スナップ エンドウ 種まき。 スナップエンドウの種まき方法−時期、発芽適温、発芽日数、発芽難易度−難しい?かんたん?−育て方

スナックエンドウ、スナップエンドウ、絹さやの育て方

スナップ エンドウ 種まき

スナップエンドウ(スナックエンドウ)の栽培方法・育て方1工程目は、土作りです。 スナップエンドウ(スナックエンドウ)は、連作を嫌いますので、最低4年はエンドウを育てていない土を使います。 また、エンドウは乾燥気味の低温を好みますので、特に畑に植える場合は、土の状態とともに、場所も注意しましょう。 スナップエンドウ(スナックエンドウ)に適した土を作るために、種まきの1ヶ月以上前に、苦土石灰を全面に撒いてしっかりと耕し、土壌を中和しておきます。 また種まきの2週間以上前に過リン酸石灰と化学肥料を撒き、しっかりと耕しておきます。 化学肥料などの量は、畑のサイズによって調整しましょう。 スナップエンドウの種まきまでに、畝立てをしておきましょう。 スナップエンドウ(スナックエンドウ)をプランターで育てる場合は、野菜の培養土を用意します。 畑で育てる場合と同様に、連続で育てることはしないようにしましょう。 種まきの仕方で最も重要なのは、種を蒔く時期です。 また、生育した状態では寒さにも弱いので、時期を考えて種を蒔く必要があります。 スナップエンドウ(スナックエンドウ)は、10月から11月の初め頃の秋に種を撒き、苗の状態で冬を越し、温度が上がった4月から5月頃に収穫するのが良いでしょう。 北海道や関東より北の地域では、春先に植えて夏頃に収穫することもできます。 住む地域の温度に合わせて準備しましょう。 スナップエンドウ(スナックエンドウ)の種は、ビール瓶などの底にサイズを合わせて3cmほどの穴を掘り、1つの穴に4〜5個ほどの種を入れ、2cmほど土をかけます。 30cmほど間を開けて、同様にして種を撒きます。 種をまいた後は、しっかりと水やりをします。 1週間から10日ほどで発芽します。 スナップエンドウの芽が出たら、本葉が数枚出るくらいまで育て、一つの穴に2本ほどになるように間引きをします。 生育の悪い場所も間引きして、苗がしっかり育つ環境を作ってあげましょう。 寒すぎる時期は、地面にわらを撒いたり不織布をかけたりしましょう。 暖かい時期になったら、支柱を立ててネットを張ります。 スナップエンドウのつるありの種類の場合は2mほど、つるなしの種類の場合は1mほどの支柱を立てましょう。 ネットに沿ってつるが伸びて育ちます。 開花から25日くらいでサヤエンドウとして収穫できるようになり、その後順次成長していきます。 スナップエンドウは育てすぎると、さやか硬く、食べにくくなりますので、収穫時期には注意しましょう。 スナップエンドウ(スナックエンドウ)を収穫する際は、さやの付け根を指先でつまんで採るか、ハサミで切って収穫することができます。 一つずつ丁寧に収穫してあげると傷がつかずに採れます。 バジルは、一度植えるとどんどん成長し、3〜4ヶ月程度収穫し続けることができます。 収穫したバジルは、ジェノベーゼソースにしたり、そのままサラダに入れたり、ピザやパスタに入れたりと、活躍させることができます。 バジルは、トマトと同じく苗を購入することができ、トマトよりも手をかけずに育てることができます。 風通しがよく、直射日光の当たらないひなたに置いておくと、ぐんぐん成長してくれます。 バジルは、ベランダに作る家庭菜園での栽培もおすすめですが、水耕栽培でも育てることができます。 ペットトボルを使った水耕栽培は、より手軽に室内でも育てることができます。 こちらの記事もチェックして、水耕栽培にもチャレンジしてみてください。 RELATED ARTICLE スナップエンドウ(スナックエンドウ)で家庭菜園を楽しみましょう スナップエンドウ(スナックエンドウ)は、種まきの時期さえ間違えなければ、さほど手もかからず、育てることができる野菜です。 また、他の野菜とは違った時期に栽培を楽しむことができます。 出来上がったスナップエンドウ(スナックエンドウ)は、美味しく料理して食べることができます。 スナップエンドウ(スナックエンドウ)は、未熟なさやの状態のサヤエンドウ、サヤエンドウをさらに育てたスナップエンドウ(スナックエンドウ)、大きく育て、さやの中の豆を食べるエンドウ(グリーンピース)と時期によっても様々な料理に使うことができます。 スナップエンドウで家庭菜園を楽しみましょう。

次の

サヤエンドウの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や病害虫の対策など|育て方Labo(育て方ラボ)

スナップ エンドウ 種まき

スナップエンドウの育て方は意外と簡単なので、自宅のベランダなど、 省スペースでも栽培できます。 ビタミンB1やB2、鉄分も期待できるスナップエンドウ、毎日でも食べたいですよね。 炭水化物、脂質などなどをエネルギーに変えて燃焼してくれるため、 ダイエッターに嬉しいビタミンB1やB2だけではなく、むくみを防止してくれるカリウムも豊富。 家で楽しく子どもとスナップエンドウを栽培しながら、 若々しくがん予防ができたら、一石二鳥ですよね。 そこで今回は、 家のベランダでも気軽に育てられる、プランターでのスナップエンドウの育て方をお伝えします。 初心者のスナップエンドウの育て方 菜園を楽しむ方々の間では、スナップエンドウの育て方と言えば、 秋まきの春の収穫。 まだ涼しい10月(関東圏として)前後に種をまき、 春口に収穫するのが一般的です。 確かに、 スナップエンドウと言えば、春野菜ではないでしょうか。 そのため秋から育てる場合には 冬越しがひとつの壁になります。 けれども春栽培なら、その心配がありません。 ・ さらに、スナップエンドウには 背の低い「つるなし」と、大きく伸びる「つるあり」があるのですが、初心者さんなら 「つるなし」が断然育てやすいです。 特に春栽培のスナップエンドウであれば、 つるなし種を選んでください。 スナップエンドウを育てる準備 全くの家庭菜園初心者さんが「スナップエンドウを育てよう!」と思ったら、 まずはホームセンターへGO!プランターや土など、 必要なものをまとめて準備しちゃうと便利です。 深さは少なくとも 20cm以上あるものを選ぶとバッチリです。 それに合わせて支柱を準備してください。 培養土はスナップエンドウであれば、園芸店やホームセンターで販売されている 「野菜の土」などを準備すれば、問題ありません。 種まきの仕方 種まきの前に、まずは プランターに土を入れて準備をしなければなりません。 土をただ入れるのではなく、 鉢底石をプランターの底に敷き詰め、それから培養土を入れればOK! ウォータースペースとして、プランターのふちから数センチ下がったところまで、培養土を入れたら、そこに 水をたっぷり掛けて土を慣らしたら、種まきに入ってください。 ・ ひと穴4粒程度を埋めれば種まき完成!1週間前後で発芽してきたら、良く伸びている苗を残して 「間引き」。 風通しを良くします。 本葉が4枚ほど伸びてきたら、 根本に土を盛る「土寄せ」を行うとなお、生育良く育ってくれるはず。 おがくずなどでも大丈夫です。 スナップエンドウの収穫まで スナップエンドウは つるなしでも支柱立ては必須。 つるなしの場合だと1mサイズのものを 周囲に二本立てるくらいがベストです。 しっかりと立てることさえ気を付ければ、 勝手に絡みついてくれるはず。 支柱を立てて、いよいよスナップエンドウの花が咲き始めたら、次は 追肥!肥料を与えながら土の様子を見て、足してあげたりしてみてください。 そして、 いよいよ収穫の時期がきます。 ・ このタイミングを逃すと甘みを感じられないスナップエンドウに…。 花が咲いてから一か月前後、がベストタイミングです。 いかがでしたでしょうか、今回は意外にも プランターで育てやすい、プランターでのスナップエンドウの育て方をお伝えしました。 初めての家庭菜園はもちろん、ミニトマトなど苗からの野菜は育てたことはあるものの、 「種まきから始めたい!」と言う方々にも、1週間で発芽するスナップエンドウの育て方は簡単でおすすめ。 日本ではスナップエンドウは あまり日頃使わない…、と言う方もいますが、絹さやの仲間。 筋を取って保存しておけば、 絹さやと同じ感覚でいくらでも活躍してくれます。 スナップエンドウの育て方では 通気性が大切なポイントなので、摘心を上手に行って、常に風通しと 日当たりを良く育てていけば、きっと 美味しいスナップエンドウを収穫できるに違いありません。 まとめ スナップエンドウ、育て方のポイント ・初心者なら春種まきのつるなしがおすすめ ・種、プランター、野菜の土、支柱を準備 ・穴と穴の間隔は30cm前後が目安 ・風通しを常に良くし、最初は間引きをする ・本葉が4、5枚出てきたら、「土寄せ」 ・花が咲いて一か月ほどが、収穫のタイミング ・収穫のタイミングを逃すと、甘みが少ない.

次の

スナップエンドウの育て方☆種まき(10月・11月)

スナップ エンドウ 種まき

日向を好む• 連作障害:あり• マメ科の植物• 輪作は4年~5年あける• 種まき時期が遅れたり早すぎたりしないように注意 日当たり 日向を好みます。 冷涼な気候を好み、寒さには強い野菜で、苗が小さいうちは積雪にも耐えられます。 あまり早く種まきして、冬を迎える前に苗が大きくなりすぎると、冬の霜や積雪で、苗が枯れてしまします。 大きくなってからは、積雪には耐えられませんので、種まき時期は非常に重要です。 連作障害 マメ科の植物で、連作障害があります。 同じマメ科の植物を4年から5年間育てていない場所に植えつけてください。 栽培期間 スナップエンドウの栽培期間は、種まきから180日前後です。 秋植えの植え付けが遅れたり、早すぎるとうまく冬越しできなかったり、春に成長するのが遅れたりします。 重複しますが、種まきや植え付けの時期が重要です。 畑の準備• 追肥の時は肥料焼けに注意• あまり肥料を必要しない• 追肥は年内に2回だけ• 1回目の追肥は本葉が2,3枚程度のころ• 2回目の追肥は本葉5,6枚のころ• 追肥量はいずれも一株当たり50から60gが目安です• 追肥は根を痛めないように、株元にパラパラまいて軽く土になじませる 追肥の時期 1回目の追肥は、本葉が2,3枚ぐらいにそろってきた頃です。 2回目の追肥は、そのあとは本葉5,6枚になるころでいずれも年内に行きます。 追肥の方法 根が浅く横の広がって成長します。 根を痛めやすいので、肥料焼けや根を傷つけないように注意してください。 追肥する際は、化成肥料を株元に約60g、軽く片手一握り程度を株元に播いて、土となじませて軽く土寄せしておきます。 2回目に追肥する場所は、外に向かって広げていくと良いでしょう。 マルチを利用している場合は、植穴を少し広げてやると、そこから追肥することができます。 スナップエンドウの水やり・トンネル・支柱・間引き・受粉などやその他の作業• 栽培期間が長いので、マルチなどで雑草の侵入を防ぐと除草の手間が省ける• 種が発芽するまでは防鳥対策をしておいたほうが安心です• 支柱とネットが必要です 水やり 水やりは、種播きから苗が完全に定着するまでの間、乾燥したらたっぷり水やりしてください。 苗が定着してからは、水やりは必要ありません。 土寄せ 強い茎を作るためにも、株が小さい頃は、追肥の際に軽く土寄せをしておきます。 根を痛めないように注意が必要です。 支柱 支柱は春に目が大きくなってきたら立てると良いでしょう。 合掌型か、垂直に複数の支柱を立てて、ネットを張ります。 トンネル 防鳥対策として、発芽して苗がある程度大きくなるまでは、不織布などでカバーして栽培する事をお勧めします。 間引き 種まきから育てる場合は、間引きながら1本立ちにして苗を作ります。 その他の作業 特にありません。 栽培はいたって簡単です。 初心者の方にもおすすめできる野菜です。 スナップエンドウの収穫 スナップエンドウの収穫は簡単で、さやが膨れてきたものから収穫していきます。 開花から約10~15日が収穫適期です。 開花日を記録しておくと、初めはわかりやすいのですが、あとは、大きさで判断しなければいけません。 Advertisement 関連する記事• 目次 1. かき菜栽培の特徴2. かき菜の栽培カレンダー3. かき菜の植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. 3[…]• 目次 1. カブ栽培の特徴2. カブの栽培カレンダー3. カブの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. 連[…]• 目次 1. なばな栽培の特徴2. なばな(菜花)の栽培カレンダー3. なばなの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3[…]• 目次 1. 大根栽培の特徴2. ダイコンの栽培カレンダー3. ダイコンの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. […]• 目次 1. なばな(白菜)栽培の特徴2. 白菜なばなの栽培カレンダー3. 白菜なばなの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生[…].

次の