確定申告 源泉徴収票 添付。 年末調整の源泉徴収票の添付書類に原本コピーは有効?無効?

確定申告書の書面提出では源泉徴収票の添付が不要に │ 松野宗弘税理士事務所

確定申告 源泉徴収票 添付

〔平成24年分 所得税の確定申告の手引き(確定申告書B用)〕 申告書に添付・提示する書類 申告書を提出する前に、これらの書類が揃っているかチェックしましょう。 下記の表の項目をクリックすると各項目をご覧になれます。 申告書を提出するときに、以下の書類をその区分に応じ添付するか又は提示しなければなりません。 後日、医療費の領収書等が必要となる方は、申告書に添付せずに、申告書を提出する際に提示(申告書を送付などにより提出される場合には、医療費の領収書等の返戻を希望する旨の書面及び切手と返信用封筒を同封)してください。 この場合、税務署長は原則として法定申告期限から5年間、その入力内容の確認のためにこれらの書類の提出又は提示を求めることができ、これに応じない場合には、確定申告書の提出に当たってこれらの書類の提出又は提示をしたことにはならないものとされます。 災害等に関連してやむを得ない支出をした金額についての領収書• 医療費の領収書等• 「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」等• 小規模企業共済等掛金控除の支払った掛金額の証明書• 生命保険料控除の支払額などの証明書• 地震保険料控除の支払額などの証明書• 寄附をした団体などから交付を受けた寄附金の受領証等• 勤労学生控除の学校や法人から交付を受けた証明書• 特定増改築等 住宅借入金等特別控除に係る「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」 この控除を受ける2年目以後の年分に限ります。 政党等寄附金特別控除の「寄附金(税額)控除のための書類」• 外国所得税を課税されたことを証明する書類• 給与所得の源泉徴収票• 退職所得の源泉徴収票• 公的年金等の源泉徴収票• 給与所得者の特定支出控除に係る支出の証明書等• 特定口座年間取引報告書• e-Taxで確定申告書を提出する場合以外は、源泉徴収義務者 交付者 から、書面によりこれらの書類の交付を受けた上で、確定申告書に添付してください。 給与所得の源泉徴収票• 公的年金等の源泉徴収票• 退職所得の源泉徴収票• 特定口座年間取引報告書.

次の

医療費控除に必要書類は?2020年の確定申告 源泉徴収票、医療費通知、医療費の領収書やレシート、交通費の領収書、医療費控除の明細書、確定申告書A、マイナンバーの本人確認書類の添付台紙

確定申告 源泉徴収票 添付

支払調書 そもそも上記の問い合わせでは、源泉徴収票と支払調書が混同していますね。 源泉徴収票は、給与を受け取る方へ交付する義務はありますが、支払調書は、「報酬を受け取る人」への交付義務がありません。 支払調書は、「報酬を払う側」が税務署に対し、「〇〇にいくらの報酬を支払いました。 」と報告するための資料です。 確定申告書に添付は不要 支払調書はそもそも交付する義務がないため、確定申告書の添付資料ともなっていません。 確定申告書の添付台紙を見ても、貼り付ける欄はありません。 自分で管理している売上・源泉額を確定申告書に記載して申告すれば大丈夫です。 支払調書を先方からいただいた場合には、確認用に使いましょう。 参照: まとめ 士業の方からも、支払調書をくださいとご依頼を受けることがあり、支払調書の取り扱いについて書いてみました。 自分の確定申告書にも、「支払調書」は添付していませんし、集計した金額と支払調書の金額が若干違っていましたが、自分が集計した金額で申告しました。 支払調書が来ないから申告できない、というわけではないので日ごろからしっかり管理して、早めに確定申告を終わらせましょう。 早めに申告すれば、還付も早いですよ! 《編集後記》 ついに平日毎日更新記録が途絶えてしまいました。 (昨日は書こうという時間・気力が全くありませんでした。 ) スケジューリングがうまくいっていない感じですね。

次の

gma.amritasingh.com:【2020年提出】国税庁が公表 確定申告で源泉徴収票の添付が不要に

確定申告 源泉徴収票 添付

この記事の想定の読者さま 確定申告の知識が少ない、確定申告のやり方が分からない、源泉徴収票が見当たらなくて困っているという方に向けて、確定申告における疑問点や、困ったときの対処法を詳しく解説していきます。 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 確定申告とは? 確定申告という言葉は知っていても、実際にどういうものなのか詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。 所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの全ての所得を2月16日から3月15日までに申告する義務のことです。 確定申告の対象者が3月15日の期限までに申告しなかった場合、故意・不意に関わらずペナルティが発生することがあります。 それでは、確定申告が必要な人とはどのような条件で決まるのでしょうか? 確定申告が必要な人 確定申告が必要な人は以下のような人です。 給与収入が2,000万円を超えたり、副業などで副収入が20万円を超える場合は確定申告が必要です。 給与収入が2,000万円を超える場合 2. 不動産収入や配当収入、年金収入など副収入がある場合で、その副収入に対する所得が20万円を超える場合 3. 2つ以上の会社より給与を受けている方 4. 医療費控除・雑損控除などを受ける場合 5. 住宅ローン控除を初めて受ける場合 2年目以降は年末調整で可能 6. 年の途中で退職して年末までに再就職していなくて、年末調整を受けられない場合 確定申告が不要な人 逆に確定申告が不要な人は以下のような方です。 会社で年末調整をされている一般のサラリーマンの方は基本的には確定申告が不要です。 ・会社員 年末調整で精算済みで、確定申告による控除等の必要がない人 ・専業主婦等所得がない人 ・所得が少ない人 所得控除の額の合計額が所得額より多い人 ・年金収入額が400万円以下で、かつ、年金所得金額以外の所得金額が20万円以下の人 確定申告の手続きの方法 まず自分の確定申告がAかBどちらの種類なのかを確認後、申告用紙を準備します。 申告用紙は税務署に直接取りに行く他、国税庁のウェブサイトからダウンロードをすることも可能です。 その後、源泉徴収票などの申告に必要な書類を入手し、抜け漏れがないよう申告用紙の項目を記載後、3月15日の期限までに提出します。 源泉徴収票がない場合は確定申告ができない? 会社に勤めている人であれば、確定申告の際には源泉徴収票が必要です。 転職した場合、忘れずに源泉徴徴収票を貰うように注意しましょう。 源泉徴収票とは? 源泉徴収票はA6の小さな紙で、給与の収入金額や社会保険料・所得税などの金額が細かく書かれています。 年末調整を行った際、会社に提出した内容が源泉徴収票に反映されています。 源泉徴収票はいつ貰えるのか 源泉徴収票は在職中であれば基本的に毎年12月に貰えます。 しかし会社によって発行時期が異なる場合があるため、念のため事前に確認するのがよいでしょう。 すでに退職している場合は、会社によって発行タイミングがまちまちのため、前職の総務・経理にいつ貰えるのか確認するのがベストです。 源泉徴収票がないとどうなる? 確定申告に必要な源泉徴収票を紛失してしまったり、会社から貰えなかった場合の対処法をまとめました。 転職した場合、通常であれば会社は1カ月以内に源泉徴収票の発行が必須となりますが、なかなか対応してくれない会社も多いようなので注意が必要です。 まずは会社の総務や経理に相談 源泉徴収票を紛失してしまった場合でも、会社の総務や経理に相談すれば再発行してくれることが多いです。 会社の体制によって、再交付までの時間はまちまちですが、急いでいる場合はその旨を伝えるとよりスムーズに進めることができます。 源泉徴収票の不交付の届出書を提出 何度会社の総務や経理に相談しても源泉徴収票が貰えない場合は「源泉徴収票の不交付の届出書」を提出しましょう。 住民登録をしている地区の税務署に届出書を提出すると、税務署から会社へ行政指導が行われます。 給与明細で認められることもある 会社が既に倒産している等、源泉徴収票の不交付の届出書を提出しても源泉徴収票が発行されない場合は、給与明細で代用が可能か税務署に相談しましょう。 給与明細で認められる場合もあります。 このような不測の事態に備えて、普段から給与明細は少なくとも1年分は保管しておくことをおすすめします。 源泉徴収票も給与明細もない場合は税務署に相談 源泉徴収票も給与明細もない場合は、所得を確認することができないので、どのような書類が必要なのか税務署に確認が必要になります。 まとめ 意外と知らない人が多い確定申告も、いざというときのためにある程度の知識をつけておくことをおすすめします。 紛失してしまったりどうしても会社から貰えないときのために、源泉徴収票に役割や確定申告について頭の片隅に入れておくと、いざというとき役に立ちます。 困ったときは速やかに税理士や税務署に相談してみましょう。 「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトの」 「税理士に相談できる 「」• 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 」• 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス 」.

次の