煽り運転 ナンバー ランキング。 【当然の結果】1万台のデータより煽り運転車カスに多いナンバーは?8888(笑)8008(笑)…1(笑)

【衝撃】「煽り運転」をする「車種」と「ナンバー」のランキングがこちら!結果が意外過ぎる件wwwwwww: GOSSIP速報

煽り運転 ナンバー ランキング

Photo:PIXTA あおり運転増加1位は静岡! 摘発強化で468件増える 2017年6月、神奈川県の東名高速道路で、ワゴン車があおり運転を受けて、無理やり停止させられた。 後続のトラックに追突され、ワゴン車に乗っていた夫婦が死亡する大事故となった。 この事故をきっかけに、あおり運転は社会問題として広く認知されるようになる。 警察も重大事故につながる危険行為として取り締まりの強化に動いた。 全国の警察が18年に道路交通法違反(前方を走る車との距離を詰め過ぎる「車間距離不保持」)で摘発した件数は、1万3025件。 前年比1. 8倍に増えた。 19年はさらに増加し、1万5065件に上っている。 今回は、19年と18年の摘発件数を都道府県別に比較して、あおり運転増加ランキングを作成してみた。 18年比で増加件数が多かった県を確認してみよう。 1位は静岡県で468件増。 19年の摘発件数は1684件となった。 このうち危険性がより高い、高速道路上での摘発は1641件だった。 同県には、東名高速道路と新東名高速道路が走っており、高速での運転になりやすい場所が多数ある。 静岡県警は、摘発件数の増加について「あおり運転に起因する重大事故や事件が多発しているため、高速道路で取り締まりを強化した結果だ」(同県警交通指導課)と説明する。

次の

運転マナーの都道府県別ランキング!運転マナーの悪い県ナンバー1はどこ?

煽り運転 ナンバー ランキング

「あおり運転」(妨害運転)は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為です。 車を運転する際は、周りの車等に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、安全な速度・方法での運転を心掛け、十分な車間距離を保つとともに、不必要な急ブレーキや無理な進路変更等は絶対にやめましょう。 妨害運転罪の創設 令和2年6月10日に公布された道路交通法の一部を改正する法律により、妨害運転(「あおり運転」)に対する罰則が創設されました。 これにより、令和2年6月30日から、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取締りの対象となり、最大で懲役3年の刑に処せられることとなりました。 また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。 さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなりました。 妨害運転のような悪質・危険な行為により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられることがあります。 令和2年改正道路交通法リーフレットA 令和2年改正道路交通法リーフレットB 妨害運転等に対する厳正な指導取締り 警察では、他の車両等の通行を妨害する目的で行われる悪質・危険な運転に対して、今回創設された妨害運転罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等のあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底することとしています。 また、妨害運転等の悪質・危険な運転を未然に防止するため、車間距離不保持、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反等の道路交通法違反について、積極的な交通指導取締りを推進しています。 さらに、今回の道路交通法改正に伴い、妨害運転をしたものは、当該行為のみで運転免許の取消処分の対象となることから、このような運転を行う悪質・危険な運転者を早期に排除するため、迅速に行政処分を行うこととしています。 安全な場所から110番通報・ドライブレコーダーを積極活用 妨害運転を受けるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難するとともに車外に出ることなく、ためらわずに110番通報をしてください。 また、ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。 事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう。

次の

|GoAuto

煽り運転 ナンバー ランキング

「あおり運転」(妨害運転)は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為です。 車を運転する際は、周りの車等に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、安全な速度・方法での運転を心掛け、十分な車間距離を保つとともに、不必要な急ブレーキや無理な進路変更等は絶対にやめましょう。 妨害運転罪の創設 令和2年6月10日に公布された道路交通法の一部を改正する法律により、妨害運転(「あおり運転」)に対する罰則が創設されました。 これにより、令和2年6月30日から、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取締りの対象となり、最大で懲役3年の刑に処せられることとなりました。 また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。 さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなりました。 妨害運転のような悪質・危険な行為により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられることがあります。 令和2年改正道路交通法リーフレットA 令和2年改正道路交通法リーフレットB 妨害運転等に対する厳正な指導取締り 警察では、他の車両等の通行を妨害する目的で行われる悪質・危険な運転に対して、今回創設された妨害運転罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等のあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底することとしています。 また、妨害運転等の悪質・危険な運転を未然に防止するため、車間距離不保持、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反等の道路交通法違反について、積極的な交通指導取締りを推進しています。 さらに、今回の道路交通法改正に伴い、妨害運転をしたものは、当該行為のみで運転免許の取消処分の対象となることから、このような運転を行う悪質・危険な運転者を早期に排除するため、迅速に行政処分を行うこととしています。 安全な場所から110番通報・ドライブレコーダーを積極活用 妨害運転を受けるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難するとともに車外に出ることなく、ためらわずに110番通報をしてください。 また、ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。 事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう。

次の