ときめきポイントタウン。 イオンカードのときめきポイントからJALマイルに移行する方法

ときめきポイントTOWN|ログイン

ときめきポイントタウン

各種イオンカードで得られるときめきポイント。 このときめきポイントの使い道を調べていった時に登場するのがWAONポイントやWAON POINTです。 「 WAONポイントとWAON POINTって、文字にしないと違いがわからないじゃないか!」と思う方も少なくないことでしょう。 ちなみに私も初めて聞いた時は、「 なぜこんなややこしい名称を…?」と疑問に感じたのが事実です。 そこでここでは、ちょっと頭がごちゃごちゃになってしまいそうなこれらのポイントの違いをハッキリさせていきたいと思います。 各種ポイントの差別化が明確にできれば、今まで以上にポイントを効率よく活用していくことができることは間違いありませんよ。 ときめきポイント:各種イオンカードで貯まるポイント• WAONポイント:電子マネーのWAONで貯まるポイント• WAON POINT:イオン系列における現金払いでつくポイント もちろん、この一言だけで説明を終えるつもりは毛頭ありません。 以下、それぞれのポイントについて、深掘りしていきますよ。 ときめきポイント ときめきポイントは、数十種類にも及ぶ各種イオンカードの決済で得られるポイントです。 基本還元率は0. クレジットカードの決済で獲得できるポイントであるため、何もイオン系列にこだわる必要はありません。 イオンカードを利用すればどんな支払いに対しても、ときめきポイントとして付与されるため、他の2種類のポイントと比較し、 最も貯めやすいポイントだと言えます。 また、各種イオンカードはイオン系列において常に2倍の還元率を得られることや、毎月10日の『 ありが10デー』に至っては、獲得ポイントが5倍になることも忘れてはいけません。 以上を考慮に入れると、最速で節約効果を高める上では、イオンカードの利用は必須であることは言うまでもないでしょう。 イオンカードで得られるキャンペーン等については『』の記事で詳しく紹介しています。 WAONポイント WAONポイントは、の決済で貯めることができるポイントです。 基本還元率は0. 後述するWAON POINTの場合は、貯まったポイントをそのまま活用することができますが、 電子マネーで貯まるWAONポイントに関しては、都度WAONへのチャージが必要となります。 ちなみに、WAON POINTの会員登録を済ませておくか、WAON一体型のイオンカードによるWAON決済であれば、ダイレクトにWAON POINTを貯めることができるようになりますよ。 本来300円かかるWAONを無料で作る方法は『』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。 WAON POINT WAON POINTは、加盟店における現金による支払いでも貯まるポイントです。 ピンクを基調としたWAON POINTカードを無料で入手し、それを支払い時に提示するだけでオッケーです。 還元率は0. TポイントやPontaポイントのようなイメージで、ポイントカードを提示することによって貯まるショッピングポイントと思っていただければわかりやすいかもしれませんね。 鋭い方ならここでお気付きの通り、「 ポイントカードを提示するだけ」でポイントが獲得できるため、支払い方法としてクレジットカードを選択すれば、 ショッピングポイントに加え、クレジット決済分のポイントが重なり、ポイントの2重取りが成立します。 また、他の2種類のポイントと差をつける特徴として、月間利用額に応じたボーナスポイントが得られることも記載しておきましょう。 こちらは、500円(税込)につき、1ポイントが付与される仕組みになっています。 還元率としては0. たとえば、ある月に加盟店で1万円の利用をしたとしましょう。 WAON POINTカードを提示し、現金払いをします。 ここで得られるポイントは、以下になります。 これを毎月積み重ねていけば、着実に節約効果を高めることができるのは間違いありません。 WAONポイントカードの発行方法は『』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。 一番使いやすいポイントはどれ? さて、以上の説明で3種類のポイントの違いがだんだんわかってきたかと思います。 ところで、結局のところは、一番使いやすいポイントはどれなのでしょうか? ここでは、3種類のポイントの比較をしながら、 あなたにとってどのポイントが最も有益かを示していきたいと思います。 本記事の核となる内容なので、しっかりと読み進めてみてくださいね。 即使えるのはWAON POINT 「 即使える」という意味においては、WAON POINTを推したいと思います。 なぜなら、他の2種類のポイントとは異なり、 他のポイントへ移行することなく、1ポイント1円として加盟店で活用できるためです。 何も考えずにスイスイポイントを使いたいとか、面倒な交換手続きを介したくないといった方であれば、間違いなくWAON POINTがおすすめです。 まずは、無料でゲットできるWAON POINTカードを取得しましょう。 交換先が幅広いのはときめきポイント 「 幅広い交換先を持っている」という意味においては、ときめきポイントに軍配が上がります。 他の2種類のポイントに交換することもできますし、各種商品券やマイル、日常で役立つ商品などに交換するという手段もあります。 一点デメリットをあげるとするならば、 最低でも1,000ポイント以上のまとまったポイントがなければ、交換することができないということです。 1,000ポイントを集めようと思えば、基本還元率から考えると20万円分のクレジット決済が必要であるため、そこまで頻繁にクレジットカードを利用しない方にとっては少々長い道のりになるかもしれません。 逆に、様々な支払いを常にクレジットカードに集約するような方であれば、ポイントもスイスイ積み上がっていくため、特にこの点を気にする必要はありません。 「 貯まりに貯まったときめきポイントをどのように使おうか…。 」と楽しい妄想を膨らませることができるのも、ときめきポイントの魅力と言えますね。 ときめきポイントの損しない使い道は『』の記事で更に詳しく紹介しています。 貯めたときめきポイントの交換方法 さて、ときめきポイントに様々な交換先があることは前述した通りです。 ここでは、貯めたときめきポイントの交換方法について、解説を加えておきましょう。 ときめきポイントには、以下のような交換先があります。 イオン公式ホームページのMy Pageへログインする• WAONポイントへ交換への「交換手続きへ進む」をクリック• 「交換するときめきポイント数」より、交換したいポイント数を選択する• 交換するポイント数と交換先を確認する。 正しければ「手続き申し込み」ボタンをクリック• WAONステーションでWAONポイントをダウンロードする ここまでです。 1,000ポイント以上500ポイント単位で交換することができ、レートは1,000ときめきポイントに対し、1,000WAONポイントとなっています。 WAON POINT ときめきポイントをWAON POINTへ移行する場合も、基本的な流れはWAONポイントの場合と同様です。 1,000ポイント以上500ポイント単位で交換することができ、レートは1,000ときめきポイントに対し、1,000WAON POINTとなっています。 こちらはダウンロードによる受け取り手続きが不要で、交換の申請をした翌日に、WAON POINTとして反映される仕様となっています。 WAON POINTは電子マネーのWAONとしてチャージすることもできますし、そのまま加盟店で活用することもできるのが嬉しいですね。 マイル ときめきポイントは、JALマイルへ移行することもできます。 JALマイルへの交換は、事前にJALマイレージバンクへの登録が必要となります。 登録を済ませてから、My Pageへログインし、交換申請を進めていきましょう。 1,000ポイント以上、500ポイント単位で交換することができ、レートは1,000ときめきポイントに対し、500JALマイルとなっています。 交換手続きが可能なのは1日1回で、JALマイルとして反映されるのに1〜2ヶ月程度の期間を要することには注意が必要です。 商品券 以下のような商品券やギフトカードにも交換することが可能です。 キッチン• ファッション• リビング• ペット• フード 気になるアイテムの一覧は、 公式ホームページから確認することもできますし、商品カタログを取り寄せることも可能です。 欲しい商品が見つかったら、My Pageへログインし、他の交換先と同様の流れで交換申請の手続きを進めていきましょう。 ときめきポイントはそのままでも使える! 様々な交換先が用意されているときめきポイントですが、 交換手続きを踏まずに、そのまま活用することもできます。 こちらも1,000ポイント以上のまとまった単位でなければ使えませんが、イオンのショッピングサイト『 イオンスクエア』の各店舗で買い物ができるのです。 対象となっている主な店舗は以下の通り。 ネット通販でサクッとポイントを活用したい方にとっては、こちらの方法がおすすめかもしれませんね。 AEON de WINE• AEON BIKE• AEON Retail Fashion Shop• AEON BODY• AEON STYLE fashion 便利に使えるときめきポイントをザクザク貯める方法を『』の記事で更に詳しく紹介しています。 貯めたWAONポイントの交換方法 続いては、貯めたWAONポイントの交換方法を確認していきましょう。 WAONポイントはそのまま使うことはできず、必ず電子マネーのWAONにチャージするという過程を踏む必要があります。 以前まではまとまったWAONポイントが必要でしたが、 現在では1ポイント単位でWAONへチャージできるようになり、非常に使い勝手がよくなりました。 WAONポイントから電子マネーのWAONへ 貯まったWAONポイントは、1WAONポイントより、以下のツールで電子マネーのWAONへチャージすることができます。 AEON• ダイエー• マックスバリュ• グルメシティ• ピーコックストア• KOHYO• まいばすけっと• マルナカ• ビブレ• OPA• ミニストップ• ファミリーマート• ローソン• サークルKサンクス• ウェルシア• ツルハドラッグ• BIG• スポーツオーソリティ• ビックカメラ• コジマ• エディオン• ジョーシン• はるやま• TSUTAYA• 新千歳空港• 羽田空港• 成田国際空港• 関西国際空港• 那覇空港• NEXCO• マクドナルド• 吉野家• キッチンオリジン• かっぱ寿司• ステーキのどん• フォルクス• 上島珈琲店• 快活CLUB• ラウンドワン• ルートインホテルズ• ヤマト運輸• コスモ石油 ご覧の通り、非常に幅広いジャンルにおいて活用することができます。 電子マネーが本当に便利な世の中になりましたね。 貯めたWAON POINTの交換方法 最後にWAON POINTの交換方法を確認していきましょう。 WAON POINTはそのまま加盟店において、1ポイント1円として使うこともできますが、電子マネーのWAONに交換して使うことも可能となっています。 2つ以上の選択肢があるのは嬉しいですね。 次項では、電子マネーのWAONへ交換する方法を解説していきますよ。 WAON POINTを電子マネーのWAONに交換する WAON POINTを電子マネーのWAONに交換する方法は、WAONポイントを電子マネーのWAONに交換する流れと同様です。 WAONステーションやイオン銀行のATMなど、あなたが活用しやすいツールを使い、交換手続きを済ませましょう。 電子マネーのWAONを普段使いしている方であれば、月間利用額に応じたボーナスポイントがもらえるWAON POINTカードでポイントを集めた上で、WAONにチャージして活用すると、節約効果を高めていきやすいと言えますね。 WAON POINTが使える加盟店 WAON POINTが使える主な加盟店は以下の通りです。 普段使いしている店舗があれば、WAON POINTをわざわざ交換する手間が省けて非常に便利ですね。 イオン• OPA• おひつごはん四六時中• グルメシティ• KOHYO• BIG• マルナカ• スポーツオーソリティ• ダイエー• ツヴァイ• ニッポンレンタカー(web予約時)• はるやま• ピーコックストア• ビブレ• まいばすけっと• マックスバリュ• ミニストップ まとめ 文字に起こしてもややこしいWAONポイントとWAON POINT、そしてときめきポイントの違いと活用法は理解できたでしょうか。 クレジットカード、電子マネー、ポイントカードそれぞれで貯まるポイントが違いますが、イオンで利用できるのは変わりません。 ぜひあなたに合ったポイントをザクザクと貯めてみてくださいね。

次の

ときめきポイントがwaonに交換できない!?【ときめきポイントを電子マネーWAONに交換する方法】

ときめきポイントタウン

イオンカードを持っている方であれば、「ときめきポイント」について詳しくチェックしておきたいところです。 なお、「ときめきポイント」とはイオンカードの発行するクレジットカードを利用すると貯まるポイントで、数に応じてさまざまな商品と交換ができます。 当記事ではときめきポイントの基本に効率良く貯める方法、おすすめの交換方法に使い方を徹底解説します。 イオンカードを持っている方も、これから作ろうとしている方もぜひチェックしてください。 イオンカードで貯まる「ときめきポイント」とは 「ときめきポイント」とは、イオンカードの利用金額に応じて貯まるポイントのことです。 なお、イオンが発行するクレジットカードは種類が多く、イオンカード・イオンカードセレクトをはじめ、他社と提携するイオンSuicaカード・イオンE-NEXCOpassカード、そのほかにもイオンJMBカードのような、マイルが貯まるカードもあります。 そのいずれも店頭でのショッピングはもちろん、公共料金に携帯電話の料金、家賃などでも、イオンカードで支払いをすることでポイントが貯まります。 そして、ときめきポイントが貯まったら、素敵な商品と交換したり電子マネーへ移行したり、そのほかにもイオンのオンラインショッピングの支払いなど、さまざまな目的に利用可能です。 こちらでは、最初にときめきポイントの基本情報を詳しく解説します。 ときめきポイントの還元率 ときめきポイントは、イオンカードを200円(税込)利用するごとに1ポイント付与されます。 毎月のカード利用金額の総額で付与されるのではなく利用するごとに付与されることになり、イオンカードで1,000円のショッピングをしたら付与されるのは5ポイントです。 ポイント還元率は0. 5%が基本ですが、イオングループで利用するとポイント還元率が2倍の1%になったり、その他にもポイントアップとなる日があったりします。 ポイントをお得に貯められる日を知り、工夫しながら使えばときめきポイントをより効率良く貯めることができるでしょう。 JR東日本、SMART ICOCAのクイックチャージのポイント還元率は0. 25% 以下のJR東日本での利用の場合、400円の利用ごとに1ポイントの付与となります。 ・JR東日本の券売機 ・みどりの窓口 ・びゅうプラザ ・VIEW ALTTE(ビューアルッテ)のSuicaチャージ ・モバイルSuica また、SMART ICOCAのクイックチャージをした際も同様に400円ごとに1ポイントの付与で、0. 25%の低めの還元率となっています。 もしもJR東日本で利用するのであれば「ビックカメラSuicaカード」、SMART ICOCAのチャージであれば「リクルートカード」を利用するのがポイントを貯めるにはお得です。 ときめきポイントのたまらないイオンカードもある イオンカードのすべてでときめきポイントが貯まるわけでなく、以下の4枚についてはときめきポイント対象外となります。 Gマーク付)は日本航空のマイル=JALマイル、JQ SUGOCAとJMB JQ SUGOCAはJR九州のJRキューポが貯まるシステムです。 そのため、ときめきポイントの付与がされません。 ときめきポイント付与の対象外となる支払いも 内容によって、ときめきポイント付与の対象とならない支払いもあり、それがキャッシングにローンの利用、集金代行に関わる支払いです。 そのほかにも、税込み200円未満の利用の場合はポイントは切り捨て扱いとなって付与されないので注意してください。 ときめきポイントと「WAONポイント」の違い イオンで貯められるポイントは、ときめきポイント、WAONポイント、電子マネーWAONポイントの3種類です。 WAONとはイオンの提供する電子マネーです、イオンの電子マネーWAONを使うと貯まるポイントがWAONポイントとなります。 ときめきポイントとWAONポイントは異なるポイントですが、それぞれの特徴や使い方がよくわからないという方もいることでしょう。 そこで、こちらではポイント3種類の特徴まとめてみたので、ぜひチェックしください。 貯まったときめきポイントは商品や電子マネーに交換したり、ショッピングサイト「イオンスクエア」の値引きとして利用できたりします。 イオン店頭のショッピングの値引きとしての利用はできません。 WAONポイントはイオンをはじめ、WAONポイントの加盟店でWAONポイントカードを提示し、現金などで支払いをすると貯まるポイントです。 WAONポイントは、加盟店でショッピングをする際に1ポイント1円として利用できます。 使い方は加盟店のレジでWAONポイントカードを提示して、ポイント利用の旨を伝えてください。 また、電子マネーとして利用する場合、電子マネーWAONへのチャージが必要です。 電子マネーWAONは、電子マネーWAONで支払いをすると、WAONポイント加盟店でWAONポイント、そして、その他の店舗では電子マネーWAONポイントが貯まります。 なお、これらのポイントはWAONにチャージした後に電子マネーとして再利用が可能です。 ときめきポイントを効率良く貯める方法 こちらでは、ときめきポイントを効率良く貯める方法を解説します。 イオングループでイオンカードを利用:ときめきポイント2倍付与 イオングループでのショッピングにイオンカードを利用すれば、ときめきポイントは基本の2倍付与されます。 基本は200円(税込)ごとに1ポイント貯まるので、対象店舗で利用すれば付与されるのは2ポイントとなり、ポイント還元率は1%になる計算です。 イオンだけでなく、大手コンビニエンスストアのミニストップ、ダイエーにOPAなど多数あるので、利用機会も多いでしょう。 以下でときめきポイント2倍付与の対象店舗を紹介します。 スーパー ・イオン ・イオンスタイル ・ダイエー ・グルメシティ ・マックスバリュ ・イオンスーパーセンター ・ザ・ビック ・アコレ ・ピーコックストア ・マルナカ ・KASUMI ・KOHYO ・まいばすけっと ・山陽マルナカショッピングセンター ・イオンモール ・イオンタウン コンビニエンスストア ミニストップ 専門店 ・イオンリカー ・イオンバイク ・R. U ・スポーツオーソリティ ・未来屋書店 ・イオンコンパス ・イオンシネマ ・イオンペット ・イオンボディ ドラッグストア ・ハックドラッグ ・ウエルシア薬局 ホームセンター ・サンデー ・ホームワイド ファッションビル OPA ファッション ・タルボット ・ikka 通信販売 ・saQwa 飲食店 ・四六時中 毎月10日は「ありが10デー」:イオンでときめきポイント5倍 毎月10日は「ありが10デー」となり、ときめきポイントが一部の店舗で5倍付与となります。 200円(税込)の支払いごとに付与されるのが5ポイントで、ポイント還元率は2. 5%の高さになるのです。 北海道・九州地区を除くイオン、イオンスタイルなどが実施店舗となっています。 「ときめきポイントクラブ」加盟店で付与率が2~3倍になる イオンだけでなく、「ときめきポイントクラブ」の加盟店で利用すればポイント優待の対象です。 登録なども特に必要なく、加盟店でイオンカードを利用すればときめきポイントの付与率が自動的にアップします。 以下でときめきポイントクラブ加盟店と優待内容を解説しましょう。 ・日本航空 ポイント優待:2倍 条件:JAL国内線航空券を「クレジットカード・チケットレス」で購入、イオンJMBカード、JALグループ国内線カウンター、旅行会社での利用は対象外・RHトラベラー株式会社 ポイント優待:3倍 条件:電話または公式ホームページからの申込みのみ ・近畿日本ツーリスト ポイント優待:2倍 条件:対面販売、他社パッケージツアー、ときめきポイントタウン経由での購入は対象外、KNTカードは3倍 ・サンエックスネットショップ ポイント優待:2倍 条件:なし ・コスモ石油 ポイント優待:2倍 条件:コスモ・ザ・カード・オーパス、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」は対象外 ・ツヴァイ ポイント優待:2倍 条件:なし ・アート引越センター ポイント優待:2倍 条件:なし ・ワタミグループ ポイント優待:2倍 条件:なし ・神戸・三宮センター街 ポイント優待:2倍 条件:なし ・タカキュー ポイント優待:2倍 条件:なし ・ルネサンス ポイント優待:2倍 条件:クラブ内での物品購入利用のみ、会費、ロッカー利用は対象外 ・得タク ポイント優待:3倍 条件:なし 「ときめきポイントTOWN」を経由のネットショッピングでポイント最大21倍 ネットショッピングを利用する方でしたら、イオンカード会員専用ショッピングモール「ときめきポイントTOWN」を利用することで、より効率良くポイントが貯まります。 方法は簡単で、ネットショッピングをする際にときめきポイントTOWNを経由して、いつものように手続きをするだけです。 それで、ときめきポイントが最大21倍付与されるので利用せずにはいられないでしょう。 対象ショップも生活に身近なところが多く、楽天にAmazon、ユニクロオンラインショップなど、450以上もそろっています。 Web明細を利用して毎月10ポイント獲得 Web明細(環境宣言)に登録して請求明細書の郵送をストップすれば、請求発生月はときめきポイントを10ポイント獲得できます。 ポイントとしては決して多いとは言えませんが、登録することでWeb上から24ヶ月分の明細を確認できます。 特に面倒な手続きも必要ないのでぜひ登録すると良いでしょう。 ときめきポイントの交換方法と使い方 ときめきポイントが貯まったら、商品や他のポイントと交換したり、ネットショッピングで現金代わりとして利用できたりします。 また、イオンカードを2枚以上持っている場合、カード名義人が同じ場合のみ各カードのポイントの合算が可能です。 こちらでは、ときめきポイントのおすすめの交換方法と使い方について解説します。 貯まったときめきポイントの確認方法 ときめきポイントの残高が知りたい場合、郵送で送られてくる請求明細書、暮らしのマネーサイトの「MyPage」、自動音声応答サービスのテレホンアンサー、公式アプリの「イオンウォレット」などで確認が可能です。 ときめきポイントの有効期限 ポイントの有効期限は重要となり、失効してしまうとそのポイントを利用できないので注意しなくてはなりません。 なお、ときめきポイントの有効期限は会員本人の誕生月を基準に決定し、イオンカードの公式サイトにも以下のような記載があります。 ・ときめきポイントの有効期限(応募期限)は、ポイント獲得期間に応じて最大で2年間 ・カード名義人の誕生月11日から翌年誕生月の10日までに獲得したポイントは、ポイント獲得期間開始日の翌々年の誕生月末日が有効期限 たとえば、カード会員本人の誕生月が7月の場合、2019年7月11日〜2020年7月10日までに付与されたポイントは2021年7月31日が有効期限です。 また、家族カードを利用した分のポイント会員本人のカードに集約されるため、有効期限も本人カードと同じになります。 ポイントの有効期限は請求明細書やMyPageなどにも記載されているので、定期的にチェックしましょう。 おすすめの使い方は電子マネーWAONへの移行 ときめきポイントをWAONにチャージして、電子マネーとして利用できます。 電子マネーWAONにすることで、イオンだけでなくローソンにファミリーマートなどのコンビニエンスストア、マクドナルドなど全国約44万か所での支払いに使えるのでおすすめです。 交換比ももちろん1:1ですし、交換手数料などのお金もかかりません。 また、ときめきポイントをWAONにチャージするには以下の手続きが必要ですので、次で詳しく解説します。 1:ときめきポイントを「WAONポイント」に交換する ときめきポイントをWAONポイントに交換する手続きはMyPage、テレホンアンサーからおこないます。 郵送の手続きは受け付けていないため注意してください。 交換可能なのは1,000ポイント以上500ポイント単位となり、1回あたりの交換上限は49,000ポイントになります。 2:WAONステーションでポイントを受け取ってからチャージ 1で交換したWAONポイントをWAONステーションなどの端末で受取ったらチャージをしてください。 そうすることで、WAONポイントは電子マネーに変換されるからです。 ポイントチャージの可能な端末は、WAONステーション、イオン銀行ATM、Famiポート、WAONチャージャーminiの4つになります。 WAONポイントの受取期限 ポイント交換完了日4月1日~9月30日:翌年3月31日 ポイント交換完了日10月1日~翌年3月31日:翌年9月30日 その他ポイントに商品、商品券に交換 ポイントへの移行、商品に交換する場合はMyPageやテレホンアンサー、郵送で申し込みをしてください。 なお、ときめきポイントと交換できるポイント、商品が以下のとおりです。 ときめきポイントから移行できるポイント 電子マネーWAONだけでなく、ローソンなどで利用できるdポイントにイオンでのショッピングに役立つWAONポイント(電子マネーWAONポイントは含まれない)へ移行可能です。 その中でも注目したいのがイオンNEXCO西日本カード(WAON一体型)のETCマイレージサービス無料通行分への移行、イオンE-NEXCO passカードのE-NEXCOポイントへの移行で、ポイントが1. 2倍になります。 なお、ときめきポイントから移行できるポイントと交換比は以下でチェックしてください。 ポイント交換比は(ときめきポイント:他社ポイント)としています。 2 1,000ポイント以上、500ポイント単位で交換、イオンE-NEXCO passカードのみ JRキューポ 1:1 1,000ポイント単位で交換、オンSUGOCAカードのみ 商品券、ギフトカードに交換 イオン商品券にJCBギフトカードなどと交換できますが、その中でも還元率が良くて交換手数料がかからないのがワタミグループのお食事券をはじめ、イオンシネマの映画鑑賞券、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのチケットなどです。 ワタミグループお食事券:1,500ポイント=2,000円分 イオンシネマ映画鑑賞券(ペア):3,000ポイント=3,600円(税込)相当 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM スタジオ・パス(1名分):6,700ポイント=7,400〜8,700円(税込)相当 まとめ ときめきポイントはイオンカードの利用で貯まりますが、工夫することでさらにお得に利用できることがわかったのではないでしょうか。 イオンカードはスタンダードなカードをはじめ、キャッシュカード一体型カード、そのほかにも提携カードがあるなど種類も豊富です。 自分自身のライフスタイルに合ったカードを選べば、ときめきポイントがより貯めやすい状態になるでしょう。 また、イオンカードの新規入会・利用でときめきポイントがプレゼントされるキャンペーンも多く実施されていて、カードによっては大量ポイントを獲得できる場合もあります。 イオンカードでポイントを貯めることに興味がある方は、ぜひこの機会に申し込んでみてください。

次の

イオンときめきポイントとは?お得なため方、ポイント交換方法を紹介

ときめきポイントタウン

ときめきポイントTOWN 以下「本サービス」 は、イオンクレジットサービス株式会社が運営するインターネットサイトです。 本サービスに掲載されている、各提携先のウェブ サイト 以下「提携企業サイト」 の情報は、それぞれの掲載企業サイトの基準に準拠しております。 本サービスはイオンマークの付いたカードのインターネットサービス「イオンスクエアメンバー」へご登録いただいている会員様のみご利用いただけます。 以下の場合は本サービスによるときめきポイン付与の対象外とさせていただきます。 ・ ときめきポイント付与の対象外カード、コーポ レートカードの場合• ・ 1回のご購入金額 消費税・振込手数料・配送料等を除く が200円に満たない場合• ・ 本サービスを経由せずに直接掲載サイトでご利用された場合• ・ 本サービスで紹介する掲載企業サイト以外でご利用された場合 掲載企業サイトから他のECサイトにリンクがある場合などでも、他のECサイトでご利用された分は対象外となります。 ・ カードを解約された場合• ・ 継続的に商品購入を行なう頒布会・定期購入などは初回のみがボーナスポイントの対象となります。 提携企業とのキャンペーンに基づいたポイント優遇キャンペーンを実施している場合 その他、注意事項として、消費税、振込手数料、配送費などはときめきポイント付与の対象にはなりませんので、予めご了承ください。 また、商品の発送状況などによっては、ときめきポイントの付与が遅れる場合がございますので、予めご了承ください。 AEON CREDIT SERVICE CO. , LTD.

次の