イグジット犯罪。 EXIT (お笑いコンビ)

EXIT兼近大樹、文春の犯罪歴報道でむしろ好感度アップのナゾ

イグジット犯罪

若者や女性から根強い人気を集める「EXIT」の、兼近大樹(右)とりんたろー。 (左)/写真 時事通信社 ネットでは兼近に対する同情的な声が目立つ 今をときめく人気お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹に関する1本の記事が『週刊文春』2019年9月12日号に掲載されて、波紋を呼んでいる。 「吉本ブレイク芸人EXITがひた隠す少女売春あっせんで逮捕の過去」と題されたその記事では、兼近が過去に女子高生の売春あっせんの容疑で逮捕されていて、罰金刑を受けたことと、現金1千万円が入った金庫を他人の自宅から盗んだ疑いで逮捕されたことが報じられている。 記事の中では兼近本人のコメントも紹介されていた。 兼近は売春あっせんを行ったことは事実だと認めた一方、窃盗事件に関しては「事情聴取はされたが逮捕はされていない」と報道内容を一部否認した。 また、犯罪歴が明るみに出たことについて、兼近は「正直嬉しかった」と語っていた。 いずれバレることなので自分から言いたいと思っていたのだが、所属事務所から口止めされていたため、公にすることができなかったのだという。 この報道に関して、ネット上では兼近に対する同情的な声が目立つ。 特に、EXITや兼近のファンの大半は、潔く罪を認めた本人の態度を高く評価していて、犯罪歴を暴き立てた『週刊文春』側の報道姿勢を非難している。 未成年の女性の売春あっせんに携わっていたというのは、社会的にはそれほど軽い罪ではないようにも思えるのだが、兼近がこれほど擁護されているのはなぜなのか。 EXITは服装も言動もひたすら軽いノリの「チャラ男キャラ」で世に出てきた。 だが、『ゴッドタン』(テレビ東京系)に出演したとき、先輩芸人であるおぎやはぎと劇団ひとりの手によって、全然チャラくない真面目な素顔をあぶり出されてしまった。 「チャラ男」というキャラが認知されるより先に、「実は真面目」という素顔の部分の方にスポットが当たったのだ。 兼近は酒も飲まないしタバコも吸わない。 女遊びどころか恋愛経験も少なく、そもそもチャラいところのない人間だった。 ベビーシッターのアルバイトをしていて子供好きの一面もある。 相方のりんたろー。 も老人ホームで介護のアルバイトをしていたこともあり、根は真面目な好青年である。 彼らはそのチャラい外見とは裏腹に「コンプライアンスゴリ守り芸人」を自称している。 暴言を吐いたり不祥事を起こしたりするのは絶対にNG。 2人とももともと組んでいたコンビの相方が不祥事を起こし、解散を余儀なくされた過去を持っているため、芸人として真面目に仕事をすることの重要性を身にしみて分かっているのだ。 「M-1」のような賞レースにさほど興味なし 兼近は実家が貧乏で苦労人だったことでも知られている。 子供の頃には極貧生活を送っていて、空腹時にはティッシュにマヨネーズをかけて食べていたこともあった。 クリスマスの日にはプレゼントをもらえず、「サンタです。 来ました」という手紙だけを受け取った。 クリスマスケーキを買うお金もなかったため、夜空の星の輝きをろうそくの光に見立てて、空に向かって息を吹きかけていた。 そんな兼近は、家計を支えるために中学卒業後は定時制高校に通いつつ、朝は新聞配達、昼は建設現場で働いていた。 だが、それだけではお金が足りなかったため、高校を中退して仕事に打ちこむことになった。 今回、明らかになったのも、そんな貧しい下積み時代に起こした事件だった。 極貧生活を振り返るときも、自らの犯罪歴について語るときも、兼近はいつもカラッとしていてポジティブだ。 見ている人を自然に勇気づけるようなその明るさが好印象を与えている。 また、兼近はお笑いの伝統に縛られない自由な考え方を持っている。 例えば、『M-1グランプリ』などのお笑いコンテストでは「古き良きもの」が奨励されているような気がして、自分はそこに寄りかかりたくはない、という趣旨のことを話していたことがある。 多くの若手漫才師は『M-1』に出ることを大きな目標にしているのだが、兼近はそこに縛られず、今の観客に向けて面白いと思ってもらえるものを作ることにこだわっている。 昨今の吉本騒動に際しても、兼近は自身のツイッターで「チャラ男なのでこれで変わらない会社ならとんじゃうよーー」「会社から芸人にしっかり説明求む!」などと、事務所に対して率直なメッセージを発信していた。 所属事務所の不祥事に関しても、悪いものは悪いと断じるその姿勢は勇敢で大胆だ。 ファンの間では、そんな兼近の明るく強く柔軟なキャラクターが愛されている。 過ちを犯した人がいつまでも責められる世の中は息苦しい。 芸人としての兼近の生き様は、一度間違った道に進んだ人がどのように更生するべきなのかを見せてくれる格好のモデルケースとなっているのだ。 文:ラリー遠田 作家・ライター、お笑い評論家。 お笑いやテレビなどの評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。 『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』(イースト新書)、『逆襲する山里亮太』(双葉社)など多数の著書をもつ。 com.

次の

映画『EXIT イグジット』 公式サイト

イグジット犯罪

2017年、日本でも話題騒然となった『新感染 ファイナル・エクスプレス』では、新幹線の車中、追ってくるゾンビから逃れる人々を描いたが、本作『EXIT』は、上昇してくる有毒ガスから逃げるため、地上数百メートルの超高層ビル群を高く登り続けなければならない、という究極のサバイバルが展開される。 1ガールズグループ少女時代のユナ。 製作陣には『ベテラン』のリュ・スンワン監督が名を連ね、短編映画を多く手掛けてきたイ・サングン監督初の長編映画を大ヒット作品へと導いた。 高層ビル群を如何に逃げ切るかという展開は、『タワーリング・インフェルノ』(74)、『ポセイドン・アドベンチャー』(72)等の脱出劇を、主人公ヨンナムとウィジュの関係は『スピード』(94)の吊り橋効果的恋愛を彷彿とさせ、助けを求める側はスマートフォンのライトでモールス信号を発信、助ける側はドローンを使ってアシスト、You Tuberたちもライブ配信で協力するなど、現代的で斬新な切り口を取り入れた作品に仕上がっている。 命綱なしで地上数百メートルの高層ビル群を走り抜ける主演2人に観る者はハラハラドキドキするに違いない!! 韓国のある都心部、突如原因不明の有毒ガスが蔓延しはじめる。 道行く人たちが次々に倒れ、パニックに陥る街——。 そんな緊急事態になっているとも知らず、70歳になる母親の古希のお祝いをする会場では、無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)が、大学時代に想いを寄せていた山岳部の後輩ウィジュ(ユナ)との数年ぶりの再会に心を躍らせていた。 しかし、上昇してくる有毒ガスの危険が彼らにも徐々に迫ってくる。 ガスに触れてしまった姉と両親・親戚たちは、なんとか救助のヘリコプターで運ばれたが、取り残されたヨンナムとウィジュ。 彼らの手元にあるのは、ロープとチョークと山岳部で鍛えた知恵と体力。 地上数百メートルの高層ビル群を命綱なしで登り、跳び、走る出口は町の一番高い高層ビルよりも上!絶体絶命の中、決死の緊急脱出がはじまる!• 監督・脚本 イ・サングン 本作『EXIT』で長編映画監督デビューを果たす。 これまで数々の短編映画の監督を経験し、「どんな人間にも少なくともひとつは重要なスキルがあり、目立たなくても、人生のなかでそのスキルが必要な時がくれば、おもしろいことになる」という考え方が本作の出発点となった。 この映画では、主人公のロッククライミングのスキルが、危機的状況で活用される。 「パニックの状況より、主人公たちがサバイバル技術をどのように使うかに焦点を当てた」と監督は語る。 主人公たちが危険から脱出するために身の周りの物や知恵を駆使するのを見て、観客はカタルシスを体験するに違いない。 才能あふれる新人監督の誕生である。 2010年 ミジャンセン短編映画祭 審査員特別賞、2007年 テグ・インデペンデント短編映画祭 最優秀作品賞 2006年 ミジャンセン短編映画祭 最優秀作品賞、2004年 ミジャンセン短編映画祭 審査員特別賞 本作で初共演となるチョ・ジョンソクとユナは、撮影前の数か月、ロッククライミングの訓練を受け、登山技術を学び、スタント・チームと共にワイヤーアクションの猛稽古にも励み、クライミングの場面をできるかぎりリアルに見せるように努めた。 スタント・コーディネーターのユン・ジンユルは、「この映画で使ったスタイルは、ハリウッド映画や登山映画でよく見るものとは違います。 例えば過去のハリウッド映画のアクションスターはビルとビルの10メートルの谷間を軽々と飛び越えましたが、本作では、主人公たちは3〜4メートルを非常に緊張した現実的に考えうる場所を飛びます。 つまり、俳優の張り詰めたアクションが、映画をよりスリリングにしているのです」と語る。 主演男優のチョ・ジョンソクは、「屋内のロッククライミング・センターで訓練を受けたあとで映画撮影用の防音スタジオに行ったら、ビルの高さは10〜15メートルだった。 もしこれが現実なら、実際のビルの高さは10倍もあるわけだから、どんなにすごいか理解できるよ」と話し、主演女優のユナは、「撮影が始まる前に、体を鍛えました。 この映画では、走って登ってワイヤーアクションをすることが必須だったので、ついていけるように」と語った。 また、イ・サングン監督は、「できるだけリアルなアクションシーンを作りたくて、かなり考えました。 その結果、俳優たち自身にアクションの大部分をやってもらうことになったのです。 」と、結果、主演の2人は決死のアクションに挑むことになった。 チョ・ジョンソク ヨンナム 1980年韓国、ソウル特別市生まれ。 ミュージカル俳優として演技を磨き、2012年恋愛映画として大ヒットし、韓国で400万人を動員した『建築学概論』の主人公スンミンの学生時代の親友ナプトゥク役で映画初出演を果たす。 その後、タイムリープ映画『時間離脱者』(16)、ノ・ドク監督の『造られた殺人』(15)等に出演している。 本作の脚本を初めて読んだ時に、「これだ!」と一目ぼれしたと語り、ヨンナム役を演じるため、ロッククライミング、ワイヤーアクションのトレーニングを積み、撮影に挑んだ。 韓国が誇るNo. 1ガールズグループ少女時代のメンバー、2007年「また巡り逢えた世界」でシングルデビュー、その後「Gee」の大ヒットをきっかけに日本をはじめアジア、全米で活躍。 韓国のテレビドラマにも欠かせない女優としても活躍。 映画『コンフィデンシャル/共助』(17)で俳優ユ・ヘジン(『ベテラン』(15)等)の義妹役を演じスクリーンデビューを飾った。 本作は、映画出演2本目となる。 本作を演じるにあたり、「ウィジュはとても強い責任感の持ち主で、おまけにすごく行動的なので自分に似ている感じがします。 自分のなかの彼女に似たキャラクターを演じるように努めました」と語っている 出演作品 『コンフィデンシャル/共助』(17)、『王は愛する』(TV・17)、『総理と私』(TV・13)、『ラブレイン』(TV・12)、『シンデレラマン』(TV・09)、『君は僕の運命』(TV・08)、『9回裏2アウト』(TV・07)等 コ・ドゥシム ヨンナムの母 ヒョノク 1951年韓国、チェジュ市出身。 数多くのテレビドラマ、映画に出演、40年以上の芸歴を持つベテラン女優。 1行のセリフや一言で観客を泣かせる力を持っていると言われ、多くの若い女優たちから目標とする手本となるような存在である。 息子役のチョ・ジョンソクは、「これはサバイバル・パニック映画なので、コさんの体を心配していました。 けれど彼女の演技を見て、天性の女優であると悟りました」と語っている。 出演作品 『鶏龍仙女伝』(TV・18)、『マイ・ディア・ミスター 〜私のおじさん〜』(TV・18)、『支度』(17)、『パーフェクトカップル〜恋は試行錯誤〜』(TV・16)、『ディア・マイ・フレンズ』(TV・16)、『お願い、ママ』(TV・15〜16)、『嫁は崖っぷちアイドル』(TV・15)、『上流社会』(TV・15)、『伝説の魔女』(TV・14)、『春の輪舞曲(ロンド)』(TV・14)、『温かい一言』(TV・13)、『ホジュン〜伝説の心医〜』(TV・13)、『最高です!スンシンちゃん』(TV・13)、『未来の選択』(TV・13)、『グランプリ』(10)、『グッドモーニング・プレジデント』(09)、『家族の誕生』(06)等。 パク・インファン ヨンナムの父 ジャンス 1951年韓国、清原郡出身。 53年間俳優として活躍し、国民の宝という高い評価を得ている。 これまでにテレビドラマ、映画と100作以上の作品で多様な、そして重要な役を演じてきている。 ユナは本作の共演を「彼といっしょに映画に出演できるなんて、それだけでとても光栄です」と語っている。 出演作品 『The Odd Family: Zombie on Sale(英題)』(19)、『Liver or Die(英題)』(TV・19)、『Be-Bop-A-Lula(英題)』(18)、『Magic Hour(英題)』(17)、『ルシッドドリーム』(17)、『マッド・ドッグ』(TV・17)、『帰ってきてダーリン』(TV・16)、『伝説の魔女』(TV・14)、『怪しい彼女』(14)、『大切に育てたハナ』(TV・13)、『息子のヤツら』(TV・12)、『たった一人の私の味方』(TV・11)、『愛情万々歳』(TV・11)、『執行者』(09)等 キム・ジヨン ヨンナムの姉 ジョンヒョン 1974年韓国、沃川郡出身。 コメディ、メロドラマからシリアスなドラマまで、数多くのテレビドラマ、映画に出演。 実力派名バイプレイヤーとして活躍している。 弟役を演じたチョ・ジョンソクは、「実はずっと彼女のファンだったから、本作で彼女の弟役を演じられて光栄だよ!」と、語っている。 出演作品 『Extreme Job(英題)』(19)、『A French Woman(英題)』 19)、『死体が消えた夜』(18)、『7号室』(17)、『あなた、そこにいてくれますか』(16)、『愛を抱きしめたい』(TV・16)、『The Great Wives(英題)』(TV・15)、『プランマン』(14)、『みんなキムチ』(TV・14)、『Modern Family(英題)』(12)、『Touch(英題)』(12)、『ホラー・ストーリーズ』(12)、『僕の妻のすべて』(12)、『メイクイーン』(TV・12)、『結婚してください!?』(TV・10)、『二人の妻』(TV・09)、『私たちの生涯最高の瞬間』(08)等。 イ・サングン 監督・脚本 本作『EXIT』で長編映画監督デビューを果たす。 これまで数々の短編映画の監督を経験し、「どんな人間にも少なくともひとつは重要なスキルがあり、目立たなくても、人生のなかでそのスキルが必要な時がくれば、おもしろいことになる」という考え方が本作の出発点となった。 この映画では、主人公のロッククライミングのスキルが、危機的状況で活用される。 「パニックの状況より、主人公たちがサバイバル技術をどのように使うかに焦点を当てた」と監督は語る。 主人公たちが危険から脱出するために身の周りの物や知恵を駆使するのを見て、観客はカタルシスを体験するに違いない。 才能あふれる新人監督の誕生である。 2010年 ミジャンセン短編映画祭 審査員特別賞、2007年 テグ・インデペンデント短編映画祭 最優秀作品賞 2006年 ミジャンセン短編映画祭 最優秀作品賞、2004年 ミジャンセン短編映画祭 審査員特別賞.

次の

EXIT 兼近の文春の内容で前科や経歴が判明?兄と父親の現在は?

イグジット犯罪

いま話題の人気芸人に衝撃的な疑惑が浮上している。 今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、現在ブレイク中の EXIT・兼近大樹の隠された 過去をスクープ。 「文春オンライン」のネット先行ニュースによれば、当時高校生だった女子生徒に対し、出会いサイトを通じて売春を斡旋。 兼近はその過去を認めており、罰金刑の有罪判決を受けたという。 イケメン風チャラ男芸人としてブレイク中の兼近。 その見た目とは裏腹に真面目な一面も見せるなど、そのギャップに多くの女性ファンを獲得している印象が強いわけだが……。 今回の疑惑で幻滅した人間も多いだろう。 ネット上には「信じられない」「犯罪行為に加担していたとは……」などの声が相次いでいる。 「兼近さんは家族のため仕事を優先し高校を中退。 家族想いの苦労人で知られています。 それだけに、金銭的に困った故、売春斡旋という犯罪に走ったかもしれませね。 とはいえ、立派な違法行為ですからね。 テレビのイメージ的にあまりよろしくはないでしょう」(芸能記者) どのような経緯で犯罪に手を染めたのか不明だが、仮にこれが事実だとすれば人気低迷もあり得る。 だが、兼近にまつわる疑惑はこれだけではない模様。 「先月、兼近の地元らしき人物がTwitter上に兼近の過去を暴露し、一部ファンの間で大きな話題になっていました。

次の