキュラソーが警視庁内に侵入し、NOCリストを盗んでいた。 公安となると、わざわざキュラソーに行かせる必要がない。 黒田がラムであるなら公安警察でありながら黒の組織という場合のみ。 ・若狭留美は浅香でほぼ確定。 まず浅香とラムは別人。 赤井秀一が浅香の正体を知っている。 浅香は、17年前の羽田浩司の現場にて黒田と居合わせている。 容疑者のラムが現場にて残ってる訳がない。 そして若狭と黒田は面識があることが確定している。 コナン界では浅香が容疑者として調査されているが、ジンのセリフで「ラムが抜かった」とある。 これはラムがアマンダ. 羽田浩司を殺したあとに、浅香に逃げられてしまったということ。 体中の傷、身体能力が高い、APTXの被害者リストを所持。 これらすべて浅香と仮定すれば辻褄は合う。 ・私が思うラムの正体は脇田。 有名な時は金なりのアナグラムがありますが、若狭にもアナグラムは存在するのでこれはスルー。 安室と顔見知り。 電車の中で安室が脇田の趣味を知っており、そのような話に誘導している。 つまり協力者。 あとは、2人が初めて対面 読者視点 したときのぎこち無さが凄い。 小五郎に近づく理由が組織関連以外ない。 特にコナン目的でもなさそう。 ジンが90巻で「眠ってるうちに始末する」と発言。 脇田の登場が92巻。 タイミング的にはドンピシャ。 実は脇田の目が義眼とはまだ語られていない。 ラムの最大の特徴と言える、左右どちらかの目が義眼ですが、脇田は義眼と確定してません。 ですが、97巻1027話にてコナン. 小五郎. 脇田の4人でババ抜きをするシーンがあります。 まず、小五郎が上がります。 脇田がダイヤの8を引きます。 コナン. 安室の手札にダイヤの8はありません。 つまり脇田がダイヤの8が2枚あるのに捨ててないということ。 左右どちらかが義眼で見えてなく、見落としてしまったと暗示されるシーンかもしれません。 長文失礼しました。

次の

【名探偵コナン】黒の組織No2ラム総集編!RUM候補・黒田兵衛の怪しい点や真の正体とは?

コナン 黒 の 組織 ラム

Contents• 黒の組織のメンバー 国際的な犯罪集団であるがゆえ、その構成員は大勢いることが容易に予想できますが、中でも コードネーム を与えられた幹部達をご紹介します。 この組織では幹部になると お酒にちなんだコードネームを与えられる 男性は度数の強い蒸留酒 女性はワインを含んだお酒や甘いもの など の呼び方になるのが特徴です。 作者の青山先生もその法則性を暗に示唆されています。 では黒の組織のメンバーを紹介していきます。 あの方 コードネーム:? 黒の組織のボス 現時点ではその正体の全ては謎に包まれています。 青山先生が言うには すでにフルネームで登場している人物が正体 だそうです。 コードネーム:ラム 黒の組織のNo. 2! 左右どちらかの眼が義眼 ということ以外何も分かっていません。 映画『名探偵コナン 純黒の悪夢』では姿は現してはいませんが、変声機で声を変えて、声だけ登場しています。 その正体は謎に包まれたままですが ラムというお酒の特性上 変声機での話しぶり ここから 女性なのでは? とも言われています。 コードネーム:ジン 黒の組織では初めから登場している幹部。 腰まである長い銀髪が特徴の長身痩躯の男性。 ボスのあの方から直接命を受けることもあり、黒の組織が動く時に指揮を取っています。 ジンは 工藤新一を子供にした張本人! 性格は組織に長く在籍した幹部を犯行の瞬間が写真に撮られたという理由で躊躇なく抹殺するなど冷酷。 とても用心深く、たとえ仲間でも疑わしいという理由で息の根を止めることもある。 コナンを何度も追い詰め、対峙した時のプレッシャーは黒の組織の中でも群を抜いています。 そして時にはコナンを上回るほどの洞察力・推理力をみせています。 以前にコナンに麻酔銃を撃たれた事もありますが、瞬時に腕を撃ち抜いた痛みで麻酔銃の効果を和らげるなど、強靭な精神力と忠誠心の持ち主であることも分かります。 コードネーム:ウォッカ ジンを兄貴と呼び、ジンの右腕的存在! 大柄な体格で常にサングラスをかけています。 他の幹部にも敬語を使うなど、やや格下感はありますが、彼も立派な幹部のひとりです。 ウォッカの組織での役割は 射撃、IT、変装による潜入、各種操縦など 全くスキを感じさせないジンとは真逆で機転と注意力に乏しく、それがもとの失敗もしばしば。 板倉になりすましたコナンに出し抜かれピンチに陥ったこともありました。 (ジンがその場に現れて、コナンの作戦を潰しましたが) 裏切り者を抹殺する際は動揺した素振りを見せるなど構成員のなかでは人間味がある描写がされているのも特徴です。 ちょっとドジな描写もありますが、それは黒の組織の中ではということ。 能力値は十分高いです。 年齢が40歳を過ぎているのにも関わらず、見た目はどうみても20代としか見えない不思議な存在です。 ただその後シャロンは病死したと発表し、表の顔をクリスのみとしています。 シャロンとして工藤新一の母有希子と共に有名マジシャンのもとで修行した経験もあり、そのメイク術を活かした変装も行います。 またコナンの正体に気付きつつも組織には報告せず、蘭やコナンを身を挺して守ったりする一方で、灰原を 「この世に存在してはならない」 と抹殺しようとするなど謎の多い行動も目立ちます。 彼女とあの方の間には重要な関係性があり それが組織内に漏れると壊滅状態になると言われている特別な何かがあるようです。 コードネーム:キャンティ ショートヘアと左目のタトゥーを入れた好戦的な性格の女性メンバー。 黒の組織の中での役割は スナイパーとしての暗殺 カルバドスが命を落とすきっかけを作ったベルモットを激しく憎んでいる。 コードネーム:コルン キャンティとは反対に口数少なく、冷静で物静かな性格。 片言のような話し方をするのが特徴。 黒の組織の中での役割は スナイパーとしての暗殺 ベルモットのことはカルバドスの一件で嫌っている。 コードネーム:テキーラ 2mを超える関西弁の大男。 幼いコナンを蹴り倒すなどその性格は凶暴。 黒の組織の中での役割は プログラマーを集める取り引き などをおこなっていた模様。 小五郎が監修したゲームの発表会でコナンと遭遇する。 公衆電話でウォッカと話しているのをコナンに聞かれ、黒の組織のメンバーだとバレる。 そしてテキーラが受け取るはずだったカバンと爆弾を仕込んでいたカバンを間違ってしまい、そのカバンを開けたテキーラは爆発に巻き込まれ、命を落とす。 コードネーム:キュラソー Sponsored Links オッドアイの目が特徴の女性のメンバー 優れた記憶力と高い身体能力が特徴。 黒の組織の中での役割は 情報収集など そして 黒の組織NO. 2のラムの右腕!! 警視庁に侵入して機密情報を入手するが、安室との激しいカーチェイスの末、一時的に記憶喪失に陥る。 少年探偵団は黒の組織のメンバーとは知らずにキュラソーと親しくなり、記憶を取り戻した後は少年探偵団達との触れ合いの中で改心して組織を裏切る。 最後は組織に狙われ、弾丸をその身に受けながらも少年探偵団のみんなを助けるために奮闘した。 コードネーム:ピスコ 表の顔は大手自動車メーカーの会長。 しかしその正体は 「あの方」に長年仕えていた黒の組織のメンバー 「酒巻昭氏を偲ぶ会」でターゲットの呑口重彦を始末し、さらに灰原の正体がシェリーだと気付き、彼女を監禁する。 しかしピスコのミスによりコナンに追い詰められていき、最後はジンによって粛清されてしまいます。 コードネーム:アイリッシュ 『名探偵コナン 漆黒の追跡者』に登場。 ノックリストのメモリーカードを入手するために松本清長管理官に変装して警察に潜入。 コナンの正体を工藤新一だと見破り、あの方の元にコナンを連れて行こうとする。 最後はジンに見捨てられ、キャンティに狙撃され、息の根を止められる。 コードネーム:スタウト 『名探偵コナン 純黒の悪夢』に登場。 キュラソーが警察庁に侵入してみたノックリストで潜入していたことがバレる。 コルンによって狙撃され、息の根を止められる。 コードネーム:アクアビット 『名探偵コナン 純黒の悪夢』に登場。 キュラソーが警察庁に侵入してみたノックリストで潜入していたことがバレる。 キャンティによって狙撃され、息の根を止められる。 コードネーム:リースリング 『名探偵コナン 純黒の悪夢』に登場。 キュラソーが警察庁に侵入してみたノックリストで潜入していたことがバレる。 ジンによって息の根を止められる。 姉である宮野明美が亡くなったことを機にAPTX4869を自身に投与し、幼児化し、黒の組織から逃げている。 元黒の組織のメンバー。 現在は阿笠博士と暮らしている。 黒の組織のメンバーでスパイは? 黒の組織には各国の諜報機関などから、多数の捜査官がスパイとして潜入していることも分かっています。 今回はその中でも重要な役割を持つ、主要な人物をご紹介します。 推理力はコナンにも引けを取らず、また射撃の腕も超一流。 黒の組織を滅ぼす可能性も持つ人物として シルバー・ブレット とも呼ばれ方もしてり、黒の組織からも一目置かれている。 潜入の際には名前は 諸星大という偽名で黒の組織に潜入していました。 捜査のために組織の科学者であった灰原の姉である宮野明美と交際しますが、潜入して数年後に正体が露見したため逃走してFBIに戻ります。 しかしこのことが原因で明美は殺されてしまい、彼自身も明美を本気で愛し初めていたため彼女を死に追いやったジンを中心に組織を追っています。 キールによって一度は息の根を止められたと思われていましたが、実はコナンの作戦により死亡を偽装。 大学院生の沖矢昴に変装して新一の家に居候しながら捜査しています。 そして 本堂瑛祐の実の姉 自らのミスにより正体が露見しかけますが、父親の死によりこれをなんとか阻止。 辛うじて組織にとどまります。 また劇場版において潜入者リストが漏洩したことにより、裏切り者として抹殺されかけますが、コナンと赤井の作戦により一命をとりとめ、その後も裏切り者の嫌疑は誤りだったとして引き続き潜入しています。 赤井とは彼が潜入中の頃からライバル関係にあり、同じく潜入していた公安の同僚スコッチの死に赤井が関わっていたことから、彼を憎んでいるようです。 コードネーム:スコッチ 降谷零と共に黒の組織に潜入していた公安警察官。 黒の組織に正体がバレて、組織によって粛清される。 スコッチの死には赤井秀一が関わっている。

次の

【2020最新】名探偵コナン黒の組織の登場回・重要話一覧まとめ

コナン 黒 の 組織 ラム

浅香 浅香は、アメリカの資産家・アマンダ・ヒューズのボディガードであり、17年前にアマンダと羽田浩司を殺害した犯人として追われるも、未だに身元も特定されていないという怪しい人物です。 唯一わかっているのは、女性であるということのみです。 ふたりの死因が原因不明であること、羽田浩司の名前がAPTX4869を飲まされた人物のリストに載っていたことから、アマンダと浩司は組織の人間によってAPTX4869を飲まされ死亡したと推察されます。 単行本90巻File. 2「切り取られた文字」で、コナンと赤井は羽田浩司が残した「ASACA RUM」というダイイングメッセージに気づきます。 また、黒ずくめの組織の幹部であるジンやウォッカも羽田浩司殺害事件のことを口にしており、ラムが関わっていたことは間違いないようです。 「フン…17年前にラムが抜かった仕事なんざ…知った事か…」(『名探偵コナン』第90巻より引用) これにより、浅香とラムは同一人物であり、羽田浩司殺害事件の犯人であるとの推測が成り立ちます。 黒田兵衛 黒田は大事故に遭い、10年近く意識不明で警察病院に入院していた人物で、最近目覚めて警察庁から長野県警に出向した先でコナンと初対面を果たしました。 その数日後には警視正に昇格した松本に代わって警視庁刑事部捜査一課管理官に着任しています。 事故のストレスで黒髪が白髪へと変わり、事故で顔に火傷を負い右目が義眼となっているラム候補のひとりです。 その巨躯と恐ろしい顔つきから、一番ラムのイメージに近いかもしれません。 灰原が言っていたラムの特徴のひとつ、屈強な大男にまさしくぴったり当てはまる人物です。 むしろ、10年近く意識不明だったということから、「ラム」が本物の黒田兵衛とすり替わったと見た方がいいですね。 黒田について特に気になるのは、コナンについて詳しく知っていたということです。 「意外な着眼点で事件解決の糸口を見つけ推理をバックアップする…眠りの小五郎の知恵袋…」 「警察庁ではそう噂されていたよ…江戸川コナン君…」(『名探偵コナン』第87巻より引用) 警察庁というと思い出すのは、警備企画課の「ゼロ」から黒の組織に潜入捜査をしている安室透です。 安室は数々の事件や来葉峠での一件で、コナンがただの小学生ではないことに気がついているので、黒田は安室からコナンについて聞いていたという可能性があります。 そうすると、黒田は安室の上司ではないかという推測が成り立ちます。 もしかすると、10年近く前に黒田が遭った事故というのも、組織絡みのものなのかもしれません。 そうすると、黒田はラムではなく、むしろ組織を追う立場にあるということになります。 しかし、コナンを始めとした子どもたちや周囲の人間には誤魔化しているものの、強盗や殺人犯と相対すると恐ろしげな表情とかなりの戦闘力を見せています。 単行本第93巻では右目が義眼だということが明らかになっており、コナンは先述のドジっ子っぷりは義眼によって遠近感が狂っていたからではないかと推理しています。 また、コナンが推理に行き詰まっているのを意味ありげに見つめ、その後若狭の「ドジ」がコナンのひらめきに繋がっていることもあり、推理力も高いのではないかと推察されます。 その理由は、若狭に対する灰原の態度にあります。 「言っとくけど私、好きだから若狭先生… だから悪く言わないでくれる?」(『名探偵コナン』第93巻より引用) 灰原は組織に近い人間に対して過度に怯えます。 ジンやベルモットはもちろん、過去に所属していた赤井(沖矢)や潜入捜査で組織に潜り込む安室に対しても敏感にその「組織の気配」を感じ取っています。 そんな彼女が、珍しい時期にコナンや灰原の所属するクラスの副担任としてやってきて、なおかつ右目が義眼である怪しさ満載の若狭を擁護しているのです。 灰原は若狭の右目が義眼であると気づいてからしばらく若狭を警戒していたのですが、コナンが推理に夢中になっている間にはすっかりその警戒を解いています。 若狭を警戒するコナンと対照的に、若狭への好意を見せる灰原……コナンと灰原で新登場キャラクターへの態度が違うということで、登場初期の沖矢昴が思い出されます。 沖矢の正体がFBI捜査官・赤井だと知っていたコナンは、過去組織に所属していた赤井(沖矢)に怯える灰原に対してしきりに「大丈夫」と言っていましたが……今回、若狭に対してそれと逆のことが起こっているようですね。 もしかすると、コナンが信頼を見せていた沖矢(赤井)がFBI所属であることを考えれば、若狭も黒ずくめの組織を追う立場にあるのかもしれません。 そうすると、浅香はラムではないということになりますね。 脇田兼則 毛利探偵事務所の横にあるいろは寿司の板前です。 本人曰く「ひどいできものができた」とのことで左目に眼帯をしています。 ラム候補として登場した3人のキャラクターのうち2人が右目を患っているのに対し、1人だけ左目を隠しているキャラクターです。 なかなかの観察力・洞察力を持っており、初登場時には小五郎に推理勝負を挑むも、「眠りの小五郎」に完敗し小五郎に弟子入りすることになりました。 バーボンである安室も同じく小五郎に弟子入りしており、毛利探偵事務所の階下にある喫茶店ポアロでバイトを始めるという経緯を辿っています。 順番は逆ですが、仕事場が毛利探偵事務所の隣、小五郎に弟子入りといった点は安室と類似していることから、ラムではないかという疑いが濃くなっています。 最近になっていろは寿司に来たらしく、前の店員は交通事故で大怪我をして入院しているとのこと。 彼がラムだとすれば、小五郎に近づくために前の店員を事故に遭わせ自分が潜り込んだとも考えられますね。 ラム候補3人の関係性 黒田と脇田はそれぞれ新聞に載った若狭の名前について反応を示しています。 おそらく両者とも、「若狭留美」をアルファベットにすると、羽田浩司が残したダイイングメッセージ「ASACA RUM」が含まれることに気づいての反応だと思われます。 珍しい名前でもないのに注目したということは、両者とも若狭の顔を知っているということになるのでしょうか。 もしも若狭がラム本人であるならばこんな大胆なアナグラムを偽名にすることはないでしょうから、やはり若狭がラムである可能性は低いですね。 反対に、この名前に反応を示したふたりのうちどちらかがラムである可能性が高いです。 若狭の名前に反応したということは、どちらも赤井とコナンがひとつの事件からヒントを得てようやくたどり着いたダイイングメッセージに気づいているということであり、どちらがラムにせよ両者ともかなりのキレ者であるということが分かります。 黒田と若狭は単行本第93巻で邂逅を果たしています。 そのときに若狭は黒田を鋭く睨みつけており、とても初対面とは思えません。 浅からぬ因縁があるように見えますね。 今までの考察に則って考えれば、若狭が罪をなすりつけられた浅香であり、黒田が罪をなすりつけたラムということになりますが……若狭については先述しましたが、黒田に対しても灰原が「組織の気配」を感じ取っていないことには注目したいです。 ラム候補のうち、灰原と未だに顔を合わせていないのは脇田のみ。 以上、ラムについての考察をまとめました。 今後の展開に注目したいところです。

次の