フレンチブルドッグ 子犬 譲り ます 無料。 フレンチブルドッグの子犬を探す|ブリーダーナビ

【パグ,フレンチブルドッグ専門ブリーダー】Destinee~デスティネ~

フレンチブルドッグ 子犬 譲り ます 無料

FRENCH PUPPY フレンチブルドッグの子犬の魅力 フレンチブルドッグの子犬は生後60日前後までブリーダーさんに見守られ、母犬や兄弟たちと過ごすことで、子犬のうちから社会期を学びます。 子犬同士でじゃれあって噛み合うことで痛みを覚えたり、噛むことの加減を覚えたりします。 フレンチブルドッグの子犬は遊び好きで好奇心旺盛です。 子犬の見学に行ったときなど、最初は緊張していても、慣れてくると遊ぼう遊ぼうと寄ってくる子が多いと思います。 子犬が元気なので「元気=やんちゃ」と勘違いされる方も多いですが、元気で好奇心旺盛な子犬ほど、しつけなどするときにおやつなどで集中しやすいので、しつけが入りやすかったりします。 フレンチブルドッグの子犬は頑固ですが頭は良いので繰り返ししつけることで徐々に覚えていきます。 子犬は母犬や兄弟から離れ、あなたのお家に迎えた日の夜は淋しさから夜鳴きをすると思います。 これは新しい環境になったからあたり前のことで、子犬は徐々にあなたのお家の環境、あなたのお家の生活ペースに慣れていきますので安心してください。 子犬は迎え入れてから新しい環境に慣れるまでの最初の1ヶ月くらいが特に大変です。 子犬は歯の生え変わりの時期でひつこく甘噛みを繰り返し、遊ぼう遊ぼうも終わりがないくらいひつこく続きます。 そんなときも子犬が可愛いからといって甘やかすと将来的にわがままな子になってしまうので、子犬と遊ぶときは常にあなたのペースで遊びを始め、あなたのペースで遊びも終わりにすることが大切です。 けして子犬が疲れるまで遊ぶのはやめましょう。 また子犬と遊ぶときは床がすべらない環境にしてあげることが大切です。 そして子犬と遊ぶとき、子犬のしつけのとき、子犬のグルーミングのとき、とにかく子犬をたくさん触ってスキンシップをとって信頼関係を作って行きましょう。 子犬は迎えたその日からあなたのことだけを見ています。 子犬はあなたが何をしているときでもあなたのことを考えています。 フレンチブルドッグの子犬は他の犬種に比べて体も強くありませんし、簡単ではありません。 それでもフレンチブルドッグの子犬を迎えいれたなら、大変なことがあっても、それを楽しむ覚悟で可愛がってあげてください。 フレンチブルドッグの子犬はその大変さの何倍もの笑顔をあなたに与えてくれますから。 フレンチブルドッグブリーダーさんの具体的な子育て方法 フレンチブルドッグブリーダーの出産や子育て方法はブリーダーそれぞれ細かく違います。 ここでは僕自身の経験とお付き合いのあるブリーダーのお話から具体的な出産と子育てについて書いてみます。 まずメス犬にヒート(生理)がくる所からはじまります。 ヒートがきたらブリーダーは交配相手のオスの所有者さんに連絡をとり、大まかな交配日を決めます。 もちろん交配の約束は余裕をもって早めに予約しておいたほうが良いです。 交配日は一般的に動物病院でスメア検査などを行い、日程を決めていきます。 父犬が外交配(他のブリーダーが所有)の場合の交配料の平均はチャンピオン犬で10万円~15万円くらいです。 もし1回目の交配で妊娠しなかった場合も、責任交配として次回まで交配の約束をするのがブリーダーでは一般的です。 無事、妊娠していた場合は交配日から63日前後が出産予定日になります。 ブリーダーの出産までの母犬のケアとしては、フードをパピー用に切り替え、フードの量を増やします。 それまでが1日2回としたら、同じ量を1回増やし3回にします。 このとき気をつけたいのが、2回のまま1回の量を増やすと下痢になることがあります。 下痢をすると母犬の母乳の質が悪くなりますからブリーダーが気をつけるているポイントです。 パピーフードが合わない、量を増やして下痢をした、などの場合はすぐ元に戻します。 この時期の散歩は行きたがる子と嫌がる子と個体差で判断すればいいと思います。 ブリーダーは出産日が近づいたら予定日の7日前から朝・晩と体温を計り記録します。 予定日の3日前からは朝・昼・晩と体温を計り記録します。 体温を計るときは散歩の後や便のあとは体温が変わるので母犬の状態が安定しているときにします。 出産が近づくと体温が平常時より1度くらい落ち、目安的にそこから24時間以内に産れます。 フレンチブルドッグは帝王切開での出産になるので、体温が下がった時点で病院に連絡して先生に診察時間を相談します。 この時の母犬の行動としては、元気がなく不安そうになる、ご飯を食べない、巣作り行動をするなどがあります。 帝王切開での出産費用は病院によっても違うと思いますが、平均して5万円~8万円くらいかと思います。 無事出産がおわり、お家に戻りましたら、母犬は麻酔で意識がもうろうとしているので、少し休ませてあげてから子犬を母乳につけます。 ブリーダーは子犬を母乳につけるときもそうですが、子育て中は子犬が母犬に潰されないように、逃げ場のあるお産スペースを前もって準備しておきます。 また、初産の子で自分が産んだ意識のない子や、もともと気性の荒い母犬は、産れた子犬を噛んで殺してしまうことも稀にありますので、ブリーダーは子犬をはじめて母乳につける際は、子犬をつける前に母犬の顔に子犬のオシリを持っていき、匂わせたり舐めさせたりして、自分が産んだことを認識させながら1頭づつ母乳につけていきます。 子犬の生まれたときの体重の目安としては250~300グラムですとブリーダーも安心できますので、帰宅後6時間くらいして母犬につけるくらいで大丈夫かと思います。 250グラム以下でしたら、ブリーダーは帰宅後3時間くらいして母犬につけたいところです。 出産後24時間の母乳を初乳といいます。 初乳を飲むことによって母犬から移行抗体という病気に対する免疫力をもらうことができます。 この抗体によって子犬は細菌感染などによる病気から身を守ることが出来ますのでブリーダーは必ず初乳は飲ませるようにします。 もし母乳が出ない場合、ブリーダーは哺乳瓶やシリンジで人口哺乳します。 ただその場合もブリーダーは母乳が出るようになるまで子犬には吸わせ続けます。 あきらめてやめてしまうと母乳が出なくなり、すべてブリーダー自身が人口哺乳でやらなくてはならないので、初乳のことも含めこの時点がとても大切です。 ブリーダーによる人口哺乳の場合は母乳が出るようになるまで2時間半~3時間に1回のペースで哺乳することになります。 ブリーダーは子犬の体重を毎日、朝、昼、晩、チェックして、兄弟で体重に差が出来るようなら母乳の多く出ている位置にチェンジさせ調整します。 子犬は生まれて10日目で500グラムがブリーダーの目安になります。 子犬の排泄のケアとして母犬が子犬の肛門や陰部を舐めているかブリーダーはチェックします。 舐めていないようなら朝・昼・晩とマメに濡れたティッシュなどで子犬の肛門や陰部をつついて、ブリーダーが人工的に排泄させます。 便が固まり排泄できなくなっている場合もあるので気をつけます。 生後3週間くらいから離乳期なるので、ブリーダーはふやかしたパピーフードなどを1日4回くらいのペースで与えます。 最初は食べ方もわからないので、ブリーダーはドロドロにふやかしたフードを口元に持っていき、舐めさせて覚えさせます。 離乳食1日目は1回からはじめて、徐々に回数を増やしていきます。 子犬の歯は1ヶ月くらいから尖るので母犬が痛くて母乳を嫌がりはじめます。 なのでブリーダーは生後1ヶ月の時点では離乳食を食べられるようにします。 パピーフードを3時間くらいぬるま湯でふやかし、指で潰して芯が残らない程度まで柔らかくします。 ブリーダーは離乳食の食べが悪い時はフードに粉ミルクをかけたりして食いつきをよくしたりします。 生後1ヶ月くらいには平らな皿にフードを入れれば子犬が自分で食べるようになるころです。 生後40日~45日くらいになると耳も立ってきたりするのでブリーダーは写真を撮ったりして、子犬のオーナーさんを募集したりする頃です。 ブリーダーは生後60日くらいに1回目のワクチンを打ち、お引き渡しの準備を整え、選んでくれたオーナーさん宅に巣立ちます。 ここまでがブリーダーの元で子犬が産まれ、お客様のところに迎えていただくまでの流れです。 このように子犬はブリーダーに愛情を注がれ、母犬に愛情を注がれ、兄弟と遊びながら噛んで噛まれて痛みと加減を知っていきます。 ブリーダーが子犬を生後60日前後まで親兄弟と過ごさせることは、子犬の社会期として最も重要な時間なのです。

次の

フレンチブルドッグ専門ブリーダー|埼玉県深谷市ドッグハウス シオ

フレンチブルドッグ 子犬 譲り ます 無料

月年齢 体重推移 3ヶ月頃 3kg前後 5ヶ月頃 5kg前後 7ヶ月頃 7~8kg前後 8ヶ月頃 8~9kg前後 12か月頃 10kg前後 フレンチブルドッグは成犬で体長30cm、体高28~33cm、体重10kg前後に成長します。 成犬に個体差があり、体重が13kgくらいまで成長する場合もあります。 サイズの分類は、成犬で10kgをボーダーラインとして、小型犬・中型犬に分けることが多いのですが、フレンチブルドッグの体重はちょうどその境界線に当たります。 このため、分類も小型とするところと中型とするところがあり、明確にどちらかとは言い切れません。 ドッグラン、サロン、保険会社などが独自にどちらに該当するか判断しているようです。 フォーン• クリーム• ブリンドル• パイド フレンチブルドッグの毛色は大きく分けると4種類あります。 「フォーン」は、茶系ベースの被毛で顔部分が黒くなります。 「クリーム」は、白系の単色被毛で人気があり、「ブリンドル」は黒い被毛に差し色が部分的に入っています。 「パイド」は白い体に斑点が入っているタイプで、斑の出方によって個性が現れます。 更に「タイガー・ブリンドル」、「ハニーパイド」、「フォーンパイド」などもあります。 フレンチブルドッグの毛色は、遺伝子疾患を持っている可能性があるかどうかの見分けの基準にもなります。 「ブリンドル」系の親の場合、遺伝子疾患を持つ子はあまり生まれないとされ、「パイド」同士を掛け合わせた場には、遺伝子疾患を持つ子や色素の薄い子が生まれるケースが多いとされています。 毛質は短く柔らかで光沢があります。 15万円~30万円位 フレンチブルドッグの販売価格は、 15万円~30万円くらいが相場です。 特にフレンチブルドッグは個体の色や斑が様々で、色によって価格差が出ることが多いようです。 人気色の「クリーム」や斑の出方に個性が現れる「パイド」は、30万円を超えることもあり、ほかの色も、安くても10万円以下ということはあまりなさそうです。 フレンチブルドッグの値段が高めなのには、出産が大きく関係しています。 フレンチブルドッグの出産は帝王切開になることがほとんどです。 その時間とコストが子犬の販売価格に反映され高値になるのです。 しかし、高価格ということは帝王切開によって安全に出産された子犬という目安にもなります。 格安すぎる子犬の場合は、出産方法を確認する方が良いでしょう。 フレンチブルドッグの里親になるには フレンチブルドッグを飼いたい場合、里親募集情報をチェックしてみるのも良いでしょう。 主に成犬となりますが、フレンチブルドッグを譲りますという情報や、保護犬がいる団体があるかもしれません。 里親制度は、応募できる人のエリアが施設の近隣在住者に限定されている場合があります。 まずはご自身の自治体の里親募集を確認するか、地元の保健所に問い合わせてみることをおすすめします。 それから近隣の動物保護センター、動物愛護団などにも範囲を広げ問い合わせてみると良いでしょう。 里親募集されている犬ということは、一度は人間の都合で飼育を放棄された犬ということです。 里親を希望する場合は、それらの犬の過去を理解し、最後まで一緒に生活するという覚悟を持って申し出なければなりません。 しつけ フレンチブルドッグは、個人と密接な関係を好む「ワン・パーソン・ドッグ」と言われますので、しつけは主人となる人が1人で行う方が良い犬種です。 まずは一緒に遊び、コミュニケーションを密に取ってください。 主人からの愛情と絆を感じると、それに応えようと教えられたことを次々と習得していきます。 またフレンチブルドッグには、噛み癖をやめさせる必要があります。 牛と闘い、噛みつくように育種されたブルドッグの特性を引き継いでいるので、あごの力も発達しています。 噛まないようにしつける一方で、噛んでも良い丈夫なおもちゃを与えたり、ロープの引っ張りっこをしたりして本能を刺激してあげると欲求が満たされ、普段は落ち着きを持ってくれます。 お手入れ フレンチブルドッグは短毛ですが、抜け毛が多い犬種です。 また、皮膚が弱いので、被毛状態が不衛生だとすぐに皮膚トラブルが起きてしまいます。 このため、毎日ブラッシングをして毛を整え、血流を良くしてあげることが大切です。 フレンチブルドッグには独特の臭い体臭があります。 これは皮脂の分泌量が多いことと、体や顔にしわが多く、その部分に汚れがたまりやすいという原因が挙げられます。 日頃からシャンプーをこまめに行い、しわの間も丁寧に拭き取ってあげましょう。 短頭種の犬は歯の隙間や口腔が狭く、歯磨きがしにくい犬種です。 歯垢や歯石もほかの犬より溜まりやすく口臭にもつながります。 普段から歯磨きガムや、歯石取りができるおもちゃで遊ばせる、歯磨きをするといった工夫も必要です。 フレンチブルドッグの歴史 フレンチブルドッグの祖先はイギリスの小型のブルドッグです。 1800年頃にイギリスのレース職人とともにフランスに渡り、パグ犬やテリア系の犬と交配され誕生したのがフレンチブルドッグと言われています。 当時から「フレブル」の愛称で親しまれていましたが、フランスに渡った当初はネズミ捕りや闘犬用の犬として育種されていました。 やがて外見の可愛らしさや愛嬌に注目が集まり、ペットとして飼われるようになったそうです。 その後フレンチブルドッグはアメリカに渡り繁殖が盛んになりました。 当時のフレンチブルドッグは、アメリカではバットイヤー(立ち耳)スタイルが、ヨーロッパではローズイヤー(たれ耳)スタイルに人気があったそうです。 どちらがフレンチブルドッグとしてのスタンダードか?という論争は長く続きましたが、1898年に開催されたフレンチブルドッグのドッグショーで、立ち耳のフレンチブルドッグの方に人気が集中したことから、フレンチブルドッグのスタンダードはバッドイヤー(立ち耳)タイプと決定付けられたそうです。 日本にフレンチブルドッグが渡ってきたのは1900年の大正時代です。 鳴き声がブヒブヒと聞こえることから「ブヒ」という愛称で呼ばれ、現在まで多くの日本人に親しまれ続けています。 フレンチ・ブルドッグは人懐っこい犬種ですね。 あの笑顔を見ているとこちらまでつられてしまいます。 子犬の頃から変わらないつぶらな瞳にとても癒されます。 フレブルは鼻ぺちゃなので、太らせてしまうと呼吸がつらくなってしまいます。 呼吸器の疾患も多いので、いつもより荒い呼吸をしていないか常日頃よく見ていてあげてください。 お水を飲んだ時にもむせやすいです。 運動も必要ですが、椎間板ヘルニアや股関節形成不全といった関節系の病気を起こしやすいので、ダイエットだからと無理に走らせたりしてはいけません。 ボールを投げて持ってくるなどの短距離でできる運動を喜びます。 屋内でもできるので、コミュニケーションにもなりますね。 糖尿病から合併症も起こしやすいです。 どれも肥満にさせないことでだいぶ予防になるので、食事量などはしっかり管理してあげてください。 食べるのが大好きな犬種なので、本当に美味しそうに食べてくれます。 特におやつなど与え過ぎないように注意してください。 つぶらな瞳につられてはいけませんよ。 フレブルは割と短命な方に入ってしまいます。 かかりやすい病気が多いからというのも原因です。 我慢強い性格なので、隠れた病気を見落としてしまいがちです。 なるべくたくさんコミュニケーションを取り、いつもと違う面を見つけたらすぐに獣医さんに相談してくださいね。 フレンチブルドッグかわいいですね。 いろいろな毛色のパターンにも驚きました。 うちはテリア系の犬種なのですが、飼いはじめる時にフレンチブルととても迷いました。 記事にもありますようにブリーダーさんのところでないとなかなかみかけることのないフレブルちゃんですが、あの半分人間のようなお顔と体系が大好きなんです。 結果、我が家は抜け毛の関係でシュナウザーを飼いはじめました。 こちらの記事を読んでいるとフレブルちゃんの魅力が満載で、いろいろなエピソードにほほえましく癒されます。 私はこんなにフレブルちゃん大好きなのですが、うちのわんこは実はあまり得意ではないようです。 鼻ぺチャの子の特徴でもあるあの鳴き声が、自分とあまりにも違うためなのか吠えてとても警戒モードになってしまいます。 悲しいと思いトリマーさんとそのお話をしていたら、意外にも鼻ぺチャの子はそういう扱いを結構受けているみたいです。 ほとんどの鼻ぺチャちゃんは相手にもしていないみたいですが 笑。 マイペースな感じも魅力のひとつですよね。 フレンチブルドッグ、最高にカワイイですよね!現在の犬は保健所から引き取った小型犬のミックスなのですが、とても人懐っこくて他の犬に対しても温厚なので、もう一匹欲しいねと旦那と話をしています。 私は以前から鼻ぺちゃの犬が大好きで、フレンチブルドッグを飼うことが夢だったので、鼻ぺちゃ犬専門の里親サイトから引き取ろうと考えています。 フレンチブルドッグを実際に飼っている友人曰く、その子の性格にもよりますが、とても明るくて友好的な犬種だと話を聞きました。 しかし、毛がかなり抜け落ち、皮膚も弱いということも理解しておくようにとアドバイスをもらいました。 確かに、皮膚が弱いという話は聞いたことがあります。 全てを受け入れる準備は整っているので、早く良いパートナーに出会えるといいなと思っています。 私自身はフレンチブルドッグを飼っていませんが、我が家の愛犬と相性がよい犬種なのか フレンチブルドッグのお友達が大勢います。 「個性的なフレンチブルドッグの性格」の項で紹介されている、紹介されるまでアピールする行動、知り合いになったら、自身が満足がいくまで挨拶をしてくれる感じは、本当にそのままで、読みながら笑いを禁じ得ませんでした。 また、焼き餅焼きみたいですね。 私が聞く限りでは、男の子はママへ、女の子はパパが好きな傾向が強いようで、ママやパパを取られそうになると、きっちり間に入ってくるとか。 人間の子どものような性質が垣間みられ、飼い主さんがフレンチブルドッグにはまるのは本当によくわかります。 しかし、健康面・身体面では、フレンチブルドッグならではの特別な注意が必要のようです。 とにかく、夏に弱いこと、だからといってクーラーがガンガンきいた部屋では器官に疾患が出やすいこと、食物アレルギーを持っている子も増えているようで、フードやオヤツにも配慮が必要、安上がり・簡単とはいかないようですが、愛くるしいフレンチブルドッグのためなら!と、苦労話を笑顔で教えてくれる飼い主さんばかりです。 これからも、たくさんのフレンチブルドッグのお友達に出会えます様に。 我が家のフレンチブルドッグは、リング9歳です。 うまれつき下半身に奇形がありますが、とても、頭が良すぎて、飼いやすいか飼いにくいか、と、最初は考えさせられました、しつけは、一回教えたら必ず覚えてました、毎日足などを、風呂場で洗ってたのですが、毎日夜の散歩のあとは、洗わないときがすまないようで風呂場で待ってます! いたずらもしません、遊ぶ時間、寝る時間、散歩の時間、ご飯の時間が決まってるみたいです毎日リングにふりまわされてますが、なんか、頑固なおじさんと居るみたいです。 あと、家族以外の人に全く興味がないです。 リングと出会ってからはフレンチブルドッグ以外飼えなくなりそうです。 とても、人間ぽい犬種だと思います。 体温調節、鼻炎、など、大変ですが我が子と同じく大切な存在です。 フレンチブルドッグを飼う上での、健康面で最も気を付けなければならないことは、暑さと湿度の管理です。 日本のような高温多湿の気候には向いていない犬種なので、夏場はエアコンは常にかけていないと熱中症にすぐにかかってしまいます。 私のかかりつけの動物病院の先生が言うことにはは、夏場はフレンチブルドッグはじめ、パグやボストンテリアなどの短頭種のわんちゃんが体調不良で来院する頭数が激増するそうです。 シャンプーもお湯の温度のに気をつけないといけません。 少しでも熱くすると、その熱気でやられてしまうらしく、身体を乾かすためのドライヤーもだめだそうです。 ですので、夏に美容院に行くのはお勧めできないですね。 フレンチブルドッグは結構体臭があ るので、夏場は気になります。 お手入れは濡れタオルなどで身体を拭いてあげたりするのがいいでしょう。 フレンチブルドッグは大好きな犬種です。 ぬいぐるみのような華奢な犬種が多い中、愛嬌のある表情でがっしりむっちりとした骨格、なんて可愛いんだろう!と一目惚れしてしまいました。 我が家にはご縁がなかったのか、現在はダックスの男の子と暮らしていますが、今でもフレンチブルドッグは大好きでお散歩中に見かけると思わず微笑んでしまいます。 よく遊びに行くペットショップでたまに会うフレンチブルドッグ君はとても人懐っこくて見た目もパワフル、周りの小型犬に吠えられようと全く気にしない様子でずんずん店内に入ってきて他の飼い主さんに挨拶して周っています。 私が大好きなのを見透かしているかのように、「僕のこと好きでしょー!!」と言わんばかりに激しく挨拶をしてくれます 笑 そのフレンチブルドッグ君の飼い主さんとはよくお話しをさせて頂くのですが、体重は10キロを超えている為、お散歩中に引っ張られると非常に大変とおっしゃっていました。 年配の女性だと厳しいかもしれません。 フレンチブルドッグはブルドッグが元となりパグやテリアとの交配で小さめに作られた犬種で、闘犬の血が入っているということもあり、興奮しやすいそうです。 お散歩中に興奮し過ぎてしまうと、ぐいぐい凄い力で引っ張ってしまうため、首輪だと首にかなりの圧力がかかってしまい、眼圧が上がってしまうことを非常に心配されていました。 フレンチブルドッグは元々、目が飛び出している犬種ということもあり、出来るだけ負担のかからないようハーネスがお薦めとのことでした。 記事にもあるように、フレンチブルドッグはダックスと同様に、椎間板ヘルニアにかかりやすい犬種です。 ダックスフンドよりはヘルニアのイメージが少ないようですが、階段の上り降りやジャンプは厳禁です。 上記のフレンチブルドッグ君のお友達のフレンチブルドッグの女の子は、家の階段を自由に上り降りをさせていたところ、ヘルニアになってしまったそうです。 ダックスよりは体重は重いため抱っこも大変だと思いますが、高さがある場所では基本的に抱っこする方が良いようです。 なお、フレンチブルドッグなどの短頭種はその構造から暑さに非常に弱く、気圧や気温の変化に適応することが苦手です。 そのため、多くの航空会社が預かりを禁止しているため、飛行機での移動は難しくなります。 預かってもらえたとしても、夏の移動は命の危険もありますので出来れば避けた方が無難です。 フレンチブルドッグは人懐っこくて子供にも優しく、表情豊かで見ているだけで癒される魅力的な犬種です。 ただ、小型犬よりもパワーがあること、顔のしわのお手入れは欠かさせないこと、目の病気、ヘルニアにかかりやすいこと、そして飛行機移動にはリスクが伴うことも考慮して家族として迎え入れるかを考えられるといいのかなと思います。 フレンチブルドッグに限らず、どの犬種にもそれぞれ大変な面があります。 我が家のダックス君も、ヘルニアの心配、ダックス特有の吠え癖など大変なことはいろいろとありますが、我が家の宝物です。 大変な面を大変だと思わずに過ごせる相手を見つけることが、お互いにとって幸せなことなのかなと思っています。 記載されている通り、人懐っこく愛嬌抜群。 マラセチアや膿皮症などといった皮膚トラブルに年中悩まされています。 なので、経済的にも少し余裕を持って考えてあげてからのお迎えがいいのかも。 皮膚が弱いフレブルちゃんは特に体臭も強め。 お散歩していても、笑顔で声をかけられます。

次の

フレブル里親/保護犬情報

フレンチブルドッグ 子犬 譲り ます 無料

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル系• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• ハルクィン• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛 ただし、悪質なブリーダーには注意してください。 基本的に悪質ブリーダーはお金儲けを目的としているため、流行によって繁殖する犬種を変える傾向にあります。 ブリーダーを見極める際は、その点をよくチェックしましょう。 良いブリーダーを見分けるポイントとしては、施設が清潔なことはもちろんのこと、子犬や母犬の健康状態を丁寧に説明してくれるブリーダーを選ぶことが何よりも1番です。 そのほか、本記事ではフレンチブルドッグをお迎えする前に知っておいてほしい情報をご紹介します。 他犬種と値段に差がある?フレンチブルドッグが高い理由 子犬の価格は、血統や子犬自身の持つポテンシャルによって大きく変動します。 しかし、フレンチブルドッグの子犬はどの個体も同じくらい高い値段が付けられています。 中には100万円近い値段で取引される子も。 どうして他の犬種に比べると子犬の平均価格が高いのでしょうか。 その理由は2つあります。 しかし、フレンチブルドッグの場合は頭部が大きすぎて自然に生まれてくることが難しいのです。 そのため、ほとんどのフレンチブルドッグが帝王切開で出産します。 ただ、帝王切開は自然分娩とは違ってリスクを伴いますし、なにより出産費用が発生します。 それゆえ、子犬の価格も高くなってしまうのです。 しかし、フレンチブルドッグの場合は2~4頭ほどが平均です。 他の犬種と比べてみると、かなり少ないことが分かります。 それに加えて、母犬が授乳を放棄してしまうことが多いため、ブリーダーが付きっきりでミルクを与えることも珍しくありません。 そのため、出産する数が少なく、なおかつ出産や産後の飼育に手間がかかることから、子犬の価格が高くなっているのです。 フレンチブルドッグに秘められた魅力と飼いやすさ 「ブサかわ」と呼ばれ、世界中で愛されているフレンチブルドッグ。 どうしてこんなにも多くの人々から愛されているのか、その理由は「性格」にありました。 また、飼育しやすいことも人気の秘密。 ここではフレンチブルドッグの性格と、飼いやすさについてご紹介します。 魅力に溢れるフレンチブルドッグの性格 フレンチブルドッグは見た目から怖そうというイメージを抱かれがちですが、実際はとても 甘えん坊で愛らしい性格をしています。 とにかく飼い主や家族が大好きで、とても人懐っこいです。 テレビを見ていると膝の上にチョコンと乗ってきたり、昼寝していると添い寝してきたり…なんてことは日常茶飯事です。 また、フレンチブルドッグは 表情豊かです。 あまりの豊さに、「ワンちゃんというよりも人間だ」と表現する人もいるほどです。 嬉しいときは口を大きく開けて笑ったような表情をしたり、悲しいときは下を向いて落ち込んだ表情をしてみたり、コロコロと変わる表情もフレンチブルドッグの大きな魅力です。 好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなワンちゃんでもあります。 走り回ったり、ボール遊びをしたり、意外とハードな運動にもついてきてくれますよ。 フレンチブルドッグをお迎えしたら、たくさん遊んであげましょう。 フレンチブルドッグは初心者向きの犬種 フレンチブルドッグは遊ぶことが大好きですが、運動量自体は少なめで大丈夫です。 むしろ、長く運動させてしまうと体に負担をかけてしまいます。 そのため、散歩は1日1~2回、各15分前後が理想です。 また、フレンチブルドッグの被毛は短いため、お手入れが簡単です。 定期的なブラッシングやシャンプーは必要ですが、こまめなトリミングは不要ですので、初心者でも扱い易い犬種だといえます。 さらに、明るくて人懐っこい性格はペットとして最適です。 飼い主や家族と関係を作りやすいため、初心者でも問題なく飼育できるでしょう。 それに加えて無駄吠えが少ないため、集合住宅やマンションでも気兼ねなく飼うことができます。 フレンチブルドッグはアレルギーに要注意! フレンチブルドッグは遺伝的に皮膚が弱く、疾患が出やすい傾向にあります。 他の犬種の場合、皮膚疾患にかかる割合が20%前後であるのに対し、フレンチブルドッグは50%ほどです。 つまり、2頭に1頭は皮膚疾患を抱えている計算になります。 そのため、フレンチブルドッグを飼っている人の多くは「皮膚アレルギー」に頭を悩ませているのです。 皮膚アレルギーの主な原因として挙げられるのは、ダニ・ハウスダスト・カビ・ノミ・食べ物です。 もしダニやハウスダストが原因となっているのであれば、身の回りを清潔に保ち、ダニやハウスダストなどの繁殖を防ぐことが重要です。 ノミの場合は、プラスでノミの駆除と定期的な駆虫薬の投与が必要となります。 食べ物によるアレルギーの場合は、原因となる食物の摂取を控えることが望ましいでしょう。 もし一度でも皮膚アレルギーになってしまうと、長期的な通院と治療が強いられますので、注意しましょう。 とはいえ、アレルギーの原因となるもの全てを避けて生活することはなかなか難しいのが現状です。 そのため、日頃から皮膚の状態をチェックして赤い発疹などの異常があれば動物病院へ連れていきましょう。 治療が早ければ早いほど、ワンちゃんにかかる負担は小さくなります。 また、普段から洋服を着せて対策するのもおすすめです。 洋服を着せることで、アレルギーの原因となりうるノミやダニから皮膚を守ることができます。 しかしフレンチブルドッグの独特な体型に合う洋服は、ペットショップであまり取り扱っていないようです。 そのため、フレンチブルドッグ専用の洋服を販売するネットショップをおすすめします。 まとめ フレンチブルドッグは、たくさんの魅力に溢れている犬種です。 想像以上に甘えん坊でペットとしては最適ですし、無駄吠えもしないのでマンションでも気兼ねなく飼育できます。 ただ、ワンちゃんを飼育するのは楽しいことばかりでなく、大変な部分もあります。 だからこそ、フレンチブルドッグの良い面も悪い面も事前に知っておき、全てを受け入れてあげましょう。 そして、ブリーダーからお迎えした後は愛情を存分に注ぎながら育ててくださいね。

次の