座っ て いる と 腰 が 痛い。 椅子に座ると腰が痛い!3つの原因と対処法 | カラダネット

腰痛を改善する座り方

座っ て いる と 腰 が 痛い

デスクワークと腰痛の因果関係 そもそも、パソコンを使った業務は手作業になるので、肩がこってしまうというのはなんとなくわかる気がするのですが、なぜ、腰痛も?と思われる方も多いと思います。 一般的に、重い物を持ったり、中腰の状態で長時間作業をすると腰痛になるというイメージがあると思いますが、 実は長時間座っている方が腰への負担は大きいのです! なんで??と思われると思いますが、座っているときは腰に上半身の体重や負荷がすべてかかってしまいます。 立っているときは、腰以外にもひざや股関節、足首などの関節がクッションの役割をしている為、負担が分散されているので、立っている時よりも座っている時のほうが、負担が大きいと言われています。 普通に座っているだけで、立っている時より約40%も腰の負担が増加し、また、 背中や腰を丸めるような座り方をすると、なんと約95%も腰への負担は増加するそうです。 なので、仕事や日常生活で座っている事が多い方ほど、腰痛になりやすいと言えますよね。 ちなみに、腰の負担が一番少ない姿勢は仰向けで寝ている時です。 腰痛を予防する座り方 座っている時の腰への負担がなんとなく分かったところで、まずは、腰に負担がかかってしまう良くない姿勢から説明します。 パソコンで作業をする時に、以下のような姿勢をしていないか振り返ってみてください。 椅子に深く腰掛けて、背もたれと背中の間の空間をなるべくなくす 2. 背もたれと背中の間にクッションを入れ、背筋が自然な位置に固定されるよう調整する 3. ひざの角度が90度くらいになるように椅子の高さを調整する 4. お腹と机の間をこぶし1個分くらい(7~8㎝)空けるようにする 上記のポイントはあくまで参考なので、実践できる内容だけ試してみてください。 正しい姿勢で座るのは、実は疲れてしまうのでは?と思われがちですが、負担が分散されています。 腰に負担がかからない座り方ができれば、血流も改善されるので、酸素が脳に行きわたり、業務に集中することもできます。 仕事の効率をアップさせるためにも、正しい座り方を意識し、体に負担がかからないようにしてください。 その他ケア方法をご紹介 前回の肩こりの記事でも紹介しましたが、一番効果があるのは腰痛でも血流を良くする事です! その為に、運動不足の方はウォーキングしたり、マッサージや整体に行ったり、腰のあたりを温めたりするのが効果的です。 そんなことはもう知っているよ! という方におススメの簡単ストレッチをご紹介します。 一般的な腰痛(ヘルニアやギックリ腰等が原因でないもの)の場合、多くの方が 骨盤回りの筋肉(特にお尻の筋肉)とハムストリング(太ももの裏の筋肉)が凝り固まっている事が多いと言われています。 その筋肉を一つの動作で伸ばすストレッチを説明します。 1.まず、お尻からハムストリングを上から下にさするようにゆっくりと3回ほど撫でてください。 しゃがんだ状態で両手で外側から両足首を持ってください。 足首を持ったまま、ハムストリングとお尻の筋肉が伸びていることを意識しながら、痛みが出る直前までゆっくりとお尻を上にあげてください。 1~3を3回ほど実施してください。 そうすると…あら不思議!腰痛が少し軽くなった!かも… 上記のストレッチをやる前後に前屈をしていただくと、その差が分かると思います! テレビでもやっているのを見たことがありますので、だまされたと思って試してみてください。 また、腰痛になりにくい座り方を実践するためには、その 姿勢を保つ環境を整えることも大切です。 例えば、椅子や机の高さを正しい位置に調整することで、自然とベストな状態を保てるようになります。 座布団やクッションで高さを調整するのもいいのですが、必要な設備投資だと思って、自分の体に合った椅子や机を本格的に選んでみるのもいいかもですね。 その中でも、ご存知かもしれませんが、ハーマンミラーの「アーロンチェア」という商品は、人間工学に基づいたデザインになった椅子なので、体への負担が少ないと言われています! すごく評判はいいのですが、価格は結構するので私も使った事はありませんが…効果はお値段以上かもしれません。 当店の互換インクを使って、印刷コストが浮いたら検討してみてはいかがでしょうか!• 個人情報について お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・お名前・メールアドレスなど)を利用するにあたっては、利用目的の範囲内でのみ利用することとし、その目的の範囲を超えた利用はいたしません。 尚、お客様へ商品やサービスを提供する等の業務遂行上、個人情報の一部を外部の委託先へ提供する場合があります。 その場合、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理いたします。 営業時間:10:00~17:00 営業日はカレンダーをご参照ください.

次の

立っていると腰が痛い原因と1日3分簡単ストレッチ対策!

座っ て いる と 腰 が 痛い

座っている時は腰への負担が大きい 腰への負担は立っている時より座っている時の方が大きくなります。 感覚的には立ち姿勢で疲れるから座るので座っている方が身体にとって楽な姿勢だと思われがちですが実は違います。 立ち姿勢の時に腰にかかる負担を100とした場合、座った時に腰にかかる負担は140になります。 デスクワークでよくある椅子に座って座前傾姿勢では185ともっとも大きな数値になります。 腰にとって一番楽な姿勢は仰向けで寝ている姿勢です。 正しい座り方をすることで腰への負担を減らすことができます。 腰に負担のかからない座り方 腰に負担のかからないように座るには立ち姿勢と同じような背骨の状態にすることです。 姿勢よく立っている時には 背骨はS字カーブを描いて上半身の重さを骨盤で受け止め支えています。 この時の骨盤は立っている状態です。 座るときにも 骨盤を意識して座ります。 骨盤を起こして座ると坐骨に上半身の体重がかかるのが分かります。 坐骨はお尻の下の方にある骨です。 背筋を軽く伸ばすことで骨盤は立った状態になります。 背筋を強く伸ばすと逆に反り腰になるので 軽く胸を張る程度にします。 この時アゴを引きます。 アゴが上がると猫背になるので注意が必要です。 腰に負担のかからない座り方• 骨盤を立てる• 軽く背筋を伸ばす• アゴを引く 以上のことを意識して座ると腰への負担は軽くなります。 椅子に座ったり、床に座ったり、座るところはいろいろありますがことを意識すると腰への負担が少なくなります。 椅子に座るときのポイント 椅子 椅子に座るときにも基本は同じで 骨盤を立てることを意識します。 座面の高さが調整できる椅子であれば座った状態で 腰より少しだけ膝が高くなるように調整します。 背もたれにはもたれかからずに 深く腰掛けアゴを引き背筋を伸ばします。 デスクワークでは前傾姿勢にならないように机との位置にも注意が必要です。 机と離れすぎると前傾姿勢になりがちです。 椅子の座面と机との高さの差は30cmぐらいが理想とされています。 椅子は高さ調整できるものがありますが高さ調整機能がある机はあまり見かけません。 この時ありがちな間違いとして机の高さに椅子の高さを合わせてしまうことです。 椅子の高さを上げてしまい 足が浮いてしまうと前傾姿勢になり腰の負担が増えます。 このような時は足置きを用意して腰よりも少し膝が高い状態にします。 ソファ ソファで寛いでいるときはどうしても 浅く腰掛け背もたれにもたれかかってしまいます。 これは腰への負担が大きく避けたい状態です。 どうしても寝そべりたいのであれば腰のあたりにクッションを置いて背中全体で重さを受け止めるようにします。 理想のソファは座面が硬めで腰が深く沈まないものです。 腰が深く沈むと膝が腰よりかなり高くなりすぎるので猫背になります。 このようなソファではクッションを敷くなどして腰が沈み込まないように調整します。 長時間、車や電車に乗る 車や電車のシートは自分の体形に合わせて調整するのが難しいので タオルを丸めて腰に当てます。 なるべく深く腰掛け背もたれと身体の間に丸めたタオルを当てることで 背骨のS字カーブをキープして骨盤を立てることができます。 床に座るときのポイント 正座 腰に負担のかからない正座のポイントは 足を重ねずにかかとにお尻をのせることです。 両足の親指とかかとをつけて座りかかとの上にお尻をのせて座ります。 足を開いてペタンと座る正座や横にずらして座る正座は骨盤にゆがみが出るのでこのような正座は避けましょう。 あぐら あぐらでの座り方はどうしても猫背になります。 床に座るときには正座の方が腰への負担が軽いのでなるべく正座で座ります。 膝の痛みや正座で足がしびれているときにしかたなくあぐらで座るときは 背筋を伸ばして座り、小さなクッションをお尻の下に引いて骨盤を立てるように座ります。 座椅子 椅子に座るときには腰より膝が少し高い方が骨盤か立ちやすいのですが、座椅子の場合は足より腰が高い方がいいので 座布団などを使用することで調整します。

次の

デスクワーク、座っているだけなのに腰が痛くなるのはなぜ?予防策をご紹介

座っ て いる と 腰 が 痛い

同じ症状で以前に苦しんだ事がある者です。 そう、病院(整形外科)へ行っても単なる腰痛って感じであしらわれるのですよね。 整形外科って骨がバキッとか分かりやすく何かなってないと、シップや痛み止め注射 くらいで何もやってくれないところが多いですよね。 何件か行きましたが、皆そんな感じでした。 またストレッチや運動も色々と言われ、そういう専門のところへも高い料金を払って 行きましたよ。 確かにストレッチすると少しその時は良い感じもしますが、これで本当 に治るのか?次第に疑問が沸いてきました。 最終的に私は、ちょっと変わった整体に行ったら良くなりました。 そこは体をひねったりバキバキしない整体で、ノミとトンカチみたいので骨1つ1つの 位置を治していく治療でした。 なんだか嘘くさいな~っと正直初めは思いました。 でも答えは簡単、やってみればすぐ分かりました。 たった1回で全然楽になりました。 でも数回は通いました。 宣伝するつもりはありませんが、一応同じような感じで苦しんでいるのでしたら試して みる価値はあると思いますよ。 モリケン整体という名の整体院です。 HPがあったのでリンクしておきます。 医師にはよくある症状かも知れませんが、患者当人はメチャ辛いのですよね! 早く良くなるといいですね! 参考URL: A ベストアンサー 腰を曲げるほど痛むのであれば、整形外科に行って受診してください。 急激に体幹部分を伸展させると、最悪の場合『腰椎分離・すべり症』になる可能性があります。 おそらく、筋が硬くなっている事による痛みだと思われますが、正しい診断を受けるようにしてから、何かのリハビリを行われるようにしてください。 もし骨折したまま、運動すると危ないのはおわかりだと思います。 逆に、運動をした方が良いのに、痛いからじっとしていると筋の硬化もひどくなり、更に悪化する可能性もありますので、しつこいですが、診断を受けてください。 おそらく、ずっと同じ姿勢をとられている後、動き出すと痛むと思いますので、同じ姿勢が悪いのでしょう。 脊柱のカーブが大きくなっていると思いますので、お腹に力を入れて真っ直ぐする姿勢を心掛けてください。 Q 最近同じ姿勢でいて立とうとすると足が動かない?ような固まった感じで痛くて少したたないと立てません。 なにかの病気でしょうか? ちなみにそうなるときの姿勢はフローリングの床に座って机においてあるパソコンをやっているときです。 ずっと同じ体勢でいてそのときは痛くもなんともないのですがいざ、立とうとするといたたた・・となってしまし、足が固まってしまったような感覚で少しづつ伸ばしながらジーっトしてると立てるのです。 片方だけたてひざしていたり、、お姉さん座りや足をまっすぐ斜め?にのばしていたりするとなります。 タダ、変な体勢で足が固まっているだけなのでしょう か?今までこんなことはなかったのですが・・ ずっとといっても5分くらいでもなります。 その状態で妊娠をし、6ヶ月の時に朝動けませんでした。 妊娠前も仰向けで眠れない、ぐっすり眠れない、右の腰辺りに腰痛がありました。 妊娠すると骨を緩ませるホルモンが出るのでいっそう腰痛は増し、ベルトによって骨盤がしまる感じ(すぐに痛みが取れるのです。。。 不思議でした。 )や、布団があっていない事が身にしみました。 骨盤は締めずに運動すると歪んだ物がいっそう歪んだ方向へ行くので、しっかりゴムチューブを締めて運動すると正しい位置に戻ったり、固まった筋肉がほぐれます。 私は運動用のゴムチューブを巻き、15cmくらいの高さのブロックにマットを巻き付けて、TVをみながらふみだいしょうこうをしています。 有酸素運動にもなるし、踏み台昇降はゴムチューブで締めて行うと骨盤が綺麗になります。 私は経験上、整体に通い、整体での販売物を使用してきて今は骨のゆがみ(一日の疲れによる骨のゆがみ)が自分で治せるまでになりました。 このゆがみはレントゲンでは映らないゆがみなのです。 関係者などではないので特に無理矢理お進めする訳ではありませんが、使っている枕運動の道具などを検索すると、腰痛はどうしておこるのか、とか、いろんな知識が書いてあると思います。 それを読むだけでもかなり勉強になると思いますのでまた興味がおありになればお手隙の際に調べてみてください。 後はお近くにちゃんとした使い方を教えてくれるカイロや整体があればよいのですが。。。 あと、経験上一番気をつけた方がいいと思うのは妊娠です。 歪みのひどさによっては不妊になったり、早産や妊娠継続が難しい可能性も出てくると思います。 腰痛がひどいと赤ちゃんを支える事が出来ず、私は歩けなくなりました。 そんな時にとこちゃんベルトで助かったんです。 今はあまり実感がないかもしれませんが、またいつか困った時があったら思い出してくださいね。 私はかなりひどい方でした。 そんな私でも治りつつあるのですから、きっと解決は見えると思いますよー でも、いろんな方の回答される症状も疑ってみて損はないですよね! どんな方法や原因でも痛みが取れる事が大事ですから。 his-j. html 前置きが長くてすみませんが、、、、仕事柄背骨痛持ちで骨盤のゆがみから、同じ経験をしました。 その状態で妊娠をし、6ヶ月の時に朝動けませんでした。 妊娠前も仰向けで眠れない、ぐっすり眠れない、右の腰辺りに腰痛がありました。 妊娠すると骨を緩ませるホルモンが出るのでいっそう腰痛は増し、ベルトによって骨盤がしまる感じ(すぐに痛みが取れるのです。。。 不思議でした。 )や、布団があっていない事が身にしみました。 A ベストアンサー >腰痛がひどい。。 整骨院?整形外科? >明日病院へ行こうと思うのですがどこにいくのがいいでしょうか? まず整骨院は病院ではありません。 ケガとは具体的に、打撲、捻挫、挫傷です。 ですから、知らないうちにとか、特別きっかけが無いものはもちろん、持病や慢性のもは治療の範疇から外れます。 整骨院は健康保険が使用できますが、もちろんケガのみの適応です。 歯医者でインプラントに保険が使えないのと同じことです。 しかし多くの整骨院は、このシステムを悪用して不正を働いています。 その金額は毎年、なんと4000億円です。 このお金は全て、我々が納めた保険料です。 整骨院はケガの治療するところですから、ほとんど行く機会はないと思いますが、行かれる際は注意されてください。 さて、今回の貴方のケースですが、二年前の症状と同じですか?違うのならもちろん整形外科に行かれた方が良いと思いますし、同じでも二年も経てば腰の状態はそれなりの変化があります。 定期検査の意味も含めて、もう一度レントゲンの検査をお勧めします。 法律によりレントゲンは病院でしか撮れませんので、やはり整骨院より整形外科に分があります。 ただレントゲンは、4枚撮るところをお選びになってください。 二枚では不十分ですから、そういうところであれば病院を変えてみてもいいと思います。 ちなみに腰痛疾患に対してCTはあまり使いません。 この症状であればMRIも必要ないと思います。 足に症状があったり、治療でなかなかよくならないのであれば、MRIも考えてみてもいいかもしれません。 変形性腰椎症、腰椎椎間板症、分離症、辷り症などなどです。 足にも症状があれば、ヘルニアや脊柱管狭窄症なども対象に入ってきます。 これらはレントゲンでなければわかりません。 またお薬が非常に良く効きますから、やはり病院がいいですね。 原因が分かった上で、早く痛みを取りたいのなら鍼をお勧めします。 鍼は揉んだり、押したり、捻ったりはしないので、実は体に一番やさしい治療方法になります。 治療の持続効果も長いので、お勧めの治療方法です。 治療はお薬との相乗効果も期待できますし、病院と並行して行った方がいいと思います。 すいませんかなり長くなりました・・・ ご参考になれば幸いです。 お大事にされてください。 >腰痛がひどい。。 整骨院?整形外科? >明日病院へ行こうと思うのですがどこにいくのがいいでしょうか? まず整骨院は病院ではありません。 ケガとは具体的に、打撲、捻挫、挫傷です。 ですから、知らないうちにとか、特別きっかけが無いものはもちろん、持病や慢性のもは治療の範疇から外れます。 Q 腰痛と足のだるさについて質問です。 2,3日前から右腰(一番くびれている場所から少し下)あたりが痛んでいたのですが、それに伴い右足のだるさがあります。 痛くなるときの姿勢ですが、一番痛いのが前屈みになったときの足の痛みです。 次に「立っているときの足の痛み」、「座っているときの腰、足の痛み」と言った感じです。 横になっていると少しマシなような気もしますが、痛みが全く取れるわけではありません。 今では腰痛よりも足のだるさのほうが勝っています。 ネットで自分なりに色々調べてみて、椎間板ヘルニアを疑ってみたものの、腰痛自体は激痛ではないのです。 どちらかというと鈍い痛みです。 坐骨神経痛ともありましたが、主人が坐骨神経痛を患っており聞いてみたところ 「痺れるような、時にピリッとした痛み」と言ってましたが、私の場合「痺れる」「ピリッとした」というのではなく「重い」「足をひっばられているようなだるさ」と言った感じです。 鈍いだるさと言っても、同じ姿勢で5分といると辛くなるので しばらくすれば姿勢を変え・・・の繰り返しなのですが。 夜は痛みで眠りに付くまで時間がかかりましたが、痛くて目が覚めるということはありません。 あまり続くようであれば診察して頂こうとは思っているのですが、まだ痛くなりだして2,3日と言うのと、鈍い痛みと言うのもあり、今はまだ病院には行っていません。 この教えてgooでも色々調べましたが、みなさん激しい痛みとありますので、私とは少し違うのかと思い質問させていただきました。 これはただの腰痛なのでしょうか? それとも後々、激しい痛みに移行するようなものなのでしょうか。 ただの腰痛であれば、自宅で湿布薬などを貼っていればそのうち治るものなのでしょうか? あくまでも「激痛」ではなく「鈍い痛みがずっと続く」と言う感じなので、今すぐMRIを・・・とは思っていません。 同じように激痛ではなく鈍い痛みを改善された方や、その後 激痛に変わっていったなどの体験談など、簡単にアドバイスしていただければ助かります。 腰痛と足のだるさについて質問です。 2,3日前から右腰(一番くびれている場所から少し下)あたりが痛んでいたのですが、それに伴い右足のだるさがあります。 痛くなるときの姿勢ですが、一番痛いのが前屈みになったときの足の痛みです。 次に「立っているときの足の痛み」、「座っているときの腰、足の痛み」と言った感じです。 横になっていると少しマシなような気もしますが、痛みが全く取れるわけではありません。 今では腰痛よりも足のだるさのほうが勝っています。 ネットで自分なりに色々調べてみて、... A ベストアンサー 一口に腰痛といってもその種類は様々あります。 例えば変形性腰椎症、すべり症、腰椎椎間板症、分離症などです。 足にも症状があればヘルニア、脊柱管狭窄症なども候補に入ってきます。 全身的な基礎疾患で言えば骨粗しょう症などです。 ある程度の年齢ならどれか持っていても不思議ではありません。 骨などには異常の無い、腰痛症でも炎症が強ければ坐骨神経痛が起こることがあります。 腰から出た神経は足まで伸びており、感覚や運動を支配します。 腰に異常があれば、痛み、痺れ、麻痺、冷感や熱感、重さ、怠さなどの様々な異常感覚な出てきます。 ですから貴方のような症状は坐骨神経痛において珍しくありません。 腰に自覚症状が全くなくてもおこりますから、まずは病院を受診されてください。 >あくまでも「激痛」ではなく「鈍い痛みがずっと続く」と言う感じなので、今すぐMRIを・・・とは思っていません。 MRIの可否はあくまでも医師が判断します。 まずはレントゲンの検査次第でしょう。 レントゲンとは病院でしか 撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 一口に腰痛といってもその種類は様々あります。 例えば変形性腰椎症、すべり症、腰椎椎間板症、分離症などです。 足にも症状があればヘルニア、脊柱管狭窄症なども候補に入ってきます。 全身的な基礎疾患で言えば骨粗しょう症などです。 ある程度の年齢ならどれか持っていても不思議ではありません。 骨などには異常の無い、腰痛症でも炎症が強ければ坐骨神経痛が起こることがあります。 腰から出た神経は足まで伸びており、感覚や運動を支配します。 腰に異常があれば、痛み、痺れ、麻痺、冷感や熱感、重さ、怠さなど... Q 重いものをよっこいしょと運ぼうとしたり 前屈みで中腰の姿勢をとっていると ガチッとロックされたように腰が固まるようになりました。 職場は医療現場です。 今まで腰痛とは無縁で 毎日の腹筋と骨盤運動はほぼ日課でなるべく鍛えるようには意識はしていました。 先日も仕事中わずか1分程度中腰の姿勢をとっていただけで ガチッと固まってしまい しばらく腰を曲げたまま動けませんでした。 また、元に戻そうとすると鈍い痛みのような凝りのような感じがします。 ならば整形へ!とも思いますが 整形へいくほどのもんなのかも疑問で。 腰痛とはこのような状態なんでしょうか。 なにか対策はないものでしょうか。 しびれなども全くなく、ただ動作時にロックされてしまうだけなんです。 A ベストアンサー >MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか? ヘルニアは治ることが分かっています。 簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。 ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。 >再発したりしないのですか? ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。 椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれらのヘルニアの可能性が高まります。 >ここ半年はヘルニアの痛みはないですからやはり完治って言えるのですか? これはいえると思います。 病院では通常保存療法を選択します。 手術は即効性がありますが、髄核を全て取り除いてしまうため上下の椎間板ヘルニアのリスクが高まるからです。 保存療法とは飲み薬(NSAIDs、ステロイド)、ブロック注射、理学療法、運動療法、鍼治療などですね。 整体やカイロプラクティックは高確率で悪化しますので注意が必要です。 これは厚生労働省も警告しています。 再発予防のためには腹筋背筋の強化、屋外ウォーキングなどで運動し、痛くなったらすぐに病院にいきましょう。 >MRIの画像を見る限りペコッと飛び出してましたがこれってもとに戻ってるもんなんですか? ヘルニアは治ることが分かっています。 簡単に言えば、白血球が飛び出した余計な椎間板を食べてしまうからです。 ですからMRIではへこんで(正常に)見えます。 >再発したりしないのですか? ヘルニアとは椎間板の核が飛び出しておこります。 椎間板の核を髄核といいますが、髄核が残っていれば再発の可能性はありますし、クッション性の落ちた椎間板の衝撃を上下の椎間板が負担することになりますので、こんどはこれら... A ベストアンサー 私も同じ経験があります。 心配なら大きな病院を紹介してもらい《MRI》と言う神経レントゲンを撮る事を薦めます。 普通のレントゲンと違い放射線で無く磁気を使う為に体には全く害の無い診断法です。 小さな病院では普通のレントゲンで終わってしまい先生の経験だけで病名を判断されてしまいます。 MRIレントゲンで神経を見ればはっきりとした病名と病状の進み具合などが詳細に分かります。 《どんな原因が考えられるでしょうか》 原因は坐骨神経痛か椎間板ヘルニアです。 ただし、はっきりとした原因はMRIレントゲンで判断した方がよろしいです。 私は近所の病院でただのギックリ腰の延長と言われましたがあまりに腰痛を繰り返してしまい為に不安の為、大きな病院でMRIレントゲンを撮った結果、椎間板ヘルニアとはっきり言われてしまいました。 現在はストレッチ、散歩、ネットでしか手に入らない腰痛グッズなどで予防している為に腰痛がすっかり良くなりました。

次の